<< あたたかな薪ストーブ 「変わらない」と思っていても「... >>
鍋のおいしい季節
染色した糸を干しているところに
2匹の猟犬がウロウロ。何かを探しているよう。その後から銃を担いだおじさん。
「こんにちは。」と私。
「うぃーす。」とおじさん。
「イノシシですか。」と声を掛け様かと思いながら掛けられず。

「冬になるとシシ鍋を出す民宿のおじさんに『イノシシですか。』は、どうなんだろう。」と独り言。
by senshoku-iwasaki | 2008-12-16 20:52 | 工房周辺
<< あたたかな薪ストーブ 「変わらない」と思っていても「... >>