カテゴリ:着尺・帯( 289 )
緯吉野 九寸帯地
f0177373_14482840.jpg
前回のグレーバージョンの色違い。
白地は、やまももの木の皮でごくうすく白茶に染めたもの。
そこにロッグウッド、矢車附子で染めたグレーが入っています。
今回のDMには 伊と忠さんとのコラボで作った草履も載ります。
この白い緯吉野を少しだけ変えた生地が
鼻緒になりました。


一緒に写っている、細い墨色のものは角帯。
これはまた後日 ご紹介いたします。


『岩崎 訓久・悦子 染織展  墨灰色から乳灰色へ』2009年3月26日(木) ~ 4月5日(日)    
※月曜定休
11:00~20:00 (最終日は18:00まで)
伊と忠GINZA にて
by senshoku-iwasaki | 2009-03-08 14:52 | 着尺・帯
 緯吉野九寸帯地
f0177373_216271.jpg
緯吉野(よこよしの)と呼ばれる織りの技法。
4枚の綜絖で生地に凹凸ができます。
影があるから光りがうまれます。
矢車附子(やしゃぶし)で染めたシルバーグレーを引き立たせる、濃いグレーは化学染料。

植物染料の気配感。
それを最大限に活かしつつ・・・・、

着物や帯などは、着る度に洗うものではないだけに
なるべく絹糸にとって良いように・・・と制作しました。
吉野の幅が小さいことで、
まるで花びらが幾重にも重なったような、
「地味なんだけど可憐」といった趣です。


『岩崎 訓久・悦子 染織展  墨灰色から乳灰色へ』2009年3月26日(木) ~ 4月5日(日)    
※月曜定休
11:00~20:00 (最終日は18:00まで)
伊と忠GINZA にて
by senshoku-iwasaki | 2009-03-06 21:48 | 着尺・帯
最近制作した8寸の帯。
f0177373_2021209.jpg

青木間道をモチーフに・・・、
どこまでシンプルにするか・・・、

という帯。

このシリーズ、いろいろ出来そうです。
by senshoku-iwasaki | 2009-02-24 20:34 | 着尺・帯
仕立て上がってきました。
f0177373_19435617.jpg
何色かに真綿を染め、それを紡ぎ(エツコさんが、久米島式紡ぎ台で紡ぎました。)、織り込んだ紬です。(やしゃぶし、ログウッド、梅、・・・)
明日、静岡のKさんにお渡しします。
by senshoku-iwasaki | 2009-02-10 20:08 | 着尺・帯
最近の仕事
f0177373_1637134.jpg
最近織り上げた帯地(角帯・九寸帯2種)と乳灰色の紬。
草履は、DM撮影用に送られてきた伊と忠さんとのコラボ草履。

草履の形がさすがに美しい。鼻緒の仕立てもきれい。
エツコさんかなり欲しいモードです。
by senshoku-iwasaki | 2009-02-07 16:50 | 着尺・帯
杉綾の着尺、織り始めました。
f0177373_9165032.jpg

離れてみると無地。
近くで見るとザワザワ動いている感じ。

早春の、以外に力強い植物の様。
by senshoku-iwasaki | 2009-01-27 09:32 | 着尺・帯
たまには、仕事の話。
エツコさん、乳灰色の紬織り上がり、現在 ストール制作。

私は、よこ吉野帯地が織り上がり、現在 杉綾の紬着尺準備。織るのは、エツコさん予定。

私が次に織るのは、青木間道をモチーフにした帯。・・・の予定。
by senshoku-iwasaki | 2009-01-20 19:53 | 着尺・帯
袴地
現在、袴地の規格を検討中。
知り合いの機械織りをされている方に相談したところ
すぐさま 又その知り合いの方に聞いて下さり

「縦糸 21中×3本で鯨寸簡380本~320本で織っていたそうだよ」とのこと。(機械織りの話)

袴地の巾が1尺1寸だとして・・・4000本以上。

さぁ・・・・、どの辺をどのようににしてiwasakiの袴地を作ろうか。(手織りの話)
by senshoku-iwasaki | 2009-01-13 20:21 | 着尺・帯
裂織り単帯
f0177373_19171463.jpg
11月21日(金)からのギャラリー工さんでの展示会は、コート展ですがコートだけが並ぶわけではありません。
画像の織物は、大島を切って織り込んだ単帯です。
独特な風情が出ている帯で、なんとも私どもの好きな織物となりました。ぜひ、工さんでみてみてください。

前にもこの感じの帯を作りましたが、すぐさまお嫁に行ってしまい あまり見て頂く機会がありませんでした。織るまでの準備に時間がかかる織物でして・・・、ようやく今回 2本織ることが出来ました。
by senshoku-iwasaki | 2008-11-17 19:49 | 着尺・帯
月がぼんやりとかすんで見える夜
f0177373_8522186.jpg
この紬着尺は、「朧夜(おぼろよ)」。
「春、月がぼんやりとかすんで見える夜」 

よこ糸にエツコさんが紡いだ真綿の糸(いくつかの色に染め分けた真綿をまぜて、久米島式真綿紡ぎ台で紡いだ糸)を織り込み、織物に奥行きを出しております。

現在、ギャラリーとーくで展示しております。お近くの方、ぜひご覧下さい。
by senshoku-iwasaki | 2008-10-27 09:39 | 着尺・帯