<< またまた模紗のショール・ロザを... ご注文いただいた、銀河絹の山形... >>
2017・秋の『ゼリーのミルフィーユ仕立て』は、三姉妹。
10月12日から始まる、染織こうげい・神戸店さんでの展覧会に向けて・・・。
先日織り上がった秋の新作九寸帯地は、なんとなくムーミン谷です。。。
f0177373_20032818.jpg
これは最後に織り上がった末っ娘。
凍った湖に、スニフとミーの声が聞こえてきそう。

息子が3歳くらいの頃、とにかく毎日のように図書館から借りてきた『楽しいムーミン谷』のビデオを
しつこーく何度も観ていたのを思い出して。
なんだったか、こちらのほうはすっかり内容がごちゃ混ぜになってしまっているのだけど・・・。
ニョロニョロたちが、キラキラと噴水のように飛び出して遊ぶシーンが浮かんだり。

過ぎてしまえば何もかも。
キラキラとした真っ白い光のように・・・
見えそうで見えない、思い出せそうで思い出せない、ステキなモヤモヤになってゆくのかも。

ステキなモヤモヤの真っ最中は、落ち込んだり笑ったりの連続なのに。
毎日って、そんなに変化に富んでいるわけではなくて。
こんな風に。
同じような、違うような、ちょっと変わりダネが入ってきたりしながら・・・重なっていって時となり。
積み重なったゼリーたちが、かけがえのない月日たちとなりますように。
そんなことを考えながら
思った以上に急に細くなったり、太くなったりする座繰りの玉糸に戸惑いながら、魅せられながら。
ポコンポコンと。丸いあぶくのような、ステキなモヤモヤ・・じゃなかった、ゼリーを織り重ねました。




by senshoku-iwasaki | 2017-09-23 22:48 | 着尺・帯
<< またまた模紗のショール・ロザを... ご注文いただいた、銀河絹の山形... >>