<   2011年 01月 ( 16 )   > この月の画像一覧
生紬、第二弾は。
f0177373_2054943.jpg
流れる川の水のよう。
前回と同じ、クールなグレーをベースに、ブルーパープルと
ちょっとだけグリーンがちらちら・・・と。
たて糸の縞は、これまたクニヒサの気まぐれライン(笑)。
(『計算ラインと言ってくれ~』と声が・・・。)

工房裏の土手の土を掻き出したら・・・出てきた石積みは、
もともとこの家の主が、なんと1キロ坂を下った先にある
川原から、1個ずつ持って上がったものだそうで。
『えぇ~っ!?』ってくらい大きな、抱えきれない岩も入って
いたりします。

「俺っちが二十歳くらいのときにョ。
親父と一緒に積んだんだ。まだ車がなかったからナ・・・。」
おととし、天国に旅立つ直前まで、竹やぶを整備していた
元気なお爺ちゃんでしたが。
その、お父さんが積んだ石に、ちょうどこんな色目の石が
あります。水に濡れると特にキレイ。

『井戸端のお父さん』が積んだ石がもっと見たくって。
大量の落ち葉と土砂の掻き出し作業、仕事の合間を見て
は・・・まだまだ続いております。
by senshoku-iwasaki | 2011-01-31 20:46 | 着尺・帯
幸せの青い蝶だったかも!?。
f0177373_1931291.jpg
な・なんと!ルーミスシジミでは?・・・と。
昨日のブログにコメントをいただきまして。
無知なiwasaki、「るーみす?なんじゃソレ??」
ちょっと調べてみると・・・。
うんうん。確かに体長3センチくらいで
羽を閉じると、ただの茶色いシジミチョウだった・・・。
なんでも貴重な、地域によっては絶滅危惧種らしい
ということがわかり・・・。
「ほっほぅ~。・・・・。」二人して口あんぐり。
冬休み明けに、とうとう肥満度33%になってしまった
正真正銘の肥満児の息子まで大興奮。
裏の土手。今日は家族で先日掘り出した石垣に
リュウノヒゲを植えつけて・・・。息子は重たい土運び
を買って出て。
「幸せの青い蝶さん、痩せますように!」・・・って、
蝶に頼むコトかいなぁ・・・。
by senshoku-iwasaki | 2011-01-29 19:54 | 岩崎のある日
蝶と茜。
f0177373_19124626.jpg先日の泥掻き作業中での幻!?
・・・ではなかった、ホントにフワフワ~っと
舞い降りてきた、真冬の蝶。
こんこんと水の湧く場所はパワースポット
とかってよく聞くけれど。
工房の元々の家の屋号は、『井戸端』
崩れた土手の下は、池。
昔は下からも水が湧いていたらしいけ
ど。この間二人で泥を掻き出した限り・・
下からは反応は無かったけれど。
土手側から山の水がチョロチョロと浸み
だして溝を切ると、小さな小さな川になり
ます。今はワサビが育っていますが、
せっかくなので、カキツバタでも植えて
ビオトープとしての環境を整えてから・・
ホタルでも育てようかしら・・・。

「昔話とかだとさ、荒れ果てた家を愛情
f0177373_19131949.jpgかけて再生させるとさ、家の神様とか出てきてさ、
『その家は大変繁栄したとサ』なんてお蔵とか
建っちゃったりするよね~エヘヘ・・・」私。

「エツコさんの、そーゆー発想自体がすでに強欲な
意地悪爺さんだと思いますが・・・。」クニヒサ。

「おぉっ!強欲な爺さん、日本茜を発見っ!」私。

「たったそれっぽっち!?
それじゃ、何も染まんないな。」クニヒサ。

強欲な爺さんは、誰?
                                          
by senshoku-iwasaki | 2011-01-28 20:03 | 岩崎のある日
このところのバタバタで・・・。
今週は、日曜から火曜までの3日間、工房裏土手の崩れた土砂運び・・・。
土砂といっても、粘土質で水をたっぷり含んだ、重たい土と泥をクニヒサとバケツに入れてはネコに入れ・・・
大きなバケツに4杯で一杯になるネコの重たいこと・・・。全身泥だらけ・・・。
美輪さんの、『ヨイトマケの唄』がアタマの中でグルグル・・・足はフラフラ・・・。二の腕はパンパン・・・。
「そうは言ってもね~。あーたでも重いこのネコを!同じように運べる41歳の主婦はそうはいないと思うんだけど。」私。
「確かにエツコさん、デキル人みたいですョ(笑)」クニヒサ。
「ホント!?ヤッタ~!」んなワケないだろう・・・。私。
「そうそう、やました。さんの桃林堂でのグループ展っていつからなんだろう・・・?」私。
「えっ!?エツコさん、ずいぶん前にDM届いてたじゃない」クニヒサ。
「うへっ!?いつ!?ありゃ・・・アタシ見てないっ!!」私。
どこがデキル人なんだ・・・。まったく・・・。今年もボケボケiwasaki(泣)。
始まっておりました。30日までです!やました。さん、スミマセン・・・。

「はつはる展」 2011・1・25(火)~1・30(日)
           11:00~19:00

陶・高橋亜希子*木・富沢麻子*布・山下枝梨子

桃林堂 東京都港区北青山3-6-12  phone:03-3400-8703

布きれやました。さんの優しい色合いと風合いの織りは、梅春のちょうど今頃の季節とイメージがピッタリだと・・
お隣の、日当たりのいい場所からチラホラ咲き始めた・・・梅の花を見て思っております。

iwasakiは、二人してシャベル筋肉痛に苦しみながら・・・昨日から本業の巻き返しに勤しんでおります・・・。
by senshoku-iwasaki | 2011-01-27 21:18 | いわさきのつながり
新作の。
f0177373_2026689.jpgジュートと絹の半巾帯は、たて糸に色があります。
古い対馬麻の風情の半巾が作りたくて、前回作ったものは
たて糸の絹が黒でしたが。
前回よりも 更にしっかりとしたものが作りたくて、たて糸の
密度がかなり たっているので・・・。開口の度、パラパラ・・・
雪のようにジュートの繊維が降ります。
綱麻(つなそ)とも呼ばれる、ジュート麻。
呉服の世界では、まず使わない素材。
理由は・・・、
『高級じゃない』から『パラパラ落ちる』から・・・かな。
高級な絹糸と同じか、もしくはそれ以上の手間をかけて織る
のに、荷造り紐を使うなんて!
「それなりに高いモノに見えな~い!」って声が聞こえてきそ
うで・・・(笑)。
iwasakiでも作るのに勇気が要ったもののひとつ。
でも、だから面白い素材のひとつ。
織ってる間、ただひたすらに繊維を落とします。
織り上げたら、よーくよーく洗います。ザブザブと。
ぱんぱん!と叩いて、更に余計な繊維を落として乾かして。
何度かお使いいただくうちに・・・
ジュート特有の匂いも、余計な繊維も落ちた頃・・・。
しっとりとした、美しいツヤまで生まれます。


f0177373_20263345.jpgなんだか。
全然カッコつけてないのに、カッコイイ男前な感じがして・・・。
半巾帯大好きな私(エツコ)にとっては、このシリーズが
キングオブ半巾。締め心地バツグンです。
なんせ、荷造り紐ですから~(笑)。
ただし・・・。織るのは大変・・・。
蔵前のクニヒサの実家で、先代からお付き合いのある酒屋
さんに頂いた前掛けが助かります。
これは(沖縄の泡盛なのかな!?)、最近のモノらしいのだ
けれど・・・。「エツコさんは、汚い古いモノも好きよ~」と、
母が言ってくれたらしく・・・。先日どっさりと、年季のたった
「お年賀」とのしのついた前掛けを頂きまして・・・。
それらがまたイイ感じなのです!!
染めの具合も、腰紐の織り紐も・・・。
長いこと倉庫の片隅にあったらしく、「カビ臭いから洗ってね」
とダンボール一箱分!!
ジュート麻を使ったシリーズ・・・。こりゃ、一生作れそう(笑)
この新作の半巾帯は、2月に名古屋のMONONさんに出品を予定しております。
by senshoku-iwasaki | 2011-01-26 21:39 | 着尺・帯
石積みのある風景。
f0177373_19575276.jpg
工房の裏、以前から土砂が崩れてきてまして・・・
二人で本業を放り出し・・・、シャトルをシャベルに持ち替えて土砂を取り除き・・・。


f0177373_19583620.jpg
だいぶ埋もれていた石積みが!!!
この作業、明日も続きます。
by senshoku-iwasaki | 2011-01-24 20:21 | 工房改築
ガーナチョコのような八寸帯。
青木間道をモチーフにしたシリーズの最新作は、赤い縞。
南方渡り・・・っぽい間道らしい間道かと。アフリカの縞のように見えたらいいなぁ・・・。
iwasakiの織物は、アイティムとしてより、織物として捉えてもらえたらとってもウレシイのです。
「私、赤は着ないのよ」という方も。
「この生地の感じ、面白いかも!?」と思ってくれたらイイなぁ。


f0177373_21125589.jpgf0177373_2113236.jpg

by senshoku-iwasaki | 2011-01-23 21:31 | 着尺・帯
やっと織り上がった・・・。
f0177373_19491966.jpgクールミントカラーの生紬。
時間が・・・結構かかりました。
前半はクニヒサの屋根裏改装で、落ち着かず。
後半は、本職の大工さんが工房の改装に入ったりで。
クニヒサのインパクトドライバーは、安物なので軽~い音
がしていましたが、さすがプロ、お道具の音から違います。
「私もマキタ製の力のあるヤツ欲しいかも!?」クニヒサ。
「日曜大工とかキライなのに?」私。
「そーでした。でも、道具もイイのはカッコイイ。」クニヒサ。
そういえば。
iwasakiのはた織りのお道具は、ほとんどが京都西陣の
はた道具だけれど、確かに他の地方の道具に比べると
『シュッ』とした京都らしい美しさがあるかも・・・。
オール手動の古典的なお道具類だけど、さすが都製です。

今日はクニヒサも『ガーナチョコ』のような八寸を織り上げて。
午後3時ころから二人で 裏庭の積もり積もった落ち葉と、
山の水が湧いてくる溝のドロ払いを。ちゃんととりかかった
のは七年ぶりなので、ものすごいコトになってました。
今度は その湿気た裏に、コンクリート工事が始まります。
・・・じゃないと、夏場の『ヤマヒル』が怖くてぇ~。
考えてみたらこの工房、実に七年掛かりでやっと住めるよう
になりつつある・・・感じ。お金がないから、一つずつしかプロ
に頼めない分、イロイロ考える楽しみがあります。
by senshoku-iwasaki | 2011-01-19 20:24 | 岩崎のある日
どんど焼。
f0177373_13363215.jpg「うわぁ~寒ぅ~。」「にぃにぃ待ってぇ~!」
3ツ又になった樫の枝に、お団子を刺して・・・。
お正月のお飾り、お習字なんかと一緒に燃やすどんど焼は、
我が家のチビッコたちも楽しみの一つらしく。
寒空の下、その後は近所の子供たちが珍しく外で楽しそうに
遊んでいます。
「Sくんのお習字、ビックリする程上手いんだ・・・。」クニヒサ。
「Sくんは坂下(この集落)の『デキスギ』だからなぁ。」息子。
「宿題済ませてから遊びに行くように!!」
私に睨まれて(笑)仕方なく(!?)大急ぎで宿題を済ませて
すっ飛んで出ていった息子・・・。なぐり書きの宿題は、
もともと汚い字が更に躍っていて・・・『ヒドスギ』。  
『ドラえもん』に出てくる、『出来過ぎ』クンは確か・・・有名大
学を出て、立派な社会人になるんだったっけ。
んまぁ、『しずかちゃん』と結婚できるのは、『のび太』クンと
いうのが救いかなぁ・・・。
それにしても。バカには効かないようだけど(笑)、どんど焼
のお団子は、毎年我が家に健康をもたらしてくれ・・・。
今年もとりあえず、健康第一で過ごしたいものです。
by senshoku-iwasaki | 2011-01-16 15:04 | 岩崎のある日
足助の『日月もなか』。
f0177373_20413874.jpg愛知県の足助町の名物最中。
いつもお世話になってる、
川合さんのご出身が足助町。
白粒餡の最中。おいしい煮豆
をサクッとした皮で頂いてる~
って感じがします。
当然のことながら・・・。
ご当地最中って、ご当地の数
だけ違ってて、それぞれに
味ワイが違います。
帰省のお土産に何度か頂いて
いるのだけど、食べながら・・・
まだ行ったコトない、足助の町
とか、この最中のお店とか・・・
勝手に想像するのが、
また楽しいお茶のひとときです。
by senshoku-iwasaki | 2011-01-14 21:03 | 最中