<   2011年 05月 ( 11 )   > この月の画像一覧
衝撃の、事実。
夏じたく展も終わり・・・。
iwasaki、さっそく今日からいつもの制作の日常にもどりまして。
夕方の6時ころ、児童館に子供らを迎えにいくのはクニヒサが、夕ご飯は私が担当・・・という日々。
玄関を開けるなり無言のクニヒサ。
こりゃ、なんか子供が学校でしでかしたかと思い・・・。でも子供らは至っていつもどおり。
「なんかあった?」私。
「・・・。いや・・・。」クニヒサ。
「ん!?」私。
クニヒサ、ひとまずポットのお茶をすすってから・・・
「(息子の友達の)Yくんが、ジャイアンツの帽子をかぶってたんだよ・・・」
「なるほど。小3男子なら、まぁ、フツーだわね。」私。
「問題はそれからなんだ。私はそういう、少年らしい姿のYくんが嬉しくなって『あれ!?Yくん巨人好きか!』
って声をかけたんだ・・・。」クニヒサ。
「ふむふむ・・」私。
「おぉっ!かぁちゃん、今日はロールキャベツだねっ!」息子。
「そしたらちょうど、Yくんのお父さんも迎えにきていてね、『それがビックリだったんですけど、ジャイアンツの帽子、
どこにも売ってないんですよ~!富士にも富士宮のジャスコにも無いので、ネットで探して買ったんです』って言うわけ。」
「えぇ~っ!?ジャイアンツ帽が売ってないのぉ~?」私。
「ビックリでしょう?私たちの少年時代といったら、クラスの男子の9割みたいな感じでしょ、それが一つめ。」クニヒサ。
「ほほぅ。んで二つめは?」私。
「ここからが更に深刻な問題なんだ・・・。Yくんが『おじさんはどこが好きなの?』って聞くから、『おじさん、東京生まれだからなぁ・・・』って言いかけたらYくん、何って言ったと思う?」クニヒサ。
「ん~?わかんない。」私。
「Yくん、すかさず『あ~。東京ヤクルトかぁ・・』って言ったんだ!!私は返す言葉も見つからなかった・・・」クニヒサ。
たしかに・・・。
後楽園球場に王さんの活躍する巨人戦を見に連れて行ってもらっていた、クニヒサにとっては衝撃のようだけど・・。
私の通った、千葉の小学校なんか48人いるクラスのほどんどの家が読売新聞をとっていて、ワンちゃんが756号を出したときは・・・まぁ、クラス中で『祝・756』のオレンジの下敷きが流行ったものだったなぁ・・。
「まぁ、時計の針は70年代には戻らないってコトかしらね~。」私。
「・・・・。この衝撃はまさに、Gショック・・・。」クニヒサ。
あーたのオヤジギャグもかなりショック・・・。
by senshoku-iwasaki | 2011-05-31 21:25 | 岩崎のある日
三渓園での『日本の夏じたく』。
f0177373_20524413.jpgお陰さまで無事終了いたしました。
連日の雨にもかかわらず・・・おいでくださった大勢の
皆さまに、感謝です!
iwasakiは二人して、この場所・・新作の生紬の裏に
こっそり(!?)座っておりました。(笑)
鶴翔閣の、ゆらゆらガラス越しに見える、雨に濡れた
新緑の光で透ける、この織物が
「あぁ~。実にキレイだなぁ・・・。」と、自分たちで作って
おきながら・・・ホントにそう思ってしまいました。
やっぱり三渓園、雨もナカナカ・・・。
小さな川の水の流れのイメージだった、この生紬。

昨晩遅く・・・大雨のなか山梨の自宅にたどり着き・・・
朝起きてみると、サラサラ?チョロチョロ?ジョイジョイ?
なんだか・・・家の裏からいつもと違う、水の音が・・・!
このイベントで二日間、学校を休ませてしまった子供ら
が、眠い目をこすりながら・・・
「ひゃっ!!おかーさんっ!滝っ!!」
「!!!」
昨年、崩れた裏の土手の粘土質の層から水がっ!!
まるでこの生紬のよう・・・。
やっぱり南部町、豪雨はドキドキ・・・。
by senshoku-iwasaki | 2011-05-30 21:30 | 展示会・お知らせ
どうにかこうにか・・・。
f0177373_16365237.jpg間に合った九寸帯地、『吉野格子に○』。

マルは元気の象徴。ココロが満たされるカタチ。
四角四面な吉野間道のなかで、ポワーンと膨らむ楽しいマルは、
影となる部分から絣を合わせていくのです・・・。
影をつくることから生まれる、光のマル。

かなり・・・メガサイズなiwasakiのマル、湯のしは間に合わなかっ
たけど、あさってからの『日本の夏じたく』展に持っていきます!

夏らしくはないので・・(笑・初秋から・・・といった感じですネ・・)
iwasakiブースの奥のほうに・・ひっそりと出そうと思ってます。
お天気は・・・雨になりそうですが・・・。
よろしかったら ぜひ、ご覧になってくださ~い!!
by senshoku-iwasaki | 2011-05-25 17:01 | 着尺・帯
生紬・サヤサヤルルル。
f0177373_20433894.jpg清らかな水のイメージで織った、
生紬三部作。
クールチョコミントのような№1。
貝殻のように変化する№2。
小さな滝のような№3。
『スキャット』というと、歌詞の一
部を、それ自体意味の無い言葉
の繰り返しで歌う歌い方ですが。
その、スキャットのような織物が
作りたいのだと、最近気がつき
ました。意味の無いハズの言葉
の中に、意味深な発見がある
コトがあります。脈略無さそうな
糸の交差の中に、作為さえも
超えてしまう美が宿るコトを希っ
て。アタマの中では由紀さおりさ
んの『夜明けのスキャット』が・・・。この反物、広げた姿は三渓園での「日本の夏じたく」展でご覧ください!!
by senshoku-iwasaki | 2011-05-24 21:22 | 着尺・帯
裏庭のカキツバタ。
f0177373_19562463.jpg今週末になってしまった、三渓園での『日本の夏じたく』。

iwasaki、年明けからかかっていた生紬は、清々(サヤサヤ)
と流るる水のイメージで三種のほか・・・
網代縞や、青木間道シリーズ、吉野間道の帯地の新作と。
最新作は絣の入った吉野間道。どうにかこうにか織り上げて
持っていけるかなぁ・・・と、カレンダーとにらめっこしつつ・・。
とにかく時間がないものだから(泣)。ここ数日、裏庭の掃除
が出来ずにいたところ・・・。

今朝咲いていた、カキツバタ。
苗は今年買ったのだけど、咲くのは2年後と聞いていたもの
だったので・・・なんか嬉しくなりました。
今週はずっとお天気悪いみたいだし・・・。週末は雨マークが
出ていたしなぁ・・・と、チョット残念な気分でしたが。
雨の三渓園もなかなか。
カキツバタもお池にたっぷりと、きっともう咲いていることと・・

晴れたら一番いいけれど、
雨が降っても今週末はぜひ、三渓園での『日本の夏じたく』
へ!iwasaki、今年も二人でみなさまにお会いできるのを
楽しみにしております!!
by senshoku-iwasaki | 2011-05-23 20:35 | 岩崎のある日
久々の絣括りは、目にくる。肩にくる。腕にくる・・・。
f0177373_20532422.jpgくるくるクルと、全然エコじゃないナイロンテープを糸に巻き、
巻いてないところだけを、染めます。

10年ほど前に。
百貨店のイベントに出展していた、私たちの紬を見て・・・。
「もしや、郡上紬の流れをくんでいませんか?」と声をかけて
くださった初老の淑女に、それから何度かお会いして・・・。
ある日、届いた宅急便。
「どうしても、あなたにもらっていただきたいのです。」と
届いたのは、大師匠の作品集にも掲載されている、
昭和45年作の、ほぐし絣。パッと見はワカラナイかも!?
だけど(笑)。織りをやっている人間には、キョーレツにその
大変さがワカル代物。
大変なワリに、普通の人が見ると、そうはワカラナイ・・。
宅急便にはその他に、大師匠の帯と、とても郡上らしい
柄ゆきの格子の着物が入っていて。

それから・・・。
どういうわけか、その淑女とはぱったり連絡がつかなくなって
しまったのだけど。


f0177373_20542872.jpg洗い張りをして、仕立て直しは、単衣にして。
私は 日常に大師匠をさんざん身に纏い・・・。
あの淑女が、私たちに託したかったコトを考えてみたのだけど。
結局。
私たちに出来るコトは、大師匠みたいにはいかないけれど、
大師匠みたいなファンタジーをこめて、織りを楽しむコトでは
ないかなぁ・・・と。

今回は iwasakiの大師匠である、宗広力三氏へ
敬意をこめてオマージュとしてのぼかし絣。
大師匠は、『どぼんこ染め』と言っていたけれど。
昨日はクニヒサと二人がかりで、この小さなカセをぼかしながら
染め・・・。今日はナイロンテープをほどいて・・・・。
全くエコじゃない(笑)ゴミがたっぷり出て。

あとはクニヒサが、糊付けをして・・・この絣を吉野間道の中に。
今回は 初めてのお太鼓柄。
三渓園までに・・・間に合うかなぁ・・・。
by senshoku-iwasaki | 2011-05-18 21:45 | 工程
春の工房展終了いたしました。
f0177373_18103877.jpg
お越しいただきました皆様、ありがとうございました。

今回もめちゃくちゃ不便でわかりにくい工房に
静岡や神奈川、千葉、東京、福井・・・
と遠方よりおいでくださり大変感謝しております。

さて、明日よりまた

あんまり日にちはないけれど、三渓園での
日本の夏じたく』展に向け・・・工房展の間、はたに
かかっていたたて糸に、よこ糸を入れていきたいと
思っておりまして。
昨日より・・・久々に絣括りなどしております。
(柄が決まるまでに、二人して二転三転・・・やっぱり
柄先行の織物より、糸と組成が先行の織物のほうが
iwasakiにとっては好みのようだと再認識。トホホ・・)
裏庭の落ち葉を掃きながら・・・あ~でもない、こ~でも
ないと考えたものの・・・。


間に合うかなぁ・・・。
by senshoku-iwasaki | 2011-05-15 19:41 | 展示会・お知らせ
半鐘蔓と春菊。
f0177373_21154423.jpg工房展においでくださった方にいただいたお花。
まずは『半鐘蔓(はんしょうづる)』。
無知なiwasaki(笑)、初めて見たお花なのですが・・・。
「近隣の山中にも自生しているので、
挿し木でもつきますョ・・・」と。
朝の散歩で、この坂道の途中には発見したことがないので
もっと半日陰みたいな場所にあるのかなぁ・・・?
このお花をくださったマドカさんのご自宅は、可憐なお花と
広葉樹の緑でステキなお宅・・・。育てている草花全てに、
マドカさんの愛情が溢れています。
「一見ね・・・。見落とすくらい地味なお花が好きなの・・・。」
初めてお会いした頃、そうおっしゃっておられたのが印象的
で。そういえば、iwasakiの織物コンセプトの一つがまさに
『一見ではワカラナイ』というコトだったりします。
マドカさん、iwasakiの織物の中においても・・・かなり茶花
的な(!?)こっそりと主張したものを見逃さずに(笑)選んで
くださります・・・。
『一見、見落とすくらい地味な・・・』織物。この半鐘蔓のよう
に・・・iwasaki、まだまだガンバッテみます!!



f0177373_21164826.jpgそしてまた別の方から・・・。
この黄色のグラデーションが美しいのは『春菊の花』!
これまた無知なiwasaki、初めて見ました。(笑)
すき焼きの、あのシュンギクが、こんなにカワユイ花を
つけるとは・・・。
菜っ葉としては・・・結構クセのある、春菊。
こんなにカワユイ花だけど、茎はかなり硬くて・・・
『チョットやソットじゃ、倒れないわヨ』と言ってるみたい。
薹(とう)がたって、喰えなくても美しい春菊。
『結構クセがありながら・・・チョットやソットじゃ倒れない、
だけど意外にもカワユイ花をも咲かす・・・』織物。
この春菊のように(!?)iwasaki、またまた・・・
ガンバッテみたいと思います!!
by senshoku-iwasaki | 2011-05-13 22:25 | 岩崎のある日
招福もなか。
f0177373_20513278.jpg工房展においでくださった、
Nさんがくださった最中!
にゃんともカワユイ&縁起の良さ
そうなありがたい感じの最中。
「世田谷、豪徳寺の招き猫の」
・・・と。豪徳寺といえば招き猫。
でも、なんで?と思ったら・・・。
井伊直弼のご先祖、直孝公を
落雷から守ったとされるのが
豪徳寺の招き猫だそうで・・・・。
にゃるほどぉ~。
ご利益系、それからそれから
最中大好き人間の私(エツコ)は
にゃみだモノでゴザイマス。
白猫はこし餡。赤猫は白餡。
茶猫はつぶ餡で。世田谷の亀屋
さんというお店で作られているそう。どれもさっぱりとした甘さで、我が家の子供たちにも飛びつかれ・・・。
写真を撮ってるそばからドロボーネコが・・・。にゃんたるコトっ!!
Nさ~ん、ごちそうさまでしたっ!!。
by senshoku-iwasaki | 2011-05-09 21:18 | 最中
イノシシとサルの兄妹。
この春から 自宅も兼ねるようになった工房は、お山の上。
下の集落に下りるのに、最短で1キロはかかり・・・。
でも不幸中の幸い(!?)で、息子はたった24人しかいないクラスメイトの5人も!この下の集落にいまして。
これは 広い町内でまさに奇跡的な確立なのでして・・・。
娘はもっと少ない17人クラスだから、同級生は徒歩圏内ではチョット厳しい現状・・・。
最近では・・・。
兄妹といえどもパーソナルなようで・・・。
兄ちゃんにお豆の妹がくっついてくる・・・なんていうのは、田舎でも珍しいようで・・・(笑)。
仲がいいとか悪いとか、そういうコトは全く別問題で。(キッパリ・笑)
娘だけ家に置いていかれても、こっちが仕事にならないものだから。(自分勝手な親です・笑)
息子と遊ぶ友達は、必ず娘とも遊ぶハメになりまして。
工房展中のこの連休は、この山道を一日2往復(お昼に一度戻るので)上り下りのイワサキ兄妹。
途中は民家も無いから、物騒といえば物騒かも!?とも思ったりもしたのだけれど。
この山道は、毎日散歩コースで健康のために歩く人や、筍や山菜を作ってる人・・・。車で通ると気づかない
地元のお父さん方が結構いらっしゃるようで・・・。
この珍しい(!?)兄妹がしょっちゅう「コンニチハ!」と行き来するものだから、すっかり有名人になっている
ようで・・・。写真を撮ってもらったり、みかんをごちそうになったりと・・・。
私たちよりずっと、ここいらのお父さん方を知っている・・・。
先日 しょっちゅう写真をくれるという人に会ったので、お礼を言うと・・・。
「いやぁ・・・。最近ではあまり見ない兄妹で。珍しいなぁ・・と思っていたんですけど、お嬢ちゃんのほうは私の孫娘と同じくらいなのに、この山道をスタスタ~っと行くものだからスゴイなぁ・・と思いましてネ・・・」
ここでの暮らし。
肥満気味の息子には運動を。
誰に似たのか(!?)体育会系の娘には、高地(!?)トレーニングを。
慢性的な運動不足の両親には、落ち葉掻きという重労働を・・・。
無理やりだけど。
健康的な生活を強いられそう・・・。
by senshoku-iwasaki | 2011-05-06 22:06 | 岩崎のある日