タグ:ストール KM ( 1 ) タグの人気記事
楊柳のストール・『sunny days』
f0177373_21204896.jpg

楊柳のストールは、iwasakiの定番アイティム。
もう15年以上・・・毎年30~50枚以上は織っております。
シボをつくるのは、絹糸に強く撚りをかけた・・強撚糸と呼ばれる糸で、
『お召』のキモノなどに使われている絹糸です。

同じ絹糸でも、繭の種類や、糸のとり方、撚り加減、練り加減・・・で
その表情はさまざま。
iwasakiでは、それらの特徴を活かして・・・帯地や着尺、もちろん連動して・・・
ショールやストールにも使っています。

春なら・・・まわたのつむぎ糸をたっぷり入れて、ほっこりと。
冬なら・・・絹のほかにウールや、シルクールも入れて、ポカポカに。
そして・・・夏なら!やっぱり・・・さっぱり!シャリシャリ!

セリシンを残した、夏用紬の生糸を多めに用いて・・・肌にベタッとしないようにしています。
ただ・・まわたのような柔らかさはないので、好みが分かれるのですが(笑)。
それでも毎年、この『夏楊柳』を楽しみにしてくださるマニアックな方もいらっしゃって・・・。
ありがたいなぁ・・・嬉しいなぁ・・・。
なんてったって私(エツコ)は、この楊柳のシリーズが大好きなのです。
小管(こくだ)にほんの少し残った・・・糸だって、効果的に活きる瞬間に出会えます。

織物を、続けてきて。
ひとつだけハッキリと解ったコトがありまして。
『何かの犠牲に何かが生まれる』みたいなコトがあるとしたら、それはお蚕さんが絹糸を授けて
くれたコトだけで、何一つ犠牲は許されないのです。
例えば、織っているときにどこかタテ糸にキシミがあったとして・・・それを無視して強引にやっつけよう!
なんてすると・・・とたんにこっちがコテンパンにやっつけられてしまいます(涙)。
なので、お蚕さんへの感謝のキモチだけは忘れずに・・・『活かしきる』を私はモットーとしています。

楊柳のストール、色だけじゃなくて。
手触りまでもさまざまな、絹との出会いになってくれたら嬉しいなぁ・・・と思って作っています。

私の大好きな日常は、晴れの日ばかりじゃ・・もちろんなくて。何をやってもうまくいかない土砂降り
の夜(このまま夜が明けないんじゃないか?と思うくらいの・・・)だってありますが。
過ぎてしまえば、どれもこれも・・・かけがえのないsunny days。
そして明日も・・・眩しい日々を!!

23日からの『増孝商店・夏場所』にて最新作が登場です。
f0177373_22273638.jpg

楊柳のストール『sunny days』¥18,000+税~です。
by senshoku-iwasaki | 2014-07-16 22:29 | 増孝商店 KM