<< 来月末からのギャラリーkuji... Sさまのまわたを紡いでいます。 >>
Mさまのご主人のマント地は、絹×カシミヤです。
クニヒサが神戸に出ている間・・・私(エツコ)が織っておりましたのは、Mさまのご主人のマント地。
随分と前からリクエストを頂いておりまして。
ようやく取り掛かることが出来ました。
タテに節のある玉糸と生糸を、紫がかったチャコールグレーに染めまして。
ヨコはご主人のご希望でカシミヤです。
ヨコ色はライトグレーなのですが、光の加減で茶っぽくも見えます。

服地としてあるカシミヤ地は、製織後に縮絨をあてるので、織り用のカシミヤは編み用のカシミヤ
よりも肌ざわりが良くないのですが。
iwasakiでは10メートル以上ある生地を、縮絨するような設備も技術も無いので・・・。
編み用の、トロトロのカシミヤ糸をヨコ糸に使用して。
雨続きのお天気の、合間を縫って湯通しをして仕上げをします。
f0177373_19240230.jpg
Mさまは、iwasaki初期の頃からのユーザーさんのおひとり。
サカタと3人でekkaとして年に一度、iwasakiの手織り地でサカタのデザイン、仕立てのコートなどを
制作していました。
15年ほど続けてきたのですが、サカタの体調や家族の事情などなどで、最近は出来ておりません。。。

が、Mさまはご注文頂いてからお納めするまでの間に、次のご注文をくださる・・・サイクルでしたから
追い付かず(笑)。サカタが止まっている間も、Mさまは継続中だったもので。
またMさまも気長にお待ちくださったので・・・。
現在はサカタ、体調と時間と相談しながら・・・Mさまの発注分を少しずつお納めしているカタチです。

Mさまのトンビコートを制作している頃から、ご主人から「ボクはねハーフサイズでいいんだけどね。」
と控えめに(!?)でも「・・・お願いしますね。」とおっしゃってくださっていて。
ようやく生地の準備が出来まして、ホッとしています。
ご主人が気に入って下さるといいのですが・・・。
織り生地は、しばらく寝かせてからでないと鋏を入れられませんで・・・。
織りたては糸たちが元に戻ろうとして大暴れするそうで、サカタに送るまで織地を落ち着かせます。

織っている間も。
フワフワでトロトロ。なんて幸せな肌触りなのかしら~!と癒されながら。
Mさまのご主人のマント姿を思い浮かべて。織り上がりがチョットだけ・・名残惜しかったです。。。


by senshoku-iwasaki | 2017-10-25 21:20 | ekka
<< 来月末からのギャラリーkuji... Sさまのまわたを紡いでいます。 >>