カテゴリ:骨子・背景( 28 )
織物の面白さは、やっぱり組成の面白さのような気がします。
今月は 娘(保育園)のおイモ掘りやら、息子(小学校)のイベントやらで・・・。
私(エツコ)は半日つぶれるコトにガッカリしながら・・・・。
ポケーっと!?車を運転しながら出た、結論。

着物や帯に限らずだと思うのだけど。
ただ色だけでコーディネイトすると、たぶんキット・・・飽きてきてしまわれるコトが多いのでは!?
紅葉した木の葉が美しいのは、いろんな色がいろんなふうに入り込んでいるからで、
たった1色で構成されているワケではない・・・ということだろうと。

植物で染めた糸を、1本ずつたくさんの色調でたてると、大抵 地味になります。
赤やピンクが入っていても、黄色や茶、グレーなんかにのみこまれちゃう感じで。
私自身は、そういう多色使いの『地味』も大好き。
逆に 初めから『地味な』色ばかりで構成した、『地味』も大好き。
たまには目の覚めるような『パッ!とした』明るい色もイイかも。

いろんな人がいるから、人が面白いように。
いろんな糸の特徴を活かして、調和がとれてるような、とれていないような・・!?
そんな、ビミョーな織物も作ってみたいと思うのです。

最初はあんまり好きじゃなかった人が、いつの間にか大好きな人に変わっていた・・・みたいな出来事が、
織物にあったら、なんてステキなことかしら!?

一目惚れがずっと続いたら、それはそれでステキなコトですが、
iwasakiの織物が、後からしみじみ・・・コレ、ヨカッタじゃ~ん!みたいなコトになってくれたら最高だなぁ。
なくても全然困らない、贅沢品だからこそなんだけど(笑)。
by senshoku-iwasaki | 2010-11-09 21:38 | 骨子・背景
煙りに巻かれて・・・機上の企画会議。
ブランケット66、ブルーラインのシリーズを・・・私(エツコ)、快調に織り進めております。
なんとなく北欧っぽいナチュラル感・・・。チョット懐かしいような水色に、ジャコブウールの天然色のグレー。
我ながら・・・『なかなかイイじゃ~ん』なんて思ったものの・・・。
どこかで会った事あるような人に出会った気分・・・。はて・・・?

「あ~っ!!昔、お父が吸ってた『ハイライト』だ!」私。
「ウチのおやじも『ハイライト』だったなぁ・・・。」クニヒサ。

京葉工業地帯で生まれ育った私。
小・中の同級生のほとんどのお父さんが、ウチと同じ川崎製鉄に勤務・・・みたいなブルーワーカーな町。
『ハイライト』は、友達の多くのお父さんの胸のポッケに収まっていたような・・・?
川鉄城下町に住む、家族のほとんどがウチと同じ核家族で。
両親の出身地というのが 日本中、実に様々で楽しかったのを覚えています。
今ではゴーヤも珍しくないケド、ご近所で鹿児島出身のおばさんがいるお宅に『見たこともない、ブツブツのウリ』を発見した話を母にしたら、「西さんチね?ニガゴリいっぱいなってた?」と確認して・・・。
しばらくしたら、うれしそうに母がもらってきたことがあったり・・・。(母は福岡出身。)
いろんな文化が混在して、いろんな価値観も混在していて、『父親の勤め先』ということだけが共通だったような町。

クニヒサの生まれ育った蔵前も、キットいろんな(面白い)おじさんがいっぱい働いていたんだろうなぁ・・・。
いろんなモノが混在・・・は、やっぱり面白いんだなぁ・・・と。
東京下町は、今でもいろんな人の匂いがして・・・魅力的な場所のひとつ。

「今度、70年代のたばこのパッケージカラーをテーマに 角帯を作ろっか!?」クニヒサ。
「イイね~!『ハイライト』に『セブンスター』に・・・。おじいちゃんとかが吸ってた、『エコー』や『わかば』・・・
カッコイイ色合いだったら、『ゴールデンバット』なんてどう!?」私。

なーんて、生まれつき喘息持ちのiwasaki夫婦、一度もたばこなんて吸ったこともないのにね(笑)
by senshoku-iwasaki | 2010-11-06 21:02 | 骨子・背景
『スルメの仕組み』 改メ 『スルメの理論』
「エツコさん、『スルメの仕組み』って、まさかアントニオ猪木の『風車の理論』じゃないよね?」クニヒサ。
「ん!?そういえば・・そういうのがあったわね・・・。ハイ、『風車の理論』とは?」私。
「たしか・・・風が強ければ強いほど風車もよく回ることから、相手の力を限界以上に引き出した上で、
自分がさらにその上の力を出して・・・・」クニヒサ。
「それっ!まさにそれや~っ!!」私。
「・・・・やっぱり。」クニヒサ。
「ソレって、どれ!?」たまたまやってきた息子。
「あーたの好きな、ワンピースの白ひげのモデル(と勝手に私が思ってる・・・)の人のお言葉よっ!
まずはですね。iwasakiの織物を身につけることで、その身につけた方自身の魅力を最大限に引き出す・・・」
ここまで言ったところで・・・何故か息子は退散。
「コラ、話はまだ途中!身につけた方の魅力を最大限引き出すことで、なんとiwasakiの織物がキラリと光る・・。
つまりですね、自分だけでなく相手も輝かせるという、猪木さんの理論がそのまんまなワケなのですヨ!」私。
「・・・・。なんかエツコさん、本気ですか?」クニヒサ。
「いーえ。イノキです!大マジです。そして私はゲンキです!」
by senshoku-iwasaki | 2010-09-23 20:43 | 骨子・背景
前向きに。
携帯電話とデジカメが水没して。
電話はとりあえず新しいものにしたものの・・・。
ここは山間。携帯なのに、外付けのアンテナで電波を拾っていたのだけれど。
おや、そのアンテナが効かない!!
うぅっ(泣)・・まったくいろんなコトが降りかかるiwasaki。
まぁ、携帯自体の感度が前のものよりイイようなので、工房内でうっすら電波の立つところに置くしかないか・・・。
カメラも。新調することで、厄を落とそう!(・・・と、自分に言い聞かせ・・・)

前向きついでに 最近イロイロ考えている着尺の構想を、はた織りしながらクニヒサと・・・。
飽きのこないモノって?
そんなモノは、ひとそれぞれ。
iwasakiの織物は、できたら長く永く使い続けて欲しいから
単衣で丈夫。そして温か。も理想。
綾織りの紬を 自分で作って使ってみて、この丈夫さとしなやかさは かなりの魅力だと・・・。
黄八丈には 綾織りのタイプがあるけれど、丈夫さ、というより織り模様の柄ゆきに重きがあるような・・・。
それはそれでもちろん、イイと思うのだけど、
もっとシンプルに。デニムが綾織りのように、デニム感覚の紬だからこそ綾織りはナイスだと。
産地の織物にも、個人の作家の織物にもあんまりなかった、綾織り。
平織りに比べると、糸もたくさん使うし、時間もかかるのだけれど。

色 柄だけではない、織物の魅力。
我が家の携帯電話のアンテナのように、うっすらぼんやりですが(笑)
今までもiwasakiではやってきていたことだけど、またあらためて、道が見えてきたような・・・。

まったくもっての普段着に、バカみたいな手間をかけて『なんてことのない』キモノを織る。
うーん。人知れずの贅沢を、作れることの贅沢。
by senshoku-iwasaki | 2010-09-21 22:15 | 骨子・背景
iwasakiの真髄!?
Kさんのご注文の着尺は、以前織った『乳灰色の紬』という、甘い片撚りの絹糸をたて糸に
密度をたてて・・・。よこ糸には、まわたのつむぎ糸に 細ーい生糸を合わせた、きれいめの紬のお色違い。
よこ糸よりも たて糸のしっとりつやつや感が、抑えた光沢で、パールのような質感のものです。

iwasakiの仕事は、
二人で企画・制作しているから、藤子不二雄さんみたいだけれど(そんな素晴らしいもんじゃなかったか・・笑)
『作品性・・・』はどうかはわかりませんが、
『作家性』がもし、あるとしたら、色、柄だけではない織物表現かと思っています。

同じような 絹の着尺でも、使う糸のとり方、太さ、撚り加減、撚りの方向、蚕の種類・・・と。
iwasakiが使っている絹は、その都度違ったりします。

たて糸の表情を出すのか。
よこ糸の風情を出すのか。
そのどちらもなのか、またはどちらも敢えて糸感を消して、機械的なクールなものにするのか・・・?。
どれがイイのか。
それは、どう着るのか?ということにとてもかかわってきます。

「貴方さまには こちらがお似合いです」と呉服屋さんに勧められるまま・・・もイイのかも!?ですが、
キホン、袷の勝負服なのか?袷の日常用なのか?
私のように、単衣の日常用であり、勝負服でもある。ということもあれば尚。

なんてことのない無地こそ
目を凝らして(!?)よく見てください。
iwasakiの真髄は たぶんキット、そういうところに こっそりと潜んでおります。
by senshoku-iwasaki | 2010-07-25 21:33 | 骨子・背景
続ければこそ。
継続はチカラなのだと・・・。
wiiのカンタンなゲームが5歳の娘に勝てない。
小2の息子には 付き合ってももらえない。
・・・なんで!?
クリスマスプレゼントだったハズの たまごっちのゲームが
たったの半年で、こんなにまで上達してしまうのぉ~!!

若い人には敵わない。
若い人に教わっていかないと・・・。

はたおりの世界では 30代まではまだまだ若手!みたいなところがありましたが、
いやいや・・・
40代にどっぷり入ってくると、若い人の仕事がとても新鮮で魅力的に感じます。

でも 続けてさえいれば、そんな若い方とも出合っていけるわけだし、
子供らのゲーム力も、日々の精進のたまもの(!?)だと思うし、
衰えはあっても がんばろっと。

ゲームはともかく。
by senshoku-iwasaki | 2010-07-08 20:55 | 骨子・背景
たったの二言。
「~あなたは稀有な人。」
私の紬の大師匠、故・宗広力三氏に言ってもらった言葉でして。
高校受験に失敗してから・・・およそ何もかもがうまくいかなかった、私の後半のティーン時代に(笑)
郡上で 大師匠に言ってもらったこの一言と、飛騨高山の古道具屋『田舎』(・・だったと思うのだけど)の
オヤジさんに言われた、「えっちゃんが男だったら、絶対イイ古道具屋になれる」の一言は、
後々・・・どれだけ救われたかしれない、『たったの二言』

妙な言葉で 人は救われたり、絶望したりするものだけど。

染織を志す 女性に多い、マジメさもなく、大した根性もないのだけど、ちょっと変わってる貴方は、
意外と飽きずに同じことを続けられる人かもしれない・・・ということだったような・・・!?
大師匠の言うことは、私たちの先生たちも一言一句 メモをとってたりしていたのに、
私は ただポッカ~ンと聞いていたような気がします。

もう一つの 古道具屋のオヤジさんの言葉も。
古美術、といわれるような 敷居の高いものだけじゃなくても、古道具といわれるなかでも
マジメな人ほど、予備知識が多くて 自分が無い人が多いらしく・・・。
学生の私がバイト代費やして、「アタシ、これ好きっ!」と選ぶ道具類は(もちろん、価値のあるものなんて
なんにもありませんが、今でもそれらは工房で現役です)好みが一貫していて 実にスバラシイと・・・。

大師匠のように 機織りで、人間国宝を目指したいわけでもないし。
『田舎』のオヤジさんのように 味のある古道具屋を営みたいわけでもないけれど。

作りたいもの、作ったものと、その生き方に 一貫性があるような・・・
そんな 染織iwasakiのエツコさんになれていたらいいんだけどなぁ・・・。
私も もうすぐ41歳。郡上を離れてから20年になりますか・・・。
by senshoku-iwasaki | 2010-07-05 20:55 | 骨子・背景
iwasaki的。
というものは ワカラナイけど。
派手とか地味とかでいうところの、『好み』でいえば多分・・・地味好き。
赤とかピンクとかがキライなワケではないけれど、まず自分ではなかなか取り入れないカラーではあります。
着るものともなれば尚のこと・・・。
私自身のコトだけど。
iwasakiでつくる織物は、そのほとんどが どなたかのご注文ではなくて自分たちが作りたくて作ってる織物。
自分達のなかでは そのつど規格だって違うし、糸だって絹でもいろんな表情のもの使ってるし・・・
それぞれが 劇的には違わないけど、違うのです。確かに・・・。
あんまり考えたくないけれど、もし、もしずーと売れ残っちゃったら、
「アタシが着るっ!」(半分ヤケクソ!?)覚悟で作っているので(笑)どうしても私たちの好みの色になってしまいます。
でも・・・。
たまには ヴェルナー・パントンをモチーフにした帯とかもイイかな!(いっきにここまで飛びます!)
赤に紫、黄色にブルー。
iwasaki的、カラフルな着尺や帯・・・・。
70年代っぽい感じが好きなんだけどなぁ・・・。
と言うことは・・・、
iwasakiが織るものがiwasaki的ということで。
f0177373_20294388.jpg

by senshoku-iwasaki | 2010-06-07 20:30 | 骨子・背景
『下町のブルースが聴こえる』
「エツコさん、suicaって 都営浅草線も乗れるの?」

なんて、真顔で訊く、クニヒサは 実はかなりのシティボーイだったのだ。
お婿さんだった お父さんは、京都の四条生まれの四条育ち。
お母さんは、東京蔵前生まれの蔵前育ち。
私が岩崎家のヨメになったのは19年前。
写真で見る限り・・・クニヒサそっくりのお父さんは、すで亡くなられていてお会いできなかったのは残念だけど
お母さんは、この20年ちかく何にも変わらない・・・・チャキチャキなのだ。
映画『男はつらいよ』のイメージとか、テレビドラマとかでもよく描かれる、下町の人間模様・・・。

「アレって、下町バカにしてるよ~。あんな人いないって・・・」っとずっと否定していたクニヒサだったけど。

実家を離れて20余年。
最近 冷静に実家も含めて ご近所のキャラクターの『独特な感じ』に気づいたようで・・・。
その『独特な感じ』・・・私はモチロン、イイ意味で(笑)『下町のブルースが聴こえる』と表現。
お母さんも気づいていないかも!?だけど、人情温かなご近所の皆さんに たまにやってくるヨメにまで優しくしてもらっている。これは本当。

「キィ~ッキィ~ッ」背後から自転車の気配。どかなきゃ・・・。
都会の人は 自転車に油とか注さないのかな?当初そう思っていた私。
いやいや・・・。
「チャリンチャリン・・」とベルを鳴らすより、なんとなく気づいてくれという合図かなぁ~。とクニヒサ。
(これは最近 私たちの間で、『下町の鐘』と呼んでいる。)
右に避けてるのに、まだ「キィ~ッ!」あれぇ・・?と思ったら・・・

「あれぇ!?エツコさん、いつから来てたの?子供さんも一緒かい?」かなりの大声で(笑)お隣のおじさん。
「あ・あぁ・・・どうも。ご無沙汰してます・・・今回は私一人で・・・・」あれっ!!もういない・・・。
「子供さん、キュウリの漬物好きだから、後で持ってくよ!」
「あ・・・だから・・・こどもは金曜の晩に・・・」ありゃりゃ・・・行っちゃった・・。
と、思っていたら・・・ちゃんと、金曜の晩に漬物を届けてくれた。聞こえてたのぉ~!?
聞いてないようで、ちゃんと聞いている。

私のように 田舎ボケしている人間には 『下町の鐘』は鳴らせそうにない。
by senshoku-iwasaki | 2010-03-01 21:12 | 骨子・背景
2010年、最初の仕事。
昨年末に、兄夫婦が 内祝いにiwasakiの織物をチョイスしたいと言ってくれ・・・。
兄たちは 今あるもの中で選んでくれるつもりだったそうなのだけど。
お贈り先が、兄のお能のお師匠さんとかだっりするものだから、
私たちのほうがあるものの中ではチョット・・・という気になってしまって、
新年から シックなマフラーに取り掛かりまして、やっと織り上がりそうです。
大島紬の絣糸を たて糸に散らし、よこ糸にカシミヤやリャマに絹糸を沿わせて・・・。
織物のオモシロさは、目の錯覚で糸の交差がいろんなふうに見えるというのも一つ。

「計算され尽くして至った、美しいデザイン」というものは、カタチあるものにありますが
そういう、美しいモノを自分等が作ろうなんてことは、到底考えられませんけれど。
ちょっと昔に 家族の為に作られたような、自家織物には 稀にモノスゴイものがありまして。
絶対 計算なんかされてない、在り合わせの糸を使って織ったようなものの中に
まるで後光がさしているような(!?)美しいものがあったりします。
そのときに、そこのお宅でしか作れないもの。
それが 自家織物のよさでしょうか・・。

シックなマフラーと平行して
大島紬の絣糸を、玉糸と呼ばれる、節のある絹糸と一緒にたて糸にした紬着尺に取り掛かりました。
再び生きる、と書いて再生ですが
再び。だけど、新しい、イワサキさん家ならではの織物。
そういうものを
改めて目指していきたいと思っています。

出来上がったものは 相変わらず、サッパリしておりますが・・・。
by senshoku-iwasaki | 2010-01-08 20:37 | 骨子・背景