森くみ子さんとのプロジェクト・報告8
森さんは、ご自身の作品のなかで・・・木綿や麻の藍染め着尺を制作されています。
驚くことにそれらの作品は、ほとんど襦袢や帯に色移りしないというのです。

『藍染め』と呼ばれるものの中には、インド藍や、琉球藍のように還元建てして染めるもの。
すくもから天然灰汁と石灰、ふすまで地獄建てで染めるもの。苛性ソーダやハイドロといった
薬品を使うもの。合成藍で染めたもの・・・。
森さんも私も。
どれがホンモノで、どれがニセモノとか。だれが正直で、だれが嘘つきだとかとか。。。
そんなコトには、そもそも全くキョーミが無いのです(笑)。

江戸時代に確立された、阿波藍の極上のすくもから江戸時代と同じ方法でシンプルに藍を建て
染める森さん。藍液の微生物の栄養となるのは、ふすまだけ。森さんはお酒も入れません。
「お酒を入れると、還元してしまうんです。
私は、その還元が色移りの要因のひとつに思えるのです。」森さん。
たしかに、私が以前作っていた沈殿藍も還元染めでしたが。
色止め剤を使っても、色移りがとまらない・・・それで自家製藍を諦めた口ですので(笑)。
麻や木綿と違って・・・動物性繊維の絹糸は、そもそも藍液のアルカリで糸が痛むのではないかとか。
と繊維の周りに藍が付着するだけで、浸透しないのではないか・・・等々疑問がありまして。

藍の成分だけではなく、歴史の研究もされている森さんから
「絹糸のセリシンを残した生紬なら、糸を痛めることもないのでは?古い織物にも精練されていない
絹糸を藍で染められているものがあります・・・」のお話しになるほど!

今回はまず森さんと、私(エツコ)の実験台!?プロトタイプです。
あえて色移りが一番しそうな(!?)濃い藍色で。
プロジェクトと言っているのは、早期の商品化を前提としているから。
iwasakiが商品として・・・この森さんが手掛けた、美しい藍の色バリエを楽しめる手織物を作るなら
時間のかかる織物とはいえ、作りやすいものでなければいけません。。。
段取りと下拵えとシュミレーション、工房の機と、仕事のローテーション。今まで(子供の急な病気とか、
予期せぬ事態も踏まえて・・・)予定プラス10日という、余裕をもって計画してきましたが。
今年に入ってから・・・余裕時間、休日無しでキッチリ予定日上げでなんとか・・・。の日々(汗)。

今、このプロトタイプを織っております!
今度の日曜日に・・・東京で森さんと、この反物を持って打ち合わせをするべく・・・・。尻カッチリで(笑)。
f0177373_2014890.jpg

f0177373_20143716.jpg

報告8
『微妙な薄い色を染めるには藍液の濃度の具合が適さず、保留にしていました縹色のバリエーションを
染める順番になりました。
藍建てしてから3ヶ月が過ぎ、濃い色は染まらなくなり、折り絞りや込み入った絞りの襞の中の藍液は
酸化しにくい状態になりました。
この間藍瓶には麸を2回、石灰を7〜15日毎に、1〜2番灰汁(PH14前後)が藍液の減り具合に
合わせて投入されています。
藍の色を上手く布、糸に染め付かせるのは、藍液の状態に合わせて素材(絞の種類、布の厚さや
密度、糸の細さや撚りの強さ、繊維の種類など)を的確に判断して染めることが必須です。
藍液は日々変化しますので、特に絹や細糸の布は変化した色が如実に表れます。
欲しい色を染めるためにも藍の管理に気を使います。
藍分(インジゴ)の含有量も染める毎に減っていきます。以前数人で工房を運営し染めていた時は、
だいたい3〜4ヶ月で藍分が無くなり廃棄していました。
今は1人ですので毎日の使用量も少なく、藍菌の負担も少ないからでしょうか、最終的には2年ほど
藍液の中に藍分が残っています。
そのころには何度染めても「瓶覗」といわれるごく薄い青色しか染まらなくなります。


絹糸にとっては石灰も多く入りよい環境ではないのですが、薄い色を染めるには1回藍液に浸しても
それ程濃くならず、2回と3回染めたものの色の違いも左程ではありません。
瓶覗、水色、浅縹、浅葱色などを染めます。
染まる力も弱いので液の中にゆっくり浸して、糸を硬く絞りよく酸化させます。


「60中x3玉糸」は水色、花浅葱「42中x5玉糸」は縹、瑠璃色「110中x2玉糸」は水色、浅縹、瑠璃色
に染めました。
前回と同じ糸の同じ色名もありますが、微妙に違う色に染まっていると思います。染まった色に合わせて
13段階の色名で都合上識別していますが、毎年、毎回、同じ色に染まらないのが藍染です。
良さでもあり短所でもありますが、色名で注文をいただいても同じ色に染めるのは大変難しいです。
商業ベースでは欠陥技術の扱いになりますね。
染織iwasakiさんとのお仕事は、欠点でもある揺らぎのある藍糸が個性的な織物になると楽しみにしています。』 
2月1日

報告0はこちら
報告1・2はこちら
報告3・4はこちら
報告5・6・7はこちら
# by senshoku-iwasaki | 2016-06-21 22:46 | いわさきのつながり
長野・岡谷の宮坂製糸所さんに行ってきました。
学生の頃よりお世話になっている、宮坂製糸所さん。
平成26年8月に岡谷蚕糸博物館が移転と同時に、宮坂製糸所をまるごと併設という・・・
工場のfactoryと、シルクの真実factから、「シルクファクトおかや」としてシルクを五感で感じる
新しいタイプの博物館になった・・・と、お話しはうかがっていたのですが。
いつも糸をお願いしつつも、前回宮坂さんを訪ねたのはお引越しの前だったもので・・・。
今年こそは!と。
岡谷蚕糸博物館も初めてでしたので、なんと宮坂社長さんがご案内してくださいました。
f0177373_21265343.jpg

博物館に入るとすぐ迎えてくれるのは、明治初期フランスから輸入されたという、優美な繰糸機ですが。
こちらは、その後にイタリアから輸入された繰糸機。「おぉぉ・・・。このボックス部分はどうしてですか?」
「綛に上げた糸を、この箱の中を通った管に蒸気が走って、乾かすという装置がついてるの。」宮坂さん。
「なるほどぉ。・・・にしてもカッコイイですねー。真鍮打ち出しの槽や、金具は全部手づくり。フランス製と
いい、イタリア製といい、当時相当な高額品ですよね。」
「そりゃあ、高かったと思うよ~。船で運んでくるのも大変なもんだよねー。ただ、ここから急速に国内で
こういった道具を作り出して、発展していくんだよね。。。その後日本では自動繰糸機をつくりだしてね。
その装置は、今も基本的に変わらないんだよ。」宮坂さん。
f0177373_21293375.jpg

そして宮坂製糸所の工場に入ると。
上州式の手繰糸のエリアも、宮坂さんの諏訪式の手繰糸のエリアも人手が僅か・・・?いやいや、今現在
スタッフは、宮坂さんのお嬢さんとそのママ友も多くいらっしゃいまして。
「岩崎さん、今日は午後から中学の保護者会がありまして出ますが。ゆっくりしていってくださいね。」お嬢さん。
80代の超ベテランのお母さんから40歳のママまで。皆さん、宮坂製糸オリジナル手ぬぐいや、バンダナを
してお仕事されています。今は、春蚕の注文糸に追われていて・・・工場は大忙しなのです。
手ぬぐいもバンダナも大好きiwasaki、グッズコーナーでしっかりゲットしてきました(笑)。もちろん、宮坂
シルク石鹸も!こちらの洗顔石鹸とってもオススメなのは、その使い心地のよさに加えて『持ち』の良さ!
ナカナカ減らないのに、泡立ちよくてシルク成分でお肌もちもちなのです。
f0177373_21284453.jpg

シルクの美肌としか思えない(!?)宮坂社長さんと。
f0177373_21341072.jpg

今は、宮坂製糸所をほぼ引き継がれて奔走されている・・・高橋さんと。
駆け出しのときからずっと・・・変わらない、いつでも謙虚で温かい、本当に素敵なご一家です。
京都の下村撚糸の下村さんといい、私たちは若いときからずっと・・・憧れの心の支えのひとつ。
今回また、宮坂さんに糸をイロイロ・・・沢山お願いしてきました。保管場所を作らないと(笑)。
せっかくの宝石のような糸たちを無駄にしないよう、魅力的な織物にしたいと思います!
# by senshoku-iwasaki | 2016-06-18 23:32 | いわさきのつながり
iwasakiにおける他力本願は・・・。
f0177373_2136258.jpg

仏教用語の意味とは違うかもしれません。
他力は、仏さまだけのチカラに限らず・・・iwasaki織物を支えてくださる他者のチカラ。
でも八百万の神さま、仏さまを信じていますからね、八百万のチカラでもあります(笑)。
そこにiwasakiが精一杯の仕事をすれば、織物力溢れるiwasaki以上のチカラになると
信じているし、実際に25年近くやってきて実感もしているところのものです。

この銀河シルクの山形斜文の八寸帯地・『白金(しろがね)と青磁』は、イトノサキさんのオリジナル。
イトノサキの畔蒜さんからのリクエストで、控えめなこの色目のツートンは、ベースのシルバーグレー
から前柄とお太鼓で青磁色に変化します。
どちらかというと、iwasaki夫婦ともに・・・お太鼓柄よりも全通のほうが好みだったこともあって・・・。
こういうツートンは、初めてでしたが。ほほぅ~。なるほどぉ~イイじゃん。知らなかったなぁ・・・。
カラーだけで変化させるって、もっと単調になるかと勝手に思い込んでいたというコトに気づかされた
のです。一方行の思い込みだけは、なるべくしたくないっていつも思っていたのだけれど。
単調になるどころか、織物力が増して見えます。。。
ここからまた、新しい細い(!?)道が見えてきた気もします。
畔蒜さん、ありがとうございました。

シルバーグレーと青磁色といえば・・・。
f0177373_21404634.jpg

クニヒサが今日整経(せいけい)していたのは、Eさまご注文の・・・緯吉野と平織りの着尺。
Eさまの青磁色は、ターコイズブルーでもグリーンよりのブルー。
うんうん。っぽいっぽい。Eさまの雰囲気が漂い始めました(・・・と思っているのは私だけかも・笑)。
f0177373_2141863.jpg

この着尺の大元は、以前Aさまのご注文で格子の紬なんだけれど、カジュアル過ぎず控えめに・・・
垂れもののような光もあるような・・・。から出来た着尺がありまして。
それをご覧になったSさまが、これのブルー系で・・・。とご注文くださり。
緯吉野の入った、九寸帯地『入り江の波』を見ながら、こんな感じで着尺が欲しいです・・・とおしゃって
くださったEさまが、着尺のサンプルのなかから「コレのお色違いがイイかも!」と手にしたものが
Sさまにお作りした格子の着尺でして。
ぐるぐると。
わらしべ長者のように(!?)他者のチカラを授かりながら・・・もっともっと!iwasakiの仕事を高めて
いきたいと思っております。
# by senshoku-iwasaki | 2016-06-16 22:53 | 着尺・帯
森くみ子さんとのプロジェクト・報告5・6・7
森くみ子さんの染めた藍染の絹糸。
糸の種類(撚り加減や本数、生糸と玉糸との違い、もちろん色の濃さ・・・)や、その日の湿度によっても
グルグルと綛(カセ)から木枠に巻き上げる手指に付く『青』が違います。
それにしても。自分たちが記憶している・・・藍染の絹糸にしては、手に藍が付きにくいように感じます。
柄は、「お任せします。」と森さん。うーむ。。。
格子と縞なら、どちらがイイですかね?には、「どちらかというと縞でしょうか・・・。」と森さん。うーむ。。。
なんといっても色味がどれもキレイ。
この糸は、森さんがストックされていた玉糸で『甕覗き』と呼ばれるお色。
こちらは一綛しかないので、ポイントとして使います。。。
f0177373_19331537.jpg

贅沢な『褐色(かちいろ)』をベースに、藍の研究家の森さんなら、iwasakiのなんてことない芸風(!?)を
好んでくださる森さんだから・・・。クニヒサと考えたのは、シンプルな昔の小倉縞を連想させるような縞でして。
f0177373_1933358.jpg

『褐色(かちいろ)』は糸違いで二種。『瑠璃色』『紺』『甕覗き』、そしてヤマモモで染めたアイボリーはアクセント。
f0177373_19335730.jpg

報告5
『昨日「60中x3玉糸」今日「42中x5玉糸」「42中x4」の染め重ねをしました。
「60中x3玉糸」は「褐色」(かちいろ ごく暗い青紫)まで濃く染めてみました。セリシンが少し除去されましたが、糸、色の状態はよいです。糸の痛みは少ないと思います。今週中はこの3種類の糸の色の調整をします。』 11月17日

報告6
『今日から「110中x2玉糸」を染め出しました。「60中x3玉糸」「42中x5玉糸」と比べたら渋い色に染まりました。
セリシンが多く残っているからでしょうか? 数日中に少し濃いめの濃淡に染めます。
引き続き「42中x4」は褐色まで染めます。』 11月22日

報告7
『全ての糸の染めが完了しました。揃って干したらなかなか表情があって美しいです。普段の布染めとは違う景色です。
この後灰汁抜きをして、仕上がりです。半年くらい寝かして(置いて)からの灰汁抜きの方が色も落着くのですが、軽くしときます。』 11月25日

報告0はこちら
報告1・2はこちら
報告3・4はこちら
# by senshoku-iwasaki | 2016-06-14 22:07 | いわさきのつながり
衣裳らくやさんでの展覧会、お陰様で終了いたしました。
f0177373_2001918.jpg

お出かけくださった皆さま、らくやさんのお客さま、そして・・・らくやさんのスタッフの皆々さま。
本当にありがとうございました。

この展覧会がはじまる直前に織り上がった、新作の生紬『island』のアイボリータイプも・・・。
クニヒサがらくやさんにお邪魔しているときに、ステキな嫁ぎ先が決まりまして。
先週はお天気の良い日に、湯通しに砧打ちを施しまして・・・郡上の湯のし屋さんに湯のしを
お願いしました。

手織り物は、少しずつしか織り進められませんが。
こうして多くのお客様にご覧いただいたり、手に取っていただいて・・・手織り物の面白さを
感じていただけたら!何よりもウレシイです。
私たちももっともっと!楽しい織物を、元気に作り続けたいと思っております。
今回も貴重な出会いに・・・心から感謝しております。ありがとうございました!!
# by senshoku-iwasaki | 2016-06-12 21:27 | 展示会・お知らせ
衣裳らくやさんでの展覧会、いよいよ明日まで・・・。
と、なりましたが。
工房では久々に・・・機織りのトントンとは違う、威勢のいいトンカチトントンが響いております。
実はこの春、お隣の草屋根だった廃屋が解体され、更地になりまして。
風がよく通るようになったと喜びも束の間・・・。外壁の板が、長年の風化でボロボロに・・・。
正面からは見えない、側面だけでも板金屋さんに巻いてもらおうか・・・とも思って聞いてみたところ。
12年前、屋根をやってくれた板金屋さん、難しい顔で「・・・・う~ん、あんまりオススメできないかも」と。
結局、大工さんを紹介してもらって。ならば、ぐるっとこの際お願いしちゃおう!というコトに。
f0177373_20271889.jpg

紙のように薄くなった板を外すと、なんと小さな徳利のような蜂の巣が二つ。
その真ん中に、なんと!ミツバチの巣まで!!
全然気づかなかったなぁ・・・。はちみつ欲しかったなぁ・・・(笑)。
f0177373_20273242.jpg

板と板を止めるのは、大工さんがノミで階段状に削って。ものすごい仕事の速さです。
森くみ子さんとのコラボの、褐色(かちいろ)ベースの着尺のタテ糸を、二人がかりで機に巻きながら。
これからの板の反り分まで計算しながら、躊躇なく体全体で削り出すその姿に・・・職人後光が差して
見えたのは、きっと私(エツコ)だけじゃなくクニヒサも。
f0177373_20274887.jpg

下拵えと段取りと。
揺るぎない動きで・・・工房には大工さんの、手指の神様も宿ってくれそうです。
板の節穴は無いし、厚くなったし、隙間が減って、今年はスズメバチは宿ってくれないでほしいなぁ。。。
# by senshoku-iwasaki | 2016-06-11 22:18 | 工房改築
衣裳らくやさんで・・・。
f0177373_20122796.jpg

iwasakiの展覧会、日曜日(12日)まででして。まだまだ開催中です!
クニヒサが初日から4日間お邪魔しまして・・・。有意義な時間を過ごさせて頂きました。
f0177373_20125262.jpg

石田節子さんとの対談も、楽しく・・・でも何を話したのか・・・覚えていないくらい!?(笑)
クニヒサも頑張ってきたようです。。。なんせ、普段は山の中で二人っきりの工房で。
およそ・・・人様と、おしゃべりなどしていない生活なものですから、私(エツコ)も考えただけでも脇汗が・・・・。

留守番の私も、先週の『日本の夏じたく』展のときから、我が家の子供たちそれぞれの都合やら、
アクシデントやら(涙)・・・。苦手な運転を、余儀なくさせられるコト多々でヘトヘト(笑)。
今日もおっかなびっくりで(笑)、クニヒサを富士宮まで迎えに行きまして。お昼ごはんを食べながら
この4日間の話を、ポツリポツリと聞きまして。
石田さん、らくやさんの多様なスタッフの皆さん、そしてお客様・・・「ふんふん、あ~なるほど。」
相づちを打ちながら、また作りたいモノがお互い明確に出てきました!
・・・なんだけど。
まだまだ上半期の仕事が終わっておらず、明日からまたピッチを上げて(・・・とイイんだけどなぁ。)
ひとつずつ、クリアしたいと思っております!
# by senshoku-iwasaki | 2016-06-07 21:12 | 展示会・お知らせ
衣裳らくやさんでの展覧会。
本日よりはじまりました。
クニヒサ・・・らくやさんのスタッフの皆さんや、お客様と楽しく過ごしているようです。
明日は、石田さんとの対談で、iwasakiにおける(クニヒサにおける?)『民藝』を
語るのかもしれません。。。

民藝の面白さは、技巧の極みであればバッチリ!とはいかないところ(笑)。
それは、柳宗悦の『工藝の道』にももちろん書かれていて。美術品ではないところのもの。
そのあたり。
なんだか『粋』にも通じます。
やりすぎは、『野暮』。
でも、個人的には野暮も好きですが(笑)。
あらあら・・・。

でもiwasakiの織物は、たぶん、チョット足りないくらいで・・・。
余白(!?)を大事にしています。その余白は、ユーザーが埋めてくれる部分。
いつもお客様のお召し姿を拝見させて頂く度に、製作者の私たちが一番ビックリする部分。
着尺や帯地が85なら、キモノや帯になったとき、必ず100以上になっているのです。

織っているときの、小さな発見と驚き。
出来上がったものを、纏ってくださったときの驚き。
この驚きが、私たちの何よりの喜びであり、原動力です。
らくやさんでの展覧会で、またさまざまな方にお会いできますのを・・・楽しみにしております。

心惹かれる用の美-素朴と洗練と-
染織iwasaki   6月3日(金)~12日(日)
★衣裳らくや

# by senshoku-iwasaki | 2016-06-04 00:01 | 展示会・お知らせ
『衣裳らくや』さんでの展覧会、『心惹かれる用の美―素朴と洗練と―』
f0177373_2023782.jpg

6月3日(金)より12日(日)まで開催されます。
このタイトルには、ひぃぇ~っ!!と恐縮しまくっているのですが・・・。
昨年の夏、それはそれは暑い日でしたが、増孝商店にいらしてくださって。
iwasakiに、民藝のスピリッツを感じてくださったと・・・石田節子さん、ありがとうございます。

iwasakiの織物は、一見どうってコトないものばかり。
でも使うコトで使い手に馴染む、いつまでも寄り添える・・・ロングライフな織物を目指しています。

そんな『用の美』をテーマに、4日(土)はクニヒサと石田節子さんとの対談もあります。。。
さてクニヒサ、一体どんなコトを喋るのかしら!?石田さんにエスコートしていただいて、きっといつもより
イイお話しができるかも(笑)。
6月4日(土)14:00~  参加無料/要予約 phone 03-5623-9030
f0177373_20235356.jpg

昨日織り上がったばかりの生紬は、先日織った『island』の色味違い、縞違い。
縞は、もともと・・・島とも呼ばれた「渡りモノ」ということもあり、今回は異国の島をイメージしまして。
あんまりキモノっぽくない、縞にしてみました。夏モノで、アイランドですからね・・・。
私(エツコ)のアタマの中では、♪夏夏夏夏ココ夏~♪がぐるぐる(笑)。

今日から6月。
蒸し蒸しジメジメとした梅雨時に、キモチが揚がるような・・・八寸帯地を中心に、着尺や九寸帯地、
ショールを出品いたします。
お出掛けいただけたら嬉しいです。

クニヒサが6月3日(金)4日(土)5日(日)6日(月)の四日間、らくやさんにお邪魔いたします。
# by senshoku-iwasaki | 2016-06-01 21:31 | 展示会・お知らせ
『日本の夏じたく』展、お蔭さまで終了いたしました。
f0177373_20455356.jpg

今年も大勢の皆さまにお出でいただきまして。
10周年の『日本の夏じたく』展、無事終了できまして・・・心より感謝しております。ありがとうございました!!
f0177373_2045942.jpg

今回は会場入り出来なかった私(エツコ)ですが。
クニヒサから会場の様子や、何よりお運びくださったお客様・皆さまが本当に楽しんでくださっていて・・・
と聞きまして。
この夏じたくの事務局リーダーの、アトリエ紀波さんの10年間のご苦労が大きな実りになったのだと・・・。
留守番をしていた(涙)私も!とても嬉しい3日間でした。
iwasakiは、2回目からのこの9年で・・・何か少しでも成長できていたら良いのだけれど・・・(汗)。

芸風はあんまり変わりませんが(笑)・・・。子供たちの成長とともに、仕事に集中出来る時間が増えまして。
最近は本当に、四六時中仕事をしております。おかげさまで、じっくりと帯や着尺に向き合えるこの日々が
9年前より3年前より、今を一番幸せに感じております!
来年もこの場に出展できるよう、頑張りたいと思います。
お運びいただきました皆さま、本当にありがとうございました。

なんと今週金曜日からは、東京・浜町にあります『衣裳らくや』さんでの展覧会が始まります。
留守番中、私はせっせと・・・最新の生紬を織り続けておりました。まだまだ・・・足掻いております!
# by senshoku-iwasaki | 2016-05-29 22:08 | 展示会・お知らせ
横浜・三渓園での『日本の夏じたく』展、明日最終日です。
連日・・・天候にかかわらず、多くのお客様にお運びいただいております『日本の夏じたく』展も
いよいよ明日が最終日となってしまいました。

今回は会場入り出来なかった私(エツコ)ですが、クニヒサから今年も熱い会場の話を聞きまして。
さまざまなジャンルの、さまざまな方向性の作り手たちの展覧会の面白さが『日本の夏じたく』展だと。
なかなか無い展覧会だと思っています。
なので、毎年『日本の夏じたく』展に出展することがiwasakiにとってはパワーの源にもなっており・・・。
もうちょっとがんばらなきゃ、と思い続けて9年・・・(笑)。ナカナカ成長出来ておりません(涙)。

よろしければぜひ!
今年の『日本の夏じたく』展、明日までです!!
クニヒサと出展者一同、皆さまのお越しをお待ちしておりま~す。
# by senshoku-iwasaki | 2016-05-27 23:00 | 展示会・お知らせ
『日本の夏じたく』展、いよいよ明日始まります!
今年で10周年の『日本の夏じたく』展、お天気は下降気味のようですが・・・。
いやいや、雨雲を吹き飛ばして(笑)。ぜひお出掛けくださいっ!

さきほど・・・搬入を終えたクニヒサより連絡がありまして・・・。
幸せの青い鳥は、かなりゆっくりめ!?(それとも猛スピードで追いつかないくらい??)
に飛んでいるようでして・・・(笑)。
今回は、間に合わなかったそうなのです(汗)。
でもでも、確実に。すぐ近くまでやってきていそうな気がします・・・。
飯島桃子さんとのコラボ帯は、来年のお楽しみにとなりました!!スミマセン。。。

飯島さんとの新作は間に合いませんでしたが、iwasakiの新作は並んでおります!
増孝商店・GW場所では、湯のし前でゴワゴワだった、九寸帯地の440シリーズも。
湯のしも済んで、すっかりキレイになっております。
殿方仕様の角帯も・・・合わせてご覧いただきたいです。

実は、三渓園。
雨もとっても・・・風情があって素敵なんです。
鶴翔閣は大きな茅葺き屋根ですので、雨が降ると軒先からサーッっと・・・雨垂れが美しく。
時代小説の中に飛び込めます(笑)。

晴れた日も、雨の日も。
ロケーション最高の『日本の夏じたく』展、皆さまのお越しを心よりお待ちしております。
# by senshoku-iwasaki | 2016-05-25 20:41 | 展示会・お知らせ
いよいよ明後日からとなりました、『日本の夏じたく』展で・・・。
f0177373_1852374.jpg

今年も日本刺繍の飯島桃子さんと、コラボ帯を出品します。(予定です。飯島さん次第・笑)
今回はこの『綾織りの間道・九寸帯地』に、幸せの青い鳥(!?)がやってくるハズです。
明日にならないと、私たちにもわかりません(笑)。
さてさて・・・どんな鳥が舞うのでしょう?iwasakiもとっても楽しみですが、ぜひ!
飯島さんファンの方々も!皆さまお出かけくださいませませ~。

『日本の夏じたく』展、明日が搬入でして、クニヒサは今晩から上京いたします。
毎年二人で三渓園でお待ちしておりましたが、今年は初めてクニヒサが一人で参加いたします。
今年は、どんな夏じたくになるのでしょうか。
私(エツコ)、この眼で見られないのと、一緒に参加出来ないのが・・・なんとも残念ですが(涙)。
中2息子は、会期中に中間テストだったり、テスト明けは部活だったり。
小6娘は、陸上練習中らしく、スクールバスの時間外で迎えが必要だったり・・・。
置いて行くわけにもいかず、南部町から10周年の夏じたく展が良い会になるよう・・・
三渓園に幸せの青い鳥がやってくることを、祈りつつ。電波(!?)を送りたいと思っております。
# by senshoku-iwasaki | 2016-05-24 19:27 | 展示会・お知らせ
先ほど・・・織り上がったばかりの銀河シルクの山形斜文八寸帯地は。
f0177373_20293379.jpg

久しぶりにアイボリーベースです。
先日の増孝商店で、Kさまの初期のころの白い山形斜文を改めて見て。
自分たちで作ったものなのに、あぁ・・・。やっぱりイイなぁ。なんて(笑)。
自画自賛もいいところですが、どうってコトのなさがサイコーだと思っているのです。
まずは宮坂製糸さんの、銀河シルクの艶やかさが活きていて。
特別じゃない、トラディショナルな織りの技法で。
規則さのなかの不規則さ、織物力を無彩色で感じ取れるような・・・。
そして何より。
どんなにクセの有る、またはクセの無い、どちらのキモノにも違和感なく寄り添える。
織物が、いちばんそのまんまのカタチで纏える八寸帯。
いよいよ今週、5月26日(木)27日(金)28日(土)の『日本の夏じたく』展に。
この乳灰色と、アイスミントの二色が加わりました。

昨日は、娘の通う小学校で三世代交流の行事がありまして。
6年生は、機織り体験とのことで。2年前に息子もやった・・・学校教材用に作られた
フレーム織りの小さいもので・・・。超使いにくいっ!(涙)。
「岩崎さんは専門家ですので、お母さん、今日はよろしくお願いいたします。」担任の先生。
息子のときにはクニヒサも助っ人だったのだけど・・・。
おとーさんは、(ホントはアタシもっ!)仕事が終わらない(トホホ・・・)。
2時間くらいでカンタンに、素敵なコースターなんて出来ないのが織物なんだってば!(泣)
子供より、お母さんやおばあちゃんがやる気満々で。
絵のような柄が織りたいとか、日の丸にしたいとか・・・・。
自分の娘などそっちのけで、汗だくで伝えるも・・・ちっともうまくいかなくて・・・。
どっと疲れきっただけの(涙)・・・専門家。
あの教材は・・・。
わかりにくい取説に、何より。縦糸、横糸の表記にうーん・・・。
織物は、経糸と緯糸。と教えてあげてほしいんだけどなぁ・・・。
こんな、めんどくさくて大したもん出来やしなった、『つまんない』織物体験も。
息子や娘の同級生たちの・・・
人生の何かの経緯に繋がってくれていたら、糸たちも救われるんだけどなぁ・・・。
# by senshoku-iwasaki | 2016-05-22 22:31 | 着尺・帯
こんな半巾帯も出来ました。
f0177373_2084526.jpg

今朝織り上がったばかりの半巾は、チョット涼し気。
タテ糸は、八寸帯地残りの糸を・・・クニヒサ、グラデーションに経てまして。
おぉぉ・・・。初鰹のようだわねと、織りだしたのは私(エツコ)。
ヨコ糸も。
半端に残った糸たちを、系統別に取り揃えてございますからね・・・。
(繋ぎ糸づくりとともに、もはや私の生き甲斐になっております・笑)
まぁまぁ残ってる糸、ほんの少し残っている糸、同じキビソ糸でも太い糸、細い糸・・・
色味ごとに振り分けて。

最近は。
段を考えながら・・・残っている糸のカセを見ながら、おおよその糸量がわかるようになりまして。
今回も。
我ながら・・・しびれるくらいピッタンコ!に使い切った糸がありまして。
こんなキモチのイイ日の、我が家の夕ご飯は、決まってギョーザです(笑)。
おぉぉ・・・。やっぱり今日も。
私がテキトー(!?)に刻んだ、残り野菜と豚バラ肉。ピッタリ20個の皮に収まりまして。
(残りものの!?)福の神様が、降りてきたのかもかも。

絹糸も、生ものだと私は思っておりまして・・・。
何年も経った絹糸は、やっぱりもろく切れやすくなったりしますので。
なるべく良いカタチで、美味しいうちに・・・
組成の中に閉じ込めて織物にすることで、その先何十年と丈夫に使えるモノとなるのだと実感
しています。
残り糸を、柄にしてゆくのは手間はかかりますが。その分発見があります。
こうして作られた半巾帯から、次回は八寸帯地で活かされる糸使いが生まれます。
となると。
また半端に残る糸が出まして(笑)。
福の神様を味方にして・・・iwasaki、死ぬまで幸せなエンドレスが続きますように・・・!

こちらの出来立てホヤホヤ半巾帯も、来週(・・・になってしまった!・汗)『日本の夏じたく』展に
出品いたします。
実は、まだまだ・・・。今日から取り掛かった八寸帯地も間に合わせたく・・・二人して足掻いてマス!
# by senshoku-iwasaki | 2016-05-18 22:00 | 着尺・帯
先日の増孝商店にいらしてくださった・・・。
Tさまは、浜松から嬉しいご報告を持って。
昨年の染織こうげい・浜松店さんでの展覧会で、お求めくださった『絞り絣・corona』が
「とても気に入っています。それにあの帯・・・ホントいろんな所で褒められるんですよ~。」と。
こうげいさんで撮っていただいた画像を見せてくださいました。
f0177373_19325982.jpg

久留米絣のお着物に、corona。
こちらの帯は、こうげいさんでの展覧会に向け作った、絞り絣シリーズの第一弾でして。
ちょうど染めと織りの中間のような、「ソメオリモナカ」なモノにしたいと・・・。手探りで始めた
ものの一作目でしたので、さまざまな思い入れや、反省(!?)も多々ありまして。
「クニヒサさんは、こうげいさんでお目に掛かれましたけど、エツコさんはこちらでないと
会えないと思いましたので、お会いしてご報告できて良かったです。」
f0177373_19333822.jpg

あわわ。。。ウレシイですぅ。ほんわりと。ぼんやりと。
絞り絣は、一度仮に木綿糸で織ってから絞って染めて、織ったヨコ糸を抜き取って・・・
今度は絹糸で織ります。丸く染まっているのは、タテ糸の部分なので。後染めの絞りとは
一味違う感じになるのが特徴だと思っております。
「来年春に予定の、こうげい浜松店での展覧会、楽しみにしていますね!」のTさまの声は、
またまた勇気とファイトが湧きました!まずは今秋の、こうげい・神戸店さんで新しい絞り絣
を発表できるように・・・下拵えを進めますっ!
f0177373_19341092.jpg

そして・・・!
NPO法人川越きもの散歩の藤井美登利さんが、お忙しい中お出でくださいまして。
しかも帯は、iwasakiの八寸です(涙)。スウェーディッシュレース織りという・・・ちょっとだけ
透け感のある織り方でして。あんまり和モノでは用いない技法かもしれませんが、私たちの
間では気に入っている質感のひとつです。
f0177373_19342859.jpg

ヨコ糸に、川越きもの散歩が繭から注文して作った、市販されていない・・・埼玉のブランド繭、
いろどりの生糸を使って。キラキラと涼し気に輝いておりました!!
今年もまた、いろどり繭の生糸をわけて頂きましたので。またいろどり繭の生糸を
効果的に使った、新しいシリーズも作りたいと思っております。

Tさま、藤井さん、ありがとうございました。
# by senshoku-iwasaki | 2016-05-16 22:24 | 着尺・帯
神楽坂・五十鈴の『すずもなか』。
f0177373_21253920.jpg

Sさまに頂いたのは、神楽坂の五十鈴のトレードマークの入った最中。
五つの花弁にも見える、五つの鈴。りんりんと綺麗な音色が聞こえてきそう。
やわらかなお色の三色です。

昨年の『日本の夏じたく』展に出品していた、青木間道をモチーフにしたシリーズの
半巾帯を見て・・・「こんな感じの八寸帯地を!」とご注文くださったHさま。
お引渡し予定は、今年の夏じたく展でして。先日の増孝商店で織りつけのサンプル
をご覧いただいたのですが。
タテ糸の色や、糸質の違いの配置は、Hさまのお好みのイメージで半巾のときとは
少し違う感じに経てたクニヒサ。
それが、ナカナカ良い感じなのです(笑)。「おぉっ!Hさまっぽい!これはイイね」私。
「でしょ。やっぱりね、数ですね。これは図面に起こして・・想像出来るかっていうと、
たぶん出来ないんだよね~。経験値ってこーゆーコトかもしれない・・・。」クニヒサ。
サンプルを、ご覧いただいたHさまの反応がまた嬉しくて・・・。
すっかり気を良くしてしまった(!?)クニヒサ。

Sさまとおしゃべりをしながら・・・さっそく『すずもなか』を開けさせていただいて。
「わー。キレイ!!大納言と、柚子餡と、栗餡の三色なんですね~。」私(エツコ)。
「あ、チョット待ってください、私もエツコさんに付き合って・・・今まで相当な数の最中
を食べてきましたからね、コレは当てますよ。
茶色が大納言で、ピンクが柚子で、白が栗でしょう。」(自信ありげに)クニヒサ。
「ブッブー!ハズレでーす(笑)。」私。
正解は、茶は大納言。桃色が栗。白が柚子でした。
どの餡も、上品な餡でして。どちらかというと、ふんわりとした皮とのバランスがとても
良い感じの『すずもなか』。Sさま、ごちそうさまでした!!

能楽師をしている、兄のスタジオも神楽坂にありまして。
飯田橋の駅からブラブラと、散策して歩くのが好きなのですが。
和菓子激戦区にあって、五十鈴さんは、いつもお客様で賑わっている印象があります。

そういえば。
兄は、7月2日に津村先生の「緑泉会」で、『安宅』を、国立能楽堂で務めるそうでして。
お能は、チンプンカンプンの残念な妹の私も(トホホ・・・)。上京したいと思っております。
私はいつも、ココロで感じるのみですが(笑)・・・。
お能に興味のある方、お好きな方も。今回は津村先生の『鸚鵡小町』との2本立てです
のでお運びいただけましたら嬉しいです。

最中の経験値は、まだまだのようですが(笑)、織物の設計や、瞬時の判断には・・・
長年一緒にやってきて、最近ちょっと嫉妬したくなるくらい(笑)冴えているクニヒサでして。
工房では二人、フル回転で仕事をしておりますっ!まだまだ『日本の夏じたく』展まで、
その後6月に開催の、『衣装らくや』さんでの展覧会まで・・・寸分の余地も無く(涙)仕事
に励みますっ!
# by senshoku-iwasaki | 2016-05-13 23:38 | 最中
先日の増孝商店でお引渡し出来ました織物たち。
f0177373_206446.jpg

Sさまに昨年の師走場所でご注文いただきました、銀河シルクの山形斜文の八寸帯地でボーダー。
お色も段の感じもSさまのご希望です。
等間隔の段は、あまり作ってこなかったのですが・・・。
一昨年、色味サンプルとして織った杉綾織りの紬を、そのまま作って欲しいというリクエストから
生まれた着尺がありまして。
以来、iwasakiの間でチョット流行っている(!?)等間隔のボーダー。
年明けからかかっていた、九寸帯地の『ゼリーのミルフィーユ仕立て』もそんな等間隔のボーダー。
一見、単純であるようだけど、単調では無い、なんとも奥深い段です。
このSさまの帯地も。
Sさまに気に入っていただきまして・・・安心してお引渡しが出来ました。
Sさま、ありがとうございました。ぜひ次回は、Sさまの帯としてのお召姿も拝見させて下さい!
f0177373_20123992.jpg

こちらも師走場所でご注文いただきました、銀河シルクの山形斜文帯地。
タテが淡いグレーで、ヨコがアイボリーのTさまの無地ライクの帯地。
Tさま、とても喜んでくださいまして・・・。次回は、「吉野格子の九寸帯地を・・・と。待つ時間もとて
も楽しみで幸せなのよ・・・」と嬉しいお言葉もいただきまして。喜んで~ガンバリマス!!
f0177373_207913.jpg

こちらは、昨年の夏場所で「来年の春ころで構いません・・・」とご注文くださったYさま。
タテ糸はカラフルな絹。それをかき消すように・・・緒糸と苧麻と、科(しな)も入っているナチュラル
な半巾帯でして。私(エツコ)が昨年の『日本の夏じたく』展で締めていたものと同じものをご注文
くださいました。巾と長さは、Yさまのご希望に合わせてYさま仕様にさせていただきまして。
お着物好きなYさまですが、半巾は初めて・・・とおっしゃっていたのですが。「とても気に入りました」
となんと!新作の半巾を、Yさま仕様でご注文くださいまして。「また来年の今頃でお願いします」と。
f0177373_21422760.jpg

画像がどうしても見つからない・・・(笑)。Hさまにご注文いただいたのは、銀河シルクの山形斜文で
ヨコに紺の無地の半巾帯。八寸では、こんな感じのものを作っていますが・・・半巾では初めて。
Hさま、今までもiwasakiの半巾帯を、イロイロお使いくださっておりまして・・・。ご注文も何度か。
いつもざっくりと・・・ご希望のお色味をおしゃって、あとは任せてくださいます。
なのでこの画像は、Hさまに織り始めたお色味を、メールでご確認いただいたときのもの・・・。
Hさま、実物をご覧になるなり・・・「ハイ、これです!ありがとうございます。」と。

皆さまとても嬉しいお言葉を・・・ありがとうございます。
時間をいただいて作らせていただいておりますが。私たちもご注文をいただいている間は、いつも
次に取り掛かるもの、その次に掛かるもの・・・工房にはご注文品のリストを貼りまして、考えながら
二人で話し合いながら・・・進めておりまして。その間、そのお客様のことを何度も思い浮かべながら
制作しております。なるべくご意向に沿えるように・・・なので、こうして喜んで頂けると本当に。
有り難く嬉しく・・・そしてホッとしております。
できれば末永くお使い頂けることを、心から願っております。
# by senshoku-iwasaki | 2016-05-11 22:49 | 着尺・帯
さいたま大宮・大成屋菓子舗の『盆栽最中』。
f0177373_1936921.jpg

先日の増孝商店にお出でくださった、上尾にお住まいのIさま。
「これは、埼玉でも大宮なんです。大宮といったら、昔から盆栽が有名なんだけど・・・。
最近は外国の方がいっぱい。特にヨーロッパ系の方が多いんですよ~。」
あぁ。そういえば聞いたことあるある・・・。
確かに盆栽って、日本の美意識の凝縮って感じがするもんなぁ・・・。

そしてこちらは。
まんまるのお盆のなかに松。そして盆栽という文字。カッコイイです。
おぉぉ・・・。このデザインも外国の方が見たら、クールジャパンを感じるかもしれません。
有名な盆栽を、お土産にもなるお菓子にしてしまう・・・いやぁ、日本ってやっぱりイイなぁ。
こちらの最中、茶と赤と白の3色ありまして。
この茶は、つぶあん。
小豆のつぶつぶが、ほどよい固さと甘さで皮とのなじみもバッチリです。
私(エツコ)こちらの最中、たまらなくタイプです!
薄紅色の赤は、上品なこしあん。
白の抹茶あんは、抹茶の香りがとてもよく、ほのかな苦みも美味しいあん。
我が家の、少年のような(!?)娘(小6)は、この抹茶あんにすっかりハマった様子。
いつの間にか・・・白色最中が消えておりました(笑)。

盆栽が日本の美意識の凝縮なら、こちらの最中にも宇宙を感じます・・・。
日本の美味しい凝縮、盆栽最中。

Iさま、ごちそうさまでした。
# by senshoku-iwasaki | 2016-05-09 21:33 | 最中
増孝商店・GW場所お陰様で終了いたしました。
たった3日間限りのGW場所でしたが、たくさんのお運びをいただきまして。
心より感謝しております。ありがとうございました!!

今場所も、ブログをご覧いただいて遠方よりお出でくださった方々や、ネットで検索を
かけてiwasakiにたどり着いた・・・とおっしゃっていただいた方々。
iwasaki、結成した24年前には考えもしなかった出来事です。
20年前に、当時の私たちにとっては大きな買い物でありながら・・・ナカナカ使いこなせない
(それは未だに・涙)パソコンに、泣く泣くでも触っておいてヨカッタ~。
画面が真っ黒になる度に、頭は真っ白になって(笑)。
こんなコトで費やされる時間と労力でどんだけ糸が繋げるかわかんないっ!!って、
しょっちゅうキレそうになったけど(これも未だに・笑)。

織物づくりがただ面白くて。
アタマで考えることよりも、手指を動かすことでしか納得できなくて・・・。
そんな不器用でバカなiwasaki夫婦を、私たちの知らないどなたかが知ってくれている・・・
なんて!まるで繋ぎ糸のようです(涙)。
これからもiwasakiの電波は微弱かもしれませんが・・・。
それでも探知していただけそうな・・・心優しい方(!?)に届きますよう・・・発信したいと
思っております。

ありがとうございました。
f0177373_21403739.jpg

GW場所にお出でくださったKさま。
弓浜絣に、銀河シルクの山形斜文八寸帯を。これは、このシリーズが生まれた初期の
頃のものでして。Kさまが愛用してくださっているのがとてもウレシイ!
帯締めは、先日の伊勢丹でのグループ展でお求めの峯さんの作品。
なんとこの美しいトルコブルーは、キノコで染めたとのことで!!
とても美しく輝いておりました!
# by senshoku-iwasaki | 2016-05-06 22:57 | 展示会・お知らせ
増孝商店・GW場所、明日までです。
f0177373_192887.jpg

増孝商店は、第六天・榊神社の向かいにありまして。
榊神社脇には『御蔵前公園』があり、斜め向かいになります。
平日ですと、外回り中やご近所のオフィスのサラリーマンの憩いの場
にもなっている公園ですが。
いつもなら、近隣の保育園の園児たちが箱型の台車のような押し車で
先生とやってきて、かわいい声も聞こえたりするのですけれど。
今日はひっそりと。
マロニエのお花が咲いてる~!と思いましたら、ベニバナトチノキと
名札がありました。

増孝商店・GW場所、いよいよ明日までとなりますが。
今日はご夫婦でお出でくださった方が4組も!!
奥様だけでなく、ご主人も糸のことや、組成のこと・・・楽しく一緒
におしゃべりが出来まして。
普段はお忙しいご主人たちともお会いできる、GW場所というのも悪く
ないなぁ・・・と思ったりして(笑)。

不定期な季節商店の増孝商店。
iwasakiの都合、イワサキ家の都合で(涙)ナカナカ日程を決めること
が出来ないのが、自分たちも大変もどかしいのですが・・・。
ブログをご覧くださり、遠方よりわざわざお越しいただいたりと・・・。
本当に感謝しております!!

明日の最終日は、連休も最終日という貴重な日ですが。
よろしければ下町のちょっとディープな(!?)オアシス『御蔵前公園』
と増孝商店、そして健康にご利益があるといわれる第六天・榊神社にも!
お出かけくださいませ!!
# by senshoku-iwasaki | 2016-05-04 19:29 | 展示会・お知らせ
増孝商店・GW場所はじまりました。
f0177373_19304742.jpg

今回は3日間限りの店開きとなってしまいましたが・・・。
本日も多くの方々にお運び頂きまして、本当に感謝しております。
iwasaki夫婦、二人してナカナカお店の仕事というものに慣れませんで・・・。
あわわあわわ。。。あたふたあたふた。。。の素人商店で(汗)、お客様にご不便を
おかけしてしまうこともあるかと思いますが。

よろしければ素材のこと、織りのことなど製作工程のお話しでしたら喜んで!
職人商店に、ゆっくりとお付き合いいただけましたら嬉しいです。
増孝商店に並ぶものは、間違いなくクニヒサと私(エツコ)の手指から生れ出た織物です。
でもでも、糸になるまでに更に多くの手指を通しているものだから・・・そんな思いや、
時間を、ほんのひとときでも共有出来ましたらこの上なく幸せです。

明日、明後日とひっそり営業しております。
お出かけいただけましたら嬉しいです。
# by senshoku-iwasaki | 2016-05-03 19:31 | 展示会・お知らせ
最新作の半巾帯も持って・・・。
f0177373_19493182.jpg

増孝商店・GW場所に参ります。
こちらは、青木間道をモチーフにしたシリーズで。
タテの縞を、ヨコの段が一部組成を変えて・・・一瞬搔き消します。
クニヒサが経てた縞が、スカッと何かに似てる・・・?
織りながらずっと気になっておりましたが。水色を入れたときにあぁっ!
「第1のコース・・・」の天の声が(笑)。
私(エツコ)のこのプールは、3本泳ぎ切って・・・じゃなかった、織り切って12メートルほど。
タイトルは『course line』。キラっとした銀河シルクだったり、マットな科(シナ)の糸を段に
差したり・・・。時々水しぶきがあがります。熨斗目のように格子にしてみたり、縞を際立た
せてみたり。魚みたいなスイマーになった気分で(!?)楽しく織り上がりました。
まだまだ
この半巾帯を織っている間に、クニヒサが染めた糸で・・・先日からかかっていた、2反掛け
の生紬の2反目に取り掛かりまして。
クニヒサは、440シリーズの吉野格子の絣の帯地をもう一本織りあげたのち・・・。
この青木間道シリーズで、今度は八寸帯地に取り掛かっております!

3日から3日間のみの増孝商店・GW場所。
毎回お店の裏方で、チョットお茶を飲んでいただいておりますが・・・。
今日は、南部町の『まるわ茶園』の、4月25日に手摘みされたばかりの新茶を手に入れ
まして。美味しく淹れたいなぁ・・・。と思っておりますので、新作の織物たちとともに・・・
南部町の香りも!お楽しみいただけたらウレシイです。
# by senshoku-iwasaki | 2016-05-01 21:32 | 着尺・帯
皐月のiwasakiの予定は。
f0177373_20154726.jpg

まずは、先日の伊勢丹新宿店での展覧会でチョット遅くなりました『増孝商店』から。
こちら・・・。
5月3日(火)・4日(水)・5日(木)の3日間限りのGW場所となりました。
伊勢丹のご案内状をお送りするときに、GW場所のご案内も同封させて頂いたの
ですが・・・。なんと表面の表記が5月2日・3日・4日と痛恨のミス!
しかも指摘されるまで、二人して(何度も確認したくせに!笑)全く気付かなかった
という、おマヌケっぷりでして(涙)。元々のボケに、更に別のボケも加速中(トホホ)。
5月3日・4日・5日が正解ですので、祝日はお休みのお店も多い蔵前ですが・・・。
ひょっとしたら南部町と同じくらい(!?)静かな蔵前に、お出掛けいただけましたら
嬉しいです!!クニヒサと私(エツコ)、ボケボケ二人で(笑)お待ちしております!

◆年に数回のiwasakiのshop 増孝商店(ますこうしょうてん) GW場所'16
 5月3日(火)・4日(水)・5日(木)  11:00-19:00
               最終日5日は、11:00-18:00まで
  東京都台東区蔵前1-6-11


連休明けは、先日の伊勢丹でもご一緒させて頂いて・・・毎年三渓園で開催して
おります『日本の夏じたく』展のリーダーでもある、久保紀波さんが銀座のギャラリー
日々で展覧会を行います。その折に、同時開催として「夏の装い」と題して『日本
の夏じたく』出展メンバー7名の作品も出品されます。
iwasakiは、新作の写真の角帯『カラミ煉瓦に煙突』を3点出品いたします。
こちらは、タテ半分に折ってかがって使う男帯ですので、左半分と右半分で見え方
が変わるようにタテ糸を変えています。タテ糸は、結構派手なカラーリングでしたが
ヨコ糸でしっくりと(!?)殿方仕様になったんじゃないかなぁ・・・?だとイイなぁ・・・。

◆久保紀波展
 5月6日(金)→5月15日(日)  12:00-19:00
最終日15日は、17:00まで  
ギャラリー日々 
  東京都中央区銀座5-5-13 エポカザショップ銀座 地下一階
  tel 03-3573-3417

そして・・・今年10周年を迎えます『日本の夏じたく』。
今年は、5月26日(木)・27日(金)・28日(土)の3日間です。
iwasakiも9年目の出展です。9年前は、3歳と1歳だった我が家の子供たちを・・・
母と、横浜に暮らす姉に預けたりして。同世代のいとこと、アンパンマンミュージアム
や、シーパラダイス、みなとみらい・・・と毎年恒例のようにヨコハマを堪能していた
子供たちでしたが。今年は水曜搬入ということもあり、学校もそれぞれ休みにくく・・・。
クニヒサが一人で三渓園に参ります。
ご案内状が出来てきましたので、また近日中にお送りできたらなぁ・・・と思います!

日本の夏じたく
 5月26日(木)・27日(金)・28日(土)  10:00-16:30
横浜・三渓園 鶴翔閣 白雲邸
 横浜市中区本牧三之谷58-1
# by senshoku-iwasaki | 2016-04-24 22:32 | 展示会・お知らせ
今年初の生紬は、縞です。
f0177373_21191716.jpg

サラサラでシャリシャリでふんわり。
今回の生紬には、世界の絹糸が使われています。
タテ糸には、山梨・長野県産繭とのほかに、ブラジル産繭の玉糸。
ヨコ糸には中国産繭の玉糸と、埼玉県産のいろどり繭の生糸。

iwasakiでは、なるべく『こだわらないこだわり』を大切に制作しています。
もちろん、国内で養蚕に携わる方々、製糸を続けておられる方々の仕事も大切。
ニッポンの技術を、ブラジルで引き継いで養蚕された繭も大切。
日々変貌する中国で、いつまで作り続けられるか・・・ビミョーな(!?)手仕事も大切。
養蚕も、座繰りの玉糸も、まわたつむぎ糸も・・・。世界規模で先細りなのです。。。
それは、iwasakiがこの手織りの世界に入った頃から言われていたことです。
だけど、全く絶望的なワケじゃない。高い志を持ってお蚕さんや、絹糸に取り組む人は
日本にも世界にもまだまだいらっしゃる!だったら、iwasakiで消費できる量は大した
量にはならないけれど・・・。眼で見て、手指で触って、原産地の違う絹を、iwasakiならでは
のブレンドもしていこうと心がけているのです。
もちろん、価格的に『使える価格』は、特に意識していますので。
iwasakiでは、ブルーマウンテン100%みたいな織物は作れないかもかも(笑)。
でも香り高く、コク深く、キレすっきり、甘味、酸味、苦味はお好みで・・・。

縞は、かつて憧れの渡りモノ。
異国の島からやってきた、最新のトレンド。
そんな異国への憧れも込めまして、今回はキモノの縞っぽくない縞、島にしてみました。
マットななかに少しだけキラリと光るのは、NPO法人・川越きもの散歩で手掛けて・・・
市販されていない、埼玉県産のいろどり繭の生糸。
憧れの遠い国の、アロマな(!?)奥行きになっているとイイなぁ。
# by senshoku-iwasaki | 2016-04-17 23:09 | 着尺・帯
藤井美登利さんの著書『埼玉きもの散歩』
f0177373_2173033.jpg

川越の町雑誌『小江戸ものがたり』の発行者であり、NPO法人・川越きもの散歩の代表でもあり、
さいたま絹文化研究会(秩父神社・高麗神社・川越氷川神社)の会報担当もされている・・・
藤井美登利さんが、新たに『埼玉きもの散歩~絹の記憶と手仕事を訪ねて~』を出版されました。

東京生まれの藤井さんは、1985年から10年間、仕事で東京とロンドンを往復されていたそうです。
~バブル前後の浅草は、1週間留守にするとまち並みが変わっていました。かたやロンドンは、
古いまち並みが残る町。川越のシンボル「時の鐘」を見たときに、効率優先の都会で失われたもの、
蔵造りのたてもの、きもの、暮らしの歳時記や祭りが、川越では当たり前のように存在することに
驚きました。~
1969年に蔵前で生まれたクニヒサと、1992年に結婚した私(エツコ)も当時の蔵前・浅草の日々
の変貌は、よーく覚えております!

当時暮らしていた、浅草から川越に移住されて・・・約20年。
藤井さんはその間に、愛読されていた・・・谷中・根津・千駄木の町雑誌「谷根千」の主宰者である
作家の森まゆみさんに後押しされて・・・「川越むかし工房」を2001年に立ち上げ、川越の町雑誌
『小江戸ものがたり』を創刊されます。
現在13号まで発行されています。川越のチョット昔の歴史を紐解いて、さまざまな物語が浮かび
上がって、益々『今の川越』が輝いて見える・・・そんな『小江戸ものがたり』の埼玉決定版!という
感じの『埼玉きもの散歩』。大変興味深い内容ですっ!

☆藤井美登利 著 『埼玉きもの散歩~絹の記憶と手仕事を訪ねて~』
さきたま出版会 定価2,300円+税

こちらの本には、『日本の夏じたく』で今年もご一緒させていただいている、秩父銘仙の新啓織物
さんもご紹介されていますので・・・ぜひ。
iwasakiは、埼玉在住ではありませんのに、なんと!『繭からの顔の見えるきもの作り』のコーナー
で南部町の工房にいらしてくださったときや、蔵前の季節商店、『増孝商店』での写真つきで・・・
紹介してくだっております。。。(汗)。
# by senshoku-iwasaki | 2016-04-15 23:36 | いわさきのつながり
先日、伊勢丹での展覧会で・・・。
f0177373_16341326.jpg

iwasakiのお着物でいらしてくださったNさま。
平織りの入った緯吉野の入り江の波シリーズから・・・『褐色(かちいろ)に天(そら)』。
本来「褐色」は、藍で染めたものを指す色ですが、このベースの褐色は酸性染料です。
紺よりも紫がかった地に、クニヒサが昨年からよく染めるトルコブルーの段。
昨年秋の代官山での『観月展』で「このトルコブルーが好き!」とおっしゃって頂きまして。

こうしてカタチになって、素敵にお召しいただいて・・・。
製作者としましては、この上なく嬉しい限りですっ!!(涙)。
毎回同じようなコトを思ってしまう私たちなのですが・・・。
反物のときよりも遥かに『佳きもの』に見えるのです。

やっぱりこれは。

iwasaki夫婦の手を離れて『織物』から『着物』になった瞬間に、
お召しくださる方の『格』になっているのだと・・・。それが必ず毎回。
それぞれのユーザーさんのところで、それぞれに昇華してくれておりまして。

iwasaki、結成のときよりずっと思っていた夢が、ひとつ叶ったような気がしています。
私たちのつくる織物は、明治以前の日本の各地でひっそりと自家用に作られていた
自家織物がテーマです。
決して芸術家が目指す美の世界ではありませんで・・・。
どこまでもプリミティブに近いものでありたいと思って制作しております。
日々の小さな小さな幸せだったり、祈りであったり、生きていることへの感謝だったりが
織り込まれたモノでして。
一見どうってコト無い、有難そうにも見えない・・・だけど見る角度や、感じるココロで(!?)
これってもしかして、どうってコトあるかも?って思えるような織物が作れる人に・・・
なりたいというのが夢でした。
でもそれは二人して、一人じゃとても出来ないと思ったものだから(笑)、二人掛かりで!
気がつけば24年も経っていまして。

それらが見えたり、感じたりするごくごく少数派(!?)なお客様方が、美しいモノに昇格
してくださっているという事が何よりも嬉しいのです。

Nさまありがとうございました。
f0177373_16354037.jpg

# by senshoku-iwasaki | 2016-04-10 16:38 | 着尺・帯
『染・織・繍・組 手わざを愉しむ春の装い』展、お陰様で終了いたしました。
f0177373_21425181.jpg

年度末初めのお忙しいところ・・・。
お出でくださいました皆々様、心より感謝しております。ありがとうございました。

また鎌倉のギャラリーミンネさんでの展覧会のほうも先日、お陰様で終了して
おります。こちらのほうも・・・ありがとうございました。

一週間在廊しておりましたクニヒサ、本日南部町に戻りまして。
日頃・・・山の中で、ほぼ引きこもりで制作しておりますので(笑)。
キラッキラ!で、大勢のお客様で賑わう新宿伊勢丹で・・・ぽっかーんとしている
間に過ぎ去った日々だったようです。
ですが。
やはり会場でお客様や、担当のスタッフの方々、グループ展でしたので、久保さん、
飯島さん、峯さん・・・違うジャンルの皆さんに、今回もいっぱい刺激を受けまして。
次はこんな感じのモノが作りたいなぁ・・・と、新しい扉が見えてきました。
それは不思議と・・・留守番をしていた私(エツコ)にも。

工房では・・・。
クニヒサが置いていった宿題を、どうにかこうにか全て終えまして。
アタマの中を整理するにはもってこいの(!?)残糸繋ぎを、毎夜・・・黙々と。
今日から、我が家の子供たちも新学期。
新しい季節に、心新たに・・・明日から新作に取り掛かりたいと思います!
# by senshoku-iwasaki | 2016-04-06 22:11 | 展示会・お知らせ
伊勢丹新宿店での展覧会、5日までです!
早くも4月に入りまして・・・。
伊勢丹での『染・織・繍・組 手わざを愉しむ春の装い』展もいよいよ終盤です。
週末の東京は、お天気は花曇り!?(・・・なのかなぁ?雨じゃないとイイなぁ・笑)
かもしれませんが、お出掛けいただけましたら嬉しいです。

iwasakiも今回初めての7階・呉服エリア。
5階のステージ♯5では、過去に何度かお世話になったこともあるのですが。
ステージ♯5ではありませんが、同じ本館5階の、キッチンダイニング/プロモーション
では『ニッポン煎茶モノがたり』と題して、さまざまな今様煎茶道具が。
その中に、コラボ出展ということで、布切れ・やました 山下枝梨子さんも出品されて
(こちらは12日(火)まで)おりますので。こちらもぜひに!


染・織・繍・組 手わざを愉しむ春の装い
3月30日(水)~4月5日(火)
伊勢丹新宿店本館7階=呉服・特選きもの
  久保紀波/アトリエ・kinami 染色
  岩崎訓久・悦子/染織iwasaki 染織
  飯島桃子 日本刺繍
  峯史仁/工房野の人 高尾野草染め組紐

ニッポン煎茶モノがたり
3月30日(水)~4月12日(火)
伊勢丹新宿店本館5階=キッチンダイニング/プロモーション
  <出展作家>工房百木根・鈴木修司・・・染付の器
        スタジオKUKU・谷恭子・・・木工
        工房もず・河村寿昌・・・木地挽
        萩原千春・・・陶器
        阿藤雅恵・・・布花
  <コラボ出展>a-wood・富沢麻子・・・木工
        高橋亜希子・・・陶器
        山下枝梨子・・・手織り
# by senshoku-iwasaki | 2016-04-02 10:21 | 展示会・お知らせ
伊勢丹新宿店での展覧会、本日より始まります。
東京の桜は、いよいよ見ごろを迎える頃でしょうか・・・。
ポカポカ陽気のようですし、よろしければぜひ!お出掛けくださいませ。

iwasakiは、新作の帯地を中心に出品しております。
この3、4ヵ月・・・冬ごもりのように(!?)ほぼ家から出ることもなく制作して
きまして。自分たちのなかでは、『かなーり作った感』があったのですが。。。
実際に並べてみると、あれあれ・・こんなくらいだったのねぇ・・・と(笑)。
大師匠が「本物の手織りの仕事は、いくら働いても生産過剰にはならないし、
争いの種にもならない。それどころか、世の中を平和にする仕事」だと
おっしゃっていたのが、最近になってホントにそうだなぁ・・・とつくづく実感です。
ほのぼのと。
穏やかな春の日差しのような・・・織物を目指して制作いたしました。
会場にはクニヒサが在廊しております。

染・織・繍・組 手わざを愉しむ春の装い
3月30日(水)~4月5日(火)
伊勢丹新宿店本館7階=呉服・特選きもの
  久保紀波/アトリエ・kinami 染色
  岩崎訓久・悦子/染織iwasaki 染織
  飯島桃子 日本刺繍
  峯史仁/工房野の人 高尾野草染め組紐
# by senshoku-iwasaki | 2016-03-30 10:57 | 展示会・お知らせ