<   2014年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧
お向かいの、第六天榊神社の桜も・・・
f0177373_2073569.jpg

昨日朝は4、5輪ほどだったのに、今日は一気に咲きはじめました。
やっと春がやってきたんだなぁ・・・と、東京で体感しております(笑)。
iwasakiの増孝商店、春場所(!?)もいよいよ明後日の月曜日までです。
連日、たくさんの方にお越しいただいて、『増孝商店』も大変喜んでいるのでは
ないかと思っております!!もちろん、私たちも!
南部町に戻ったら、先月の大雪で大破してしまった・・雨どいの修理を頼まないと!
うっかりすると・・・のんびりiwasaki、すぐ梅雨がやってきてしまいそうです(笑)。
「年にたった3回だけのオープンなんて、もったいない!」と笑われますが・・・。
私たちにはもう夏場所が目前に思えてきまして・・・(笑)。
キモチだけは焦っております・・・。
by senshoku-iwasaki | 2014-03-29 20:24 | 増孝商店 KM
ひっそりと(!?)・・・始まりました。
f0177373_1922508.jpg

iwasakiの増孝商店、今日からはじまりました。
着物屋さんともギャラリーとも違う、マニアックな織物だけの小さな店ですが・・・。
オープン初日の本日は、わざわざ遠方からお越しくださったお客様もあり・・・
大変有り難く、二人して恐縮しております。
商売のほうは・・・たぶんきっとずっと(!?笑)素人のiwasakiですが。
面白い(と思う)織物を作り続けて、それを季節ごとにご紹介できる場にしたいと
思っております。
f0177373_19231133.jpg

KMマークの鉄の看板が目印です!
3月31日(月)まで営業しております。
よろしかったらお出かけ下さいませ!!
by senshoku-iwasaki | 2014-03-26 19:40 | 増孝商店 KM
この道の
f0177373_1721416.jpg

左側にスグ・・・。
KMマークの看板を目印に。
第六天、榊神社の左脇に・・・『増孝商店』、ひっそり出現いたします。
いよいよ今週水曜日から始まります。

3月26日(水)~3月31日(月)

●年に数回のiwasakiのshop
  増孝商店
東京都台東区蔵前1-6-11
by senshoku-iwasaki | 2014-03-24 17:34 | 増孝商店 KM
今回の『増孝商店』は、帯・着尺などが中心ですが。
f0177373_19333643.jpg

ショールも並びます。これは一昨年から作っているシルーズの『parade』。
コットンとシルクで、控えめに(!?)待ち焦がれていた春がテーマ。
どこかの国の、どこかの街外れの、小さなな村の、小さなお祭り。
三角の、色とりどりの旗が青空にパタパタパタ~って、ひらめいて。
向こうの屋台からスパイシーな香りと、聞いたコトの無い言葉が飛び交う感じです(笑)。
なんか遠くから音楽も聴こえてきました・・・。うーん、ココはどこだろう?
何回もいろんな色のペンキを塗っては剥げた、ボロい木の丸椅子に座った白髭の老人が
かわいい絵付けのティーポット&カップとかと一緒に、こーんなショールを売っていた・・・。
「長い冬の仕事だよ。こっちは婆さんの仕事さ、イケてるだろ?」な~んて。
なんで私、聞いたコトも無い言葉がわかるんでしょう?妄想はラクですね~(笑)。

『parade』、今回はこのブルーバージョンのほかにレッドバージョンを出品します。
iwasakiにとって、織物は世界共通でして。
着尺や帯といったら、ニッポンなのでしょうが。絹も木綿も、大陸から渡ってきたもの
ですから。どこまでもジャンクに、iwasakiアンテナにひっかっかった面白いモノや人を
リスペクトして織物にしたいと思っております。
あわわ・・・。今日は増孝商店のショップ店員でした(笑)。
増孝商店で、そんなiwasakiワールドが・・・チョットでもお伝えできたらウレシイです。

写真のparade・・・¥23,000(+税)です。
by senshoku-iwasaki | 2014-03-19 20:44 | 増孝商店 KM
もうすぐ布きれ・やましたさんの三人展も始まります。
f0177373_19263337.jpg

『彩 -いろ- vol.2』
木・富沢麻子
陶・高橋亜希子
布・山下枝梨子

2014年3月25日(火)〜3月30日(日)
10:00〜19:00

桃林堂青山店

今回で4回目となる桃林堂さんでのグループ展だそうで。
やましたさん、この展覧会に向けて・・・大変お忙しい日々だったにもかかわらず・・・。
iwasakiの『増孝商店』開店に、イロイロ・・・モロモロ・・・お力を頂きまして(涙)。
増孝商店オープンのご案内状や、HPなどなど。いつもながら・・・
ゆるゆるでアナログなiwasakiを、そのまんまデジタル化してくださる・・・私たちには
『神の手』を持っているとしか思えない(ホントです!)やましたさんなのです。
iwasakiの意向を、語彙のまったく無いiwasakiから120%以上汲み取ってしまう
やましたさんに、いつも驚き&感謝感謝・・・です。

今回ちょうどピッタンコで、増孝商店の開催日と重なります。
ぜひぜひ、青山→蔵前とハシゴしていただけますとウレシイです。

他力本願なiwasakiの増孝商店、やましたさんのほかにもたくさんの方の掌の神様
をいただきました。
KMマークと、杼(シャトル)が目印の鉄製看板は、アトリエプラトーの川合さんに。
入り口ステップや、増孝商店で欠かすことの出来ない(!?)味のあるハンコは、
きつつき工房の松永ご夫妻に。
什器の、VITSOE606に反物やショールを展示するための特殊な金物制作は、
小山泰之さんが。まるで純正品のごとく(笑)違和感ゼロの仕上がりに。
ほかにもまだまだ・・・これからまだまだ・・・(笑)。
iwasakiはまだまだ・・・ずっと・・・まだまだ?ガンンバリマス!
by senshoku-iwasaki | 2014-03-17 21:05 | いわさきのつながり
増孝商店に並びます。半巾帯の巻。
増孝商店ショップ店員(!?)よりのブログです(笑)。
この春、店長一押しの半巾といえば・・・の二種。
どちらもチョットストイックな感じですが、上は渋めの色で構成しつつも『柳橋っぽい』小粋な感じが
テーマだったりします。
f0177373_19535775.jpg

下のは逆に・・・ヨコ糸の色は無くしまして。
楮(こうぞ)の糸と、宮坂製糸さんのキビソ糸。色が無いと、タテの5色に染めた(これも宮坂製糸
さんの生糸)がポコポコ・・・と浮き出てくるようです。
f0177373_19544041.jpg

ともに価格¥50,000(+税)です。
増孝商店で取り扱いのiwasakiの織物。
どれも一点ずつしか作っておりませんので、全く同じモノはありません。
似たような感じ・・・のシリーズで数点ずつの制作スタイルです。
『一点モノ』というよりは、骨董市でビビビッ~!と電波を感じるときのように(笑)
『発掘』(!?)していただけたら・・・と思っております。
by senshoku-iwasaki | 2014-03-11 21:00 | 増孝商店 KM
新作の生紬、『スターフルーツシャワー』
f0177373_20135824.jpg

だいぶ・・・織り進みました。
生紬とは、精練していない(といっても、iwasakiでは若干練っておりますが。)セリシンという
絹のたんぱく質を残した、生の絹糸で織った紬のことでして。
今回はタテヨコともに・・・宮坂製糸所で作られた、上州式の座繰り玉糸です。
玉糸とは、一つの繭に2匹の蚕が入った双子の繭で糸をとると、糸口が二つなので節が出来る
のですが、その節のある糸のことをいいます。
節がイイ味を出すのですが、節が大変織りにくく・・・隣り合う糸を絡ませあったりします。
生紬。
何が魅力って、長い期間着られるところでしょうか。
私(エツコ)は、規格を変えた単衣の紬を年中着ています。
iwasakiの紬は洗えるキモノとして銘を打っているわけではありませんが、糸の段階で何度も
水を潜っている自分の織物なので。浴衣のように・・・自分で水洗いしています。
冬場ならタテ密度が高くて、ヨコ糸も入る・・・杉綾の紬を。
花粉症に悩む今頃なら寸間55羽に、ヨコにも玉糸くらいのシャッキリツルツルの太織りがオススメ。
桜が咲く頃は、寸間50羽くらいのさっくりとした紬もイイし。
ゴールデンウィーク頃から急に暑くなったら、登場なのがこの生紬。
つまり初夏から初秋まで。5月~9月末くらいまで色味を変えて楽しめます。
秋なら寸間55羽から60羽くらいのチョット密度を経てた・・・ほっこりな紬と・・・。

生紬は、今までにシックなシリーズや、盛夏向けにナチュラルなシリーズ・・・
一昨年は、サヤサヤルルル・・・とランダムな縞格子で水の流れのようなシリーズを作ってきましたが。
今回はギンガムチェックを取り込んだ、明るい色目で。
スターフルーツの次には、スウィートなライチがスタンバっております(笑)。
増孝商店オープンまでに2反はムリかもしれませんが・・・。
ポップなカラーで、織ってる私が一番キモチが揚がりまして。
またまた・・・妄想の南国の旅に出かけている気分です(笑)。
by senshoku-iwasaki | 2014-03-07 21:32 | 着尺・帯
早川倫永さんの初写真展、『NUANCES』
f0177373_20123364.jpg

Nuances

Photographer
早川倫永
Tomoe Hayakawa

2014.03.06(木) - 03.18(火) ABG AMERICA-BASI GALLERY
11:00 - 19:00 (初日は14:00から、最終日は17:00まで)※会期中無休


早川さんとの出会いは、もう15年以上昔に遡りまして。
ギャラリー工さんで展覧会をさせてもらっていたときです。
当時まだ学生さんだった早川さん、そういえばパチパチ・・・と日常の何気ない景色を
コンパクトカメラで撮っていらして。ちょっと見せてもらったら
誰でも見ているような、フツーの東京の青空だったり曇り空だったり・・・が、ヨコ一
スナップでいっぱい並んだだけのようなんだけど・・・。切り取りなのかなぁ・・・。
「なーんで?『トモエクンの空』になっているのが不思議!」写真センスゼロの私(エツコ)。
「えー。そんなふうに見えますか?なら嬉しいっすね~!」早川さん。
そんな会話を交わしてから・・・南部町にも何度か遊びにきてくれたり。何年かして
現在彼が所属されている、ライトパブリシティという会社で広告写真を撮っている・・・
というのは、聞いてはいたものの。メジャーな世界だもの、きっとスゴイんだろうなぁ・・・
という程度しか想像できていない、相変わらず限られた織物しかワカラナイ私(トホホ・・)。

今年1月のクニヒサ御神楽デビューの日に、かかってきた早川さんからの電話。
わー!久しぶり~!元気ぃ?なんてキャッキャとしていたら
「あのぅ、ところでしょうこちゃんって今どんな感じですか?」早川さん。
そーいえば。以前ここに来てくれたときは3歳だったから、おぉぉ・・・もう6年も前か・・・。
「んー。あの頃はガーリーだったんだけどねぇ・・。今はなんだかすっかり男の子みたい
になっちゃってねぇ・・・。9歳って年齢もだけど中性って感じなのかなぁ・・・?」
「あー。それもイイっすね、来週そっちに行ってもイイですか?」
「もっちろん!いーよー」
軽ーいキモチでウェルカムしたものの。
よーく話を聞いたら早川さん、2年連続で大きな写真賞を受賞されて。
2013東京ADC賞、2014APAアワードグランプリと。
3月1日~3月16日に東京写真美術館にて展示されるのに合わせて今回の初個展が
決まったのだそうで。
「うわっ!!なんか・・・やっぱりよくわかんないけど(早川さん、無知でゴメンなさいっ!笑)
トモエクンって、スゴイんだねぇ~。」なんてお婆ちゃんみたいに感心していたら
「今回はアナログなカメラで、真っ向勝負にしょうこちゃんを撮らせてもらいますね。」
ぱぱっと庭に背景をセットすると、日没前のわずか1時間ほどで撮影を終えちゃう姿は
さすがプロだなぁ・・・。一生の一瞬、娘にとっちゃ最高の記念になりました。

早川さんから届いたDM。
やっぱりチョット違うなぁ。
この写真展の写真の中に、ひょっとしたら娘がいるかもしれません。いないかもしれません(笑)。

恵比寿のアメリカ橋ギャラリー。
こっそりお邪魔にならないように・・・覗きに伺いたいなぁ・・・。
増孝商店の開店前で、てんてこ舞いのiwasaki家・・・。あぁぁ・・・。
f0177373_20141712.jpg

by senshoku-iwasaki | 2014-03-05 22:00 | いわさきのつながり