<< 土砂崩れ 小熊廣美の染織iwasaki >>
紬の服地
f0177373_20203961.jpg

Fさんのご注文。

もう・・かれこれ10年くらい前。
ekkaで半分シャレで「Gジャン」ならぬ「紬ジャン」を作ったことがありまして。
贅沢な話ではありますが・・・。
紬は絹だけど、とても丈夫な織物で。着れば着るほど肌になじみ、洗って水をくぐると
より、風合いが増す・・・。(だから、私は最近、自分の紬はみんな単衣に仕立ててもらって、
じゃんじゃん着ては、自分で洗ってます。私にとって紬は、とっても着心地の良いデニムな存在なのです・・。)
Fさんは、当時からそういうものも面白がってくれる奇特(!?)なお客様の一人でして。
この、南部茶とやしゃぶしで染めた無地の紬も着物に仕立てたものもお持ちなんですが、
「あの時あった、紬ジャン、このグレーで欲しいのよね~」と・・・。
グレーのトーンは変わるけど、桜で染めて織った無地着尺でトレンチコートを作らせていただいたのもこのFさん。
今日、この反物が織りあがりまして。明日は郡上の湯のし屋さんに送ります。湯のしが済んだら
長崎のkazumiに・・・。
Fさんの、体型もお好みも熟知しているkazumiが創る「紬ジャン」。
出来上がりが本当に楽しみです。

えつ
by senshoku-iwasaki | 2008-06-03 20:21 | ekka
<< 土砂崩れ 小熊廣美の染織iwasaki >>