カテゴリ:工程( 58 )
久々の絣括りは、目にくる。肩にくる。腕にくる・・・。
f0177373_20532422.jpgくるくるクルと、全然エコじゃないナイロンテープを糸に巻き、
巻いてないところだけを、染めます。

10年ほど前に。
百貨店のイベントに出展していた、私たちの紬を見て・・・。
「もしや、郡上紬の流れをくんでいませんか?」と声をかけて
くださった初老の淑女に、それから何度かお会いして・・・。
ある日、届いた宅急便。
「どうしても、あなたにもらっていただきたいのです。」と
届いたのは、大師匠の作品集にも掲載されている、
昭和45年作の、ほぐし絣。パッと見はワカラナイかも!?
だけど(笑)。織りをやっている人間には、キョーレツにその
大変さがワカル代物。
大変なワリに、普通の人が見ると、そうはワカラナイ・・。
宅急便にはその他に、大師匠の帯と、とても郡上らしい
柄ゆきの格子の着物が入っていて。

それから・・・。
どういうわけか、その淑女とはぱったり連絡がつかなくなって
しまったのだけど。


f0177373_20542872.jpg洗い張りをして、仕立て直しは、単衣にして。
私は 日常に大師匠をさんざん身に纏い・・・。
あの淑女が、私たちに託したかったコトを考えてみたのだけど。
結局。
私たちに出来るコトは、大師匠みたいにはいかないけれど、
大師匠みたいなファンタジーをこめて、織りを楽しむコトでは
ないかなぁ・・・と。

今回は iwasakiの大師匠である、宗広力三氏へ
敬意をこめてオマージュとしてのぼかし絣。
大師匠は、『どぼんこ染め』と言っていたけれど。
昨日はクニヒサと二人がかりで、この小さなカセをぼかしながら
染め・・・。今日はナイロンテープをほどいて・・・・。
全くエコじゃない(笑)ゴミがたっぷり出て。

あとはクニヒサが、糊付けをして・・・この絣を吉野間道の中に。
今回は 初めてのお太鼓柄。
三渓園までに・・・間に合うかなぁ・・・。
by senshoku-iwasaki | 2011-05-18 21:45 | 工程
久し振りに整経。
f0177373_18195136.jpg
やっと・・・仕事がふつうにできるようになり・・・。

生紬3作目のたて。
by senshoku-iwasaki | 2011-04-10 18:26 | 工程
染色。
f0177373_1813781.jpg
以前、染めをしている友人からもらった近江刈安。
贅沢に煮出して染色。 

3種の黄色で着尺の予定。



明日31日(火)、最終日です。

『秋の暮らしを彩る 工房からの風』

工房キリアキ  (木工)
染織iwasaki  (染織)
永井克明     (ステンドガラス)

玉川高島屋5階アートサロン
最終日は4時閉場

皆様のお越しをお待ちしております。
by senshoku-iwasaki | 2010-08-30 18:33 | 工程
次回 太織りは、朝顔カラーです。
f0177373_19555744.jpg
昨年息子の夏休みの観察アサガオ。
いつの間にか、勝手にタネをこぼして
今年も咲きまして。ちょうどこんな色。
iwasakiらしからぬ(!?)カラーかも。
イエイエ・・・。iwasakiのつくるものが
iwasaki的(笑)。コチニールを中心に
紫から紺に変化します。
実は、今月末の玉川高島屋での三人
展に間に合わせたいのに、どうも・・・
雨が降ります。クニヒサ、今日も雨に
見舞われ、糊付けが出来ないっ!!
今年の夏休み観察植物は、ミニトマ
ト。お友達のは、夏休み前にすでに
青い実が鈴なりだったけど。
息子のは・・・。持ち帰ったときから
瀕死状態。案の定立ち枯れ。(トホホ)
これじゃぁ、タネはこぼれないから・・・
                              来年はミニトマトカラーの着尺は、きっと出来ないだろうなぁ・・・(笑)
by senshoku-iwasaki | 2010-08-04 20:22 | 工程
絹糸が届いて・・・
染色→糊付けの仕事をしようとすると雨。

工房にいれたユニットバスに糸を干し
除湿機をまわす。

この業種、風呂場も仕事場。
by senshoku-iwasaki | 2010-06-16 21:25 | 工程
『エツコの休日のミッション』でかなり裂いたハズ絹布。
f0177373_2185814.jpg
Rさんの裂き織りジャケット地 まだまだ道半ばの
5メートル織ったところで、敢無く撃沈。うぅっ!!

帯とは違って、服地となると
ベタに裂き布だけで織ると 硬くて重いので、太めに
紡がれたエリ蚕の糸などの中に散らして・・・しなやか
にしているにもかかわらず・・・。かなり使います。
60センチ巾に織っている、今回のジャケット地。
約80センチ巾の絹布を 1センチ弱に裂いたものが
1メートル分織るために、ちょうど1メートル要ります。
Rさんのジャケットには 10メートルは必要なので、
絹布も約10メートル裂かなくては・・・。
今週末は残り5メートル、ガンガン裂かなくては!

・・・でも、その前に、月曜から始まる娘の保育所で使う
お箸&おしぼり入れ(ちょうちょ結びの練習の為に今年
度から取り入れるそうで・・)を縫わなければ・・・。
家庭科が大っキライだった私。指示どおり、寸法どおり
に作ることが何よりも憂鬱。
普段はきっとかなり自由なんだわ・・・と実感。
by senshoku-iwasaki | 2010-04-02 21:45 | 工程
エンドレス。
f0177373_2142997.jpg
はたおりをすると
どうしても糸が出ます。
たて糸は、織れるだけ織っても 
約20センチほど、織りつけまで
の10センチくらいの切り糸が。
エツコの
『休日のミッション其の2』
がはた結び。
せっせと繋いでおいて・・
貯まるとこうして織物に。
(今回は楊柳のストール)
繋いだ糸は、そのつど適当に
DMハガキなどを芯に巻きつけ
るのだけど。
今回使った繋ぎ糸の芯、
いつもお世話になっている、
染料店のセールDM。なんと
                                                  2000・秋のもの。
                                                  「あ~ら、藍熊さんもデザイン
                                                  変わってないわねぇ・・・。」
                                                  
                                                  いやいや・・。
                                                  同じコト、20年やってる
                                                  私たちも・・・でした。
by senshoku-iwasaki | 2010-03-30 21:41 | 工程
紗(しゃ)。
f0177373_1815299.jpg
久し振りに捩り織り。
夏じたく展ように・・・と制作。
帯やショールではなく・・・なんでしょう。

明日から個展が京都2ヶ所( gallery C.A.J清課堂ギャラリー)で始まる小山泰之さんにお願いして、なにかになります。(笑)
by senshoku-iwasaki | 2010-03-26 18:35 | 工程
休日のミッション。
f0177373_19285063.jpg
休日に南部史跡めぐりばかり
していたワケではありませんで。

Rさんの裂織りジャケットの準備。
福島で織られた、胴裏用絹布の
B反を Rさんのお宅の大島桜で
染めて・・・只今裂いております。

Rさん(・・にかかわらずiwasaki
お客さまの多く!?)大変優しく
気を長くして(笑)私たちと永いこ
とおつきあいいただいております。
確か・・・このジャケットのお話も、
かれこれ3年くらいになりますか。
仕事が遅いだけではなくて、生ま
れつきの『ボケ』が夫婦で最近、
加速中だったりで・・・。(トホホ)

                                                  今年こそ完成の予定です!
by senshoku-iwasaki | 2010-03-23 19:52 | 工程
糸に糊付け
今日、無事に晴れて糊付け。

糸がパラパラ良い感じ。
この工程が良い感じに行くと、
後々までスムーズに作業が進む。

iwasakiで使っている糊は、ふのりと少しの油。
by senshoku-iwasaki | 2009-08-04 18:32 | 工程