<< 間道の帯 グレーな感じ >>
ウール×シルク 杉綾コート地
f0177373_19245928.jpg

さかたのコート地。

今年のギャラリー工さんでのekka展。11月21日(金)~27日(木)です。
さかたかずみとiwasakiの3人で「ekka」という、ユニットを組んではや10年。
iwasakiの手織り地を、さかたがデザイン、縫製したコートやジャケットを作ってきました。
・・・が、紺屋の白袴。
「自分達のために自分達で作ったことって・・もしかしてないよね!?」
・・・というわけで。

今年のテーマは、「kazumiとiwasakiのおあつらえ」に決まりました。

さかたの希望は、ウール×シルクでヘリングボーン。色は、なす紺みたいな・・・。
だったので、そんなイメージで、経糸はジャコブウールの黒。緯糸はエリ蚕という、
ウールっぽい質感の絹のつむぎ糸を紺に染めて。やっと、今日から織り始めました。
いつも平織り専門のわたし。
綾織りだと・・・ちょっとイヤなんだけどなぁ・・・。と、思いつつ。
夫はもっと厄介な(私はデキナイ)吉野格子の帯地に取り掛かってしまったので、
仕方なく(!?)いつもより無口に織っております・・・。
さかたは、私と正反対の四角四面の几帳面。
どんな小さな織りミスだって、気づかぬわけがなく・・・。
もう、20年ちかくのつきあいだから、大抵のことはお互い察しがつく、いいような悪いような・・。
この生地で、さかたらしい、カチッとしたPコートが出来るらしいです。

私は・・・・。
とろんとした、平織りの、キモノにも洋服にもOK!みたいなゆるい感じのコートを作ってもらう
予定です。そして・・多分、この展覧会には間に合わないだろうけど(笑)夫には、ジャケットを
と、さかたは思っているそうで。
夫の、カッチョイイ ジャケット。さて・・どんな織り地にしようか考え中です。
by senshoku-iwasaki | 2008-08-18 20:20 | ekka
<< 間道の帯 グレーな感じ >>