カテゴリ:工房周辺( 83 )
南部町のおいしいお蕎麦屋さん、『雲平・うんぺい』
f0177373_21385742.jpg工房兼自宅で、朝から二人で仕事をしているものだから
誰か客人でもないと、ランチをどこかへ食べに行こう!なんて
コトにはナカナカなりませんで(笑)。
1時間以内に戻ってこられるような、お食事処も少ないのも
事実。なんてったて人口が少ない町ですから・・・。

『雲平』さんは、十割の手打ち蕎麦屋さんです。
52号線から旧富沢町に入ってすぐ、道の駅や役場にもほど
近い場所で、福士川沿いにあります。
お一人でやっておられ、とにかく美味しいタイミングでお蕎麦
を出したいというキモチが伝わるお店なのです。
『季節の変わり蕎麦』というのがあって、季節によって檸檬
だったりトマトだったり・・・というメニューもありまして。
変わり蕎麦とせいろの両方楽しめる、二色が好きです。
今日は夏日になった、南部町。
「久しぶりに食べたいねぇ・・・」私。
「久しぶりに行きますか。」クニヒサ。
今日の変わり蕎麦は、トマトでした。お塩でいただいた
トマト蕎麦と、自家製の合鴨の燻製はホントに美味しくて・・
静岡方面からの常連さんらしき方々も、「来月の変わり蕎麦
は?」なんて聞いておりました。「青蜜柑・・コレが作るのが
難しいんですよ・・・」とご主人。フムフム・・・来月も行かなく
ちゃ。同じ町内に住んでてヨカッタなぁ・・・。
by senshoku-iwasaki | 2012-06-29 22:33 | 工房周辺
桜の散る頃出てくる・・?アミガサタケ。
f0177373_211257.jpg月曜日からせっせと・・・5月の神楽坂と、横浜三渓園での
『日本の夏じたく』展のご案内を、封書にする作業をはじ
め・・・。今日午後、やっとメール便にお願いして。
それまでも、ご案内づくり中も・・ずっと気になっていた
のが、裏庭にパラパラパラと降り積もる落ち葉。
草も出てきたし、ここで一掃しておかないと大変なコトに
なるぅ~っ!!これで暖かくなると、落ち葉にヒルがきちゃう
かも。そこで・・午後から裏庭の大掃除。
ネコに7杯分、全て裏山の樫の落ち葉!!フツーの庭掃除
のレベルじゃないって・・と、文句たれながらも楽しい作業。
クッタクタになるまでがんばっちゃいまして。
「エツコさーん、加減しないと。また腱鞘炎とか困ります」
クニヒサ。
「ひゃ~。づかれたぁ・・・。あれぇっ!?これキノコ?」私。
「うわっ!キモチわるっ!あっ、アミガサタケじゃ・・?」
クニヒサ、こういうときにはすぐ調べ始め・・・。
デブのくせして、キノコ類は食べない息子も見るのは大好
き。「フランス料理に出てくるって!?高級ってコト?」息子。
「チョットチョット・・父ちゃん、500g1万円って!?」息子。
「それは、ちゃんとフランス産だよ。」クニヒサ。
「でも、これは食べてみよう・・。」クニヒサ。
「えぇ~っ!!いっちゃいますか!?絶対死なない?」私。

f0177373_2115348.jpg『高級』に目がくらんだ男二人、念入りにまた調べ。
「かぁちゃん、コレは大丈夫。茹でてからバターでソテ
ーがうまいって書いてあるよ。」息子。
「あーた、食べてみる?」私。
「お、オレはチョット・・どうしよっかなぁ・・。」息子。
書いてあった通りに、茹でこぼして水洗いして・・
ニンニクをバターでこんがり炒めてからソテー。
「うんっ!キノコっぽくない!食感がイイ!」クニヒサ。
「なんか、ホルモンのゼンマイとか・・内臓っぽい見た
目がねぇ・・。」私。
『高級』に目がくらんだのか・・?キノコ嫌いデブまで恐
る恐るパクリ。
「んっ!確かにキノコっぽくないかも!?」息子。
「いや、この食感はエリンギ。」冷静に娘。
「あ・・じゃ、オレやっぱりダメ・・」息子。
結局、アボガドと豆腐のサラダの上に乗っけられ・・・。
ほとんど食べたのは、クニヒサ。
by senshoku-iwasaki | 2012-04-19 22:30 | 工房周辺
南部町、本郷の千年桜・2012
f0177373_1975945.jpg例年なら町内のソメイヨシノが終わってから・・・咲き始める
千年桜なのだけど。今年はほぼ一緒に満開に。
一年って、早いなぁ。
学校が終わってから、娘は歯医者さんに予約があって。
コイン精米機で精米をしとかないといけないし、それから
図書館に寄って、ホームセンターに寄って、来週初めに
投函予定のiwasaki春のイベントお便り用のコピー用紙
を買わなきゃ・・・。
3月の伊勢丹が終わってから、クニヒサはずっと帯地を。
私(エツコ)は着尺に懸かっているものの。
節のある玉糸と、切れやすい白大島の絣糸に難航中。
今日も夕方のこれらの『所用』は、クニヒサにお任せする
つもりだったのだけど。
ふと、1ヶ月近く引きこもってる自分に気づき・・・。
そーだ!千年桜、見ておかないと!!
昨日と大して変わらない、『なんてことないフツーの日』
をこよなく愛する私。
「フツーの日の積み重ねで千年経ったの?」娘。
「千年も生きてたら、フツーの日ばっかりじゃないかも」私。
「ところでかぁちゃん、今日は手打ちの醤油?」息子。
帰りは久しぶりんに・・みんな大好き『峠のラーメン』に!
よーく考えてみたら、なんと今日は結婚記念日だったりして。
by senshoku-iwasaki | 2012-04-12 19:56 | 工房周辺
工房裏庭は・・・。
f0177373_20401249.jpg雑草の花盛り。

「金襴草(きんらんそう)は、通称『地獄の釜蓋』とも
言って、薬草なんですヨ」と。随分と前に、植物好きの
Mさんに教えてもらってから、裏の土手にみっしりと
生えてきたときにも採らずに残しておいたもの。

へばりつきながら・・・寒い冬でも粘土質であんまり
土のない斜面に株を増やしていく様が、なんとも健気
でたくましくて。

iwasakiの織物と、『金襴』とは対極にあるものだけ
ど。この金襴草のたくましさは、iwasakiとしても
ぜひぜひ見習いたいところ・・・。
なんせ、落っこちかけた地獄の入り口でシャットアウト
なんて!!カッコイイ!くせして、この地味な見た目。

「地獄のふちでシュルシュル~っと・・・
光る梯子が降りてきて上っていったらサ、


f0177373_20422783.jpgなんと死んだはずの千葉のじぃじがいたんだよぅ。」娘。

「イイ感じに酔っ払ってててね、「おぅ!しょーこ久しぶり!
大きくなったな」って。しょーこが驚いたら、
「ここは天国だぞぅ。お前もゆっくりしていけ」って。」娘。

「あら、あーたの夢の話?お父酔っ払ってた(笑)」私。

「そう。それでね、「5+5はわかるか?」ってじぃじが言う
から、10でしょ?って答えたらね、「20だよ」って言うの」

「あら・・じぃじ、とうとうそんなコト言った?夢の中とはいえ
・・孫に何教えてんのかしらね。」私。

「うん。だからね、でも10だと思うんだけどなぁ・・って言っ
たら、じぃじのお母さんみたいなもっとお婆ちゃんが出てきて
「5+5は20ですよ。ねぇ、フミオさん、って。それだけじゃ
ないの。お父さんにそっくりな、東京じぃじもそう言ったもん。」

「ありゃ、トリお婆ちゃんまで出てきた!?(笑)
そりゃ、天国では相当なプラス思考なんじゃないの?」私。



f0177373_2043984.jpgこの母子草も、いつの間にか大きな株に。
園芸種の何かカワイイお花を・・・と思っていたけれど。

私も会ったコトのない、娘にとってはひいお婆ちゃんまで
娘の夢に出たというコトは・・・。ルーツって・・・。

そう思うとなぁ。
母子草って名前のこの草を、引っこ抜くなんて出来ないなぁ。

でもなんで?
娘は夢で、地獄に落ちかけたのかしら・・。
んでなんで?
酔っ払った父が、スバラシイ梯子を出せたのかしら?(笑)

最近は・・そんなドラマチックな夢も見ないまま朝になる私。
年とった、娘の夢には登場できないものだから・・仕方なく
孫娘の夢に出てきちゃったのね・・。
ゴメンね。お父。(笑)


f0177373_20432599.jpg裏庭の一番奥は父の好きだった蕗の、ふきだまり。
毎年、摘んでもいいかなぁ・・・って思うんだけど。

なんか・・ヘビとかいそうで、採ったコトが無いっ(笑)。

せっかく、花盛りになったのに。
これからこの裏庭は、マムシと山ヒルの恐怖から(笑)
私(エツコ)は手を入れるコトが、ほとんど出来ません。

今年こそは
晩秋になったら、裏庭に手を入れようっと!!
チビッコたちも手伝わせるか・・・。
by senshoku-iwasaki | 2012-04-08 21:51 | 工房周辺
六地蔵、遠くに富士山、サクラ咲く。
f0177373_20515480.jpg町内で、近隣圏のアマチュアカメラマン人気のスポット
の一つがなんと、工房のスグ近くの『六地蔵公園』。
富士山を背景に、電線や他に建物もないからイイのかも。
公園の、しだれ桜がポツポツと咲き始めました。

昨日から学校の始まった、子供たち。
ふもとの集落にある、バス停までの朝のお散歩(!?)の帰
りは私(エツコ)は大荷物なので写真どころじゃないのです。
もともと私は、写真も車の運転も苦手なところにもってきて
なんせ、先日の嵐の爪あとで道には杉やヒノキなどの小枝
だらけ!!ぜーんぶ立派な焚きつけだもの。
拾わずにはいられない・・・(笑)。そんなんで、三椏の花が
キレイに咲いてるとか、ウラシマソウも出たとか、桜が咲き
はじめたとか・・情報はクニヒサに伝えていたものだから。
珍しく・・・夕方にクニヒサが娘とお散歩に。

「おとーさんが写真撮ってかたらね、しょーこもDSで写真撮っ
たんだよ~!見てぇ~」娘。
「あーら、アタシよりじょーず!そのうちあーたにイロイロ・・
お願いしよーかしら?」私。
何につけても『伸びシロ』のある子供はイイなぁ・・。
眩しいほどツヤツヤの、春の若芽かな。
f0177373_2212986.jpg
by senshoku-iwasaki | 2012-04-06 22:03 | 工房周辺
秘密基地。
f0177373_20471714.jpg私(エツコ)の父は、戦後しばらく・・千葉の山の中で木こり
をしていたらしいのだけど。
チェーンソーがまだなくて、二人がかりで大きな鋸を、
エッサオッサ・・と気合と腕力で。
この工房を手に入れたとき、この家の間取りや納屋や
馬小屋・・すべてが父の生家にソックリだったものだから、
父はチョット嬉しそうに(!?)鎌を研ぎ、草刈りをかってでて
くれ。「裏山はここのウチのものかい?」と。
残念ながら、この家の土地はほんの少し。この大きな樫の木
の手前まで。ここの周辺は、杉山がほとんどなのだけど、
手入れがされずに荒れた感じ。
薪ストーブを入れてから、iwasaki家は薪の準備に大忙し。
この大きな樫が、昨年秋の台風で折れて。(ウチに倒れなく
てヨカッタ~・笑)切った、幹や枝も我が家の燃料に。
朝、チビッコたちと下のバス停まで歩いて・・上ってくる際に
道々に落ちてる、杉の小枝や、枯れ枝も拾って焚きつけにし
ているうちに・・なんと道がキレイに!
荒れたよそ様の山が気になる、気になる・・。欲しくなる!?
父が生きてたらなぁ・・・。
ほんの一昔前まで、火が家の中心だった頃の暮らしに戻す
とこの周辺はきっと・・・ナカナカの山里になるんだろうなぁ。
山の神様が出てきそうな、娘の秘密基地。
by senshoku-iwasaki | 2012-02-21 21:42 | 工房周辺
お神楽。
f0177373_19483543.jpg昨年の春から住み始めた工房の集落は、お神楽も健在。
隣の集落などは、獅子頭がいつの頃か・・酒代に消えた
という噂もあったりで(笑)町内でも少ないらしく。
いつもはひと気の無い、我が家の周りが朝方からなんとなく
ザワザワ・・。お神楽も回ってくるから、庭の掃除でも・・
と思ったときには、カメラを肩から下げたギャラリーが・・。
それも一人や二人じゃないものだから、結局家から出るのも
気が引けて・・・そのままに(笑)。
新築や新入居の場合は、『松』コース。フルに舞ってくれる
ので、いつの間にやらいろんな知らない人も我が家の中に。
「カメラ持ったおじさんにさぁ、『あの辺に自然に立って』
『もっと素朴な感じ・・』って言われてもなぁ。」息子。
「あーた、バカボンみたいなキモノ着てたら喜ばれたかも
ね~(笑)。」
この集落のお神楽は、30年くらい前に当時の青年部が復活
させたとか・・。
「イワサキさん、来年から一緒にやりましょう。」と、
誘っていただいたものの・・・クニヒサ、何が出来るかなぁ。
篠笛なんて吹いたコト無いしなぁ。
舞い方っていうのも・・これまた難しそう。
声が良かったら、唄方なんだろうけど。これもムリ(笑)。
一軒一軒、終わるたびに出されるお酒。獅子頭のように、
お神楽部隊、みんなお顔が真っ赤でしたが(笑)。
下戸のクニヒサ、来年からガンバッテくださーい!!
by senshoku-iwasaki | 2012-01-15 20:44 | 工房周辺
秋のウラシマソウ。
f0177373_20471631.jpg毎朝のお散歩コースにあるこのスポットは、
春に大きな花をつけるウラシマソウが出るところ。
今はこんな感じ。
「なんか、ゴーヤがはじけたみたい。」娘。
「花もだけど、実の付き方もチョット不気味だよねぇ。」息子。
鬱蒼とした、薄暗がりの林の中に咲くウラシマソウ。
真っ赤なビーズをたわわにつけて、秋のほうが華やかかも。
この二日ばかり、朝から曇って寒いものだから
大人も子供も目覚まし時計を止めて・・またウトウト・・・。
「急がないと!!バスが来ちゃう!!」娘。
「あ~ぁ。もうチョットかぁちゃんが派手に寝坊してたら、
車で行けたのになぁ・・。」息子。
「残念でした!このお散歩は主に、あーたとアタシの運動不
足解消が目的なのよんっ!さっさと歩くわよん!」私。
いやいや、マズイマズイ・・。竹の吉田さんは『夜業』と言って
いたけれど、ここのところ毎晩夜なべ仕事。
新作の楊柳のストールの房をヨリヨリしていたので・・
今朝はホントに危なかった・・。(笑)
こう暗いと・・うっかりすると夕方まで眠れそう。(笑)
イワサキ家だけ浦島太郎になるところだったりして・・・。
by senshoku-iwasaki | 2011-11-10 21:24 | 工房周辺
水源地。
f0177373_2020579.jpg
山の水復旧のため、隣保の方々と水源地へ。
山の上にある自宅・工房よりさらに、山を登り・・・
ようやく・・・。それにしても、皆さん健脚。

始めて行く水源地。
岩と岩の間からキレイな水が噴出している。


木が倒れ、土砂が崩れて、
水が通るパイプがすっ飛んでいる。
パイプもだいぶ劣化しており、
「新しいのに変えるか・・・」ということで、
あらためて水道屋さんと工事をすることに。

もうしばらく、山の水復旧かかりそう。 
by senshoku-iwasaki | 2011-10-02 20:49 | 工房周辺
嵐のあとに。
f0177373_22435147.jpg小1の娘が愛車のスクーター(私たちの子供のころ、大人気
だった『ローラースルーゴーゴー』の最新版)で、いつもの
お散歩に出たと思ったら・・・すぐ戻ってきて。
「おかあさん、大変っ!道無いし、滝あるし。チョットDSで
写真撮っとこうと思って・・・。お母さんも来てぇ~。」
先日の台風の爪あとは、町内でもいろんなところにあって。
工房周辺は特に、人通りの少ないところなので、復旧にも
時間がかかりそう。
今日は、ご近所の裏で崩れた土砂を隣保や消防団で運び
出す作業を手分けして・・・。 
でも、クニヒサはユンボは扱えないし、こういう事態には
ほとんど役に立たないiwasaki。
にしても。
こうしてみると、意外にも杉や竹の根の浅いこと!!
「ひぇ~っ!!怖いからあんまりそっち行かないでっ!!」
ゴォ~っと水の流れる音と、落っこちてる石が大きいのとで
引きまくっている私とは対照的に、娘のほうは冷静に水の
周りに小さな動物の足跡を発見して喜んでいる。
「シカの赤ちゃんじゃないかなぁ・・。会いたいなぁ・・。」娘。
「いいからっ!!コッチに来てっ!危ないって!!」私。
「お母さんも見てよ。キレイな滝なんだから。」娘。



f0177373_22444821.jpg「ホントだ・・・。」
いつもはほとんど水なんて流れてないのに。
山の上の、
岩清水から引いてる『山の水』もあの台風から断水中。
町水道とは別に、この集落ではみんな大事にしている
水なので、それも困った事態。
iwasakiも糸染めや、カメの水は『山の水』だったから
これからそっちもどうにかしないと。
身延線も復旧には時間がかかるみたいだし、来月に予定し
ている、『秋の工房展』は身延線が使えないかも・・・?
ですが、ですが。
10月22日(土)~10月30日(日)の日程で、
今年もiwasaki秋の工房展、予定しております!!
お待ちしておりま~す!!
by senshoku-iwasaki | 2011-09-25 23:37 | 工房周辺