カテゴリ:纏う布・暮らしの布( 95 )
少し乾いた、秋風に吹かれて・・・。
Kさまの杉綾織りの着尺を織り上げて。
次に掛かる九寸帯地のタテ糸が、機にかかるまでの間・・・。
織り上げた模紗のショール・ロザの房を、せっせとヨリヨリ。
出来た傍から仕上げを少しずつ。
クニヒサが織ったものは、私が織ったものとは少し雰囲気が違います。
でも織った本人でもこの頃は、どっちがどっちかワカラナイこともあるので(笑)。似てるから
これがわかったら、かなりのiwasaki通です。
f0177373_19595806.jpg
9月に入って。
少ーし空気が乾いて。
季節がゆっくりと冬に傾き始めるこの時期の、風の匂いが中学生の頃は大キライでした。
喘息持ちだった私(エツコ)は、秋は発作の季節。
気温、気圧、花粉に、当時は公害(!?)の変化激しいこの季節は、夜中の発作で。
気が付くと、病院のベッドの酸素テントの中・・・なんて真っ暗な中学時代を送っておりましたが。

有難いことに、大人になる頃にはすっかり元気になりまして。
今はこの、中途半端でビミョーな、暑いような涼しいような『間の季節』が愛おしくてなりません。

中3息子は、来週末に迫った文化祭の出し物の中で・・・江戸時代の寸劇があるそうで。
なぜか刀鍛冶職人に扮する息子と、侍役の子とののロケ地にイワサキ家と・・・。鍛冶といえば!
と巻き込まれてしまったのが、アトリエプラトーの川合さんで。(あぁぁ・・申し訳ないっ)
お忙しいなかを、仕事場に子供たちを入れてくれるよう片付けてくださって。
更に刀のように途中まで作っておいてくださって!
お陰様でとても本格的な画が撮れたそうで・・・。
イワサキ家の土間や、和室でも今日いろんなシーン撮りを。生徒会のメンバー8名と先生と。
和気あいあいと、そしてとても真面目に真剣に取り組んでおりまして。
そんな経験は共にゼロの(笑)、イワサキ夫婦は隣の工房で帯地を一緒に機にセットしながら・・・。
ちょっぴり羨ましく、いや、かなり照れ臭く(!?)親とは全く違う息子を隣室に感じて。

そういえば48歳の自分自身も。
中年とも壮年とも・・・うーむ。最近は、ちょっと老年にも近づいた実感もありまして。。。
人生の季節もゆっくりと。夏から冬に傾き始めている『間の季節』だからこその愛おしさなのかも。




by senshoku-iwasaki | 2017-09-02 22:22 | 纏う布・暮らしの布
久々に、『模紗織りのショール・ロザ』織っています。
タテ糸に着尺で使っている、玉糸や生糸、節糸などなど・・。
ヨコ糸にはウールをベースに、所々に絹を散らして。
夜空に地味に、鈍く微かに、だけど確かに輝く炉座のように。

模紗織りは透け感があるので、よく夏用の織物に用いますが。
ふわっと軽く、空気を孕む暖かい織物として・・・iwasakiでは秋冬向け用としても用いています。
f0177373_20222335.jpg
今年は。
秋に『染織こうげい・神戸店』さんでの展覧会と、愛知の『雅趣・kujira』さんでのグループ展と。
暖かな纏う織物も!と、嬉しいリクエストがありまして。
ご注文の杉綾織りの着尺をひとつ織り上げて。クニヒサが次の準備にかかる間に・・・久々の摸紗織りを。
織っていると、ウールだからお腹回りがより暑くてぇ~。それでなくてもこの頃たっぷりの脂が(トホホ)。
トントンの振動で(笑)、少し燃焼してくれたら有り難いんだけどなぁ・・・。

例年だったら、家族で夏のビンボー旅行に出かけている頃ですが・・・。
これまでのツケが溜まりまくった中3息子(笑)と、
そうはなりたくない(!?)中1娘はそれぞれに忙しく。
なんでか夏休みに入ってからのほうが、早朝から弁当づくりに始まって、それぞれの都合の送り迎えと・・・
あれあれ、親のほうがもっと忙しかったりして(涙)。

それでも今月中に。
来年から暮らすことになる、蔵前のクニヒサの実家の一部を、リノベーションが出来るように大片付けを。
なんとか10日間で!(出来るのかなぁ・・?いや、もう時間が無くて・涙)せねばならず。
その分の時間を差し引くと。
そういえばもう何ヶ月も・・・。休日が無い気が。

この模紗のショールを、グルグル巻き付けたくなるような木枯らしの頃には・・温泉にでも浸かりたいなぁ。





by senshoku-iwasaki | 2017-08-02 22:46 | 纏う布・暮らしの布
染織こうげい・浜松店さんに最後に滑り込んだのは、『小弁慶』。
春っぽい、爽やかカラーのストールです。
こういった規格のストールは、以前から作っていたのですが。
こうげいさんで初めて展覧会させて頂いたときに・・・。
「ストールとしても帯揚げとしても使いやすいです!」と。
以来、浜松店さんでは・・・。
「帯揚げとしてお使いいただいいているお客様が楽しみにしてくださっているので、
ぜひまた作ってくださいね。」と言って頂いたりして・・・。
嬉しくなっちゃって(笑)、頑張って作りました!たった6枚ですが・・。(汗)
今回は小っちゃい弁慶です(笑)。ギンガムチェックのような弁慶格子です。
f0177373_19410656.jpg
少しシャリ感がある、張りのある質感のほうが使いやすいと聞きまして。
ストールとしてもこれからの季節は・・・。ペタッと肌につきにくいセリシンを少し残した、
生紬に使っている絹糸を散らしまして。
昨年、家族旅行で訪れた愛媛県の大三島神社の宝物館で、弁慶の薙刀が息子のツボだったらしく。
ちょうどこのストールを織りあげた日に、広島・奈良・京都の修学旅行から帰った息子の第一声。
「清水寺にさ、弁慶の杖って呼ばれているものがあってさ、すっげぇ重くて(笑)。
やっぱりどんだけぇ~!(盛ってる?)って思いつつも。なんかやっぱすげぇなって・・・。」
f0177373_19412043.jpg
超特急で房をヨリヨリしながら、息子の話を聞きながら・・・。
私(エツコ)のアタマの中では、小っちゃい弁慶がこの小さな格子の中で、トゲのような小っちゃい
薙刀を、小っちゃくて高い声で「ヤイヤイ!」と振り回し初めまして・・・(笑)。
小っちゃい弁慶、もしかして私のほかにも見える人がいるかもしれません。。。。


by senshoku-iwasaki | 2017-04-20 21:08 | 纏う布・暮らしの布
今年最後の最新作は、久々のMen's仕様です。
f0177373_19334204.jpg
30日から・・・年越しで開催の、静岡カントリー浜岡コース&ホテル・カルチャーフロアでの展覧会に。
「イワサキさん、今年は『男性も照れなく使えるマフラー』作って下さいね」企画をされている小林さんに。。。
こちらでの展覧会は、かれこれ10年以上になりますので・・・。
そんなテーマでMen's向けのマフラーは、過去にも平織りや杉綾織りでは制作しましたが。
肌ざわりが良くて暖かく、毛玉の出来にくいエキストラファインウールを肉厚に感じるマフラーもイイかも!?と。
今回は緯吉野で。たっぷりとヨコ糸が入って地厚です。
ってコトは。
織るのに時間がかかりまして・・・(涙)。
久々に・・・やっちまった~!な後悔なキモチも交じりつつ。
でもタテに経てたマフラー数本分のタテ糸は長く・・・。よく見たら、九寸帯地とほぼおんなじ風情(笑)。

ガチで自家織物作って売って、ガチで暮らすiwasakiは、いつもこんな調子。
もうすぐ結成25周年になりますが。
「こんな感じの織物あったらイイよね。」「日本民藝館にあった、あの布の感じヨカッタよね。」
色柄のデザインだけが重視では無くて。
世界中、人の暮らすところなら必ず存在する・・・創意と工夫と。
その日そのときの、ありったけの美意識を詰め込んだ、どっかの知らない誰かが作った自家織物が大好きで。
そんな空気を孕んだ織物を、ただただ作って生きていきたいのです。
だって、デザイナーになりたいわけでも芸術家になりたいわけでも無いから。
ただ手指を動かして。
まさか本当に。生かされて。今年も、暮れていこうという奇跡。
作るのに時間がかかって、時間もお金も。いつでも足りないけれど(笑)。
この幸せな年月は、きっとそうは得られないと思うから・・・。
若い方で、やりたいコトを諦めようと思ってる人が、たまたまこのブログを見たら・・・。
こんなバカでも、幸せな仕事で生きています!って知ってほしいかも・・・です。








by senshoku-iwasaki | 2016-12-26 22:17 | 纏う布・暮らしの布
ジャコブウールのブランケットにも取り掛かりました。
f0177373_20521938.jpg
今年はラドナー種のブランケットだけでいこうかな・・・
と言っていたクニヒサでしたが。
前回のグリーン系のブランケットを織っている間に・・・
やっぱり・・・。ジャコブウールの糸も注文。
今年は、ジャコブのタイプもシンプルな感じです。

ご注文をいただいている、杉綾織りの着尺がまだ何点かありまして。
今年中にお納めさせて頂く予定で進めておりまして。
先日宮坂さんでお願いした、経糸の生糸が届くまでの間に
クニヒサはブランケットを。私(エツコ)は絹とウールのショール
の他に、久々に楊柳のマフラーを織っております。
マフラーのほうは、明るいカラーで。
オレンジやメロンやグレープといった、ポップなカラーがキモチ明る
くしてくれて、肌ざわりの良いエキストラファインウールとシルクで
冬将軍と戦ってもらおうと。

二人でウールに取り掛かっているものだから、工房はホコリが・・・。
最近手に入れた、マキタのコードレス掃除機をちょいちょいかけて。

12月初旬には蔵前の『増孝商店・冬場所』を予定しておりまして。
温かい織物たちは、そのときにと思って作っているところです。
夏場所を休場(!?)しましたので・・・
たった二場所限りの2016年となりそうです(笑)。

年が明けたら。
お世話になっている、御前崎市の静岡カントリー浜岡コース&ホテル
での展覧会から始まって。愛知県の雅趣kujiraさんでのグループ展、
それから・・・染織こうげい・浜松店さんでの展覧会と。
桜の頃まで続きます。。。なので、ずっと引きこもり(笑)。

久々のポップなマフラーや、ブランケットがiwasaki夫婦の気分転換に
なっておりますっ!






by senshoku-iwasaki | 2016-11-04 23:30 | 纏う布・暮らしの布
2016・ブランケット。
f0177373_2092057.jpg

iwasaki定番のひとつに、ジャコブウールのブランケットがありますが。
ずいぶんと前から手掛けているような気がします。
作り出してからもう・・・何年になるのかしら。
あれは30歳になる年だったから、南部町に移り住んですぐの頃。

iwasakiの商品の、全てにいえるコトですが・・・。
たくさん作れるワケではないから、いつの間にかステキな使い手さんの元にいき、在庫切れとなり・・・。
毎年のように・・・数枚制作しています。

今年はラドナー種のウールで。
ジャコブのブランケットよりも少し軽い仕上がりに。
以前制作した、『赤ケット』や『青ケット』と同じ質感で今年はグリーン系。
グリーンとグレーのツートンだから、ヨコにどちらかの色を入れるとヘリングボーンの山が見えたり隠れたり。
山になったり、川になったり、雪が降って見えたりと。
この17・8年のiwasakiみたいです。山あり谷あり大雨(!?)あり(涙)。

私(エツコ)は能天気なので(笑)。
いつだって今が一番!なんだけど。
20年前からあんまり芸風は変わりません。。。ってコトは。
たとえ毎年数枚でも。
ブランケットだけでも、かれこれ100枚近く送り出しているのかと思うと。
ひと昔、ふた昔前にお求めのブランケットも。今年の冬も箪笥の中から引き出して(!?)。
今年の木枯らしにも負けない、肩や背中・・・膝や手指を温めてくれるとウレシイです。
そして・・・
iwasakiの野望といいますか、希望といいますか、切望としましては一日でも永く・・・織物を続けることで。

工房では。
18年前には無かった、クニヒサ考案(!?)のゆるゆるエクササイズを取り入れながら(笑)・・・。
中年夫婦、無駄な動きを取りつつ作業を進めております。
by senshoku-iwasaki | 2016-10-24 22:16 | 纏う布・暮らしの布
最新作は、『青木間道をモチーフにしたショール』です。
f0177373_20262672.jpg

タテ糸に絹、ヨコ糸にエキストラファインウールをメインに、所々に絹。

『青木間道をモチーフにした八寸帯地』を織っていて・・・あぁ、こんなショールも良いのかも。。。と。
縦半分に折れば、マフラーに。
広げて使えばショールとして。
キモノにも洋服にも使いやすそうなサイズにしました。

連休前にどうにか織りあげて。
その間に13日から展覧会の、染織こうげい・神戸店さんに発送の準備をしたり。
再来年から暮らすこととなる蔵前の、自宅部分のリノベーションを設計してくださるつみき設計施工社の
河野さんご夫妻が、お子さんと一緒に南部町までいらしてくださったり。
・・・ってコトは、家中大掃除になってしまったり(涙)。
昨日の町民体育祭が、雨で中止になったことに心の底からホッとして(笑)。
ものすごい勢いで私(エツコ)、房をヨリヨリして・・・出来たそばからクニヒサは、湯通ししてアイロンかけて。
本日どうにか・・・染織こうげい・神戸店さんに全ての荷物を発送出来まして。
あっ!出来上がった、このショールの写真撮るのを忘れてた・・・と(笑)。

帯や着尺がメインですが、こうげいさんはiwasakiの纏う布も歓迎してくださるので・・・。
今年も。
織物力をたくさん籠めて・・・新作の帯、着尺とともにショールもぜひ!お手に取ってご覧いただきたいです。
by senshoku-iwasaki | 2016-10-10 22:01 | 纏う布・暮らしの布
ブランケットサンプル。
f0177373_1334093.jpg

ヘリングボーンのブランケットは、南部町に工房を構えてから
・・・だから、作りはじめて17年ほどになります。
巾も広いし、糸量もたくさん要るし、織るのも結構大変だった
りしますが・・・ほぼ毎年織っているかもしれません。
とはいっても、二人っきりの工房なので。
せいぜい一冬に5枚~多い年で20枚くらいの少量生産(笑)。
このサンプルも年代はイロイロ。
きっちり織り切って、サンプルゼロの年もあるから、実際はもっと
種類があるはずなのですが。
こう見ても、(どれも同じに見えるかもですが・笑)新たな発見が
ありまして。次は、この感じもイイかなぁ・・・なんて話になります。

素材は、最初のうちは固くてちょっとチクチクしたりするんだけれど、
使い込むうちにしっとり、ふんわり馴染んでくる、ジャコブウールを
メインに使ってきました。
ですがここ数年、iwasakiでお願いしている糸屋さんでは、この
ジャコブウールの取り扱いがめっきり減りまして。
理由は、日本での需要があまりにも無いから(笑)のようです。
商品としての人気が無いのですね。
ウールのなかでは、わりと高級な糸なので。出来た商品としては
安くはないのだけれど、地味だし、初めの肌触りは今一つ・・・。
そりゃ、軽くてトロトロ、フワフワで、誰もが知ってる高級ウールの
カシミヤのような華やかさは、どこにも無いのがジャコブかも(笑)。

需要と供給のバランス。
こればっかりは、手織り自体がかなりマイナーなところにあるもの
なので。ヒジョーにバランスが難しいモノがいっぱいありまして。
絹糸はもう、かなり大変なコトになっているのが現状です。
養蚕業が、製糸業が、撚糸業が・・・。危機的な業種だらけです。
iwasakiは、まったく個人規模の織物製作しか出来ませんが、
糸はできるだけ『生産』されたものを、使っていきたいと考えています。
そして・・・その素材の魅力を、ダイレクトに伝えられるような
『織物力』あふれるモノを作りたいというのが、夢なのです。

実はこうしている今も。
今まで普通に手に入っていた糸が、生産中止になって入手困難
になっている糸が多々・・・。
無いモノを追っても仕方ないので。
だったら、今購入できる糸で。同じような周波数を放つ(!?)
iwasakiらしい、現在進行形な織物をつくらなくちゃ!とアタマを
ポリポリ・・・。

「あー。今日は寒いね、特にアタマが。」クニヒサ。
2,30代は、まるでジャコブのように剛毛だったのにねぇ・・・。
by senshoku-iwasaki | 2015-11-02 14:48 | 纏う布・暮らしの布
春風にsunrise。
f0177373_20113633.jpg

本日ようやく・・・晴れてsunriseショールの湯通しを。

2015・春夏向けのショール、sunriseは2月末に織り上げてはいたものの。
ちょっとずつ・・・夜に房のヨリヨリを進めつつも。
んが~っ!!3月は子供達のイベントやら、夜に地域の打ち合わせだったり夜業が進まず(涙)。
なんせ、房が出来なければ・・・湯通し、仕上げが出来ないわけで。
でもでも。
私(エツコ)、生紬マンゴーシャーベットを織りつつ・・・クニヒサと半巾帯を機にセットしつつ・・・。
生紬織り上げ後すぐに、Hさまのステンドグラスのようなヘリングボーンの半巾のブルーバージョンにかかり・・。
んが~っ!!3月は、日中もイベント多し(涙)。
どうにかそれも織り上げ昨日。イベントから帰ってくるなりすぐに、ヨリヨリ職人に変身。

f0177373_205628.jpg

尻カッチリとなりますと・・・ピッチが上がる私の手指。・・・となると、ちっちゃい神様も降りてきます(笑)。
今回のsunriseは、6枚制作しました。3枚は昨夜までにヨリヨリを。
午前中3枚の湯通しをしながら・・・朝から午後3時半までに残り3枚分のヨリヨリを終えてすぐに湯通し。
日が長くなりまして、ホント助かりました。
この房、タテ糸7本ずつ14本で1本の房になっておりまして。
片面約55本の房が出来ます。・・・ということは、ショール一枚110本の房!
「房がジャマ!」なーんておっしゃる方もあるかもかも!?ですが、手織り屋といたしましては、房は命。
なんせ、織物の生命線であるタテ糸だもの。最後まで丁寧に、糸を丈夫に太く仕上げて終了です。

なんでか不思議。
こうして手が離れてしまうと、織っていたときのたくさんの色糸たちを・・・どんなふうに入れていたのか、
どんなグラデーションだったかさえ、すっかりと忘れてしまうのです。まるで天女の羽衣みたいに。
厄介だったことも、面倒だったことも何もかも忘れてしまって。
また次にかかるときは、まっさらなキモチになっておりまして。
「かぁつん、ホントのバカって無敵なんだって~。しょーこもホントのバカを目指そうと思って・・・。」小4娘。
あっ!?ひょっとしてアタシ、それかもしれない・・・。
by senshoku-iwasaki | 2015-03-23 21:38 | 纏う布・暮らしの布
2015・春夏向け『sunriseショール』織っています。
f0177373_19454361.jpg

先週から私(エツコ)が織っているのは、春夏向けのsunriseショール。
2メートルのショールのなかで、大きく色が変化してゆく・・・その日、そのとき、その瞬間の私の
ココロのまま。織ってる私でも、ふたつと同じモノが作れない・・・まさにある朝のsunnrise。

私はモノを作るうえで、何かを生かして何かを殺す・・みたいなコトだけは出来なくて。
この道に入ってしまうキッカケになったのが、どこかのお婆ちゃんがかつて織ったくず糸だらけの
自家織物でして。だからこそ、切ってしまった糸だってゼッタイ捨てられない・・・。
繋げるのが間に合わなくても(笑)。

このシリーズ、私は『楊柳のストール』と並んで大好き!な仕事でして。クニヒサは織りません。
何が好きって、工房中の残り糸の逆算から生まれてくる・・・『冷蔵庫のお掃除でごちそうメニュー』
といったところがたまらない・・・のです(笑)。
木枠に巻いてちょっとだけ残ったタテ糸、着尺や帯地を織ったあと小管に巻かれたままのヨコ糸。
ちょこっと節のある、つるっとした座繰りの玉糸、セリシンを残した硬い糸、まわたのふわーっとした糸・・
手触りもツヤも、太さや細さもまちまち、いろんな絹糸の、いろんな色が作り出す不思議な色。
f0177373_19462480.jpg

絹糸もたんぱく質ですので、新鮮なほうがイイに決まってる!と思っています。
今回のsunriseには、さっそく新春にかかっていた着尺や帯地の糸たちが・・・。
今年のクニヒサのお気に入りカラー、ターコイズブルーもグリーンもイイ仕事をしてくれています。
ちょうど1.5メートル付近でコーヒーブレイク。やっぱり今日は、ブラジルサンライズ!
by senshoku-iwasaki | 2015-02-24 21:14 | 纏う布・暮らしの布