<   2016年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧
『御柱』な新シリーズを前に・・・。
前回宮坂製糸さんを訪れた際に、とても気になる糸がありまして。
それは玉繭から横挽きで座繰りにとった、玉糸。それもズル節と呼ばれる長い節がかなり有り。
何年か前のストックで、当時いらしたスタッフのある方が挽くと・・・なぜか特に節が出たのだと。
素材的に高価であることと、今現在の技法ではこうした節にならないということで。
宮坂さんでは敬意も込めて『御柱糸』と呼び、丁寧に保存されていまして。
どうしても。
その糸を使って、新シリーズを作りたく・・・。
おぉぉ。そうだった。これまでに何度か宮坂さんを訪れていたものの。
ご近所にはあの、諏訪大社が。なのに、ホンモノの御柱もiwasaki夫婦は見たことが無かった・・・。
これは新シリーズに取り掛かる前に、神様にご報告をしなければ!と。
f0177373_20101858.jpg

諏訪大社の創建は古く、古事記の国譲りの神話にまでさかのぼる・・・日本最古の神社のひとつ。
本殿は持たず、この上社は神体山(守屋山)、下社は御神木(春宮は杉・秋宮はイチイ)をご神体
とする古い形態を残しているそうで。この上社前宮の御柱は、こういった場所に4か所。
どの社の周りにも、こうして川が流れていて。神聖な空気です。
たしかに水と風を司り、信濃国を開拓された神様・・・パワーを感じますっ!!
f0177373_20105489.jpg

こちらは下社秋宮。大きな注連縄の神楽殿です。
今回上社前宮、上社本宮、下社秋宮、下社春宮と4社全てに参拝できまして。
これからのチャレンジを、どうか見守ってください・・・とお願いを。
f0177373_20112168.jpg

そして・・・。こちらが宮坂製糸さんのお蔵。
この中の特別な糸を、iwasaki、これまでに作ってこなかった・・・かなり太糸に撚糸してもらって。
素朴で贅沢な、『特別な』太織りを作りたく。。。
糸が高価であるし、果たして良いモノになるのかどうか・・・とか、売れなければ作るコトが出来なく
なるし・・・とか。ずっと作りたいと思っていたのだけれど、ずっと踏み出せなかった、かなり勇気を
振り絞ってのチャレンジです。
森さんとのコラボもそうですが、iwasaki結成25年を迎える2017年に向けて・・・。
iwasakiのこれから・・・の礎(柱!?)になるような新シリーズにしたいと思っております!!
by senshoku-iwasaki | 2016-09-28 22:37 | 骨子・背景
文字よりも言葉よりもココロに響く、チカラのある織物。
絞り絣八寸帯地のシリーズは、iwasakiの織物のなかでもチョット特殊。
なんといっても。
一度仮織りをしてから・・・絞り染めの要領で布を後染めすることで作る絣。
f0177373_2095384.jpg

糸を括って作る絣との違いは、この絞り足・・・。
もやーんと、ぼわーんと。
織物は特に、キッチリと計算しないと作れないのですが。
そこに後染めの要素が加わることで、ジャズのような即興性が生まれます。
ざっくりとした八寸なので、繊細な絞りは向きません。
いやいや、こればっかりは繊細じゃダメなのです。
大胆で、健康的で、のびやかで、生きている歓びを絞りたいのです。

アンデスの、ナスカ/ワリ文化・6世紀から11世紀のものといわれる染織品。
えっ!?1000年前の人々も。
獣毛を梳いて撚りをかけて・・・糸にして。小さな織物を作り、それをはぎ合せ・・・。
絞って染めた鮮やかな布。
f0177373_20102142.jpg

iwasakiの絞り絣は、これをリスペクト。
ワリの人々は、死者を葬るときに・・・あの世で着るものに困らないように?
生まれ変わっても織物が出来るように?死者にこのような鮮やかな布を纏わせて。
死者の脇には・・・織り糸や、機織り機まで出土しているというから。
もしも文字を持っていたならば、インカ文明の前に栄えていたという、ワリの人々の
謎がもっと解明されていた・・・ということらしいのだけど。
ムズカシイことはワカラナイ、おバカな私(エツコ)にとっては。
この布が、紀元前でも10世紀でも中世でも、仮に最近のモノだったとしてもでも。
そんなことは実はどうだって構わなかったりします(笑)。
だってこの織物に、文字よりも言葉よりもココロに響く、チカラを感じてしまったのだから。
そんなパワー溢れる織物に、iwasaki心の底から憧れて・・・。そんな織物を目指して!!
by senshoku-iwasaki | 2016-09-26 22:16 | 着尺・帯
次は久々に・・・マフラーにかかります。
f0177373_2024340.jpg

タテ糸に、着尺や九寸帯地で使った・・・残りの絹糸を取り混ぜながら経てまして。
今回のタテ糸は、植物染料で染めた糸が多いので。淡く、渋く、控えめに光っております。
ヨコ糸には肌触りのいい、細番手のエキストラファインウールと絹を・・・と考えていまして。

プロダクトでたくさん生産されるものと違って、わざわざ少しずつ手織りするマフラーですから。
色だけじゃない、素材だけじゃない、『手』じゃないと出来ない規格になっております。
それは、着尺や帯のときも同じ。
『高級』なんじゃなくて、『マニアック』な織物を作りたいと。
 
今週は。
日曜の朝から大ピンチ!
糸染めに使っている、山の水が出ないっ!連日の台風で、水源で何かあったみたい(涙)。
集落の男衆で水源地まで行かなきゃ、というコトになっているのですが・・・連日大雨。
我が家の住まいのほうでは、なんと雨漏り!(工房じゃなくてヨカッタ~)
屋根のどこかを伝って・・・雨水が入り込んだようで。。。
雨の止んだ合間を縫って、すぐさま板金屋さんが来てくれて助かりました。
今日の雨では漏ってこなかったから、きっと直ったのかも。
山の水は、土曜日でも雨が上がってたら・・・見に行こうということに。
山ヒルがまだまだいっぱいいるなぁ・・・と。隣人とどんよりのクニヒサ。
この雨で。
糸染めの仕事も溜まっておりまして。はやく復旧するといいんだけどなぁ。。。
そういえば我が家のカメも。
ちょっぴり元気が無いように見えるのは、水道水のせい?急に肌寒くなったからだけかなぁ(笑)。
by senshoku-iwasaki | 2016-09-22 22:02 | 工程
織り上がったばかりの・・・絞り絣八寸帯地。
今年は、4種の絞り絣。
この斜めの段は、山形斜文で・・・色違いで2種。
f0177373_19571384.jpg

ヨコに焦げ茶を入れたタイプは、地色の部分の菱がよく見えます。
f0177373_1958521.jpg

ヨコにピスタチオグリーンを入れたほうは、絣の焦げ茶のあたりでよく見えますが・・・。
こちらのほうが、経縞のブルーが効果的に出ているようにも感じます。
糸を絣にして括るのと違って、一度布にしてから絞って作る絣なので・・・先染めならではの
ストライプにして、織物らしさを控えめに(!?)強調しているのですが。この縞が、絞るときに
目安の一つにもなり、また色が乗ることで独特の深みも出してくれます。

この絞り絣、とにかくヒトの手を感じるモノにしたいのです。

工藝の捉え方として・・・幾度となく繰り返される工程の中で、その都度手の跡を消し去ることで
およそ手づくりとは思えないほどの・・・緻密で精巧で完成度の高い造形を目指すのもひとつ。
美術工藝といわれるジャンルは、こちらが近いのかもしれません。。。

iwasakiが目指すのは、用途があって美も成り立つ民藝の方向なので。
私(エツコ)の大好きな最中でいうなら(!?)『愛おしくて絶品』を目指したいのです。
チョット不細工かもしれないけれど、なんともクセになる愛おしさに加えて・・・絶品の仕事を感じる
そんな織物にしたくって・・・。
440シリーズの絣は、九寸帯地で制作しておりますが。
絞り絣はざっくりと八寸で。とびっきりのフツーの日を彩る帯になりますように!
by senshoku-iwasaki | 2016-09-19 21:47 | 着尺・帯
2016・絞り絣八寸帯地は・・・。
染織こうげい・神戸店さんでの展覧会まで・・・いよいよ1ヶ月を切りまして。
こうげいさんに向けて、昨年から制作している『絞り絣』のシリーズの最大のテーマは『THE HANDS』。

ヒトの作り出す、曖昧で不確かで不均一・・・なんだけど、明確で確信的に帳尻を合わせるコトが出来る
のも高等動物の、ヒトならではの造作で。
ペルーのナスカ/ワリ文化(紀元前~800年/700~1000年)の染織品に、すでに赤やグリーンに染めた
四方が耳の小さな織物を、絞りで柄を作ったものがありまして。
15年ほど前に、古民具・坂田さんで求めた・・・埋葬用のその布の一部に、いつもパワーを頂いて。
純粋に。
1500年以上も経過して、小さな島の日本の山の中で・・・同じくらいパワーのある織物をつくりたい!と。
そして今年も。4種の絞り絣がうまれました。
f0177373_194249.jpg

一度木綿糸でさっくりと織ってから、絞り染めをしまして。
それも絣の要領で、まずは一番薄い色になる山吹色から染めまして・・・緑にこげ茶。
この色は、絹に染まる酸性染料なので、ヨコ糸の木綿は染まっていません。
染め上げてから・・・再び機(はた)にセット。ここからクニヒサにバトンタッチ。
f0177373_1942842.jpg

クニヒサ、眼鏡を外して(笑)・・・慎重にタテ糸を切ることのないように耳で木綿糸を切りまして・・・。
ヨコ糸を抜いていきます。この姿、なんか・・・お爺ちゃんですねぇ・・・(笑)。
そして・・・。
クニヒサ、いつものタテ糸の綜絖(そうこう)通し、筬(おさ)通しを経て踏み木にセットしまして・・・。
やっと。杼(シャトル)に絹糸を入れまして、本織りに入ります!
by senshoku-iwasaki | 2016-09-17 21:34 | 着尺・帯
半自動でも・・・ナカナカ腰かけられない(笑)。
f0177373_19593036.jpg

昭和のモーター唸る『ぜんまい』稼働。
次に織る、綾織り着尺のタテ糸になる生糸を、木枠に上げる作業です。
普段は手動で1カセずつグルグル巻いて、アタマで回転数をカウントしているのですが。
整経長の長い織物で、節のないタテ糸を使うときに使っています。
一気に5カセ木枠に上げるコトができるから、すんなりといけば・・・ちょいと腰かけることも可能。
・・・なハズなのですが、そうは問屋は卸さない(笑)。
結構つきっきりで。でもやっぱり早い、文明の利器(チョット古いけど・笑)。

週末は娘の用事だったり、息子の学校行事だったりで・・・糸に糊付けが出来なかったのが
クニヒサの心残りだったのですが。今日雨の予報がうまくハズレて、曇り時々の晴れ間!!
風がほどよくありまして、イイ感じに乾いたところから糸巻き。さすが洗濯大臣!

iwasaki手分けをして・・・まるで秋の大運動会。
私(エツコ)も乳灰色の杉綾織り着尺を織りあげまして、すぐさま・・・クニヒサが2本織った後の、
もう1本のモノトーンの八寸帯地にかかっております。
クニヒサは、最新作の絞り絣の八寸帯地が・・・明日にでも織り上がる感じですが。
いやいや、明日は。
これを整経してもらいましょう。
金曜日には・・・。
私はまた杉綾織の着尺に。・・・ということは、それまでに帯地は織りあげて・・・。

ご注文いただいている、杉綾織着尺はまだありまして。
目薬点して、老眼鏡かけて、ブルーベリーもいっぱい食べて(笑)。
お目目鍛えてガンバリマス!
by senshoku-iwasaki | 2016-09-12 21:26 | 工程
叶匠壽庵の『匠壽庵大石最中』。
f0177373_20294038.jpg

千葉で一人暮らしをしている・・・私(エツコ)の実家の母。
もともと太っていたことや、骨がもろくなっていたこともあって・・・膝腰がかなり痛むそうで。
84歳になって、趣味の絵手紙教室に通うのがどうにも難しくなってしまったそう。
実家は昔・・・亡くなった父が、夜勤明けに母に何の相談もなく勝手に買ってしまったという、いわく付き
でして(笑)。通りから細い私道を200mほど入った、タクシーの入ってきてくれない箇所。
歩みの遅い母が、タクシーを頼んでから通りに出たころにはタクシーがいなくなってるということが重なり。
すっかり出かけることも億劫になっているのが・・・家族としては心配で。
近く(といっても車で40分ほど)に暮らす兄が勧めたのは、ペダル式の車椅子だったのですが。
その試乗車が来るというので、先週の土日で私ひとりで久し振りに実家に・・・。
リハビリにもなると兄は考えてくれたみたいだけど、あの膝はもう良くはならないからなぁ・・・。
シニアカーのほうが『足』にはなると思うんだけどなぁ。自転車にも乗れない母だから、危険だと思った
んだろうなぁ。。。とか。イロイロ考えながら高速バスに乗り込みまして。

東京駅の大丸で。
母、みつるちゃん(そういえば高校生のころから私は母をそう呼んでおります。)は大のあんこ好き。
戦時中あんこが食べられなかった反動で、戦後和菓子を食べすぎてしまったのが肥満の原因かも。
『あんも』が有名な、叶匠壽庵の看板を見つけ・・・。『あんも』をお土産にしようと立ち寄ったハズが・・・。
あら、最中!今まで気づかなかったなぁ・・・。
しかもかなーりオーソドックスなスタイル。
『大石最中』、なんで?と思ったら、本店のある、滋賀県大津市の大石龍門という地名のようだし。
『あんも』のあんこは絶品なので、直球であることに間違いないわ~!と。気がついたら最中と、豆大福
を母と兄夫婦に買っておりました(笑)。自分も一緒に食べる大前提ですね。。。
皮(種)がまず美味しいです。近江米を使用とのことですが、さっくりとしっかりと。
そして・・・あの、大納言がふっくらとしっとりとした、やはり直球も直球の美味しい最中でした。

兄夫婦と実家で合流しましたら、あら!?車椅子が無い。
「あーたたちが来てくれる前に、届いたんだけどね。家の前で5mほどは進んだんだけど・・・。回転を
して戻ろうとしたらビクとも動かなくなって・・・。ものすごく緩やかな上りなんだけどねぇ・・・。それで
営業の人が『奥さん、この程度の上りで無理だと通りに出たら帰れなくなりますっ!』って持って帰っちゃ
ったの・・・。本体の重さに私の体重で100キロ近くなっちゃうもんね~。」気恥ずかしそうに・・・母。
結局兄と母と私。
シニアカーの方向で進めるコトに・・・。まずは玄関のアプローチをスロープにしてもらって。

母と。
久し振りに深夜まで・・・他愛もないおしゃべりをして。
母は気に入らないことだらけの父の買い物なんだけど、話をしていたらこの家のまんまで死ねたら一番
だと思っているのがわかって。いっそ1階だけでもリフォームして、これからの母の残りの人生を少しでも
快適にしたらイイのにと思っていたのだけど。実は私が思うほど母は、不自由でも不便でもないみたい。
毎週土曜は兄夫婦が来てくれて、病院と買い物に連れて行ってくれるし。
それも父に対してだったり、家に対してだったりへの母なりの愛情なのかもしれないなぁ。。。と。
アタシはアタシ。誰とも一緒じゃないと思うような・・・自分を生み出した母なのに、一般的に言われている
ようなお仕着せの(!?)高齢者の幸せっぽい箱を押し付けるところだったかも。
でもシニアカーは、楽しみみたい。
翌日は、母の届かない場所を中心に大掃除をして。

またシニアカーの試乗車が来たら、今度は担当者に持ち帰らせないように(!?)タイミングよく実家
に行かなきゃ!!
今日母からこの『大石最中』の絵手紙が。「とっても美味しかったよ。ありがとう。」
じゃ、次も。
母の好きそうな絶品あんこを持って、一緒に食べなくちゃ(笑)。
私も太りすぎには気を付けないと、みつるちゃんに代わって(!?)一生和菓子屋さん歩きを楽しむ為に
控えなきゃなぁ・・・と思いつつ。なぜか手には兄嫁さんに頂いたオランダ家の『落花生最中』が・・・。
by senshoku-iwasaki | 2016-09-10 22:51 | 最中
平蔵×勝負服でもあり・・・=乳灰色の杉綾織着尺。
f0177373_20421453.jpg

『乳灰色の無地じゃない無地』は、私(エツコ)にとって特別な色。
伊と忠さんが銀座にショップがあったときに、この乳灰色をテーマに展覧会をさせていただいて。
あのときは、九寸の帯地で緯吉野や吉野格子で凹凸感を出しましたが。
今回は杉綾織で。

今年夏、愛媛県の大三島・大山祇神社の宝物館で・・・緊張感ある美しい鎧兜たちを見て。
あぁこれは。一流の武将たちの、覚悟を決めた一流の勝負服であり、死装束でもあるのかと。
私にとっての着物は、仕事着であり、勝負服であり。。。
だから基本的には汚れの付きにくい(!?)濃い色目のものばかりだったりしますが。
タテ糸のシルバーグレーと、ヨコ糸のアイボリーで織りなす特別な乳灰色で、腹を決めた特別な
着尺を織っております。

20歳くらいのときだったかなぁ・・・。
チョット敷居の高そうな古美術店のショーウインドウに、小ぶりの御所人形が置かれていて。
それまで古いお人形とか・・・全くキョーミ無かったのだけど、ものすごく惹かれて。
珠のような肌と、まんまるで無垢で、健やかなのに高貴な感じのするその赤ちゃんに、
『江戸期 大木平蔵』とキャプションが。
学生ごときがそんなお店に入れるワケもなく、外から眺めつつ・・・。いつか子供を持ったときに、
こんなお人形を買えたらイイなぁ。。。と思ったコトがありました。
そのときに大木平蔵という名称と、艶のある乳灰色の色の美しさがアタマの隅に残りまして。

それから干支が一周したころに・・・息子が誕生したものの。
クニヒサと両輪で、必死に漕がないと生活が出来ない自転車操業のiwasakiだもの。
子供が出来て余裕など全く無くなりまして(笑)。
しかもよく考えたら、クニヒサの実家は玩具問屋でしたので。
クニヒサ誕生のときに、お爺ちゃんが揃えてくれた・・・鎧兜に、鍾馗様、金太郎に桃太郎・・・。
ガラスケース入りの五月人形がどっさりありまして。あぁぁ。御所人形じゃないわねぇ・・・。と。
じゃ、せめて。
人形師なら大木平蔵、龍村織物といえば龍村平蔵、鬼平は長谷川平蔵、竹中平蔵さんもいらっしゃる。
一瞬、息子の名前にあやかりたいとよぎったものの。あぁぁ。母親はアタシじゃ・・・違うわねぇ・・・と。

iwasaki家では取り入れることの出来なかった・・・大木平蔵の御所人形でしたが。
染織iwasakiとして、陰影礼賛な乳灰色の織物として取り入れることができそうです。
只今1丈6尺。ちょうど山の中腹です。
息を止めて、緊張感を保ちつつ・・・折り返したいと思います!
by senshoku-iwasaki | 2016-09-05 20:41 | 着尺・帯