カテゴリ:工程( 56 )
次は緯吉野の九寸帯地にかかります。
f0177373_19293699.jpg

ぐるぐるぐるぐる~。
昨日クニヒサが染めた糸は、白っぽい金茶。
「白金茶(しろきんちゃ)って、漢字で書くと『しろがねちゃ?』
もしくは『はっきんちゃ?』なんか縁起イイ感じ!?」クニヒサ。
今回は、『入り江の波』シリーズのように平織りは入れずに
たっぷりと。緯吉野で花弁のような、ジューシーな果肉のよう
な・・・?さらりとしつつも、肉厚な九寸帯地を目指します。

今朝も凍りつきそうな朝だったけど。
心を鬼にして(!?)糊付けを始めた、さすが仕事人(笑)。
「クラスでインフルエンザがちらほら出た」と夕べ言っていた娘。
熱を測ると7度5分。一応学校はお休みさせて・・・。
しばらくすると、8度9分に。あわわ・・。

この季節の、糸の糊付けは。
まずは煮溶かして濾した、熱々のふのリをカセにたっぷり浸して。
絞るように、均等に糊がつくように、カセをパンパンと叩きながら。
これが冷たい。乾いた寒風が乾きにイイのだけど、冷たい。
手が荒れると、今度は絹糸をひっかけてしまうので・・。あんまり
やりたくない私(エツコ)。なので、ずーっとクニヒサが担当(笑)。
しかし今日は、娘を病院に連れて行かなきゃならないのだけれど。
着ぶくれして、ふなっしー状態なので(涙)着替えなきゃならない上、
うーん・・・病院が混んでいたら、車が止められるか心配の私。
「エツコさん、これからが肝心です。こうやって・・・」クニヒサ。
「よぅ知ってるわよ~!アタシのほうが一年先輩よっ!」
「あ、でも私のここまでの作業が一番寒くて大変でしたけど」クニヒサ。
「はいはい。」
仕方なく(!?)、途中から糊付けを引き継いで。寒っ!!
でもクニヒサの言う通り、どんどん乾いていくものだから肝心なパンパン。
丁寧に引き継ぎましたからね、
お昼過ぎにはキレイにパラリと乾いて。ぐるぐるもスムーズ!

A型インフルエンザだったという娘。薬を飲んでぐっすり。
お茶の時間、Aさまに頂いた最中『ふくみ天平』を食べながら・・・。
「エツコさん、なんか背中がゾクゾクするんですけど。」クニヒサ。
えぇ~っ!!
白金パワー(!?)でインフルさま、どーか回復力の乏しい・・・
親のほうには来ないでくださいっ!
by senshoku-iwasaki | 2016-01-21 21:02 | 工程
絣括って、ぼわーんと染めて、絣ほどき。
先週から『視覚詩シリーズの紬』を織り始めた私(エツコ)ですが。
クニヒサの進行を見ながら・・・久しぶりに絣括りをしまして。
クニヒサ、ぼわーんとイイ感じに染色いたしました。
少し雲がかかって、ぼわーんとお月様になる予定です。
440シリーズ、今回もクニヒサが織る予定ですので
絣括り担当としましては、ちゃんと際までキュッと括られていたか
ちょっとドキドキの、この絣ほどき作業。
この『ぼわーんとお月様』は、ぼわーんとしていない方がキチッと
してなきゃ登場できない仕組みでして。
f0177373_2018858.jpg

f0177373_20183197.jpg

おぉぉ・・・。
結構イケています!(と、思います・笑)
今回のヨコ糸は玉糸ですので、まわたのつむぎ糸にくらべると
小カセにした、この糸束が指先のささくれなどにに引っかかって
カセを乱してしまったり、縛るときにすべりやすかったり・・・と。
勝手がチョット違いましたが、きっとこれも新しい発見になると
信じて(!?)クニヒサに引渡しました。
それにしても。
440シリーズ、偉大なる師匠たちのリスペクトですから。
おいそれと作れませんで・・・。
大師匠の生み出した『丸紋』、二人して考えても頭が混乱します。
絣自体はシンプルなものなのに、構成の段階で「あれっ!?
ひょっとして間違えた?」って、ヒヤっとします。
この絣括り台は、この絣糸を織り込んで・・・無事間違っていない
コトを確認するまで・・・最悪やり直しは覚悟で!(笑)
このままスタンバイさせておきます・・・。
どーか、間違っていませんように!!
by senshoku-iwasaki | 2015-09-07 22:12 | 工程
梅雨の晴れ間に糊付け。
f0177373_2042162.jpg

次に掛かる着尺は、Uさまの杉綾織りの紬。
紺のタテ糸に、グレー系の予定。
増孝商店・夏場所で、サンプルをご覧頂いて・・・
Uさまのイメージに近いものを決めていただこうと。

その前に。
秋に向け・・・同じ紺のタテで、ヨコにこの小豆色の
新色を作ろうと思っているのです。
先日織り上げた、銀河シルクの山形斜文の八寸帯地
『漆朱』のような、ざらっとした風情にしたくて。

23日から始まる、増孝商店・夏場所ですが。
iwasakiは、まだまだ走っておりまして。

半巾の新作を織りながら、もう一つの機にはiwasaki
とサカタとのコラボ、ekkaの初期のころよりのユーザー
さんである(それもご夫妻で!)Mさま、ご主人の
ジャケット、ベストになる生地のサンプルがかかりました。
タテ糸がシルク。ヨコ糸にウールを入れた杉綾織りで。

ううぅっ・・・。この時間配分・・・我ながら痺れるなぁ・・・(笑)。
織物の場合、いや、不器用なiwasakiの場合。
「その気になれば一日!」なーんて仕事は絶望的にありませんで。
どれもこれも・・・経験上、実際かかるであろう日数+4日くらい
で辻褄が合うスケジュールなのです。
なので、土曜も日曜も。
ゆるゆる、せっせと・・・天気予報とともに作業は同時進行中。
by senshoku-iwasaki | 2015-07-12 21:24 | 工程
増孝商店から南部町に戻ってきた翌日の昨日。
さっそくクニヒサが取り掛かったのは、木枠にイロイロ残った糸を中心に
新作の夏向け楊柳ストールのタテ糸巻き、整経に。
今日は仮筬通し(写真)をして、二人で機にタテ巻き。そして綜絖通し、筬通し。
夕方には機にセットされて・・・明日から私(エツコ)が織り始めます。
先日織った、生紬や、sunriseショールや、吉野格子の紬の残り糸とか・・・
今話題のサルベージ料理ならぬ、とびっきりのサルベージ織物(!?)の楊柳にさせる予定です。

今日までは我が家の子供達も春休み。
明日から小学生の娘は、新学期。中学生になる息子も、明後日入学式。

やっとまた・・・私の大好きな、なんでもない日常がはじまります。
昨日も今日も。かならずやってくる、明日やあさってに繋がってゆくように。

東京からの大荷物を片付けながら・・・なんでか増孝商店での内職(!?)銀河シルクの糸繋ぎが、
とまらないとまらない。かたづかないかたづかない(笑)。
f0177373_19354773.jpg

by senshoku-iwasaki | 2015-04-05 20:42 | 工程
次なる『地紋のある・・・』は。
f0177373_20203791.jpg

タテ糸が4色のグラデーション。
海のような。湖畔のような。新緑の頃の木漏れ日のような。いやいや、真夏の森で見つけた滝のような・・・。
私たちのイメージどおりになれば・・・地紋のマルは、ぼわーんと立体的になる予定なのだけど。
気がつけば。
20年以上織物にしがみついているにも関わらず・・・まぁ、思い通りになった試しが無いっ(涙)。
というのがiwasakiの常なので(トホホ)。思わぬアクシデントは、想定内で進めています。

1月は、私たちの近しい若いご夫婦で・・・偶然にも出産が重なりまして。
お祝いを用意しながら、おめでとう!のほかに一言添えようと思いながら・・・。
「・・・ん!?何も言えない・・・。」
「かぁちゃん、まるで北島康介じゃん!」小6息子。
「いや、全然違うでしょ、真逆側!・・・てか、原因はあーたでしょーがっ!
12年経ってコレじゃ、アタシの子育てがおかしかったってコトじゃないの~!
でもどこまで遡っても、ほかにどうにも出来なかったのもアタシなんだわ・・・(涙)。」私。
幼子の頃より、何かが欠落している息子・・・困ったコトに、忘れ物や紛失物がハンパ無く・・・。
学校のほうから、幾度となく厳重注意を・・・。中学では減点制になるので、進学にも差し支えるからと・・。
「かぁちゃん、オレは生きる上で何一つ見失ってるモノなんてないよ。むしろそんなコトでしかオレという
人間を評価出来ないのなら、本質を見失ってるのは先生たちなんじゃないかと。オレは・・・
イテテ・・かぁちゃん、スリッパで叩くなよぅ~。それに、なんかカメムシ臭いんだけど。」息子。
「あ、さっきうっかり踏んじゃったんだわ(笑)。ばかたれ。」
まったくもぅ~!でも確かに、人間は生まれたとき・・・素っ裸で、無垢で眼も見えず。
これくらいのコトは、人より出来たほうがイイかも?とか、
これくらいの学校には行った方がイイんじゃないか?とか、もしかして周りのオトナが本人が望んでない、
勝手に幸せだと思う服を、無理やり着せようとしているのかもかも。

ま、元気ならいいか。と結局。
f0177373_2022822.jpg

今日は節分。
クニヒサ、タテ糸を今日は筬に通すところまできまして。
機にセットして、綜絖通しが間違ってなければ・・・(間違ってませんように!)
明日はヨコ糸を二人で決めます。

明日からは、春のはじまり。
一家で無言で恵方巻きも食べたし、めざしも焼いて食べたし。
もっちろん、子供達以上に私(エツコ)は張り切って豆もまいたし。
おバカな母にも息子にも、福がやって来ますように!
by senshoku-iwasaki | 2015-02-03 21:45 | 工程
次にかかる着尺のタテは紺色です。
f0177373_2193474.jpg

一昨日からの寒波で、今朝は今季初!庭の山の水の蛇口が凍りました。
冷た~くて乾いた北風と、穏やかなお日様のチカラでカラリと乾くのが糸の糊付け。
なーんて言いながら、実はここ何年も・・・クニヒサの担当でして(笑)。

次回は、地紋のあるシリーズの着尺にかかる予定です。
タテとヨコの色味が違うコトで、玉虫みたいな無地なんだけど更に地紋で丸!
今年も精一杯がんばったつもりなんだけど・・・。
よーく考えると、大した仕事量じゃなかったなぁ・・・。
もっとイロイロやってみたいコトがあったハズ・・・。
と自己反省は尽きませんで・・。これも毎度のコト(涙)。
でもでも!最後は丸く・・・たぶん今からかかると・・・新春から丸。
これは、エンドレスiwasakiらしい年越しになりそうです。

このタテ糸が機にかかるまで、チョットの間・・・私(エツコ)にはずーっと気になっていた
工房の障子貼りとか、裏の土手の手入れとか、大掃除とか・・・。
工房の障子は、もともとこの家にあったものだから、古い!のです。年代もイロイロ。
桟の巾も、25センチだったり28センチだったり。
桟も途中で折れていたり、ゆるくなっていたり。
障子紙を剥がして雑巾で拭くのもそーっとしないと壊れちゃいそう(笑)。
こういう時間のほうが、やたらと燃える私。
by senshoku-iwasaki | 2014-12-06 22:49 | 工程
砧打ち。
f0177373_19552134.jpg

iwasakiの生紬・・・正確に言うと、セリシンを残したシャリ感のある夏用紬でして。
基本的にiwasakiでは、あまり透けない規格にしています。
といいますのも、丈夫さに重きを置いておりまして。特に夏モノは。
汗ばむものなので、私(エツコ)は水洗いをしながら・・・少しずつハリのある生紬が
馴染んで柔らかくなってくるのを、一緒に楽しみながら育てている感じなのですが。
それにしても。
初期設定としてハード過ぎるのかなぁ・・・?というのは感じておりまして。
以前『iwasakiではあんまり使わない』といっていた、砧を使ってみようかと思いまして。
ただ、ウチにあるものは農耕用の稲藁をなうのに使う、大きく重いものなので・・・。
京都製の、シュッとした布用砧を購入しました!
アフリカの、硬い木の小テーブルの上で、トントントトトン・・・トトトン・・トントントン。
「エツコさん、108回ずつ10セットいこうかと思います。」クニヒサ。
「煩悩10年分?」私。
「いや・・・10日分!?あのぅ、チョット代わってください。結構・・疲れます。」クニヒサ。
くるくると巻き返して、また叩いて、おまじないして。
ぬるめのお湯で、湯どおししたら・・・あらまぁ!かなり柔らかくなりました。
ちょうど・・・8年ほど毎夏着ている、私の生紬と同じくらいに・・・。
昨日もう一度、郡上八幡の湯のし屋さんに湯のしをお願いしまして。
仕上がりが楽しみです。

それにしても生紬、というかセリシン。とにかくシワになりにくいのが、麻のキモノより
勝るところ。湯どおししてついてしまったシワも、アイロン中温でピン!と伸び。
シルクアレルギーのクニヒサは苦手なセリシンだけど。
宮坂製糸所のオリジナルのシルクの洗顔石鹸が、もっちもっちするワケだけだなぁ・・・。
絹のチカラ、魅力は、未精錬でも精練しても。それぞれの良さがありまして。
いろんな絹の、魅力と表情を、織物で表現できたらイイなぁ・・・と思っております!
by senshoku-iwasaki | 2014-12-04 21:45 | 工程
整経中の半巾帯『savon』。
f0177373_1955561.jpg

和モノであんまり使わないカラーで、半巾帯を作ろう!と思い立ったのは数年前。
頂き物の、大好きなデメルのクッキーをクニヒサと食べながら。

「私はこの、ピスタチオが好きです・・。あれ!?今、缶じゃないの?」クニヒサ。
「缶じゃないのよ~。もう10年ちかくになるかも。もっととっておけばよかったなぁ。
引越しするときに何個か捨てたのが後悔だわ~。それからなのよね~アタシ、
イケアのクリスマスクッキー缶が捨てられなくてぇ・・・。(今は全部切り糸入りだけど。)
おっ!このカラーリングで半巾、カワイイかも!?」私。
「あぁ・・・たしかに。イイかもですねー。」クニヒサ。

デメルといえば、ウィーンのアーティストが描いたという・・・あのステキなパッケージ。
そのデザイン缶が欲しくて(笑)、自分用に(贅沢にも)クッキーを買ったのは20代のとき。
せっかくデメルのショップに来たら、ザッハトルテを選んじゃうそのキモチを抑えて(笑)。
食べたらやっぱり美味しくって~。日持ちする手土産にしたり、時々は自分用にしたり。

あのとき出来た、『savon』のシリーズ
ブログをご覧になった、Hさまからのリクエストで・・・。
クニヒサ、自分が作ったくせに(笑)、何度も写真を見ながら糸を染めて。
「イイなんて言われちゃうと、すぐ復刻したくなるんだけど。すぐ忘れちゃうんで・・・。
ノート見ても自分が何書いてんのかわかんなかったりしてね・・・(笑)。」クニヒサ。
「ダメじゃんっ!三島由紀夫みたいな、緊張感溢れるナルシストさがないと!これじゃ、
門外不出の暗号文のようだわよっ!」って、人のコト言えない私(笑)。
復刻といえば、デメルのクッキー缶、復刻販売してくれないかなぁ・・・。
by senshoku-iwasaki | 2014-06-12 21:18 | 工程
次にかかる生紬『スターフルーツシャワー』
f0177373_1945296.jpg

今年元旦、初日の出を拝みながらの・・集落の新年互例会に出かけたクニヒサを待つ間に
降ってきた(!?)今年のiwasakiのテーマ。もちろん希望のイメージだけれど(笑)。
いつものことながら・・・その辺にあったチラシの裏か何かに思いついたイメージの断片を。
●江戸小紋のような縞、格子。
●グラマラスな格子と、柳腰な縞。
う~ん、格子のほうはトロピカルな三姉妹がイイかなぁ・・・。
スターフルーツグリーンに、マンゴーオレンジ、スウィートライチっていう感じかな。
となると、細い縞のほうはキリッと小股の切れ上がった・・・小粋な雪女的三姉妹ね・・・
なーんて、どこまでも落書きな企画書がありまして。
企画段階では、夏向けの生紬の着尺のつもりで書いたものだけど。
元日の、初めての仕事の話で
クニヒサの好きなギンガムチェックも組み込んだ今回の企画に、クニヒサも乗る気。
なんだけれど・・・・。
こればっかりは、キモチと現実がナカナカうまく噛み合わないものでして(笑)。
着尺3反は、チョット時間的に厳しいかなぁ・・・とか。
九寸帯地規格でなら着尺より短いし、作りやすいのかなぁ・・・とか。
寄せては返す波のように・・・二人でそれぞれ進めている仕事をやりながらずっと考え中。
14日のあの大雪の日に、スキー教室から戻ってこれなくなった息子の学校からの
連絡を待ちながら・・・九寸の帯地規格でいこう!というコトになり当初の格子よりも大きく
デザインを書き換えていたのだけれど。
それから3日間・・・二人して雪掻きに追われながらもアタマの中がグルグル・・・。
まずはスターフルーツで。
クニヒサ4日目に糸を多めに染色をしたあと、またふたりで雪掻き。
なんせ、屋根が大きいものだから雪がどんどん落ちてきて、家が埋まるしガス管が心配
だったりと。以前防災用に町から配られた、ヘルメットを被ってサングラスしてシャベル。
「エツコさん、やっぱり着尺にしましょうっ!」ホイっと雪を放ってクニヒサ。
「売れないかもよ(笑)。」私。
「それは帯でも同じでしょう。
ステキな在庫もないと、いざという時に勝負できないって聞きましたよ。」クニヒサ。

昨日はまた雪かも!?の予報が変わったので、雪掻きはもうやめて。
実際のサイズで糸の本数を考えながら・・・デザインをまた書き換えて。
何度も「エツコさーん、ココ大事ですよー。寝ちゃダメですよー」のクニヒサの声が(笑)。
眼を閉じると、真っ白で眩し過ぎる雪の壁が襲い掛かってきて・・・疲れが・・・。
そうなの。そうなの。
一番大事なところだった・・・。フリーズしている場合じゃないわね、と生き返り。

本日クニヒサ、無事整経終了です。
by senshoku-iwasaki | 2014-02-20 21:14 | 工程
糊付けする前の、まわたつむぎ糸。
f0177373_19574718.jpg

浜松のSさまと・・・お色の最終確認をさせていただいて。
サンプルで織ったヨコ糸より、チョットだけ赤味をプラスしたグレー。
梅春にピッタリの、穏やかなグレーです。

今日は昨日よりも風が無く、日差しも力強く・・・。糊付けには良さそうな日和。
クニヒサ・・・ふのりを煮溶かす間に薪を割り、庭のデコボコになった(笑)砂利を均し・・・。
「エツコさーん、身体を動かすと汗ばみそうですよ。」
ん・・・。なんか今朝から腰に違和感を感じる私。
こーゆー日は、『ムリをしない』が大正解!というのをそれこそ身体で覚えたので(笑)。
キュッキュッキュッ・・・と、カセに糊付けしているのも
パンパンパン・・・と、しょっちゅうカセを叩くのも
間あいだに機場に戻って、帯地を織りながら・・・
また外に出てパンパンパン・・・と、忙しそうに繰り返すクニヒサを眼で追いながらも。
日向で甲羅干ししている我が家のカメを見ながら、手を出さずにいたのだけれど。

午後、ふんわりキレイに糊の乾いた15カセの糸を大事そうに・・・抱えてきたクニヒサは
そのまま自分の機で帯地の続きを織り始め。
すっかり日陰になって、寒そうにバタンバタンと動き出すカメと眼が合って・・・。
仕方なく、カメの水を替えて持ち上げたとたん・・・!!

平らになった砂利の上で動けなくなった・・・バカな私(涙)。
一体今日の私は、何に細心の注意を払っていたのかしら~。

明日から腰を労わりつつ・・・Sさまの杉綾織り紬にかかります!
by senshoku-iwasaki | 2014-01-28 20:53 | 工程