<   2009年 03月 ( 17 )   > この月の画像一覧
いつまでたっても終わらない感じ。
卒園式で息子が 「大きくなったら野球選手になる」と言ったのですが。
満1歳で保育園に通わせたので、あの時は歩くことさえ出来なかった子が、こんな少年のような夢を語ってくれるなんて・・・。と、ウルっときてしまったものの、よく考えたらキャッチボールすらしたことがないことに気がつきました。
夫が上京しているので、息子と娘と3人でお風呂に入りながら
「なんで野球選手?」と聞いたところ・・・。
「う~ん・・。おいしいハンバーグ屋さんもいいかな、と思ったんだけどね。だったら、お客さんがいいなってことになって。(アニメなどの)キャラクターを挙げるお友達もいっぱいいたけどさ~。キャラクターにはなれないじゃん。」
「子供っぽいよね~!」と、4歳の娘。
「・・・ぽい。ぽい(笑)」息子。
「あーた達も全く同じ子供ですけどね・・・。」私。
「んで、どーしよーかなーと思ってたら、お父さんとお母さんテレビの野球に夢中だったから。喜ぶかなーと思って・・。」
「ええっ~!!リップサービス?お母さん、泣いて損した・・・。」ほんと。
「だって、お母さんだって、僕がイチローみたくなるなんて思わないでしょ?」
「そりゃそーだ。お父さんはチチローじゃないし。でも、母として、息子がダルビッシュだったら・・・なんて、一度は妄想してみたいけどね・・・。まぁ、アタシの子なら無理だわね・・・。」
「そうそう。なるようになるよ。」息子。
なんで6歳の息子にケセラセラみたいなコト言われてんのかしら・・・?私。
「でもさ、去年はあーた、お父さんとお母さんのお仕事はいいな、なんていってたじゃん。」
「あー。その頃はね・・・。のんびりして見えたんだけど、ほんとはあんまりのんびりしてないし。」
「そうそう!お母さんいつもおウチでイライラしてるしねっ!」すかさず娘。
「あーた達に対してイライラしてるんですけどね・・・。」私。
「だから僕、お父さんとお母さんのお仕事はダメだな」あっさり。
「何がダメ?」私。
「なんかね、いつまでたっても終わらない感じがとても無理。オシッコがまんして寝てるときみたいで。」
「にいにぃ、それワカルワカル。いっくら探してもトイレがないんだよね~!」
・・・・そりゃ、相当な悪夢ですね・・・。

いつまでたっても終わらない感じ。
ほんと、そうかもしれません。
今日から織りはじめた、紬の着尺。
このところ織った、さまざまなグレーの残り糸で経緯ともに構成します。
15丁の杼を使って、3色の乳灰色と、12色のグレーで、織物らしい紬になりそうです。
今回の伊と忠さんには間に合いませんでしたが、5月の横浜 三渓園でのイベントには出品したいです。


岩崎 訓久・悦子 染織展  墨灰色から乳灰色へ』
      2009年3月26日(木) ~ 4月5日(日)    
      ※月曜定休
      11:00~20:00 (最終日は18:00まで)
      伊と忠GINZA にて
by senshoku-iwasaki | 2009-03-30 17:14 | 岩崎のある日
卒園の日。
昨日は 息子の保育園の卒園式で、不覚にもウルウルしてしまった私。
先生の演出に まんまと乗せられてしまいました・・・。
我が家のおバカな子供でさえ、6年間の成長ぶりにはオドロキです。
染織 iwasaki は、なんにも変わりませんが・・・。

伊と忠ギンザさんでの個展、明日の月曜はお休みですが、4月5日までですので
どうぞお出かけ下さいませ。


岩崎 訓久・悦子 染織展  墨灰色から乳灰色へ』
      2009年3月26日(木) ~ 4月5日(日)    
      ※月曜定休
      11:00~20:00 (最終日は18:00まで)
      伊と忠GINZA にて
by senshoku-iwasaki | 2009-03-29 18:53 | 岩崎のある日
伊と忠GINZA展示会始まりました。

f0177373_12522963.jpg
f0177373_12523665.jpg
f0177373_12524412.jpg

お越しをお待ちしております。

『岩崎 訓久・悦子 染織展  墨灰色から乳灰色へ』
      2009年3月26日(木) ~ 4月5日(日)    
      ※月曜定休
      11:00~20:00 (最終日は18:00まで)
      伊と忠GINZA にて
by senshoku-iwasaki | 2009-03-26 12:53 | 展示会・お知らせ
伊と忠さんの搬入。
昨日は一日荷造りで、今朝から夫は出かけました。
私は車の運転が苦手なのですが、田舎は車が必須アイティム。
普段は町内限定でしか乗らないのですが、仕方なく夫を富士宮まで送ってきました。
途中、芝川のあたり。大きな枝垂桜が道にかかるところがありまして。
雨曇りの中、なんともいえない美しさでした。
見るからに 旧家のお庭にあるこの桜。一体どれくらいここの景色を見守ったのかしら!?
後続の車がないことが幸いに(なんせ、このスポット ものすごくカーブのところでして
後につかれてしまうと、私には全く余裕がなくなるのです・・・)まったりと桜が拝めました。
私にとっては、思いっきり遠出をした気になっていましたが・・・
町内に住む、多くの方の通勤道かと思うと、なんだか自分自身に凹んでしまいます・・。

明日から いよいよ伊と忠ギンザさんでの個展がはじまります。
ご覧いただけたら嬉しいです。

岩崎 訓久・悦子 染織展  墨灰色から乳灰色へ』
      2009年3月26日(木) ~ 4月5日(日)    
      ※月曜定休
      11:00~20:00 (最終日は18:00まで)
      伊と忠GINZA にて
by senshoku-iwasaki | 2009-03-25 20:23 | 着尺・帯
楊柳のストール。
f0177373_18335845.jpg
今回、ストールも“灰”です。

左から
銀河シルクを使った楊柳ストール。
中判のシルク楊柳ストール。
定番サイズのシルク楊柳ストール。











                              『岩崎 訓久・悦子 染織展  墨灰色から乳灰色へ』
                              2009年3月26日(木) ~ 4月5日(日)    
                              ※月曜定休
                              11:00~20:00 (最終日は18:00まで)
                              伊と忠GINZA にて
by senshoku-iwasaki | 2009-03-24 18:45 | 纏う布・暮らしの布
乳灰色の紬着尺。
絹糸を染めて織る、という仕事をやってきて ずっと気がかりだったことが
糸を染めるときにいつもよぎる、「せっかくの無垢の糸を、自分は汚染してはいないか?」
ということ。生糸ならもちろん、紡ぎ糸だって絹ならではの光沢や透明感が美しいもの。
要は、なんにもしないほうがキレイなんじゃないか?という、作り手としてはどうにもならない
泥沼にハマってしまいそうになるときがあります。
でも、そういう心のブレーキは大切だとも思っています。
パールベージュのような、すこしに濁った白のなかにある艶めき。
一日機に向っていると、時間ごとに違って見えるこの紬。
ピンクに見えたと思ったら、ベージュになって、そしてグレーにも見えてくる。
6歳の息子が、「目玉はみんな違うのに、おんなじものが見えていたのか・・・」なんて言って
笑った私。いやいや・・・たしかに人それぞれ見えてる(感じてる)色は違うことが多いにある。
この、不思議な色。ずっと作りたかったけど、なかなか踏み出せなかった私にとって、禁断の色。
矢車附子で染めた経糸と、桜の枝で染めた緯糸。交叉をくりかえして出来た いとしい色。
伊と忠さんでの展示会でご覧下さい。
どういう色に見えますか。


      『岩崎 訓久・悦子 染織展  墨灰色から乳灰色へ』
      2009年3月26日(木) ~ 4月5日(日)    
      ※月曜定休
      11:00~20:00 (最終日は18:00まで)
      伊と忠GINZA にて
by senshoku-iwasaki | 2009-03-23 23:47 | 着尺・帯
杉綾紬着尺。
f0177373_9282529.jpg
今回の展覧会では、私達のテーマカラーとなりつつ
あるグレーを、織りで表現してみたのですが。
先染め(生地ではなく、糸を染めて織る)の特徴と
植物染料の、不思議な気配感が一番表れたのが
この紬かもしれません。
グレーに見えるのに、
実はグレーの糸は使っていません。
経糸は濃紺のような、黒に近い色。
緯糸は、矢車附子の煮出したそのままの
黄色っぽい白茶。
綾なので、経糸の本数が多く密度があるぶん
平織りより、織り上げまでに時間はかかりますが、
しなやかで丈夫な織物になりました。

日常着として 私もよく紬を着て仕事をします。
着れば着るほど、紬が好きになって・・・そうなると
単衣が一番!と思えてならなくなりました。
だって、自分で洗えるし。何度も着て洗ってトロトロに
なってゆくのは、絹織物ならでは。
仕舞い込む前に洗えば、カビも心配いらないし・・。

袷にしてオシャレに着てもよし。
単衣でガンガン着てもよし。
                                       そんな反物になりました。
 f0177373_1022859.jpg  




             変則的にならべた斜めの線が
             7寸ほどで右に左に変わることで
             無地のなかに
             縦長の格子のような
             縞のような
             角度で見える感じが変わる・・・
             そんな無地を作ってみました。



      『岩崎 訓久・悦子 染織展  墨灰色から乳灰色へ』
      2009年3月26日(木) ~ 4月5日(日)    
      ※月曜定休
      11:00~20:00 (最終日は18:00まで)
      伊と忠GINZA にて

                                      
by senshoku-iwasaki | 2009-03-22 10:14 | 着尺・帯
杉綾・8寸単帯。
f0177373_9574012.jpg
これは単帯としては長め1丈1尺九寸(約4.5メートル)で織りました。
ふつう 単帯というと、だいたい3.8~4.0メートルくらいなのですが
先日紹介した、間道の帯と同じ趣旨で
身体の細い人も太めな人も、巻き方結び方がイロイロ楽しめたら・・・
と思ったワケです。切ることはいつでも出来ますから。 

綾は斜めの線が美しいので、斜めで市松のように織りました。
この、緯糸も宮坂製糸所の緒糸。
以前も触れましたが、糸口を探すときにできる糸。
イワサキは結成18年になりますが、 
ずっとイワサキらしい
『民藝』を探し続けてきた気がしています。
こんな 実に何でもない帯地ですが
18年目にやっと見つけられた、私たちにとっての糸口のように思うのです。




f0177373_10344334.jpg






   『岩崎 訓久・悦子 染織展  墨灰色から乳灰色へ』
   2009年3月26日(木) ~ 4月5日(日)    
   ※月曜定休
   11:00~20:00 (最終日は18:00まで)
   伊と忠GINZA にて
by senshoku-iwasaki | 2009-03-20 10:36 | 着尺・帯
名物裂・間道をモチーフにしたネクタイ。
f0177373_96162.jpg
もうすぐ息子の小学校入学式。
普段スーツなど着ない生活をしていますので、
ネクタイは黒と白しかなく・・・。
白じゃねぇ~・・・。
ということで、
展示会前だというのに、自分用に織りました。

昨日紹介しました8寸帯と全く同じストライプ。
しゃれで作ってみましたがお洒落がどうかは・・・。

せっかくなので、自分用のほかに あと2本織りました。
お洒落な方、いや・・・しゃれの好きな方、
伊と忠さんの展示会に出しますのでどうでしょうか。

『岩崎 訓久・悦子 染織展  墨灰色から乳灰色へ』
2009年3月26日(木) ~ 4月5日(日)    
※月曜定休
11:00~20:00 (最終日は18:00まで)
伊と忠GINZA にて
by senshoku-iwasaki | 2009-03-19 09:25 | 纏う布・暮らしの布
名物裂・間道をモチーフに制作した8寸帯地。
f0177373_20164182.jpg
だいぶ、サッパリ味にしてみました。

かがり帯用にと考えていますが、1丈3尺7寸(5.2メートル)ほどありますので
コレ、結構遊べるのでは・・・?
お太鼓だけじゃなくて、角だし(銀座結びともいうらしい)にしてみたり・・・と。
もっと自由に、織り布をそのまま(何もせずに)
結べるということは
織物を作っている私達にとって、なんとも魅力的だったりするのです。

こんなサッパリ味を銀座結びにして・・・
帯揚げがわりにイワサキの楊柳のストールなんかを使ってもらえたりしたら・・・
サッパリ塩味は、合わせる着物や帯締めで如何様にも
意外とくだけすぎずに楽しめるハズ・・・と、制作者は思っております。





f0177373_22255088.jpg
『岩崎 訓久・悦子 染織展  墨灰色から乳灰色へ』
2009年3月26日(木) ~ 4月5日(日)    
※月曜定休
 11:00~20:00 (最終日は18:00まで)
 伊と忠GINZA にて
by senshoku-iwasaki | 2009-03-18 21:19 | 着尺・帯