<< 楊柳のマフラー・sunny d... Sさまの着尺が織り上がりました。 >>
山の水源。
2週連続でやって来た台風の後に・・・。
糸染めにコーヒーに、はたまたカメのお水と。大変お世話になっている、工房の山の水が!
ピタリと止まってしまいまして。
日曜日に水源地まで様子を見に・・・連れて行ってもらった(!?)クニヒサ。
山の水源。_f0177373_19573215.jpg
「いやぁ・・。兄さん方が健脚で。ピョイピョイずんずん大股で、登っていくのよ。
それもしゃべりながら、笑いながら。もうこっちは、ついていくのがやっとだからね~。」クニヒサ。

まだ町水道がこの集落に来ていなかった頃、山の岩清水からパイプを通して各家庭に引いて。
「そりゃぁもう!その時に、劇的に便利になったんだよ。」頼りにしているご近所のお母さん。
ここは高台の集落なので、蛇口をひねれば水が出るというのは本当に有難いことかと・・・。
亡くなられたご主人が結婚をしたときに、新妻の為に引いた水でもあります。ご主人は山師で。
お父さん世代がみな、町の工場勤めをはじめても林業に生き、炭を作り、田畑を耕して。

この岩と岩の間から、ポコポコと水が湧いているそうで。
私(エツコ)は、行ったことはありません。。。なんせ山は今かなり荒れていて。倒木で道なき道に。
先達が引いてくれたパイプも老朽化している上に、シカなどの獣が乗って割れてしまったり。

今回は幸い、大したコトではなかったみたいで。
兄さん方に直してもらっている間・・クニヒサは少し足場の良いところで落ち葉や枝のお掃除を。

冬になると。
私はムショーに山が欲しくなります(笑)。
手の入っていない杉を払って、薪になる堅めの雑木を植えたいなぁ。
山ヒルが怖いので、春から秋まではちっともそんな気にならないのだけど。。。

山の水源。_f0177373_21433691.jpg
今年は何だかずっと慌ただしくて。
夏のうちに薪の準備が何一つ出来なかったから。キリギリスになってしまった気分。
薪ストーブは諦めて。
せめてほのかな温かさを求めて・・・。川合さんの囲炉裏テーブルに炭が入りました。

さっそく我が家に届き始めた山の水を、吉田美保子さんから頂いた大きな鉄瓶に。
しゅんしゅんと言い始めたらお茶の時間です(笑)。

クニヒサは健康診断の結果と、今回の山登りでも運動不足を痛感してしまったらしく・・・。
機から織りて綾棒を動かす動作にも、スクワットを加えながら(笑)。
チラッと見たお皿の羊羹に、「今日はお茶だけにしておこうかなぁ・・・?」


by senshoku-iwasaki | 2017-11-07 22:34 | 岩崎のある日
<< 楊柳のマフラー・sunny d... Sさまの着尺が織り上がりました。 >>