<   2015年 08月 ( 13 )   > この月の画像一覧
9月の展覧会。
毎年のことながら・・・。
あっという間に夏は過ぎ去って。
あら、もうすっかり・・・せぷてんばぁ。
9月には、イベントが二つもありまして。

ひとつ目は、静岡県、藤枝市のema galleryさんで。
金属造形の川合光さんと、ステンドグラスの川合幸江さん
アルミ造形の小山泰之さんとiwasakiの、南部町にアトリエ
を構える5人展です。
9月18日(金)~9月30日(水)まで。
ema gallery
藤枝市前島2-29-10-1
open 10:00-17:00  土日祝10:00-19:00
tel,054-631-4851

そしてもうひとつ。
9月最終の土日は、『観月展』。
5月の『日本の夏じたく』展でもご一緒させていただいた
12工房の方々と、秋の作品展を開催いたします。
会場は、代官山 ヒルサイドテラスアネックスA棟にて。
iwasakiは、秋のはじまりを感じるこの頃を、
織物で表現したいと思います。
一越一越、色糸を変えた大きな段のショール、sunriseや
絣あしのあるボワーンとした八寸、九寸の帯地を出品したい
と思います。

まんまるお月様、まだまだ待っててくださいね。
iwasaki、高速ウサギになってトントントントン・・・お餅じゃ
なかった(笑)、機織りに勤しみますっ!

f0177373_2013275.jpg

by senshoku-iwasaki | 2015-08-31 21:39 | 展示会・お知らせ
今取り掛かっている、杉綾織りの紬は・・・。
f0177373_2021118.jpg

明るめ紺×深めのグリーン。
なので、またまた・・・紺なの?青なの?グリーンなの?な
ハッキリしない、夢うつつな(!?)カラーです。

昨日から息子の中学と、今日から娘の小学校も新学期。
ようやく・・・いつもの平日が戻ってきまして。
更に秋風まで吹いてきて。
私(エツコ)の、織りのピッチも上がってきました!
クニヒサのほうも、6枚吉野の着尺を織り上げてからすぐに
次にかかる、440シリーズの九寸帯地の準備と、
私が次にかかる、視覚詩シリーズの着尺の準備に大忙し。

10月には『染織こうげい』さんでの3回目の展覧会が控えて
おりまして。
一昨日は、『染織こうげい』の社長さんと浜松店の方々が
工房にお越しくださいました。
実験的に取り掛かっておりました、新シリーズのほぐし絣の
八寸帯地を面白がってもらって・・・。ちょっとホッとしたり。
あと2ヶ月・・・。まだまだガンバリます!(汗)。

その前に、9月26(土)・27(日)は代官山ヒルサイドテラスで
『日本の夏じたく』メンバーと、お月見をテーマに『観月展』も。

iwasaki、秋の大運動会ならぬ、大織り織り会。
足がもつれないように、(糸も縺れないよう)なるべくロスタイム
のないように・・・iwasakiの速度で挑みますっ!
by senshoku-iwasaki | 2015-08-27 21:24 | 着尺・帯
本日クニヒサが織り上げた着尺は・・・。
f0177373_21545790.jpg

緯吉野に平織りが入った凹凸のあるタイプ。
細い段、チョット太い段・・・パラパラと散るイメージです。
仕立て映えがしそうな、秋の新作になりました。
by senshoku-iwasaki | 2015-08-23 22:19 | 着尺・帯
旅の最中、高松・冨久ろ屋の『智恵ぶくろ』。
f0177373_2091992.jpg

高松で出合った最中は、智恵袋。
キョロキョロと、旅では必ず(!?)挙動不審な私(エツコ)。
今回の旅では、結構歩いたものだから・・・んもぅ~、大興奮(笑)。
ん!?なんかイイ匂い。ん!?あのお店は何?ん!?あの風情のイイ家は空き家じゃ・・・?
お店の看板の書体だったり、ビルの引き戸のカタチだったり、蛇口のハンドルだったりと。
「かぁちゃんが一番楽しそうなんだよね・・・。」息子。
「ちょっとぉ!この和菓子屋さん、『冨久ろ屋』さんって名前だって!おぉっ!!最中がある!」私。

「暑いなか、ご旅行でいらしたのですか?どちらから・・・えぇっ!!山梨ですか!」女将さん。
あとで調べたら高松藩祖 松平賴重公の伝説を元に 吉兆の縁起による 智恵袋・・・とありましたが
女将さんは、伝説のコトはおっしゃってなかったなぁ。どんな伝説でしょう?
また高松に行く楽しみができました。
香ばしい皮に、宝袋のような・・・まさに『冨久ろ』ですね。中の餡は、甘さ控えめ上品な漉し餡。
なんだかお知恵がついた気がいたします(笑)。
冨久ろ屋さんでこの最中と一緒にいただいたお干菓子が、これまた美味しい和三盆で。
香川県、和三盆も有名ですものね。やっぱりまた行かなくちゃ(笑)。

そういえば。
この『智恵袋最中』を食べた翌日・・・愛媛の大三島、大山祇神社で引いたおみくじ。
「このみくじにあう人は 一代にとりては中年迄は心づかひする事多くして
することなす事妨げられど 中年より次第に心定まり運気ひらけて立身するかたち
になれば何事も 急ぐはわるし、ゆるゆる事をなせば願い事調うべし」

ホントですかっ!!もう立派な中年ですっ!ってことは、そろそろですよね?
やっとたどり着けましたかねぇ・・・。いつだってiwasaki、急いでおりません(笑)。
ゆるゆるは特技でゴザイマスっ!
お守りのように、このおみくじを握り締め・・・帰りに見た狛犬さんが、ビミョーな顔に見えた
のは・・・気のせい!?
f0177373_2094895.jpg

by senshoku-iwasaki | 2015-08-20 22:00 | 最中
織り上がったばかりの新作は、杉綾織りの紬。
f0177373_21361099.jpg

iwasakiこの秋の新作は、チョットだけ実験的。
『ハッキリしない』がテーマなのです。

紺なの?茶なの?ボルドーなの?

確かに「見た」ような?いや、なんにも「見えていなかった」ような?

目くじら立てて大反対じゃないけれど、
さりとて・・・諸手を挙げて大歓迎ってわけじゃない。

生きているって、あれれ??がいっぱいだけど。
あれれ??が無くなっちゃたら、きっと無味乾燥な世の中なんだろうなぁ。

不確かで、曖昧で、どっちつかず。
そんなところに美だったり、愛だったり、面白さだったりが見え隠れするものだから。
iwasakiはたまらなく好きなのです。

焼き物だったら、釉薬がいろんな色に変わって見える、窯変のような。
光りの程度だったり、湿度だったり。
なによりも、お召しになる『人』の持つカラーで、色が違って見える、
そんな新作の 杉綾織りの紬が織り上がりました。
by senshoku-iwasaki | 2015-08-18 22:38 | 着尺・帯
2015iwasaki夏の修学旅行・広島・尾道→鞆の浦。
修学旅行最終日は、尾道散策からはじまりました。
まだ朝だったのに。尾道本通りは、すでに稼動しておりました!
f0177373_1918464.jpg

まず目に飛び込んだのは・・・昔ベビーカーが、今シルバーカーに成長した(!?)お店。
f0177373_19191359.jpg

そして車を引いて、魚屋さん。晩に寄るから「ばんより」さんと言うと聞いたことがあるけど。
朝から忙しそうにワタリガニをさばいていて。しかも若手さんも一緒!
あぁ・・・。私も尾道住民だったらなぁ・・・。このお母さんから買いたいなぁ。
f0177373_19194223.jpg

おっ!オサレなパン屋も営業中。なんとも芳しい小麦の香り。
今さっき、西山本館で煮物、焼き物、具だくさんのリッチな朝食を食べたばかり・・・でも。
「かぁちゃん、ブリティッシュメロンパンだって!マジ旨そうだよね。」息子。
「うん。クロワッサンも!ちょっと買ってこうか!!」
f0177373_192133.jpg

おやつも買って。さぁ、歩きます、上ります、階段ばかりです(汗)。
右上に見えるのは、尾道ガウディハウスって呼ばれているそうです。
このお家は特別そんな感じですが、どこのお宅も限られた敷地のなかで・・・。
住み手と大工さんの、創意と工夫に満ちた魅力的なお家がいっぱいです。
f0177373_19215174.jpg

とにかくお寺さんが多いのでびっくり。千光寺に行く途中に、志賀直哉旧居と文学記念室が。
木陰のある公園で、腰をかけたら・・・小腹が空きまして(笑)。美味しいクロワッサンでした~。
『パン屋航路』、そうか、『暗夜行路』にかかってたのかぁ~!
と、遅ればせながら気づいたところで。志賀直哉旧居に入りましたら、感動です。
「三軒の小さな棟割長屋の一番奥」で「景色のいい処だったー尾道水道の向こうに造船所が
見える」ホントだぁ~。「六畳と三畳に台所」のお部屋だぁ~。隣に老婆が似合うお部屋でした!
f0177373_1923225.jpg

千光寺は観光客で大変賑わっておりましたが。こちらは誰もいませんでした。御袖天満宮。
「エツコさん、知ってました?小津監督の『東京物語』から大林監督の『転校生』までより、
『転校生』から今までの年数のほうが経ってるんですよ。」クニヒサ。
「えっ~ほんと!?あ、そーなんだ~。年とったわけだなぁ・・・。にしても、『東京物語』って
当時、超昔の映画って感じがしたんだけどなぁ・・・。『転校生』って、中1の頃じゃなかった?」
「そーなんですよ。今の敏(息子)と同じ頃です。」クニヒサ。
「あーた、この夏、何の映画観た?」息子に。
「『バケモノの子』。それから『進撃の巨人』『ミニオンズ』はこれから観に行くかな。」息子。
「なるほどぉ~。」
『転校生』の舞台になったというこの石階段。一本の切石が、そのまま一段になってる贅沢な
階段。天満宮ですから、中学に入ってテストに苦戦中の息子は、なぜか念入りにお参りを。
私はボケ封じのお願いを・・・(笑)。
f0177373_19232796.jpg

尾道をあとに、最後に向かったのは福山市の鞆の浦です。
f0177373_1924521.jpg

「たしかに『ポニョ』っぽい海だね!」娘。常夜灯前で。
f0177373_19243523.jpg

おぉぉっ!!これはっ!なんともグーなパン屋さんではありませんかっ!『村上製パン所』。
郡上八幡の『平和パン』を思い出す、レトロなパッケージのパンが並びます。
汗だくの私たちに、「ほれ、奥は海で涼しいじゃけ、ボクは奥で食べたらええけ。」とお母さん。
どこに行っても「ボク」と思われる娘(笑)。否定もせず、「入っていいんですか!?」
f0177373_19245258.jpg

ウナギの寝床のような、長ーい土間を茶の間も過ぎて、突っ切っていくと・・・。
なんと家の裏が海!!『平和パン』はリバーサイドでしたが、『村上製パン所』はシーサイド。
f0177373_19251653.jpg

今回はいっぱい歩きました。
ビンボー家族旅行で山陰に出かけてから3年。気づけば子供は大きくなってるし。
そろそろ・・・無理やり修学旅行も終盤かもしれません。
一緒に見た景色や、風の匂い、食べた味・・・何かのときに記憶によぎったらウレシイなぁ。
南部町から・・・そしてまた南部町まで約1600キロ。運転はずーっとクニヒサで(笑)。
クニヒサの体力が、そろそろ限界かも。
帰りの車中、『村上製パン所』のパン、どれもこれも美味しかったです!
鞆の浦、水曜定休の施設も多く・・・また行きたいなぁ。
今回、デニムストリート、琴電は娘の写真。今治造船所、尾道三重塔は息子。
そして最後だけ・・・。この、膝の上のパンと、車から見えた入道雲は私!
f0177373_19253884.jpg

「細田監督の映画には、入道雲がよく描かれてるんだって。『バケモノの子』にもいいシーン
で出てたよ!」息子。
これからは、君たちの時代だね。
by senshoku-iwasaki | 2015-08-16 23:54 | 岩崎のある日
2015iwasaki夏の修学旅行・愛媛・砥部→大島→大三島→広島・尾道。
昨年、香川であまりにもうどんが美味しくて。
あのエッジ、あのコシ、あの喉越し。もちろん今年も食べまくり。
香川に限らず、近隣諸国(!?)どこで食べても美味しくて。
美味しいうどん屋さんの器は大抵、砥部焼。
「ウチもうどん鉢は、砥部焼にしよう!」というコトになり、我が家でも使っているお皿の
窯元、梅山窯さんに。
たくさんの商品の中には、生地の中の鉄分に反応してホクロのように黒い点が出たもの
を、『サービス品コーナー』に置いてあり。もちろん、使う分には何も問題ないものだから
迷うことなく(笑)そのコーナーで選んでいる私たちに・・・。
「自分のを選んでイイの?やった~!しょーこコレにするっ!」
躊躇なく(ちょいとお高めの)丼を、正規品コーナーから持ってくる娘。
「見た?かぁちゃん、あいつはあーゆーやつなのよ・・・。オレはこれにするかな。」
息子は、典型的な絵付けの丼と、最近(生意気にも!?)朝から一緒にコーヒーを飲むよ
うになったのでマグカップを手に。
「じゃ、私はこれを。あれ!?エツコさんも同じですか。」クニヒサ。
ありゃま・・・親はお揃いでいいか。と、丼と蕎麦猪口を手に入れたところで・・・。お店の方が
「工房と、資料館とか・・・お好きにご覧になっていってください」と、言ってくれたので外に。
f0177373_19402121.jpg

「これは以前使っていた登り窯ですよ。中も見れますよ。」と教えてくれたのはプロパンガス
の交換にきていたガス屋さん。現在はガスですが、その本数といったら!!ガス代がよぎる私。
f0177373_19405722.jpg

砥部をあとにして次に向かったのは、しまなみ海道。
来島海峡大橋第三、第二、第一と・・・。海の上を渡って、村上海軍博物館へ。
f0177373_19412331.jpg

能島水軍潮流体験船に乗り・・・気分は『村上海賊の娘』、お景です(笑)。
能島村上の本拠地、能島ってこんなに小さい島だったのかぁ・・・と。にしても潮の流れが渦
を巻いて。村上海軍博物館にあった小早船って、ホントに小さかったけど。
小さな舟を、潮の流れに任せつつの操る海賊。かっけぇなぁ。これには息子も娘も大喜び。
f0177373_19415014.jpg

潮流体験のあとには、村上海賊もゆかりの深い大三島へ。大山祇神社(おおやまづみじんじゃ)です。
f0177373_19421175.jpg

天照大神のお兄さん、大山積神(おおやまつみ)を祀る大山祇神社は、全国に1万社を超える
大山祇神社、三島神社の総本社なのだそうで。数多くの武将たちが瀬戸内海の海上安全と、
戦勝祈願に詣でてきたことから・・・戦の神様とも呼ばれることもあるそうですが、海を司る渡航神との
ことで。今回もiwasaki家の、危なっかしい(涙)人生のいかだ舟での旅の無事をお願いしました。
f0177373_19422997.jpg

ここの大山祇神社宝物館は、武具甲冑の名品、国宝や文化財の8割が集まるらしいのだけれど。
「どうする?見たい?」「しょーこ、弁慶の薙刀見てみたい!」娘。
「かぁちゃん、今回はやめとこうよ。あまりにも勉強不足でしょ。罰が当たるっていうか・・・。」息子。
「たしかに・・・。もう一度ちょっと勉強して出直しますか!」私。
「・・・また来るんですか!?」クニヒサ。
子供たちはそれぞれ自分のお金で、学業守を。私は仕事のお守りをいただきまして、尾道の宿まで。
f0177373_19512094.jpg

お世話になった、『西山本館』さんは大正建築のステキなお宿でした。
f0177373_19435852.jpg

お部屋はとっても広くて・・・ビンボー症のiwasaki家は、控えの間だけで充分な広さかも(笑)。
f0177373_19442215.jpg

玄関には巾広い(90cmくらい!)松の床。『お客様をまつ』かららしいです。
レトロな電話室には、黒電話が入っておりました。大林監督作品の映画の中にも登場したらしいです。
f0177373_19472927.jpg

洗面所はお部屋の外に。流しにはガラス棒が・・・。何から何までカワイイ(涙)!!
子供たちも初めての、正式な(!?)和食の美味しいお料理をいただきまして。
いよいよ最終日は、尾道を歩きます!
by senshoku-iwasaki | 2015-08-15 23:01 | 岩崎のある日
2015iwasaki夏の修学旅行・香川・高松→愛媛・今治→小島→道後温泉。
高松をあとに、iwasaki初の愛媛入りです。
郡上での学生時代に、川之江市(四国中央市)出身の友人がありまして。
一度でいいから愛媛県、行ってみたいっ!って私(エツコ)の憧れの地のひとつ。
今回はその、旧川之江のあたりを車で通って・・・。
「マキちゃん、元気かなぁ?お嬢さんがあの頃のマキちゃんくらいになってるんだよねぇ?」
「きっと美人なんだろうなぁ・・・。モテモテだろうから、パパさん心配してるね。」
なんて独り言大連発しているうちに・・・大王製紙とか、大きな大きな製紙工場地を抜けて
今治市の波止浜港へ。
f0177373_19215428.jpg

まず息子が「おぉぉ~っ!」とシャッターを切ったのは今治造船所。
大きなタンカーも製造途中。iwasaki家全員初めての光景にワクワク。
f0177373_1922208.jpg

この小型船に乗って・・・目的地は小島(おしま)です。
f0177373_19225126.jpg

二つ目の島が小島。わずか10分ほどで到着。あら、誰もいない・・・。
ひとつ目も来島も降りてみたかったなぁ~。
f0177373_19231114.jpg

明治の時代に、日露戦争に備えて築かれた要塞を見学したかったのです。
f0177373_19235156.jpg

弾薬庫跡。赤レンガで出来たヨーロッパ式の建物。巨大な部屋です。
まるで映画のセットのよう。
f0177373_19242168.jpg

小島の遊歩道を、ひたすら登っていく感じです。
ここは中腹あたりの中部砲台跡周辺。御影石のブロックが大きく、大砲もですが
どうやって人力で運び込んだのか・・・。ただ歩くだけで汗だくのiwasaki一家。
f0177373_19244998.jpg

地下兵舎。地下なので、中に入るとチョット涼しい気が・・・。
f0177373_19251222.jpg

この階段の上は、探照灯があった場所。
f0177373_192741100.jpg

小さな島全体が要塞、といった感じでしたが。
この島に暮らす人の民家や、畑と、これらの遺産が隣り合わせだったり。
元々この地に暮らす人たちにとって、この要塞が戦争に使われることなく終わって
よかったなぁ・・・と思ったり。
こういうものを目にする度・・・いつの時代にも軍事費の大きさを痛感させられます。
世界中の軍事費を集めたら、世界中が幸せになれるんじゃないかしら!?
f0177373_1928597.jpg

たくさん歩いて、いっぱい汗をかきました。
せっかく愛媛に来ましたので、一家で道後温泉のホテルに泊まり、ホテルの温泉に浸かって、
更に・・・「神様の御湯」(!?)にも浸かって、疲労回復ですっ!
翌日はせっかく愛媛に来ましたから、砥部焼の窯元に寄ってから・・・大三島方面へ。
                                       つづく。
by senshoku-iwasaki | 2015-08-14 21:46 | 岩崎のある日
2015iwasaki夏の修学旅行・岡山・児島→香川・高松
増孝商店・夏場所のあとに、今年もiwasaki家恒例となった・・・
真夏の、ビンボー家族旅行に出かけました。
今年のテーマは、温故知新。
一回じゃ、ナカナカ理解できない(笑)気の毒な母(私)と、そのお子たち。
今回は母以外、それぞれにカメラを手に・・46歳のオヤジ、13歳少年、11歳少女
の目線の景色を記録してきました。母は運転も何もせず、キョロキョロしてただけ(笑)。
f0177373_19451587.jpg

今年の旅の始まりは、岡山市内にある、桃太郎ジーンズさんのファクトリーショップから。
ファクトリーのほうでは、旧式の自動織機トヨダ製がズラリ。
撮影禁止なので、ガラス越しにじーっと観察のiwasaki夫婦。
旧式とはいえ、産業革命後のごっついマシンに・・・iwasakiの全手動式西陣製高機が
町内のみで私(エツコ)がたまーに運転する、『三代目・豆象』(古いサンバー)に感じた瞬間。
見学のあとは、児島のデニムストリートに。
f0177373_19453786.jpg

せっかく児島に来たので、KAPITALさんのファクトリーショップにも。
作り出されながら販売されているカタチが、どうやらiwasakiは好きみたいです。
f0177373_1947427.jpg

今年も瀬戸大橋を通って・・坂出で降りて向かった先は、瀬戸内海歴史民族資料館です。
昨年は知らなかったのですが、昨年こちらでは漁師の仕事着『ドンザ』の企画展示をしていた
と後で知り・・・。今回は常設展でしたが、この資料館、展示内容も建物も大変興味深く・・・。
我が家の子供らは、今回の旅で一番か二番の印象的な場所だったようです。
f0177373_1947397.jpg

高松のホテルにチェックインをしてから・・・夕方の高松散歩に。
f0177373_19481129.jpg

高松城跡の、玉藻公園に行くと・・・松平家別邸の大正建築の『披雲閣』が夕涼み無料公開中
とのことで、ついついほいほい入ってしまう・・・松平家とまったく無縁のiwasaki家。
この日、中では高松ゆかりの工芸家、クラフトマン、書家、造形作家の方々の作品を展示販売
のイベント中でした。香川漆器の素晴らしい技法を、制作者さん自ら説明してくださって・・・。
さすがはお殿様のいらした町です。私、噴出す汗と、息がかかっては大変!!と手拭いで顔中押
さえながら(笑)・・・作品は遠巻きに拝見させていただきました。
なんだか、三渓園での『日本の夏じたく』みたいですね。
f0177373_19484295.jpg

ひとしきり・・・作品や建物、お庭を鑑賞させていただいているうちに日は暮れて。
琴電の過ぎ去る、高松の夜。       
f0177373_19491117.jpg

翌日は愛媛の小島に出かけます。     つづく。
by senshoku-iwasaki | 2015-08-13 22:41 | 岩崎のある日
南青山の itonosaki イトノサキさん。
この夏にオープン1周年を迎えられた、itonosakiさん。
オープン当初から・・・iwasakiはお世話になっているショップです。

itonosakiさんは、新しいカタチのセレクトショップ。
その日の気分や、シュチエーションに応じて・・・キモノを楽しんだり、
ゆるりと心地よい服を着たり、バシッとスーツの日もあったり・・・と。
現代日本人ならではの豊かな暮らし。
itonosakiさんは、そんな心地よい豊かな暮らしを提案するお店です。
f0177373_20304915.jpg

KFビルの2階にitoosakiさんはあります。
f0177373_20311515.jpg

暮らしのなかにある工藝は、白州正子さんも提案されていましたが、
着尺や帯地だけではなく、今なら・・・オーナーの畔蒜さんならでは・・・
のセレクションです。
伺った日はうつわを中心に紹介されていましたが、さまざまなジャンルの
展覧会も開催されています。

ぜひともご覧いただきたいセレクトショップです!
by senshoku-iwasaki | 2015-08-10 21:53 | いわさきのつながり