カテゴリ:岩崎のある日( 274 )
ハロウィンはとっくに過ぎたけど。
f0177373_20204282.jpg

朝玄関を出ると、落ち葉の蝙蝠。
いもむしさんから、アートのプレゼント!?
そういえば。
染織こうげいさんでの展覧会前から・・・庭いじりも草刈りも
何できていなかったものだから・・・。
裏庭の水辺の、ワサビもクレソンも丸坊主(涙)。
ひょっとして。
幸福を呼ぶ・・・蝙蝠じゃなくて、
これからまさかの?蝶々天国になっちゃう予告・・・
じゃありませんように!!
by senshoku-iwasaki | 2015-11-09 20:48 | 岩崎のある日
キモチのいい、乾燥したお天気が続いて。
f0177373_2034432.jpg

私(エツコ)は、新しい銀河シルクの山形斜文の八寸帯地にかかりつつ。
屋根裏部屋の、家族の布団を干しながら・・・本日2回目の洗濯機の
終了アラームにすっ飛んで。クニヒサが糸を干す前に、シーツを干さねば!

こうげいさんでの展覧会が終わってから・・・。
やっと、家中の扇風機をお掃除して収納するかわりに、ストーブをせっせ
と出してきて。今年は夏に薪の準備が出来なかったので、石油ストーブ
が主力選手となりそう(涙)。

シーツも綿麻のものから、あったか敷きパットに早く替えないと・・・とか。
そうこうしているうちに。
「エツコさん、今度のグレーはこんな色味でいいですかね?」クニヒサ。
「おぉぉ。ちょいと紫がかったグレー・・・まるで厳邑堂さんの包み紙!」私。
霜柱のような、いや、春の穏やかな日差しに溶け出す・・・薄氷かも。

浜松のこうげいさんで、またまた頂いてしまった・・厳邑堂さんの美味しい
最中
に鼻を膨らませながら・・・これから取り掛かる山形斜文の帯地の
イメージもバッチリと。
あっという間に、霜降月。
今年中にやらなきゃならないコトは、クニヒサも私もまだまだ。
薪の準備は、やっぱり諦めなきゃダメかなぁ・・・(トホホ・・・)。
by senshoku-iwasaki | 2015-11-04 22:21 | 岩崎のある日
2015iwasaki夏の修学旅行・広島・尾道→鞆の浦。
修学旅行最終日は、尾道散策からはじまりました。
まだ朝だったのに。尾道本通りは、すでに稼動しておりました!
f0177373_1918464.jpg

まず目に飛び込んだのは・・・昔ベビーカーが、今シルバーカーに成長した(!?)お店。
f0177373_19191359.jpg

そして車を引いて、魚屋さん。晩に寄るから「ばんより」さんと言うと聞いたことがあるけど。
朝から忙しそうにワタリガニをさばいていて。しかも若手さんも一緒!
あぁ・・・。私も尾道住民だったらなぁ・・・。このお母さんから買いたいなぁ。
f0177373_19194223.jpg

おっ!オサレなパン屋も営業中。なんとも芳しい小麦の香り。
今さっき、西山本館で煮物、焼き物、具だくさんのリッチな朝食を食べたばかり・・・でも。
「かぁちゃん、ブリティッシュメロンパンだって!マジ旨そうだよね。」息子。
「うん。クロワッサンも!ちょっと買ってこうか!!」
f0177373_192133.jpg

おやつも買って。さぁ、歩きます、上ります、階段ばかりです(汗)。
右上に見えるのは、尾道ガウディハウスって呼ばれているそうです。
このお家は特別そんな感じですが、どこのお宅も限られた敷地のなかで・・・。
住み手と大工さんの、創意と工夫に満ちた魅力的なお家がいっぱいです。
f0177373_19215174.jpg

とにかくお寺さんが多いのでびっくり。千光寺に行く途中に、志賀直哉旧居と文学記念室が。
木陰のある公園で、腰をかけたら・・・小腹が空きまして(笑)。美味しいクロワッサンでした~。
『パン屋航路』、そうか、『暗夜行路』にかかってたのかぁ~!
と、遅ればせながら気づいたところで。志賀直哉旧居に入りましたら、感動です。
「三軒の小さな棟割長屋の一番奥」で「景色のいい処だったー尾道水道の向こうに造船所が
見える」ホントだぁ~。「六畳と三畳に台所」のお部屋だぁ~。隣に老婆が似合うお部屋でした!
f0177373_1923225.jpg

千光寺は観光客で大変賑わっておりましたが。こちらは誰もいませんでした。御袖天満宮。
「エツコさん、知ってました?小津監督の『東京物語』から大林監督の『転校生』までより、
『転校生』から今までの年数のほうが経ってるんですよ。」クニヒサ。
「えっ~ほんと!?あ、そーなんだ~。年とったわけだなぁ・・・。にしても、『東京物語』って
当時、超昔の映画って感じがしたんだけどなぁ・・・。『転校生』って、中1の頃じゃなかった?」
「そーなんですよ。今の敏(息子)と同じ頃です。」クニヒサ。
「あーた、この夏、何の映画観た?」息子に。
「『バケモノの子』。それから『進撃の巨人』『ミニオンズ』はこれから観に行くかな。」息子。
「なるほどぉ~。」
『転校生』の舞台になったというこの石階段。一本の切石が、そのまま一段になってる贅沢な
階段。天満宮ですから、中学に入ってテストに苦戦中の息子は、なぜか念入りにお参りを。
私はボケ封じのお願いを・・・(笑)。
f0177373_19232796.jpg

尾道をあとに、最後に向かったのは福山市の鞆の浦です。
f0177373_1924521.jpg

「たしかに『ポニョ』っぽい海だね!」娘。常夜灯前で。
f0177373_19243523.jpg

おぉぉっ!!これはっ!なんともグーなパン屋さんではありませんかっ!『村上製パン所』。
郡上八幡の『平和パン』を思い出す、レトロなパッケージのパンが並びます。
汗だくの私たちに、「ほれ、奥は海で涼しいじゃけ、ボクは奥で食べたらええけ。」とお母さん。
どこに行っても「ボク」と思われる娘(笑)。否定もせず、「入っていいんですか!?」
f0177373_19245258.jpg

ウナギの寝床のような、長ーい土間を茶の間も過ぎて、突っ切っていくと・・・。
なんと家の裏が海!!『平和パン』はリバーサイドでしたが、『村上製パン所』はシーサイド。
f0177373_19251653.jpg

今回はいっぱい歩きました。
ビンボー家族旅行で山陰に出かけてから3年。気づけば子供は大きくなってるし。
そろそろ・・・無理やり修学旅行も終盤かもしれません。
一緒に見た景色や、風の匂い、食べた味・・・何かのときに記憶によぎったらウレシイなぁ。
南部町から・・・そしてまた南部町まで約1600キロ。運転はずーっとクニヒサで(笑)。
クニヒサの体力が、そろそろ限界かも。
帰りの車中、『村上製パン所』のパン、どれもこれも美味しかったです!
鞆の浦、水曜定休の施設も多く・・・また行きたいなぁ。
今回、デニムストリート、琴電は娘の写真。今治造船所、尾道三重塔は息子。
そして最後だけ・・・。この、膝の上のパンと、車から見えた入道雲は私!
f0177373_19253884.jpg

「細田監督の映画には、入道雲がよく描かれてるんだって。『バケモノの子』にもいいシーン
で出てたよ!」息子。
これからは、君たちの時代だね。
by senshoku-iwasaki | 2015-08-16 23:54 | 岩崎のある日
2015iwasaki夏の修学旅行・愛媛・砥部→大島→大三島→広島・尾道。
昨年、香川であまりにもうどんが美味しくて。
あのエッジ、あのコシ、あの喉越し。もちろん今年も食べまくり。
香川に限らず、近隣諸国(!?)どこで食べても美味しくて。
美味しいうどん屋さんの器は大抵、砥部焼。
「ウチもうどん鉢は、砥部焼にしよう!」というコトになり、我が家でも使っているお皿の
窯元、梅山窯さんに。
たくさんの商品の中には、生地の中の鉄分に反応してホクロのように黒い点が出たもの
を、『サービス品コーナー』に置いてあり。もちろん、使う分には何も問題ないものだから
迷うことなく(笑)そのコーナーで選んでいる私たちに・・・。
「自分のを選んでイイの?やった~!しょーこコレにするっ!」
躊躇なく(ちょいとお高めの)丼を、正規品コーナーから持ってくる娘。
「見た?かぁちゃん、あいつはあーゆーやつなのよ・・・。オレはこれにするかな。」
息子は、典型的な絵付けの丼と、最近(生意気にも!?)朝から一緒にコーヒーを飲むよ
うになったのでマグカップを手に。
「じゃ、私はこれを。あれ!?エツコさんも同じですか。」クニヒサ。
ありゃま・・・親はお揃いでいいか。と、丼と蕎麦猪口を手に入れたところで・・・。お店の方が
「工房と、資料館とか・・・お好きにご覧になっていってください」と、言ってくれたので外に。
f0177373_19402121.jpg

「これは以前使っていた登り窯ですよ。中も見れますよ。」と教えてくれたのはプロパンガス
の交換にきていたガス屋さん。現在はガスですが、その本数といったら!!ガス代がよぎる私。
f0177373_19405722.jpg

砥部をあとにして次に向かったのは、しまなみ海道。
来島海峡大橋第三、第二、第一と・・・。海の上を渡って、村上海軍博物館へ。
f0177373_19412331.jpg

能島水軍潮流体験船に乗り・・・気分は『村上海賊の娘』、お景です(笑)。
能島村上の本拠地、能島ってこんなに小さい島だったのかぁ・・・と。にしても潮の流れが渦
を巻いて。村上海軍博物館にあった小早船って、ホントに小さかったけど。
小さな舟を、潮の流れに任せつつの操る海賊。かっけぇなぁ。これには息子も娘も大喜び。
f0177373_19415014.jpg

潮流体験のあとには、村上海賊もゆかりの深い大三島へ。大山祇神社(おおやまづみじんじゃ)です。
f0177373_19421175.jpg

天照大神のお兄さん、大山積神(おおやまつみ)を祀る大山祇神社は、全国に1万社を超える
大山祇神社、三島神社の総本社なのだそうで。数多くの武将たちが瀬戸内海の海上安全と、
戦勝祈願に詣でてきたことから・・・戦の神様とも呼ばれることもあるそうですが、海を司る渡航神との
ことで。今回もiwasaki家の、危なっかしい(涙)人生のいかだ舟での旅の無事をお願いしました。
f0177373_19422997.jpg

ここの大山祇神社宝物館は、武具甲冑の名品、国宝や文化財の8割が集まるらしいのだけれど。
「どうする?見たい?」「しょーこ、弁慶の薙刀見てみたい!」娘。
「かぁちゃん、今回はやめとこうよ。あまりにも勉強不足でしょ。罰が当たるっていうか・・・。」息子。
「たしかに・・・。もう一度ちょっと勉強して出直しますか!」私。
「・・・また来るんですか!?」クニヒサ。
子供たちはそれぞれ自分のお金で、学業守を。私は仕事のお守りをいただきまして、尾道の宿まで。
f0177373_19512094.jpg

お世話になった、『西山本館』さんは大正建築のステキなお宿でした。
f0177373_19435852.jpg

お部屋はとっても広くて・・・ビンボー症のiwasaki家は、控えの間だけで充分な広さかも(笑)。
f0177373_19442215.jpg

玄関には巾広い(90cmくらい!)松の床。『お客様をまつ』かららしいです。
レトロな電話室には、黒電話が入っておりました。大林監督作品の映画の中にも登場したらしいです。
f0177373_19472927.jpg

洗面所はお部屋の外に。流しにはガラス棒が・・・。何から何までカワイイ(涙)!!
子供たちも初めての、正式な(!?)和食の美味しいお料理をいただきまして。
いよいよ最終日は、尾道を歩きます!
by senshoku-iwasaki | 2015-08-15 23:01 | 岩崎のある日
2015iwasaki夏の修学旅行・香川・高松→愛媛・今治→小島→道後温泉。
高松をあとに、iwasaki初の愛媛入りです。
郡上での学生時代に、川之江市(四国中央市)出身の友人がありまして。
一度でいいから愛媛県、行ってみたいっ!って私(エツコ)の憧れの地のひとつ。
今回はその、旧川之江のあたりを車で通って・・・。
「マキちゃん、元気かなぁ?お嬢さんがあの頃のマキちゃんくらいになってるんだよねぇ?」
「きっと美人なんだろうなぁ・・・。モテモテだろうから、パパさん心配してるね。」
なんて独り言大連発しているうちに・・・大王製紙とか、大きな大きな製紙工場地を抜けて
今治市の波止浜港へ。
f0177373_19215428.jpg

まず息子が「おぉぉ~っ!」とシャッターを切ったのは今治造船所。
大きなタンカーも製造途中。iwasaki家全員初めての光景にワクワク。
f0177373_1922208.jpg

この小型船に乗って・・・目的地は小島(おしま)です。
f0177373_19225126.jpg

二つ目の島が小島。わずか10分ほどで到着。あら、誰もいない・・・。
ひとつ目も来島も降りてみたかったなぁ~。
f0177373_19231114.jpg

明治の時代に、日露戦争に備えて築かれた要塞を見学したかったのです。
f0177373_19235156.jpg

弾薬庫跡。赤レンガで出来たヨーロッパ式の建物。巨大な部屋です。
まるで映画のセットのよう。
f0177373_19242168.jpg

小島の遊歩道を、ひたすら登っていく感じです。
ここは中腹あたりの中部砲台跡周辺。御影石のブロックが大きく、大砲もですが
どうやって人力で運び込んだのか・・・。ただ歩くだけで汗だくのiwasaki一家。
f0177373_19244998.jpg

地下兵舎。地下なので、中に入るとチョット涼しい気が・・・。
f0177373_19251222.jpg

この階段の上は、探照灯があった場所。
f0177373_192741100.jpg

小さな島全体が要塞、といった感じでしたが。
この島に暮らす人の民家や、畑と、これらの遺産が隣り合わせだったり。
元々この地に暮らす人たちにとって、この要塞が戦争に使われることなく終わって
よかったなぁ・・・と思ったり。
こういうものを目にする度・・・いつの時代にも軍事費の大きさを痛感させられます。
世界中の軍事費を集めたら、世界中が幸せになれるんじゃないかしら!?
f0177373_1928597.jpg

たくさん歩いて、いっぱい汗をかきました。
せっかく愛媛に来ましたので、一家で道後温泉のホテルに泊まり、ホテルの温泉に浸かって、
更に・・・「神様の御湯」(!?)にも浸かって、疲労回復ですっ!
翌日はせっかく愛媛に来ましたから、砥部焼の窯元に寄ってから・・・大三島方面へ。
                                       つづく。
by senshoku-iwasaki | 2015-08-14 21:46 | 岩崎のある日
2015iwasaki夏の修学旅行・岡山・児島→香川・高松
増孝商店・夏場所のあとに、今年もiwasaki家恒例となった・・・
真夏の、ビンボー家族旅行に出かけました。
今年のテーマは、温故知新。
一回じゃ、ナカナカ理解できない(笑)気の毒な母(私)と、そのお子たち。
今回は母以外、それぞれにカメラを手に・・46歳のオヤジ、13歳少年、11歳少女
の目線の景色を記録してきました。母は運転も何もせず、キョロキョロしてただけ(笑)。
f0177373_19451587.jpg

今年の旅の始まりは、岡山市内にある、桃太郎ジーンズさんのファクトリーショップから。
ファクトリーのほうでは、旧式の自動織機トヨダ製がズラリ。
撮影禁止なので、ガラス越しにじーっと観察のiwasaki夫婦。
旧式とはいえ、産業革命後のごっついマシンに・・・iwasakiの全手動式西陣製高機が
町内のみで私(エツコ)がたまーに運転する、『三代目・豆象』(古いサンバー)に感じた瞬間。
見学のあとは、児島のデニムストリートに。
f0177373_19453786.jpg

せっかく児島に来たので、KAPITALさんのファクトリーショップにも。
作り出されながら販売されているカタチが、どうやらiwasakiは好きみたいです。
f0177373_1947427.jpg

今年も瀬戸大橋を通って・・坂出で降りて向かった先は、瀬戸内海歴史民族資料館です。
昨年は知らなかったのですが、昨年こちらでは漁師の仕事着『ドンザ』の企画展示をしていた
と後で知り・・・。今回は常設展でしたが、この資料館、展示内容も建物も大変興味深く・・・。
我が家の子供らは、今回の旅で一番か二番の印象的な場所だったようです。
f0177373_1947397.jpg

高松のホテルにチェックインをしてから・・・夕方の高松散歩に。
f0177373_19481129.jpg

高松城跡の、玉藻公園に行くと・・・松平家別邸の大正建築の『披雲閣』が夕涼み無料公開中
とのことで、ついついほいほい入ってしまう・・・松平家とまったく無縁のiwasaki家。
この日、中では高松ゆかりの工芸家、クラフトマン、書家、造形作家の方々の作品を展示販売
のイベント中でした。香川漆器の素晴らしい技法を、制作者さん自ら説明してくださって・・・。
さすがはお殿様のいらした町です。私、噴出す汗と、息がかかっては大変!!と手拭いで顔中押
さえながら(笑)・・・作品は遠巻きに拝見させていただきました。
なんだか、三渓園での『日本の夏じたく』みたいですね。
f0177373_19484295.jpg

ひとしきり・・・作品や建物、お庭を鑑賞させていただいているうちに日は暮れて。
琴電の過ぎ去る、高松の夜。       
f0177373_19491117.jpg

翌日は愛媛の小島に出かけます。     つづく。
by senshoku-iwasaki | 2015-08-13 22:41 | 岩崎のある日
朝練。
f0177373_192592.jpg

先日織ったショール、sunriseのお陰(!?)で木枠に残った糸たちが
キレイに無くなって。工房の糸棚も片付きました。
これだけ木枠が空けば、かなり凝った縞の入った着尺だってOK!かな。
あーあ、このクーハンに息子が寝てたコトもあったなぁ・・・。
このところ・・・。バカ息子の先々を考えては、ため息の私(エツコ)・・・。

まだまだ・・・。
取り掛からなきゃならない八寸の帯地が何種かありまして。
クニヒサ、朝は8時前から工房入り。
帯地のタテ糸をグルグル・・・。整経をして、仮筬を通して・・・。
部活の朝練で、6時半に家を出る息子と、7時半に出る小5の娘。
往復2キロの山道を、2往復歩くことになってしまった私が朝練(笑)。
私が工房入りするのは、すっかり汗も引いた8時半くらいから。

早朝は獣の出没率も高いので・・・。まぁ、46歳のオバハンが同行したところで
そんな非常時に、何か役立つとはとても思えないのだけれど。
一応・・・息子のバカみたいな大荷物の一部を持って、なるべく大きな声で
おしゃべりをしての獣避け(笑)。

「部活の朝練って言うけどさ、あーた(ソフト)テニス部なんでしょ?
学校からテニスコートが1キロくらい離れているけど、そっちに集合なの?」私。
「朝はテニスコートには行かないよ。時間が無いから。」息子。
「じゃ、何すんの?」私。
「体育館で腹筋とか・・・。」息子。
「なぬぅ~?腹筋なら各自、家で出来るじゃんっ!」私。
「まぁ・・・オレは一年だし、滅法ヘタクソだからね。でもホラ見てかぁちゃん!
指のマメがつぶれたんだ・・・。」息子。
「おおっ!でも頑張ってんだ、素振りか?ん!?・・・・なんで指先?」私。
「放課後の練習ではさ、先輩の球拾いと、ボールの空気入ればっかりなのよ。」息子。
・・・もしかして、あのプシュプシュ(!?)で出来たマメ?あわわ・・・。

『日本の夏じたく』のときに、中間テスト直前にも関わらず・・・祖母宅でまったく勉強
しなかったバカ息子。自業自得のものすっごい結果に(涙)、私にゲーム機、マンガ、
娯楽の全てを取り上げられて(笑)、リベンジを約束させられた息子なんだけど・・・。
息子自身、変身願望なのかどうなのか・・・。
小学校のときから、忘れ物を回避するために鞄に全部の教科書、ノートを持ち歩く癖
があり・・・そのくせして忘れ物はしょっちゅう(涙)。
その、鉄のように重たい鞄の中には『松岡修造の修造思考』が・・・。
テニスじゃないんかいっ!!
by senshoku-iwasaki | 2015-06-23 21:41 | 岩崎のある日
今週は雨の入学式に。
iwasakiの職業柄というより・・・元々の好みからなんだけど。
ハレの日のキモノが無い私(エツコ)、洋服で息子の中学の入学式に(笑)。
ママ友からは「あれぇ~!?今日はキモノじゃないの~?」って言われるたびに
「ウチのキモノは、普段着なもんで・・・。」なんて。「(ハレに対して)ケのものだから・・・」なんて言うと、
「えっ~!?ウールのキモノを織っているんですか??」なんて、ワケわからなくなっちゃたり(笑)。

「かぁちゃん、言葉が古いんだって・・・。かぁちゃんが、かもだけど。」息子。
「はいはい、あっしは古い人間でやんす。あー。卒業式に入学式、やっとイベント終了だわね。」私。
保育園のときから息子が大好きだった、Nちゃんのママ(とってもキレイなお母さんなのです)に
「お母さんとのツーショット撮ってあげるね。」って言ってもらって・・・・。
「あーた、アタシとよりNちゃんとNちゃんのママとの3人で・・・って、今思ったでしょ?」私。
「そ、そんなコトないっす・・・。」明らかにテンション下がってる(笑)息子。やれやれ。

学校行事がニガテな私なので・・・。これで終わりにならないかなぁ~なんていつも思っちゃうのだけど。
あー。まだまだ・・・。娘もあったかぁ~。
入学式から3日目の今日から授業も始まった息子に、5年生になって昨日からいつも通りの娘。
私は、入学式の日以外は新作の楊柳のストールを織って、クニヒサの次にかかるタテ巻きを手伝って。
明日のお休みは・・・
子供達も。たぶん慣れないイベントに一番疲れた私が(笑)、きっと間違いなく(!?)お寝坊しそうです。


f0177373_20402644.jpg

by senshoku-iwasaki | 2015-04-10 21:58 | 岩崎のある日
うぐいす!!
「そーなの。もうとっくに鳴いてるよ~。今年は2月27日に初ホケキョ!聞いたもん・・・。」私。
「違う違う!かぁつん、こっちのウグイス(剣玉の技)!難易度高いの出来たっ!!」娘。
先週は3学期最後の授業参観日で、小6の息子は家庭科のおさらいも兼ねて手作りのサンドイッチで
親をおもてなししながら6年間の振り返りを。
小4の娘のほうは・・・アニキのときにもあったのだけど、1/2成人式だそうで。生まれたときから10年
を自分なりに振り返って、その成果(!?)特技を親たちの前で・・・それぞれご披露。
娘は何をやるかと思ったら、剣玉を。校歌にあわせてコンコンコン・・・と大皿中皿に乗せて・・・。
どちらもイベントなんだろうけど。私(エツコ)、今かかっているSさまの生紬が捗らなくて・・・(涙)。
とにかく玉糸の節がとび目しやすく・・・織ってはほどきの連続でして。
来週は息子の卒業式もあるし・・・実は、内心卒業式も含めて『学校どころじゃない』一心のダメ母。

失敗しないように2月末から練習してるなぁ~と思ったら。いつの間にか剣玉検定5級だったはずが
1級取得したそう。彼女の小学校では2級が今までの最高だったそうで、それも4年生で!というコトで
すっかりイイ気分になっちゃった娘。
「さすが、小さなヨーヨー大会で優勝経験のある父ちゃんの娘ですなぁ・・・。」剣玉全く出来ない息子。
「『小さな』は余計です。ホントだけど(笑)。確かにあのときの私に似てるような・・・。」クニヒサ。
「でもねー。上には上がいっぱいいるの。
YouTubeでは5歳くらいのチビッコが、しょーこよりもっともっとスゴ技連発なんだよ~。
そういえばにぃちゃん、4月から水泳教室ジュニアクラス入るの?」娘。
町内の週一回の水泳教室で、小3から中学生向けのジュニアクラスのほうにステップアップの娘。
アニキのほうが格下クラス(笑)。そんな娘も県大会に出たりすると、ジュニアアスリートたちの圧倒的
な実力の差に・・・。息子に言わせると。
「おしなべてみると、しょうこちゃんもオレも同じってコトだなぁ。」
えっ!?そーなの?

そういえば2年前の1/2成人式、アニキのほうは何の特技発表してたっけなぁ・・・?
あいつは何か・・・あったかなぁ・・・?
f0177373_20331573.jpg

by senshoku-iwasaki | 2015-03-12 21:59 | 岩崎のある日
今年もお神楽舞。
f0177373_19521191.jpg

昨日は集落のお神楽舞の日。
クニヒサも昨年から保存会に入れていただいて・・・(笑)。篠笛で参加しています。
一週間くらいだったけど、毎晩公民館で合同練習もあって。
お酒もあるので、呑める人には楽しい練習(!?)でも、呑めない吹けないクニヒサ(笑)、
デキル先輩の動画も見ながら・・・夜な夜な一人、酸欠状態となっておりました(笑)。
「いやぁ~エツコさん、お能の笛方の人って、改めてスゴイって思います。
能楽堂であんなに大きく、キレイに響き渡らせるなんて物凄いコトですね。」クニヒサ。
なるほどぉ~。
確かにシンプルな竹筒で、音楽を奏でるなんて昔の人はスゴイなぁ・・・。

にしても。
今年も朝から・・・回ったお宅で振舞われる『お神酒』で、後半にたどり着いた我が家周辺
の頃には、カンペキに出来上がっちゃった方々もいて(笑)。
今年も賑やかに悪魔祓いをしていただいたので、きっときっとiwasakiにとって良い一年
になるコト間違いナシですっ!
どんと焼きのお団子もしっかり食べて。
無病息災で、よい仕事が出来ますようにガンバリます。
by senshoku-iwasaki | 2015-01-19 21:06 | 岩崎のある日