カテゴリ:増孝商店 KM( 46 )
増孝商店師走場所、またまたひっそりと・・・(笑)始まっております。
f0177373_19561465.jpg

本日より、iwasaki酉の市じゃなかった(笑)今年最後の増孝商店ウィークです。
まるで南部町のようなお天気雨の降る頃オープンしまして。
東京も寒いなぁ・・・。とまたまた季節を実感しております。
今回は新作の、ポップな楊柳のマフラーや、赤ケット青ケットにブランケット。
今回ばかりはお蚕パワーだけじゃなくて、もうすぐやってくる、
ひつじの年の羊たちの力も入った(!?)あったか織物も充実しております!
今年iwasakiに訪れているお馬さんは、そもそもスローな農耕馬ですが(笑)。
そんな駄馬ちゃんのお尻を感じながら・・・さらにスローで一癖ある(!?)
iwasakiの羊ちゃんを感じる『増孝商店・師走場所』になれば・・と思っております。
先生も走る、忙しない年の瀬に・・・
まったりと牧場な(!?・ホントは極上と言いたいのですが・笑)ひとときを
お過ごしいただけたらウレシイです。
お待ちしておりまーす。
f0177373_1956488.jpg

by senshoku-iwasaki | 2014-12-20 19:58 | 増孝商店 KM
今年最後の『増孝商店』、今週末の20日からはじまります!
f0177373_20135647.jpg

『増孝商店・師走場所(!?)』、暮れも押し迫った、12月20日(土)~26日(金)です。
年に3週間しか営業してないくせに・・・まったくもぅ!なにもこんなに
せわしない時にしなくったてイイじゃないの~!って声が聞こえてきそう(笑)。
スミマセン。
小学生の夏休み、冬休みって、こんなに最悪な日程だったのですねぇ・・・なんて。
人事みたいに言っている場合ではないのですが・・・。
なんと!ウチの子供らの通う小学校は、25日が終業式なので。
クニヒサと子供達は、23日の晩に南部町に一時帰宅です(笑)。
イヴとクリスマスは、私(エツコ)が一人で『増孝商店』におりますのでぜひぜひ!
今年のiwasakiの最終回をご覧になってくださ~い。(まるで大河ドラマみたいですね・笑)
暖かいブランケットやマフラー、ショールも充実しております。
以前作った、『ekka』のジャコブウールと絹のキモノの上にも纏えるマントも登場します!

■年に数回のiwasakiのshop
増孝商店(ますこうしょうてん)・師走場所
2014 12.20(土)~ 12.26(金)
11:00~19:00 open
       
by senshoku-iwasaki | 2014-12-16 20:58 | 増孝商店 KM
増孝商店・夏場所、お陰様で終了いたしました。
f0177373_19222297.jpg

連日お暑い中を…お越し戴いた皆々様、
本当に有難うございました。
お陰様でこの場所も、iwasakiらしい相撲をとることが
出来ました。勝ち負けが無いのもiwasaki相撲(笑)。
いつでも土俵際ギリギリだったりいたしますが…
次回は、暮れも押し迫った12月20日から。
今度はブランケットやマフラー…といった、あったか~い織物をご紹介予定です。
明日よりまた…南部町の山の中の工房で、
いつもの制作の日々に戻りたいと思っております。
(…あっ!梅干しもしなきゃ!お布団も!…とかで、ナカナカ戻れなかったりして・笑)

増孝商店の、今年の夏は終わりましたが、これから秋に向けて
iwasaki、さまざまなトラディショナルな杉綾のシリーズにかかるつもりです。

冬場所でまた…お目にかかれますよう、稽古に励みます!
ありがとうございました!!
by senshoku-iwasaki | 2014-07-29 19:24 | 増孝商店 KM
増孝商店・夏場所、いよいよ千秋楽です。
f0177373_1926860.jpg

連日猛暑のなか…お運びいただいております。
本当に有難いことと感謝しております。

…そうはいっても。
iwasakiの織物だけの、かなーりマニアックな店なので(笑)。
お客様でお店が溢れ変える…なーんてコトはゼッタイ無いものですから。
今回は、山梨から仕事を持ち込んで。
織りながら、繋げながら…工房と同じような空気感で、ゆるゆる相撲をとっております!
織物の仕事は、ON OFFくっきりハッキリつけられないところが日本的なのかも!?と。
ダメな人にはダメかもしれませんが(笑)。
盆と正月くらいしか、お休みが無かった時代のものかもしれません。
なので、「このプロジェクト実行の為には、この切捨てはやむを得ない」みたいなものは
何一つ無かったりします。
何も変えず、何も捨てず、何にも諦めずに生きるコトのできる職業のひとつかもしれない…
と最近つくづく思っていたりします。
「食うために、仕事をする」じゃなくて、「生きて仕事をするために、始末よく美味しく食べる」
江戸時代までの日本人の幸せを、小さな小さなスケール感で(トホホ…)織り込んでおります!!
真夏の一日。
お出かけいただけましたら嬉しいです!
f0177373_19265140.jpg

by senshoku-iwasaki | 2014-07-28 19:28 | 増孝商店 KM
増孝商店・夏場所中(!?)です。
f0177373_19222364.jpg

ゆるゆる…と始まっております(笑)。
お向かいの第六天・榊神社の境内からミーンミーンと蝉の声が聞こえまして。
南部町を出るときには、ジーというアブラゼミと、
夕暮れのヒグラシがわずかに鳴いていたくらいだったので…。
おおぉ…。夏だなぁと、東京で実感しております。
季節は、どこにいても感じるコトのできるものなのですね。
そういえば。
春場所のときにも、榊神社の桜で春を実感したiwasakiでしたが。
次回の冬場所は、暮れも押し迫った(笑)…12月20日からですので。
きっとこの猛暑が恋しい頃かもしれません。
暑さ、寒さをとっておく事が出来たらイイのになぁ…と、
小学生みたいなコトをマジメに思っていたりする私(エツコ)ですが。
iwasakiの織物、特に八寸の帯地などは。
真夏と真冬以外の3シーズン…みたいなビミョーな(!?)生地質だったりします。
合わせるお着物によって…人によって…イロイロ楽しめるのでは?
…だとイイなぁ。と思って制作しております。
お手にとってご覧いただけたら、と思います。
お暑いときですが…よろしければぜひぜひ!おでかけくださいませっ!
by senshoku-iwasaki | 2014-07-24 19:23 | 増孝商店 KM
増孝商店(ますこうしょうてん)・夏場所、いよいよ始まりまります!
f0177373_18455235.jpg

年に数回のiwasakiのshop、春のオープンから…あっという間に3ヶ月。
普段は南部町の山の中で、ほぼ引きこもり(笑)で制作しているiwasaki。
この3ヶ月のあいだにも、イロイロ…作ったような気にはなっていたものの。
並べてみると。あれあれ…
やっぱり大した変化が無いように見えちゃう(涙)のは、哀しい哉…生産性の無い手織りの性でして。
でもよーく見ると…。
そうです。iwasakiの織物は、『ぱっと見』じゃダーメダメ(笑)。『じっと見』しますと見えてきます…。
春とは違う新顔が!そこここに潜んでおりますので、ぜひ見つけ出していただきたいです。
春に見たものでも、日差しの違いや陽気で…違うモノに見えちゃうのも
『じっと見』ならではのiwasaki織物。
そういえば先週も。
春場所でご覧戴いた、杉綾織りの紬のお色違いをご注文にわざわざ…
南部町の工房までお越しくださったUさま。
「春に私が見たのって、まさかコレじゃないですよね?」Uさま。
「あのぅ、それなんですが…。」クニヒサ。
「えぇっ~!?あれぇ~!?そうですかぁ!?
今、このグレーいいかなって思っちゃったんですけど、春に蔵前で見せていただいたときは、
このグレーは私には合わないかと思ったんですよね…。不思議ですね~!」Uさま。
タテ糸の密度のある、綾織りだと特にそういうコトってあるかもしれませんが。
私たちがいつも目にしている『色』って、自分のまわりの空気や明るさ、
そして自分の脳を通って感じるものだから
『じっと見』で、見ようとして見ると…ひょっとして違うものが見えてるのかもしれません。
その『不確かさ』がiwasaki、大好きなのです。だってそれこそが生身の人間そのものだから…。
まるで蝉のように…、一週間だけの増孝商店・夏場所ですが。
どなたかの、今年の夏のハートに感じるiwasakiがあったら!!何より嬉しいデス。
f0177373_18451255.jpg

オープンして数時間後・・・。コンビニに出かけた娘が繁々と外から眺めてる・・・。
「かぁつん、今年は2014年だよ。」声をひそめて。
あらら・・・。未来志向なもので(笑)。書き直しました~。
■年に数回のiwasakiのshop
増孝商店(ますこうしょうてん)・夏場所
2014 7.23(水)~ 7.29(火) 11:00~19:00 open
        ※7.26(土)のみ11:00-15:00
by senshoku-iwasaki | 2014-07-22 18:52 | 増孝商店 KM
ショール『sunrise』、夏バージョン。
f0177373_22533097.jpg

たくさんの色を使って、大きくグラデーションする『sunrise』。
織るのは一越一越・・・杼(シャトル)を変えて。
日の出の頃の、一刻一刻・・・の空の色。空気のいろ。雲の色。
夏バージョンには、セリシンを残したシャリ感のある絹を、2割から4割ほど
入れてあるので、凹凸があってベタっとしないように作っています。
ノースリーブの上に纏ってもキモチイイように・・・。

三渓園での『日本の夏じたく』が終わってから、Mさまの結びの紬にかかるまで・・・。
数点(少量生産のiwasaki・笑)織りました。
23日からの『増孝商店・夏場所』に並びます。
今年の夏のはじまりに生まれた・・・『sunrise』、どうぞお手にとってご覧下さい~!

『sunrise』ショール・・・¥40,000+税~です。
by senshoku-iwasaki | 2014-07-19 23:40 | 増孝商店 KM
楊柳のストール・『sunny days』
f0177373_21204896.jpg

楊柳のストールは、iwasakiの定番アイティム。
もう15年以上・・・毎年30~50枚以上は織っております。
シボをつくるのは、絹糸に強く撚りをかけた・・強撚糸と呼ばれる糸で、
『お召』のキモノなどに使われている絹糸です。

同じ絹糸でも、繭の種類や、糸のとり方、撚り加減、練り加減・・・で
その表情はさまざま。
iwasakiでは、それらの特徴を活かして・・・帯地や着尺、もちろん連動して・・・
ショールやストールにも使っています。

春なら・・・まわたのつむぎ糸をたっぷり入れて、ほっこりと。
冬なら・・・絹のほかにウールや、シルクールも入れて、ポカポカに。
そして・・・夏なら!やっぱり・・・さっぱり!シャリシャリ!

セリシンを残した、夏用紬の生糸を多めに用いて・・・肌にベタッとしないようにしています。
ただ・・まわたのような柔らかさはないので、好みが分かれるのですが(笑)。
それでも毎年、この『夏楊柳』を楽しみにしてくださるマニアックな方もいらっしゃって・・・。
ありがたいなぁ・・・嬉しいなぁ・・・。
なんてったって私(エツコ)は、この楊柳のシリーズが大好きなのです。
小管(こくだ)にほんの少し残った・・・糸だって、効果的に活きる瞬間に出会えます。

織物を、続けてきて。
ひとつだけハッキリと解ったコトがありまして。
『何かの犠牲に何かが生まれる』みたいなコトがあるとしたら、それはお蚕さんが絹糸を授けて
くれたコトだけで、何一つ犠牲は許されないのです。
例えば、織っているときにどこかタテ糸にキシミがあったとして・・・それを無視して強引にやっつけよう!
なんてすると・・・とたんにこっちがコテンパンにやっつけられてしまいます(涙)。
なので、お蚕さんへの感謝のキモチだけは忘れずに・・・『活かしきる』を私はモットーとしています。

楊柳のストール、色だけじゃなくて。
手触りまでもさまざまな、絹との出会いになってくれたら嬉しいなぁ・・・と思って作っています。

私の大好きな日常は、晴れの日ばかりじゃ・・もちろんなくて。何をやってもうまくいかない土砂降り
の夜(このまま夜が明けないんじゃないか?と思うくらいの・・・)だってありますが。
過ぎてしまえば、どれもこれも・・・かけがえのないsunny days。
そして明日も・・・眩しい日々を!!

23日からの『増孝商店・夏場所』にて最新作が登場です。
f0177373_22273638.jpg

楊柳のストール『sunny days』¥18,000+税~です。
by senshoku-iwasaki | 2014-07-16 22:29 | 増孝商店 KM
年に数回の増孝商店、夏場所もうすぐです。
f0177373_1943669.jpg

今年春から始めるコトとなりました、東京・蔵前でのiwasakiのシーズンショップ『増孝商店』
夏場所は、7月23日(水)~7月29日(火)です。
open11時~19時 ※26日(土)は15時まで。
予定をたてたときに気づかなかったのですが、26日(土)は隅田川花火大会でして。
『増孝商店』の前の通りもかなり混雑してしまいますので、落ち着いてゆっくりご覧いただけないので・・・。
早仕舞いさせていただきます。スミマセン。


昭和44年生まれのiwasaki夫婦。
『増孝商店』はクニヒサの実家ですが、千葉生まれの私(エツコ)にとって蔵前=国技館なのです。
なのでつい、春場所・夏場所・・・なんて、どすこいな呼び方をしてしまうのですけれど。

「エツコさーん、若い人は蔵前に国技館があったコト、知らないんじゃないかなぁ?」クニヒサ。
「・・・ん!?え~っ!!数々のプロレスの伝説が生まれた、蔵前国技館を知らないと?」私。
「私は小中と・・・。ご近所でしたし、世代でしたから(笑)。随分とその伝説は生で観ましたけどね。」クニヒサ。
「そっかぁ~!それでかぁ・・・。
最近30歳くらいの若い人と話をしてね。その人の言ってる、『昭和』のイメージがアタシとかなり違うのよ~。
聖子チャンとかね・・・それって、昭和というより、1980年代じゃーんっ!って(笑)」私。
「かぁちゃん、オレはなんとなくワカルな。ウルトラマンも80(エイティ)から劇的に変わってたんだよね・・・
とぅちゃん世代の、反射板の付いた塩っぽいバルタン星人もオレは好きだったけどね(笑)。」小6息子。
ムムム・・・。チビッコの頃よりYouTube世代の現代っ子、親たちの遠い記憶よりまだ色鮮やかのようで。

iwasaki夫婦と同じ歳の、増孝ビル。
1960年代の『昭和』がたっぷり詰まったそのビル1階、『増孝商店』真夏の7days。
よろしければぜひぜひ・・・汗を拭き拭き(笑)お出かけくださいませ!!
by senshoku-iwasaki | 2014-07-03 20:41 | 増孝商店 KM
お蔭様で春場所(!?)終了いたしました。
f0177373_2212739.jpg

増孝商店、春の部はお蔭様で・・・思いもかけず多くの方々においでいただきまして。
連日本当に有り難く、感謝のキモチでいっぱいです。
気がつけば25年ほど織物に携わっておりますが。
アウトローで、どこまでもマイナーなiwasakiなのですが(笑)。
今回「iwasakiのHPや、ブログを読んで楽しみに来ました!」
・・・なんて、まだお会いしたコトの無かったお客様に出会うコトが出来ました事、
ビックリしたり、緊張したり、嬉しかったり・・・。
もっともっと作りたかったなぁ・・・。いや、でもこれが精一杯だったんだよなぁ・・・とか。
結局。
クニヒサと私(エツコ)の二人っきりの織物なのですが、
これからどうにか・・・稽古に精進しまして、夏場所を迎えたいと思っております!
お出でくださった皆さま、本当に有難うございました。
どうかこれからも、iwasakiと増孝商店をよろしくお願いいたします。
by senshoku-iwasaki | 2014-04-01 22:57 | 増孝商店 KM