カテゴリ:ekka( 37 )
Mさまのご主人のマント地は、絹×カシミヤです。
クニヒサが神戸に出ている間・・・私(エツコ)が織っておりましたのは、Mさまのご主人のマント地。
随分と前からリクエストを頂いておりまして。
ようやく取り掛かることが出来ました。
タテに節のある玉糸と生糸を、紫がかったチャコールグレーに染めまして。
ヨコはご主人のご希望でカシミヤです。
ヨコ色はライトグレーなのですが、光の加減で茶っぽくも見えます。

服地としてあるカシミヤ地は、製織後に縮絨をあてるので、織り用のカシミヤは編み用のカシミヤ
よりも肌ざわりが良くないのですが。
iwasakiでは10メートル以上ある生地を、縮絨するような設備も技術も無いので・・・。
編み用の、トロトロのカシミヤ糸をヨコ糸に使用して。
雨続きのお天気の、合間を縫って湯通しをして仕上げをします。
f0177373_19240230.jpg
Mさまは、iwasaki初期の頃からのユーザーさんのおひとり。
サカタと3人でekkaとして年に一度、iwasakiの手織り地でサカタのデザイン、仕立てのコートなどを
制作していました。
15年ほど続けてきたのですが、サカタの体調や家族の事情などなどで、最近は出来ておりません。。。

が、Mさまはご注文頂いてからお納めするまでの間に、次のご注文をくださる・・・サイクルでしたから
追い付かず(笑)。サカタが止まっている間も、Mさまは継続中だったもので。
またMさまも気長にお待ちくださったので・・・。
現在はサカタ、体調と時間と相談しながら・・・Mさまの発注分を少しずつお納めしているカタチです。

Mさまのトンビコートを制作している頃から、ご主人から「ボクはねハーフサイズでいいんだけどね。」
と控えめに(!?)でも「・・・お願いしますね。」とおっしゃってくださっていて。
ようやく生地の準備が出来まして、ホッとしています。
ご主人が気に入って下さるといいのですが・・・。
織り生地は、しばらく寝かせてからでないと鋏を入れられませんで・・・。
織りたては糸たちが元に戻ろうとして大暴れするそうで、サカタに送るまで織地を落ち着かせます。

織っている間も。
フワフワでトロトロ。なんて幸せな肌触りなのかしら~!と癒されながら。
Mさまのご主人のマント姿を思い浮かべて。織り上がりがチョットだけ・・名残惜しかったです。。。


by senshoku-iwasaki | 2017-10-25 21:20 | ekka
ekkaで制作した和のコート。
昨年の増孝商店・冬場所で、久々に再会のコート。
iwasakiとさかたかずみとの共同制作で、今までに何点か・・・制作してきました。
最近はナカナカ・・・作るコトが出来ないのですが。

生地が織り上がるまでに時間がかかり、尚且つ織れる組成や、幅にも限度があり、既成の服地なら
必須(!?)の、生地の後加工や処理が出来ないなどなど・・・
市販ではゼッタイあり得ないiwasakiの手織り地を、同じくらい時間をかけて地直しをして。
デザインをしてカタチにするさかたの仕事。
滅多に出来ない分、少ないけれど作るコトが出来て本当に良かったと思う日々です。
f0177373_20162283.jpg
Mさまは、打ち合わせの途中から・・・洋装用のインバネスコートから和装用のトンビコートに変更に(笑)。
エリ蚕のウールのような質感がトロンと。羽の落ち感もイイ感じでした。
f0177373_20160972.jpg
Kさまの羽織りコートは、タテが紺に染めたシルク、ヨコがリャマのナチュラルカラーです。
これは10年ほど前にお作りさせていただいて。Kさまにご愛用いただいております。

MさまもKさまも。iwasakiが活動し始めて間もなく・・・からの永いお付き合いを頂いております。
時間はかかるわ、気は利かないわ、安くはないわ・・・のiwasakiですが、
自家織物がこうして・・・さかたの手によってカタチになって、纏われて。また年月を重ねて。
これからも。
ユーザーさんと織物と、年月と経過を重ねてゆきたいから・・・。
とにかく健康で、一日でも永く・・・仕事を続けたいと思っております。


by senshoku-iwasaki | 2017-01-09 22:42 | ekka
Kさま仕様の、2010コート。
f0177373_1952448.jpg
f0177373_1953749.jpg
昨年2010コート『チョコミント』の色違い
バージョン。Kさまに、1年お待ちいただ
いて今年の工さんで無事、お引渡し。
カラー的にも、こちらのほうがビターなの
ですが。       Kさまの、元々の
お好みも大人のビター。

今年の工さんで14年目の展覧会でし
たが。Kさまは、なんと2回目から
皆勤賞(涙)。ありがとうございます。
10年前に、クニヒサが当時は実験的に
近いくらい・・・まるで服地のような
(伝統工芸的な、和モノの世界では
服地を連想させる柄や、名称を避ける
傾向にあるので。そういう空気への
アンチテーゼ的に作ったものでした)
グレーのヘリンボーンの九寸帯を、
一目で「コレっ!」と選び取ってくだ
さった方・・。
お好きなものがはっきりしていて、
それらをKさまならでは、の着こなし
をされる・・・そのカッコよさは、Kさまが歩んでこられた『道』そのものなの
かも!?といつも思うのです。iwasakiもそういうカッコよさを身につけたいと・・・切に願うのですが・・ムリかなぁ・・。
by senshoku-iwasaki | 2011-12-23 20:56 | ekka
Mさまのコート。
先日の、ギャラリー工さんでの『ゆきかうものⅩⅣ』にて。
今年お納めさせていただいた、Mさまのシルクのコート。
タテ糸が生糸で、ヨコ糸が玉糸の、つるっとした紬のような風合いの織り地。
裏地は Mさまお持込みの、染めのお着物で。ふわっと軽いコートです。
この日はMさん、このコートの下にギャルソンのステキなメンズライクなスーツをお召しでした。
カッコ良かったデス(涙)


f0177373_20403930.jpg
f0177373_20411576.jpg

by senshoku-iwasaki | 2011-12-22 22:10 | ekka
ゆきかうものⅩⅣに出品する『大きな襟のマント』と『綾織の紬』
f0177373_2036722.jpgキモノの上にも、洋服のときでも羽織れるマント。
ekkaではじめて登場したのは3年前のこと。

素材は、ジャコブウールと絹。タテ糸にジャコブの黒、
ナチュラルカラーのチャコールに野蚕系の生糸。ヨコにも
野蚕系の節糸を散らしてあるので、光沢のある生地です。

単仕立てなのだけど、iwasakiのブランケットとほぼ同じ
規格のこの生地は、ちゃ~んと暖かいのです。
特に(サカタのデザインには大きな襟は多いのだけど)
この大きな襟まわりの暖かさと、カーブの美しさに惚れ惚れ
してしまいます・・。

冬のキモノには、大判のブランケットを羽織るのがそれまで
の私(エツコ)のスタイルになっていましたが、
なんてったって両手がフリーになるマントは、便利だなぁと。
洋装のときには、大きく開いた首周りにグルグルストールを
巻いてくださいね。

贅沢だけど、綾織の紬を単衣仕立てで着るのが真冬仕様の
iwasakiのオススメ。軽くて暖かくて、自分で洗えて。
今回の工さんには、このマントと新作の綾織の紬も
出品します。


f0177373_21214777.jpg
by senshoku-iwasaki | 2011-11-30 21:23 | ekka
餡子色の羽織りジャケット地。
f0177373_21174994.jpg「今年のekkaは、キモノの上に着られるような・・・
カーディガンジャケットみたいな・・・」私。
「えっちゃん、ソレって羽織のコト?」サカタ。
「う~ん・・・。いわゆる羽織はキライなの。」私。
「あ・・・なんかワカル気もする。」サカタ。
春夏秋冬、iwasakiの紬で規格を変えて、単衣で
(しかも半巾帯で!)過ごす私にとって、共布で
羽織にすればアンサンブルになるんだろうけど。
あくまで私個人の話なのデスが。
羽織でゴサイマス・・的な風情が、なんか山の手っぽ
い(!?)要は、仕事着の私には上品すぎかもと。
洋服だと、カジュアルブランドだったら、カシミヤシルク
みたいな上質の素材を使ってパーカー、みたいな砕け
たモノだっていっぱいあるのに、キモノの世界は
お約束事が多くて正直、不マジメな私にはチョット・・。
なーんて言いながら、男の羽織地など楽しく作って
きておりますが(笑)
裏地に染めのキモノ地とかにしてもらおうかな?とか
思って。私の大好きな柳橋梅花亭の、白梅最中の
小倉餡の色、もしくは虎屋の羊羹、夜の梅かな。
「かぁちゃん、小豆色だね」息子。
「ばかやろう、餡子色です!」私。
「どこが違うの?」息子。
「ぜーんぜんちゃうわいっ!仕事前と仕事後!それも
とびっきりの和菓子職人さんの!!」私。   味わい深い、今年のekkaが生まれるといいなぁ・・・。
by senshoku-iwasaki | 2011-09-03 22:19 | ekka
2010 コート
f0177373_17235418.jpgチョコミントのコート地が、やっとカタチに。
襟が大きくって、さかたらしい・・・カッチョイイカタチ。
裏地は、シブイ羽織地。(絹地にちっちゃーい字で和歌が
書いてある・・・)
なのに、なんかカワイイ・・・。
とぼけた大きさの、格子のせい!?
さかた曰く、「こんな大きさのチェック、見たことな~いっ!」
そうなのかぁ・・。
この格子の大きさは、クニヒサが決めたのだけど。
日頃・・・iwasakiが作ることの多いのが、紬の豆格子。
そのサイズからすると、かなりデカイと思ったんだけどなぁ・・・。
「もっと大きいのはアル。もっと小さいのもアル。」さかた。
「・・・じゃ、面白かったかな!?」iwasaki夫婦。
「うん!きっと・・・。」さかた。

実物は是非、12月4日から始まる、ギャラリー工さんでの
『ゆきかうもの・13』で!!




f0177373_21243716.jpg実はこの、『チョコミント』コート地は色違いバージョンも
織りました!!
ジャコブウールのナチュラルカラーに、黒と水色に染めた
ジャコブの格子。



10コート、お色違いでオーダー・・・なんてコトも
出来ちゃいます。
ご相談も是非、12月4日から始まる、ギャラリー工さんでの
『ゆきかうもの・13』で!!






f0177373_21284720.jpg

by senshoku-iwasaki | 2010-12-02 21:38 | ekka
ekkaの『ノートbag』
f0177373_20475362.jpg新作のノートバッグ用生地。
今回は10種類、
約10メートル織りました。
ギャラリー工さんでの
『ゆきかうもの13』で、
お好きな部分の生地で
10個限定でノートバッグを
注文制作承ります。
バッグ制作は、さかたかずみ。
素材は、ジャコブウールと絹。



f0177373_20411868.jpgこのバッグ、ユニセックス。
写真はクニヒサ用と私(エツコ)用。
どっちがどっちを使ってもOKなんて、面倒くさがりのiwasaki
にはピッタンコ!
このカタチ、お坊さんの頭陀袋(ずだぶくろ)に似ていて・・・
私は大好きです。ノートが入って便利だし。
キモノのときも結構使っています。
両手が空くし、ブランケット纏って、長い手袋して・・・。
ホホホ・・・コート要らずの暖かさだったりします。




洋服のときの写真↓
お尻があったかです。(笑)
あらま・・・。私、全身ジャコブウールの女ですね・・・。(笑)
イギリス原産のジャコブウール、使い始めの肌触りは決して
良いとは言えませんが。使い続けるうちにどんどん・・・
トロンとふっくらと・・・なってきます。
使い込んで使い込んで・・年数を重ねるうちに好くなるなんて!
紬のキモノと同じです。
長く永く・・・付き合っていただきたい織物です。



f0177373_20413867.jpg
by senshoku-iwasaki | 2010-12-01 21:31 | ekka
愛おしいガンコな人。
12月4日(土)~10(金)に、『ゆきかうもの・13』という展覧会を ギャラリー工さんで催します。
『ゆきかうもの』は、過去と現代をゆきかう織物ような織物を作っていきたい・・・という思いから、
iwasakiが初めての展覧会を 工さんでひらいてから13年目になった、ということでして。
ekkaのコートは、第1回目から さかたとのコラボで作っています。
最初から商売ベースで考えてなかったので(笑)、年に1回の自分達のお楽しみで1着のコートを作ってきました。
さかたの、その仕事がスゴイのです。扱いにくいiwasakiの生地が誰よりも好きで。(理由は生地屋に絶対ない生地だからだそうで・・・)その生地感を活かしたデザインで、カタチを作り・・・カタチにします。
絶妙なデザインと、丁寧な縫製。

「なんだかね、iwasakiの織物は もし、生地屋にあったら高い生地だと思うんだけど、エルメスじゃないんだから・・・。」って、今まで何度もさかたに話したような・・・?でも結果はいつも同じ。

さかたは ガンコなのです。

もう20年近くものつきあいになる大切な友人だから、よーくワカッテルつもりでしたが。
DM用のコートが来ないっ!
さすがに間に合わないっ!
「あ~。えっちゃん、そろそろ電話来る頃だと思った!」さかた。
「・・・あのぅ、いつ頃出来そ?」コッチも慣れたもんです。私。
「実はさ、ほぼ出来上がっていたんだけど、どーも裏地が気に入らなくってサ。んでっ!見つけたの!ピッタンコな裏地をキモノ地で!!そしたらさー。ぜーんぶ解いちゃってから気づいたんだよね・・・。写真だけは裏地を変える前でも撮れたってコトに・・・。」さかた。
「・・・・。んなコトじゃないかなぁ・・・とは思っていたけどね。」私。
「えっちゃん、怒ってる!?」さかた。
「いや・・・。」実はかなり困ってる、私。何といっても、工さんのDMは、さかたが一番楽しみにしてるから・・・。

さかたは ガンコなのです。
そしてiwasakiは 柔軟なガンコなのです。

工さんのDM、織り屋としてはかなり(!?)ご法度的なモノになりました。
手織りをする方は、「自分の織った生地にハサミを入れるのがイヤ」という人が多いなか・・・。

そんでもって・・・。
DMのデザインは、今年も『布きれ やました。』のやました。さんに。

やました。さんも、かなりガンコそう(笑)。
いろんなガンコ・・・いやいや、エキスパートに支えられて、心強いiwasaki。
by senshoku-iwasaki | 2010-11-04 20:57 | ekka
ekka plus トラフグbag
f0177373_19283856.jpg
ekka plusは、iwasakiの手織りの生地で、
さかたかずみ と やまぐちみか の
4人がかりで制作している、小物のシリーズ。
外側の革は、いろんなカラーがありまして。
なんといっても、メインは中の布巾着!!
さかたと作ってきた、コートやジャケットと同じ生地。
たて糸はジャコブウール。よこ糸にはエリ蚕という
絹糸だったり、ジャコブだったり・・・イロイロ。
このbag、結構入ります。荷物が入って重くなった
ほうがより、似てる・・・トラフグに。(笑)
ジッパーが極端にデカイのや、スタンダードタイプ、
色も織りの組成も・・・とにかくイロイロあります。
とはいっても。
今回出来たのは、23個のトラフグたち・・・。
そろそろ鍋の季節。
iwasakiのトラフグ、安心なコトに(!?)
肝はありませんので、いかがでしょう?(笑)
by senshoku-iwasaki | 2010-10-13 19:30 | ekka