カテゴリ:最中( 54 )
オドロキ真っ最中、神戸・四代目松川の『喜助最中』
f0177373_2093344.jpg

染織こうげいの社長さんに、今回も「奥様に直球最中を見つけました」と、戴いた・・・こちらの最中。
私(エツコ)には、今回はかなーり衝撃的な驚きの一品。
和名だと、煎茶色とか言うのだけれど・・・ほうじ茶のような渋い、茶色の小ぶりの和紙箱に
老い松の絵が描かれた熨斗紙、蓋を開けるとぷわーっっと香ばしい皮の香り。
この喜助最中がタテにみっしりと、収められていて。
その景色に、これはタダゴトでは無いオーラが・・・。あれです、まるで侘び寂び、真の茶の湯を知る人の、
そこはかとない簡素でありながら美しすぎるお茶室へのアプローチ・・・庭木一本、石ひとつ。
私は無知で、なんにもわかんないけど、『気配』だけは感じやすいタイプでして(笑)。
こりゃ、居住いを正してかからんと・・・と、子供等を学校に送り出してからお掃除を済ませて
以前、ソメオリ吉田の吉田美保子さんに戴いた・・・鉄瓶で湯を沸かしお茶を淹れて。
まずは栞とか一切見ないで(先入観が入っちゃいそうで・・・)恐る恐る・・ひとつ。
!!!
えっ!?この皮は!この餡は!
初めての衝撃に、壊れそうになりながら(もちろんイイ意味で!)味わいました。
これはスゴイ・・・。餡が、ただの小豆じゃないっ!特大サイズの大納言の集合体(!?)でして。
その、大納言のパンチに負けない、パワーある厚さの香ばしい皮(この厚さは珍しいかと・・・)。

あとで栞をみたら、これまたなるほど~と、唸ってしまいました。
こちらは丹波産の特Lサイズの大納言にこだわって無駄なものは一切加えず、少量高品質を
最上に作られているとのことで。『侘心輝也わびしんきなり』という言葉を、和菓子道の座右の銘
としていると。やはり侘びでしたか・・・。
~飾り過ぎず素材を旨く引き出す事が本来の高尚な菓子の姿と理解して居ります~の一節に、
iwasakiに向けられている言葉のように思えてなりませんで。
素材の持つチカラを、最大限に引き出すにはそのチカラ以上に、作り手の腕を問われるコトでして。
私の大好きな、柳橋梅花亭の三色梅最中も、こちらの喜助最中も素材力を引き出して昇華させた
一品。う~ん・・・。iwasakiもそんな織物を作り出したいっ!!
喜助最中を、鼻を膨らまして食しつつ・・・脳内は織物だらけのiwasaki夫婦。ガンバリマス。

今度神戸に行くときには、四代目松川さんのお店もぜひ伺いたいと思っております。
真に美味しい、まさに直球最中、ごちそうさまでした。
by senshoku-iwasaki | 2014-09-09 21:54 | 最中
新橋・新正堂の『切腹最中』
f0177373_20231489.jpg

増孝商店・夏場所に来てくれたカツヨさんは、私(エツコ)の大切な友人のひとり。
「えっちゃんなら、もうとっくに知ってるかもしれないけど・・・。」
と、差し出してくれた包みを見てビックリ!
「せ、切腹最中!?」私。なんともセンセーショナルな・・・。
「知らなかった?ヨカッタよぅ~。」カツヨさん。
「初めて知った!・・・にしても。
お菓子に切腹ってちょっと・・・シュールといいますか、え~っどんな形状か見てイイ?」私。
「もっちろん!」カツヨさん。
「あー。なるほど。最中の餡子は、はみ出してるタイプがアタシ、好みなんだわ。
・・・にしても。え~っ!?じゃ、コレお腹!?って、やっぱりなんかスゴイ・・・。ガロ的!?」私。
「えっちゃん、ダメだった?」カツヨさん。
「全然ダメじゃない!ってゆーか、かなーり興味深い一品だわよ。
だって、この箱の口上によるとね・・・・。浅野内匠頭(あさのたくみのかみ)が切腹させられた、
田村邸の屋敷跡地にこのお店があるので・・・・最中にたっぷりの餡を込めて切腹させてみました
ってあるよ~。おまけに、3月14日は、『切腹最中の日』って書いてあるっ!」私。
「ホワイトデーじゃなくて?(笑)」カツヨさん。
「うん。来年からは、『切腹最中の日!!」私。
f0177373_20233569.jpg

香ばしい皮の中に、たっぷり入った餡子の中に求肥がもっちり。
大正元年創業という、こちらの新正堂。この最中が大正生まれなのか昭和生まれなのかは
わかりませんが。ユニークなネーミングに、最中がみんなに愛されていた時代を感じます。
カツヨさん、ごちそうさまでした!
by senshoku-iwasaki | 2014-07-31 22:01 | 最中
川越・亀屋さんの『亀の最中』
f0177373_20593058.jpg

『日本の夏じたく』展の折・・・NPO法人・川越きもの散歩のFさまSさまから戴いたのは・・・。
パッケージの文字も、最中のカタチも、刻印も!店名である亀、カメ、かめ。
iwasaki結成の頃から・・・ずっとそばに居る、20年モノの我が家のペットも2匹のカメ(笑)。
最中もカメも。
私(エツコ)の、もはや一部のようなものなので(どんな一部!?)。
両方合体の今回のこちらの『亀の最中』、私の中で一体どういう位置づけになっちゃうのかしら~(笑)。
食べる前から・・・いつもとは違うトキメキ☆まずは栞に目がいきます。

さすがは小江戸川越、歴史が古いです。
旧川越藩御用達の亀屋さんという、御菓子屋さんはなんと!天明3年(1783)創業とのことで。
お湯を沸かして・・・新茶を淹れて。
まるで糸のような、イイ感じの書体デザインの『亀』を剥がすと・・・
香ばしい皮の香りがぽわーん。幸せぇ~(笑)。
ちょんまげの時代から作り続けてきた餡子なのだなぁ・・・と。
「軽いから、こし餡と粒餡二つペロリといけちゃいますねー。」クニヒサ。
こうやって、愛され続けた味なのですね。
やっぱり亀は万年!なのかもしれません。
でも当時だったら・・・iwasakiのような庶民は食べられなかったんだろうなぁ。
いやはや・・・いい時代に生まれてヨカッタ。
こうなったら、カメのごとく長生きをして・・・次の時代まで仕事がしたいです。
亀屋さんのように。
Fさま、Sさま、美味しい最中の時間をありがとうございました。ごちそうさまでした。
by senshoku-iwasaki | 2014-05-31 22:47 | 最中
悪足掻き真っ最中・浜松『巌邑堂』の最中。小倉あん・挽茶あん。
f0177373_21212866.jpg

先日、お世話になっている『染織こうげい』さんの浜松店で頂いてしまいましたっ!!
巌邑堂・がんゆうどう』さんという、いかにも名前からして・・・老舗オーラが漂い・・・。
包装紙と紙箱のカラーが、
これまた何とも私(エツコ)のツボといいますか、何ともいえない藤鼠色でして。
こーゆーワクワク期待感は、まず裏切らないものでして。
皮の香り、あんこの凝縮感・・・こちらのお店の、丁寧な仕事のストライクゾーンを
しっかり感じ取るコトができました!
「何で最中が好きなんですか?」って聞かれちゃうと、何でだろう?って自分でも思う
のだけど(笑)。たぶん、きっと・・・。
あっち側でもこっち側でも無い、ど真ん中が好きなんですね私は。
最中をいただくと、そのお店の主軸である餡がわかりまして。
その餡を包む、皮でまた・・・そのお店の最中の基準が伝わってくるのですが。
それはなんとなく・・・人に例えると、その人の人生観みたいなものみたいな・・・。
だからキホン、何でもアリなのです。だけど、たまに自分もそう!そうなのっ!!
みたいな共感が自分の中で湧くコトがありまして(対最中の話ですが・笑)。
そういう時には・・・
全く不思議な『幸福感』という皮に、自分自身が餡になって包まれた気分なのです(笑)。
あぁ・・・もしかしたら、最中は私自身なのかもしれません。
iwasaki、いつでもドッタッバッタと悪足掻き(笑)。
今は、23日からの三渓園での『日本の夏じたく』に向け・・・
新作半巾帯に、新作ストール、Mさまの繋ぎ糸だらけの着尺の準備・・・と。
目まぐるしく足掻いております。お蔭様でエネルギーチャージは、絶品最中です。
by senshoku-iwasaki | 2014-05-10 22:35 | 最中
明石 藤江屋・分大の『明石もなか』。
f0177373_204736.jpg

このたび・・・お世話になった、染織こうげい・神戸店さん。
社長さんはじめ・・スタッフのみなさん、なんとiwasakiのブログをかなり読んでくださっておりまして・・・(汗)。
あわゎ・・お恥かしい・・・仕事のコトばかりじゃない・・・脱線だらけのiwasaki日記なので(笑)。
春の浜松店のときにも、そして今回も。
社長さん自ら・・・直球最中探しをしてくださって(涙)。頂戴してしまいました~!!


こちら、明石市の老舗、藤江屋・分大さんの『明石もなか』は三種類。
大正時代に5代目の亀吉氏が考案されたものだそうで。
明石といえば・・・と、蛸壺・鯛・短冊に決め、つぶあん、こしあん、ひき茶と中味を決めたのだそうなのです。

いやぁ・・・たまらないっ!!
結構大きめのこの三種の最中の、意匠のかわいらしさもなのですが。
はみ出しめに入った、あんこがたまらなくキュート。最中は、餡が見えるのがそそります~!
最中は、皮と餡のバランスなのだと思っているのですが。
こちらの明石もなか、どれも絶品のバランスなのです。
うわぁ~(涙)。かなり・・・いや・・・相当好みです。

藤江屋・分大さん。
創始者の初代寅吉氏は江戸時代、当時高級品で庶民にはなかなか食べられない練羊羹を、
工夫をかさねて丁稚羊羹を作り出し、広く多くの人に親しまれ・・・今日も看板メニューのお店とのことで。
明石もなかのほうも、わりと大振りに見えるのにあっさりと戴けるのです。
重くなりすぎないのに、しっかりと小豆の香り、もちっとさくっとあっさりとした餡とバツグンの相性の皮。
ホントに・・・たまらないっ!!

丁稚羊羹も明石もなかも、あっさりとでも、しっかりと。
iwasakiも、あっさりしつつもしっかりと・・・。あとひく美味さを目指しますっ!!
染織こうげいさん、ありがとうございました~!
by senshoku-iwasaki | 2013-10-09 22:05 | 最中
たねやの『ふくみ天平』、胡麻と。
f0177373_19304021.jpg先日Nさまに戴いた・・・たねやさんの『ふくみ天平』。
こちらの最中を見るたびに・・・以前見た、浜松市美術館
での志村ふくみさんと洋子さんの展覧会を思い出します。
あのときには、志村さんとのコラボパッケージの『ふくみ
天平』
がありましたので。
先々週でしたか、NHK・プロフェッショナルをたまたま・・
見るコトができまして。
88歳にお成りになった、師であり母である志村ふくみさん
を支える洋子さん、お二人のお姿に・・・ただスゴイなぁ~
と眺めいっていた私(エツコ)。
お二人のような生き方や、お仕事は到底出来ませんが。
なんでか18才の頃から染織の世界に迷い込んでしまっ
たiwasakiにとっては、大師匠とともにこのお二人もずっと
輝き続けている『星』の存在であります。

今年・・・2分の1米寿のiwasaki夫婦。
今回経てている、綾織りの着尺は、経糸本数1,474本。
鯨寸間70羽の筬に2本ずつ通すのですが、私(エツコ)は
苦手な作業なので(笑)、いつもクニヒサの担当。ところが
「ヤバイっ!!全然見えないっ!」クニヒサ。
とうとう近眼のクニヒサにも老眼が・・・。当然、綜絖通しを
何度か間違え・・・かなり機嫌悪し。これはマズイ(汗)。
苦手と言って逃げられなくなるかも!?ここはひとつ胡麻
すり大作戦!とびっきりのお茶タイムでゴマかそう(笑)。
by senshoku-iwasaki | 2013-06-05 20:24 | 最中
浜松・入河屋の『本小豆最中・波満満都』と『みかん最中』
f0177373_19321046.jpg先日、染織こうげいさんより頂戴してしまいました・・。
「『ブログを見て・・最中がお好きなんですね!』って
言われました(笑)。」クニヒサ。
あわゎ・・・。す、スミマセンっ!!どうも私(エツコ)は
最中の運命みたいなものまで愛おしくって・・・。
昭和の時代に、日本全国どこの和菓子屋さんでも作
られていた・・・お菓子の代表選手の最中が、今では
ハイカラ(!?)なスウィーツに押しやられて、チョット
ひっそりとしている感じまで好きなのです。でもね、
餡子は和菓子屋の命。その餡子を直球で放る最中。
こりゃ、愛さずにはいられない・・・のです(笑)。

入河屋さんも創業明治18年とのことで。浜松の老舗
のお菓子屋さんのようなのですが、戴いたパッケージ
のモダンなこと!オシャレに敏感な静岡の県民性を
感じました~。奥が『波満満都』。小豆餡がしっかりし
てホントに美味しいですぅ。帯広の小豆生産者の方の
お名前もありました。まさに直球の最中です。
手前の、見た目もカワイイみかんの輪切りが『みかん
最中』。静岡といえば、三ケ日みかんですものね。
こちらの最中、なんとも豊かな香りで大人な感じがし
ます。オレンジーピールにビターチョコのオランジェの
ような・・・。最中やっぱり深いです。織物と同じです!
こうげいさんで展覧会をさせていただいて、iwasakiも、もっともっと頑張らなきゃ・・・って改めて二人襟を正しておりまして。やりたいコトがまたフツフツ・・・と湧き出してきております。
iwasakiも時間をかけて・・薫り高い最中に昇華したいですっ!(クニヒサと私、どっちが餡でどっちが皮!?・笑)
染織こうげいさん、ごちそうさまでした。
by senshoku-iwasaki | 2013-04-10 21:15 | 最中
日本橋・うさぎやの『通り小町最中』
f0177373_20153096.jpg伊勢丹でのイベントも終わって。
ekkaで一緒に仕事をしている
サカタと先日、日本橋でお昼を
食べながら打ち合わせ。
昼間だし、今なら我が家のチビッ
コたちの大好物のどらやきも買
えるかも!?と覗いた『うさぎや』
さん。どらやきはもちろん、絶品
ですが、私(エツコ)はこちらの
『通り小町』も必ずいただいて帰
ります。皮の香ばしさといい、小
粋なサイズといい・・『東東京』と
いう感じがいたします。ごまのつ
いたほうが漉し餡で、ないほうが
粒餡。どちらもこれまた絶品!!
これからの仕事の手順と段取り
を・・・クニヒサとの打ち合わせは、南部茶と『通り小町』で『絶品な』帯地を目指して制作の真っ最中。
by senshoku-iwasaki | 2013-03-15 20:58 | 最中
新宿伊勢丹でのイベント真っ最中・『蜂の家』のまゆ最中。
f0177373_20115791.jpg新宿伊勢丹本館5階=ザ・ステージ#5でのイベント。
『春のクラフトフェア~暮らしの中のメイドインニッポン~』まだ
まだ開催中です。iwasakiも12日まで出展しております。

昨日は、子供らの小学校で授業参観&保護者会がありまし
て。4年生の息子のほうは、『二分の一成人式』なるものも
あるとのことで・・・。何故だかクニヒサ、「今かかっている帯
地の手が離せな~い!!」とのこと。ムムム・・・。
仕方なく・・母親面して(笑)参加したものの。なんだか先生
の演出による子供たちに、涙腺ゆるみっぱなし。(オヨヨ・・)

そういうことで、久しぶりに(!?)工房でのティータイム。
伊勢丹の地下にある、『蜂の家』さんの『まゆ最中』は、色も
カタチもかなりリアル。なのに、カワイイのです。
今日は、白つぶし餡と柚子餡。ちょうど家蚕と天蚕のよう!
お抹茶は、一保堂の『長閑』。今日のような、のどかな春の
日にピッタリンコ!おぉっ!iwasakiの緯吉野の帯地の
古袱紗もイイ感じだねぇ~!・・・なんて呑気なコト言ってる
iwasaki夫婦ですが。
ちょうど今日から・・新宿伊勢丹はリニューアルオープン。
長閑じゃない伊勢丹で、iwasakiだけ長閑だったりして。
8日(金)~12日(火)まで、またエツコが会場に行きます。
by senshoku-iwasaki | 2013-03-06 21:38 | 最中
鎌倉市大船『龍月』の『観音最中』
f0177373_1949331.jpgギャラリー工さんでの展覧会にお越し下さっ
た横浜のKさまから戴いた最中は観音様!
なんとっ!?おぉ~っ!!ありがたや・・・。
県外の人間からすると、鎌倉といえば大仏
様。でも、こちらは観音様。ほぅ。そういえば、
大船観音って確かにありました!
こちらの最中、大船観音公認の最中だそう
で。優しいお顔立ちでございます。
でも、なんでわざわざ最中に?なんてコト
言ってはダーメダーメ(笑)。これが「昭和」
なんですね。なんだか有難美味しいお土産
でもあるワケで私、こういうものもたまらなく
ツボです(涙)。中には、自家製粒餡と白玉
のかわいいお餅が入っておりました。工さん
でみんなでおいしく頂いたあと、お一人だけ
山梨に連れ帰り・・・クニヒサとお茶にしまし
た。お蔭様で今年も無事過ごせそうです。
Kさま、観音様、ありがとうございました!!
by senshoku-iwasaki | 2012-12-12 20:28 | 最中