<< もう、9月24日ですかぁ。 さいごのころも >>
東京へ。
昨日、
「風呂敷展」(新宿・伊勢丹)に出品している山下枝梨子さんとクリエィティブコーディネイターの裏地桂子さんに会いに
東京へ。

山下さんの「風呂敷にも使えるウールの布」見てきました。
手で紡いだ真綿の糸や、つなぎ糸が入った 「仕事がしてある」山下さんらしい布でした。
「パッと見」は決してインパクトがある布ではありませんが(iwasakiも同様)、「じっくり見」の方には、いろいろ発見のある布だと思いますし、噛めば噛むほど系の織物です。私は大好きです。

iwasakiは、来年4月に「伊と忠GINZA」で作品展をさせて頂くことになりまして。
裏地桂子さんは、「伊と忠GINZA」のプロデュースもされている方で 現在、新宿・伊勢丹5階で
高堂のりこさんという方とセレクションした「現代KAISEKI・日々のおもてなし」(9月30日まで)という展示をされております。著書もだされていて お仕事柄たくさんのモノをご覧になっておられる方なので
私達に声をかけていただいたものの・・・私達のモノで良いのか、ちょっと不安でもありますが・・・裏地さんとお話をして また「伊と忠GINZA」にも伺って、だいたいイメージが固まりました。

「パッと見」でもわかる滋味深さ(大変難しいです) 「じっと見」だとよりわかる滋味深さ、これを目標にiwasaki がんばりたいと思います。
「パッと見てgoo!」とは、いきませんが・・・。
by senshoku-iwasaki | 2008-09-22 21:46 | いわさきのつながり
<< もう、9月24日ですかぁ。 さいごのころも >>