<< その手は千葉の(笑)、やき蛤。 きつつき工房・華子さんに作って... >>
Rさまの杉綾織りの着尺。
昨年、染織こうげい・神戸店さんで、iwasakiの銀河絹の山形斜文八寸帯地と、
この杉綾織りの着尺をご注文くださったRさま。

春に先に八寸帯地を制作させていただいて。
その際には「先日こうげいさんでいただきました。とても嬉しいです・・・着尺もお待ちしております」と、
ほんとうに。恐縮してしまうほどうれしいお便りを頂戴いたしまして。
先週からRさまの着尺を、クニヒサと機にセットしておりました。
f0177373_20040386.jpg
タテが渋めの紺で、ヨコは玉糸のシルバーグレーなので、光沢感があります。

実はこの着尺。
クニヒサが綜絖通し、筬通しがほぼ終わるころ・・・私(エツコ)は中学生の子供たちの三者面談で。
『三代目豆象』と呼んでるサンバーで、ご近所で不注意な自損事故を起こしてしまいまして(涙)。
電柱にぶつかり、豆象は廃車になってしまったものの。私は軽い打ち身で済みまして・・・。
駆け付けたクニヒサの第一声が、「とりあえず手が無事でヨカッタ!!」
まったく何てことだ・・と、これ以上落ち込めないくらい自分自身に対して落ち込みまして・・・。
でも。有り難いことに手が無事でしたから、翌日からこの着尺に取り掛かることが出来まして。
一週間が経ち、ひしひしと。
Rさまの着尺を織ることが出来る喜びで、立ち直っていることに気づきました。

この着尺に助けられましたから、精一杯心を込めて(打ち込んで)織り上げたいと思います!!
あ・・でも、これからは更に運転には気をつけて(汗)。




by senshoku-iwasaki | 2017-07-19 21:35 | 着尺・帯
<< その手は千葉の(笑)、やき蛤。 きつつき工房・華子さんに作って... >>