<   2017年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧
Kさまの杉綾織りは、写真が難しいです。。。
タテはシルバーグレー、ヨコにはこんなピスタチオが入って。
見る角度で様々な見え方、色の感じ方が違う杉綾織りの中でも・・・。今回はとびっきり!?
実際はもう少し萌黄色なのですが・・・写真だとグレーが勝って見えています。
f0177373_20110434.jpg
昨年の染織こうげい・神戸店さんでの展覧会のときにご注文くださったKさま。
iwasakiの杉綾織りサンプルの中から、意外(!?)な組み合わせのこのカラーをお選びくださって。
サンプルのときはほんの2寸ほどだったので、
タテヨコの色が馴染んでいるかどうかが少し心配だったのですが。
こんなにもシックに馴染んで『織り成す』色味というのがあるのかぁ~!と再発見。
今回の発見は、もうひとつ。
Kさまのご希望で、切り返しが3.5㎝2.5㎝1.5㎝と変化するというのも実は初めてでして。
いつもなら同じ幅ずつ切り返すので、見え方が違うのです。

織物は、どこまでも奥が深くて。
こんなに似たようなモノばかり、毎日毎日織っているにも拘わらず。
自分がバカだからかもですが(笑)、本当に。全然わかったような気にさせてもらえません。
25年やっていても、まだまだ毎日に発見があるのです。
だからきっと、こんなにも単調に見える仕事なのに・・・織り以外の事と同時進行が出来なくて(涙)。
これはやっぱり私(エツコ)が、とびっきりのバカだから(トホホ)なんだけど。。。
機に向かうと、ムキになってしまって。
それでも子ども等の学校関係とか、隣保のこととか忘れちゃいけないコトはかなり意識していても。
自分のコトとなると、すっかり抜けてしまって・・・。
あっ!!健康診断が今日だった・・・ガーン。





by senshoku-iwasaki | 2017-08-28 22:38 | 着尺・帯
今日から新学期も始まって。
我が家の、中学生の子ども等の夏休みも終わりまして。
慌ただしく・・・iwasaki家の夏が終わりました。
f0177373_20104759.jpg
23年間一緒に暮らしてきた2匹のカメちゃんたち。
夏場の暑い時間は、こうして少しひんやりとした土間で・・・活動的に動き回るのですが。
蔵前から戻った翌々日、キバラガメのキイロちゃんが眠るように天国に逝ってしまいまして。
昨年からおじいちゃんみたくなっていたのと、このところ食欲が全然無いのが気にはなっていたのですが。
写真は、残されたミドリガメのミドリちゃん。

カメはあんまり懐くコトがありませんので・・・。
それでも大事に家族として過ごしているつもりなのですが。
「ミドリちゃーん!」といっても無反応。
キイロちゃんのほうは、亀の子だわしでゴシゴシ洗ってあげると気持ちよさそうにしてくれていましたが。
ミドリちゃんは、それはあんまり好きじゃないようで・・・(笑)。
カミツキガメのような形相で(笑)、未だに私に威嚇することがあります。。。

そんな、どこまでいっても距離感が近まらないカメちゃんでも。
私(エツコ)の喪失感は、どうも日増しに高まって。
やっぱり私には・・・イヌやネコは、ハードルが高すぎる動物だと再認識してしまう日々。

嗚呼、息子に娘。
もうすっかり子供たちも手を離れてしまって。チビッコだったときが、ただ懐かしく・・・。
こうなったら。
カミツキガメの形相で威嚇されても、無反応でも。
ミドリちゃんを溺愛しまくってやろう・・と、一人甲羅をなでなでする私。




by senshoku-iwasaki | 2017-08-25 22:44 | 岩崎のある日
夏の、10日間集中大掃除。
iwasaki史上初の10日間という、超(!?)大型連休を、無理矢理(笑)作りまして。
蔵前の増孝商店の上階に、来年からiwasaki一家が暮らすスペースを確保するための大片付けに。
f0177373_21374951.jpg

そこは、増孝商店が玩具問屋だった頃のオフィス部分であり、社員さんたちの更衣室でもあり、
応接室でもあった階でして。
本と人形が大好きなクニヒサの姉が、20年ほど前に結婚するまで過ごした部屋もあり・・。
玩具問屋を閉めてから35年ほど。私(エツコ)がヨメに来てから25年、恐ろしいコトに(笑)ほぼ
手つかずの物置と化しておりまして。

増孝商店時代のモノは、母に捨てる・捨てないを精査してもらって。
となると、ほぼ全部捨てる!を選択してしまうせっかちな母なので・・・。
ビンボー症の嫁は、「ババちゃん、それはダメです!使います!」
「エツコさん、ここは心を鬼にしないと片付きませんっ!」クニヒサ。
姉の本とお人形は、なんと40箱の段ボールとなって。せっせと上の階に運び込みながら。
ヘロヘロになりながらも、増孝時代のお宝たちを1階に避難(!?)させて。
エレベーター無しの、コンパクトな昭和の階段を・・・1階から5階まで。何往復したかしら(涙)。
f0177373_21380525.jpg
今回の一番のお宝は、亡き父が若かりし頃・・・それまでのMKマークの増孝商店のロゴに対して。
新しくデザイナーさんに作ってもらったという看板。「なんだけど、みんなにウケなくてねー。」母。
書類棚の裏から埃だらけで出てきまして。
ひょっとして、一番反応が悪かったのは母だったりして。

母が使っていた事務用机は、TOYOの1969年製。
「父つんたちが生まれた年でしょ?カッコイイじゃん、しょーこコレ使う!このロッカーも!」中1娘。
「でしょ!だよね~!書類庫たちも新居で使いたいと思って・・・。」せっせと磨きながら・・私。
「えぇ~っ!何もそんなきったいないモノ使わなくてもいいのにぃ・・・。」母。

3日かけて・・・どうにか床が見えてきて。粗大ごみも専門の業者さんに運び出してもらって。
10日間でどうにか空っぽに。
これでどうにか9月から・・・解体工事と改修工事をお願いできます。。。

昨夜遅く、南部町の家に戻りまして。
この雨続きに締め切った家は、なんだかカビ臭く・・・。そのまま掃除になりまして(涙)。
さっそく今日から巻き返し(出来るとイイんだけどなぁ・・・)の仕事を始めました。
築48年の昭和のビルと、築140年の明治の家と。
チャキチャキの母と、のんびりなヨメと子供たちと。
どっちの良さも手に入れる、贅沢なこれからになりますように・・・。と年季の要った神棚を磨きながら。
さてさて。
まずは今からの仕事が・・・。(汗)。




by senshoku-iwasaki | 2017-08-20 23:40 | 岩崎のある日
先日お納めさせて頂いた帯二種。
Tさまの吉野格子九寸帯地と、Iさまの緯吉野八寸帯地、それぞれキレイに仕立てて頂いて。
いつものことながら、帯地だったときとは別人(!?)別モノとなって帰ってきまして。
お届けする前に記念撮影。。。
f0177373_20223802.jpg
爽やかなブルーと、深紅が交差する吉野格子。
増孝商店・梅雨場所でご覧頂いたTさまは、とっても喜んで下さって・・・。
秋以降・・・お召し頂けるのを楽しみにしております!!
f0177373_20231257.jpg
そして・・・。お仕立ても(無理を言って・・・涙)急いで頂いた、Iさまの絹と麻と科の八寸。
仕上がってきた翌日に、ちょうどIさまのお宅の近くに行く用もあり・・すぐにお届けが出来まして。
Iさまにとっても喜んでいただいて、心からホッとしました。
「でもIさま、もし次があるとしたらその時はじっくりお時間くださいねっ!」とお願いを・・・。

織物制作者としましてはいつも。
多くのプロをリスペクトしていますが、仕立ててくださる方には殊更。
Tさまの九寸帯地などは特に、丁寧な地直しがあって、あのようなピシッとした格子になっておりまして、
手織りは特に、どうしても右と左とではゆがみが出てしまうのです。
ekkaとして長年・・サカタと、コートやジャケットを作ってきましたが・・・。
サカタからいつも聞いていたのが、織るのと同じくらい時間のかかる地直しの作業の話。
なので・・・。
iwasakiでお仕立てまで依頼された場合は、知り合いのお仕立てのプロの方々にお願いするのですが。
真のプロだけに、皆さんお忙しいのは熟知しておりますので・・・『お急ぎ』はお願いできません。。。
なるべく余裕を持ってお願いしています。
そんなこちらの気持ちをまた汲んでくださって、本当に丁寧に仕立ててくださいます。

まずは糸になる素材から糸になるまで、糸(原糸)から使いやすい太さにする撚糸(ねんし)、精錬、
iwasakiが使う糸一本とっても、多くのプロの手が関わって。
iwasakiで染めて織って・・織物になったら、ゆのしのプロを経て、それをカタチにしてくれるプロへ。
たくさんのプロの手によって・・・完成、・・・じゃなかった、
これから。
ユーザーさんの手によって、最後にユーザーさんの一部となって完成形となります。

これを仕事に出来て、本当にヨカッタ。
仕立てあがった着物や帯を、たとう紙を広げて見せていただくときは、いつも。
ひしひしとhandsを感じて感謝するひとときなのです。








by senshoku-iwasaki | 2017-08-07 22:50 | 着尺・帯
久々に、『模紗織りのショール・ロザ』織っています。
タテ糸に着尺で使っている、玉糸や生糸、節糸などなど・・。
ヨコ糸にはウールをベースに、所々に絹を散らして。
夜空に地味に、鈍く微かに、だけど確かに輝く炉座のように。

模紗織りは透け感があるので、よく夏用の織物に用いますが。
ふわっと軽く、空気を孕む暖かい織物として・・・iwasakiでは秋冬向け用としても用いています。
f0177373_20222335.jpg
今年は。
秋に『染織こうげい・神戸店』さんでの展覧会と、愛知の『雅趣・kujira』さんでのグループ展と。
暖かな纏う織物も!と、嬉しいリクエストがありまして。
ご注文の杉綾織りの着尺をひとつ織り上げて。クニヒサが次の準備にかかる間に・・・久々の摸紗織りを。
織っていると、ウールだからお腹回りがより暑くてぇ~。それでなくてもこの頃たっぷりの脂が(トホホ)。
トントンの振動で(笑)、少し燃焼してくれたら有り難いんだけどなぁ・・・。

例年だったら、家族で夏のビンボー旅行に出かけている頃ですが・・・。
これまでのツケが溜まりまくった中3息子(笑)と、
そうはなりたくない(!?)中1娘はそれぞれに忙しく。
なんでか夏休みに入ってからのほうが、早朝から弁当づくりに始まって、それぞれの都合の送り迎えと・・・
あれあれ、親のほうがもっと忙しかったりして(涙)。

それでも今月中に。
来年から暮らすことになる、蔵前のクニヒサの実家の一部を、リノベーションが出来るように大片付けを。
なんとか10日間で!(出来るのかなぁ・・?いや、もう時間が無くて・涙)せねばならず。
その分の時間を差し引くと。
そういえばもう何ヶ月も・・・。休日が無い気が。

この模紗のショールを、グルグル巻き付けたくなるような木枯らしの頃には・・温泉にでも浸かりたいなぁ。





by senshoku-iwasaki | 2017-08-02 22:46 | 纏う布・暮らしの布