<< 衣裳らくやさんでの展覧会、お陰... 衣裳らくやさんで・・・。 >>
衣裳らくやさんでの展覧会、いよいよ明日まで・・・。
と、なりましたが。
工房では久々に・・・機織りのトントンとは違う、威勢のいいトンカチトントンが響いております。
実はこの春、お隣の草屋根だった廃屋が解体され、更地になりまして。
風がよく通るようになったと喜びも束の間・・・。外壁の板が、長年の風化でボロボロに・・・。
正面からは見えない、側面だけでも板金屋さんに巻いてもらおうか・・・とも思って聞いてみたところ。
12年前、屋根をやってくれた板金屋さん、難しい顔で「・・・・う~ん、あんまりオススメできないかも」と。
結局、大工さんを紹介してもらって。ならば、ぐるっとこの際お願いしちゃおう!というコトに。
f0177373_20271889.jpg

紙のように薄くなった板を外すと、なんと小さな徳利のような蜂の巣が二つ。
その真ん中に、なんと!ミツバチの巣まで!!
全然気づかなかったなぁ・・・。はちみつ欲しかったなぁ・・・(笑)。
f0177373_20273242.jpg

板と板を止めるのは、大工さんがノミで階段状に削って。ものすごい仕事の速さです。
森くみ子さんとのコラボの、褐色(かちいろ)ベースの着尺のタテ糸を、二人がかりで機に巻きながら。
これからの板の反り分まで計算しながら、躊躇なく体全体で削り出すその姿に・・・職人後光が差して
見えたのは、きっと私(エツコ)だけじゃなくクニヒサも。
f0177373_20274887.jpg

下拵えと段取りと。
揺るぎない動きで・・・工房には大工さんの、手指の神様も宿ってくれそうです。
板の節穴は無いし、厚くなったし、隙間が減って、今年はスズメバチは宿ってくれないでほしいなぁ。。。
by senshoku-iwasaki | 2016-06-11 22:18 | 工房改築
<< 衣裳らくやさんでの展覧会、お陰... 衣裳らくやさんで・・・。 >>