<   2015年 10月 ( 15 )   > この月の画像一覧
宝塚・永樂庵、寶もなかの『寶あわせ』。
f0177373_1958543.jpg

染織こうげい・神戸店さんにお邪魔したときに・・・。
今年も頂戴してしまいました(汗)、関西の最中。

まずですね、包装紙のデザインが私(エツコ)のツボでして。
まるでUFOのような笠とか、巾着袋とか、永楽銭とか、鍵だとか。
宝塚銘菓 寶もなか、おぉぉ・・・お宝文様だっ!
「エツコさん、なんとコレ、わざわざ宝塚まで行って買ってきてくださったそうなんですよ。」
ちょっと困った顔をしながら・・・クニヒサ。
「エツコさんが最中好きで、縁起モノ好きだなんて言うから・・・。
こうやって、ご迷惑かけちゃうんですョ。反省してください。」クニヒサ。
「あわわ。。。スミマセン。。。で、でも開けちゃってイイかな・・・?」私。

しっかりした、和紙張りのキレイな箱を開けると・・・。
うは~っ♡ちょーカワイイ!!
サイズがまるでマカロン。
しかも宝づくし。
「寶もなか」は、最初からこのようになっているそうなのですが。
「寶あわせ」は、日持ちするよう、餡と皮が別になった、手作りタイプ。
同封のヘラで、栞に書いてあるように・・・しっかり固いめのつぶあんを、梅干大くらい
盛り上げて。同じカタチの皮を合わせて、軽く押さえて出来上がり。

こちらの最中。
皮にかなり特徴があります。香ばしいのはもう、ものすごく。それだけではなくて
しっかりと餅を感じる皮に、ちょうどいい重さのつぶ餡。
作りたては、皮がパリッと。
しばらく置いておくと、皮の香ばしさはそのままにちょっとだけしっとり。

宝塚といえば。♪すみれの花~(笑)。
マカロンサイズの美味しいスィーツといえば。
キレイなお姉さんがゼッタイ好きなやつじゃ・・・?
と思いましたら、やっぱり。
創業明治の永樂庵、タカラジェンヌも御用達だそうです。

寶づくしの寶あわせ。
美味しい幸せ。
なんかイイコトありそう。

染織こうげいさん・・・。本当にスミマセン。ありがとうございました!
おかげさまで元気モリモリですっ。ごちそうさまでした。
by senshoku-iwasaki | 2015-10-30 22:40 | 最中
神楽坂・菓の子やの『坂の街最中』。
f0177373_20335174.jpg

観月展から、染織こうげいさんでの展覧会まで・・・。
とにかくずーっと、慌ただしく四六時中、糸に触れていまして。
美味しい最中をいただいても、ブログにアップするコトも出来ずに(涙)。
久しぶりに・・・iwasakiのある日、最中ウィークです(笑)。

こちらは、観月展の折にYさまから頂いてしまいました。
神楽坂の「菓の子や」さんの『坂の街最中』。
かのこや、さんだけあって、中のあんこは、大納言の粒々かのこ!
甘さはぐっと控えめで、都会的な感じです。
なるほど神楽坂っぽい!小粋な最中、坂の街最中。
Yさん、おごちそうさまでした。
by senshoku-iwasaki | 2015-10-29 21:24 | 最中
同業の、吉田美保子さんの展覧会がはじまります。
f0177373_21254435.jpg

若い頃からの同志でもあります、染織吉田の吉田美保子さん
明日より、iwasakiもお世話になっております、青山のイトノサキさんで個展を開きます。
カラフルで、ポップで、元気がみなぎってくるくるような・・・吉田さんの世界が広がりそう!
ぜひぜひ、お出かけくださーいっ!!

2015年10月29日(木)~ 11月 1日(日)
11:00~19:00
イトノサキ
by senshoku-iwasaki | 2015-10-28 21:31 | いわさきのつながり
今回の染織こうげいさんでの展覧会で、嬉し過ぎる再会。
どの子もよーく覚えております。
たしかにクニヒサと私(エツコ)の掌に幾度となく・・触られて(笑)、糸から織物になったのですが。
染織こうげいさんですっかりお客様の、素敵な『お着物』や、『帯』に昇華して・・・再会させていただきました。
f0177373_20402997.jpg

銀河シルクの山形斜文の八寸帯地・三彩シリーズを。神戸店で。
f0177373_20405784.jpg

吉野格子の九寸帯地・white chocolateをすっきりシャープに。神戸店にて。
f0177373_20412198.jpg

昨年生まれた、『夢の中へ』っぽい・・ヘリングボーンの八寸帯地がとてもお似合い。浜松店で。
f0177373_20414288.jpg

ご注文で織らせていただきました、杉綾織り紬着尺を。染めの半襟がカッコイイです。
f0177373_2042943.jpg

青木間道をモチーフにした八寸帯地を、ふんわりと銀座結びで。
f0177373_20422918.jpg

こちらもご注文で織らせていただいた、杉綾織り紬着尺に、緯吉野八寸帯地・choco mint。
一昨年の冬、南部町にドカ雪が降ったころ・・・桜の頃に間に合うよう、織っていた着尺です。
f0177373_20424659.jpg

こちらも私が織らせていただいた杉綾織り紬着尺です!お客様のスカーフのグリーンのお色味
で・・・4種のお色から選んでいただこうと、サンプルを織らせていただいたところ・・・「このままで!」
と4色の段となりましたもの。「それが、とてもお似合いで!!」クニヒサ。この日は十三夜という
ことで、お月さまの染め帯をコーディネイトされて・・・。
f0177373_2043523.jpg

こちらは3年前、初めてこうげいさんでの展覧会に出品させていただいた・・・。
銀河シルクの山形斜文八寸帯地・タッサーナーシは、ヨコ糸にタッサー種の蚕が、始めに放つ
部分、繭の軸のような繊維を糸にしたもので、独特の存在感があります。お召しの藍のお着物
にもしっくりと。やはりとてもお似合いでした。
f0177373_20432472.jpg

赤城の節糸を使った、緯吉野の八寸帯地・アカギブシノコブシを、モノトーンでシックにお召し
いただいて・・・。
f0177373_20435420.jpg

緯吉野の半巾帯・歩道と車道のシリーズを、木綿絣のお着物に。
f0177373_20442548.jpg

昨年作った、銀河シルクの山形斜文の八寸帯地・インカローズを、美しい格子のお着物に。
f0177373_20444149.jpg

こちらも緯吉野の半巾帯を、キリリとカッコよくお召しくださって・・・。
f0177373_20445826.jpg

視覚詩というシリーズで作っている、大島紬の絣糸をタテヨコに散らした紬着尺に、
銀河シルクの山形斜文の八寸帯地で。タテがアイボリー、ヨコはタッサーシルクの生糸をグレー
に染めて。同じ大きさの菱で織ったものを。

いつも思うことなのですが・・・。
みなさま、「本当にウチの織物?」と一瞬見間違うほど・・・ステキにお召しいただいて(涙)。
ほんとうに、感謝しております。
iwasaki結成当初から・・・公募展に出品したことはありませんが。
どんな素晴らしい賞をいただくよりも、お金を出して買ってくださってお使いくださるお客様に、
出会うことこそ、自分たちの生きる道だと思ってきていまして。
こうして出会わせていただいて、これほど嬉しいコトはありません。
このフォトたちこそ、iwasakiの宝物です。
3年間も・・・我慢強く(!?)そして「また来年も」とおっしゃってくださる、染織こうげいさんに
心から感謝をしながら・・・iwasakiらしい魅力的な織物を、模索しながら織り進めたいと思います。
by senshoku-iwasaki | 2015-10-27 23:14 | 着尺・帯
染織こうげい・浜松店さんでの展覧会、お陰さまで終了いたしました。
f0177373_19553077.jpg

お運びいただきました皆さま、ありがとうございました。
ほんとうに、感謝の思いでいっぱいのiwasakiです。
先週の神戸店に引き続き、週末の3日間を浜松店にお邪魔させて
いただいたクニヒサ。
昨年、一昨年の展覧会でお求めくださった、iwasakiの帯や着尺を
お召しでいらしてくださったり、ご夫妻でiwasakiをお使いくださっているお客様、
遠方よりお出でくださったお客様・・・
とても嬉しく、刺激的な時間を過ごさせていただきました。
f0177373_19554982.jpg

染織こうげいさんは、iwasakiがテーマにしている、『とびっきりのフツーの日』の
最高峰のような(ホントです!)先輩方の作品や、産地の希少な織物を数多く
取り扱っているお店なので・・・正直、いつもドキドキなのです。
しかも、「こーゆーの」とか、「あーゆーの」とかゼッタイ何もおっしゃらない社長さんで。
今回も。好き勝手に作らせていただいた、新シリーズの『絞り絣』を、社長さんはじめ
スタッフの皆さんに、とても面白がっていただいて。それが何より嬉しかったです。
もっとイイ仕事がしたいっ!と、毎回ファイトが湧いてきます。
染織こうげい・浜松店の皆さま、大変お世話になりました。
iwasaki、いつまでたっても失敗を繰り返しながらの(トホホ・・・)二人がかりの仕事
ですが、さっそく次の仕事に取り組み始めております。・・・ガンバリます!
ありがとうございました!
by senshoku-iwasaki | 2015-10-26 21:35 | 展示会・お知らせ
いよいよ明日から、染織こうげい・浜松店さんで展覧会がはじまります。
f0177373_19282781.jpg

絞り絣『corona』第3弾の2本のうちの・・・もう1本。
浜松に間に合いました。
1本目は、ヨコ糸にグレーと白茶を入れましたが、
こちらはこげ茶で、ちょっとシックにしてみました。
タテとヨコのコントラストが強いので、菱がよく見えます。
神戸店にクニヒサがお邪魔している間も。
iwasaki工房、バシャバシャと(!?)エツコの悪あがきは
止まりませんで。浜松店のお客様のご注文の、銀河シルク
山形斜文の半巾帯を、せっせと織り進めておりました。

中1息子の、『総合』の授業での宿題らしく。
『職業インタビュー』なるものを受けているクニヒサ。
「・・・えっと、今の仕事に就くための資格や、免許はありますか?」息子。
「何一つありません。」速攻(!?)でクニヒサ。
「その仕事には、どんな人が向きますか?」息子。
「織物が好きで・・・不器用な人。かなぁ?エツコさん、だよねぇ。」クニヒサ。・・・ですです。きっと。
「・・じゃ最後に、これからのあなたの仕事の夢を教えてください。あ、ついでにかぁちゃんも。」息子。
「そりゃ、死ぬその日まで仕事が出来ること!」
「えっ!?そこ、ハッピーチョコレートなの?」息子。

お蔭さまで、この仕事で生活出来るようになって…17年。
15年目の3年前から、染織こうげいさんで展覧会をさせて頂くようになりまして。
織物をよく識り、また大好きなスタッフの方々とお客様ばかりの染織こうげいさん。
やりたいことがフツフツ・・・と湧いてくる、ナカナカ終わりそうもないのだけれど(笑)、
なんだか出来そうな気が・・・プクプク・・・と湧いてくる、不思議な泉のようです。

明日から始まる、染織こうげい・浜松店での1年半ぶりの展覧会。
ドキドキでオロオロ。だけどとても幸せな湧く湧く。
by senshoku-iwasaki | 2015-10-21 21:56 | 展示会・お知らせ
染織こうげい・神戸店に行ってきました。
先週末の金・土・日は、染織こうげい・神戸店さんに・・・クニヒサ、お邪魔いたしました。
染織こうげいさんでの展覧会、今年で3年目になりました。
お客様、スタッフの皆様に毎年温かく迎え入れていただきまして・・・。
iwasakiなりに・・・今年の精一杯のチカラを込めて制作してきました、新シリーズ
を喜んでいただけまして。
何よりも嬉しかったです!!ありがとうございます。
神戸店での展覧会は今日までとなりまして。
お目にかかりました、皆々様、神戸店スタッフの皆様・・・ありがとうございました。
22日からは、浜松店での展覧会となります。
今週末はクニヒサ、浜松店のほうにお邪魔いたします。
f0177373_19281858.jpg

f0177373_19284667.jpg

お客様に教えていただいた『兵庫県公館』。明治建築の兵庫県庁舎だそうです。
戦災を乗り越えて、震災にも耐えて。登録有形文化財に指定されている建物・・・。
「エツコさん、ホント素晴らしかったです!
土曜日は迎賓館を見学できるそうなんですよ。しかも無料なんだそうです。」クニヒサ。
今回は外観のみ見せていただいたそうですが、神戸観光でもあまり知られていない
オススメのスポットの一つだそうです。
f0177373_19292656.jpg

by senshoku-iwasaki | 2015-10-19 21:01 | 展示会・お知らせ
銀河シルクの山形斜文八寸帯地・『タイルトラベル』。
f0177373_2024340.jpg

銀河シルクの山形斜文の八寸帯地は、iwasakiの定番ですが。
こちらは4色で展開する無地ライクなボーダー。
タイルトラベル、今年で2作目となりました。
古今東西、祈りの場である宗教的な建物は、やっぱり美しいものですが。
教会や、モスクのタイルモザイクは、日本の神社仏閣には無い美しさ。
八百万の神様、仏様を信じるiwasakiは、どこでもうっとりしてしまいます。
今回は、ウズベキスタンのブルーのタイルに導かれるように・・・。
妄想の私の旅は、宮坂製糸さんの銀河シルクに乗って、シルクロードを飛びまして。
タイムトラベルならぬ、タイルトラベル。
本日から始まりました、染織こうげいさんでの展覧会に出品しております。
by senshoku-iwasaki | 2015-10-15 21:00 | 着尺・帯
綾織りの八寸帯地・『色硝子』。
いよいよ明日より、染織こうげいさんでの展覧会がはじまります。
f0177373_1935318.jpg

こちらは、先週末に織り上がった、綾織りの八寸帯地。
昨年・・・このシリーズが生まれまして。
なんとなく・・・陽水の『夢の中へ』が聴こえてきそうな(!?)シリーズです。
このシリーズで半巾帯を!とご注文いただいたときに・・・。
ステンドグラスのようにも見えるので、『色硝子』というタイトルになりました。
今回はまた、ちょっと色味を変えて。
染織こうげいさんでの会期中・・・こんな帯地が似合う、秋らしい陽気になるとイイなぁ。
f0177373_194128.jpg

今週末の金・土・日は、神戸店へ。来週末の金・土・日は浜松店へ。
クニヒサ、染織こうげいさんにお邪魔いたします!!
by senshoku-iwasaki | 2015-10-14 19:27 | 着尺・帯
『絞り絣八寸帯地・corona』のつづきのつづき。
f0177373_2032430.jpg

『絞り絣』第3弾は、絣自体は大胆なんだけれど・・・。
実は一番括る部分が多かった、私(エツコ)の利き腕泣かせの一品。
絣で言うなら、逆括りですね。(でも大好きな燃える行為です・笑)
一度、木綿糸で約11メートル(帯2本分)を織るのも今回が3回目の私。
カラカラカラ~(シャトルを走らせて)トントンと、普段は筬づかは二度打ち
をしますが、仮織りはサクッと一度打ち。チョット勝手が違います。
それでも1回目よりも2回目、2回目よりも3回目・・・と仮織りも上手くなりまして(笑)。
3回目は仮織りは一日で済み、タテに6回屏風たたみをして紺色のギザギザ部分を
残して全部括りました。そこからクニヒサが紺を染め、今度は括った部分をひとつ
飛ばして解き、ブルーを染めて。
元々タテは、グレーとオレンジっぽい金茶を経てているので・・・ブルーを
かけた部分がグリーンに見えて、不思議な感じになりました。
f0177373_2033977.jpg

そして仮織りの木綿糸を抜きながら・・・最終的に織り上げるのはクニヒサ。
この第3弾は、綾織りにしてみました。
染めと織りの中間のような・・・がテーマの『絞り絣・corona』3部作。
1作目はちょうど染めと織りが5:5な感じ。
2作目はタテの縞を強調して・・・染めが4、織りが6くらいになりまして。
この3作目は、私たちにとってミョーに安心感がありまして。
きっと織りが7くらいに感じるからでしょうか・・・。こんな感じのタテ絣もあるのですが、
絣では出来ない際のモワモワ・・・としたコロナ。
かなり気に入ってしまいまして。ただ・・・今は、ふきんを絞るのも痛い私の右手首(涙)。
染織こうげいさんで、お客様の反応があったらイイなぁ・・・。
しばらく手首はお休みさせて、またまた変化させたいと・・・。
性懲りも無く(!?)・・・次のイメージは出来ております!(笑)。
by senshoku-iwasaki | 2015-10-12 21:32 | 着尺・帯