<< きものは いきもの。 水周り >>
・・・の中間。グレー礼賛!?
f0177373_19103272.jpg

昔から、「百鼠二百茶」という言葉があります。
iwasakiでも 植物を煮出して絹糸を染めますが、煮出した染液はたいてい黄色から茶色。
灰汁や明礬といった、アルカリ媒染で本来の黄色から茶が染まり、おはぐろなどの鉄媒染で
グレーになります。
百鼠。ほんとに、染める度 違うその色はどれも魅力的。
温かみのある赤味の強いグレーも、知的でクールな青味のグレーも。
・・・の中間という感じが、どうやら私達は好きなのだということに最近気がつきました。
植物染めだけにコダワッテル訳でもなく、じゃぁどうして枝を刻んで、煮出して・・・こんなことしてるのかなぁ・・?時間もかかるし、思いどおりの色には決してならないのに・・・。

デキル人といわれる人たちは、オンとオフの使い分けが上手だと。
・・・これが、iwasaki、夫婦揃ってオンもオフも使い分けられません。
日曜日にどこか出かけたからといって、気分転換でリフレッシュ!みたいなこともないし。
私自身、中学くらいから「勉強も部活も、それぞれ一生懸命!」みたいな、爽やかさんとは無縁でしたが・・・。それにしても、夫。
「私はねぇ・・月曜から金曜。そして半ドンの土曜。で、日曜。という、一週間にどうも違和感を感じまして、中学はほとんど行かなかったなぁ・・・。」
「えっ!?行かなかったってどうしてたん?」と私。
「うーん・・・。ほとんど、ウチに。自分の部屋かな・・・」平静な夫。
「いっ!?それは、もしかして・・・『引きこもり』とか『不登校』と言われるヤツでは・・!?」
「あー、そうかな・・・。そのころはそんな言葉もなかったけどね、一応 病気もしてたのよ。ハハハ・・・」
ハハハじゃないよー。
このごろ ものすごく夫に似てきた息子。来年から小学校なので、急に不安になり・・・。
「ちょっと~!あーた、保育園どうなの?楽しい?」
最近、一人オセロにハマッっている息子は、オセロに向かいながら・・・
「うーん・・・。めちゃくちゃ楽しいかっていうと、そんなこともないんだけど。じゃ、めちゃくちゃつまんないかっていうと、そんなこともないから。まぁ、ふつうかな」
なんともグレーなお答え。
「プププー(笑)。アイツらしい言い回し。」夫。
アイツらしいって・・・あーただってば。もっと、6歳らしい発言をせい!
「あー。んもう!かぁたんが変なこと聞くから、白が勝っちゃったじゃんよ~!」
「白が勝っちゃったって・・。一人オセロ面白いの?」
「うーん。だれかとやるよりかはつまんないけど・・・・」
出たっ!この特有の言い回し・・・まったく、なんとかなんないのかしら!?と思っていたら・・・。
「白にも勝たせない、黒にも勝たせない、ちょうど引き分けにするのが難しくて、面白い・・かな」
ムムムッ・・・。
グレー道、奥深し。
それにしても、来年から始まる長い学校生活。
息子よ、どうか・・・日曜と月曜の間に違和感を感じても、違和感を感じながら学校には行ってくれ。
そしてお父さんのような、立派な鼠男になるならなってくれ。時々母の言うことも聞いてくれ。頼みマス。
by senshoku-iwasaki | 2008-08-29 20:28 | 骨子・背景
<< きものは いきもの。 水周り >>