<< 「2008・秋の工房展」お休み... もう、9月24日ですかぁ。 >>
上州式座繰り機
f0177373_18483469.jpg

長野 岡谷の宮坂製糸さん  上州式座繰り機

iwasakiでは、この上州式座繰り機で繰糸した玉糸を 着尺や帯、ショールなどに使っております。

玉糸というのは、双子の繭(玉繭)を使ったものですが、その玉繭の配合率によって糸の節の感じが変わります。例えば、玉繭10%で普通の繭90%の場合 節の少ない玉糸が出来ます。玉繭50%の場合 かなり節の多い玉糸になります。
絹の艶やかさと人の手が入ったあじがたいへん魅力的で・・・大好きな素材です。
by senshoku-iwasaki | 2008-09-26 20:02 | 素材
<< 「2008・秋の工房展」お休み... もう、9月24日ですかぁ。 >>