<< 雅趣kujiraさんでのストー... 染織こうげい・浜松店さんに行っ... >>
紅葉眺めながらの・・鉢の木・阿佐ヶ谷本店の最中。
今年は町内の紅葉が美しく。
我が家の同檀つつじもモミジも、燃えるようなグラデーションで。
おぉぉ。まるで京都!?
晴れていれば、工房は日向の縁側が暖かく、ちょうど3時くらいのお茶の時間までベストポジション。
お茶の時間といえば。うふふ♡
珍しい、山形の栗ぎっしりの栗蒸し羊羹とか、芋羊羹とか。
そして東京の鉢の木の、こちらの最中とか、これまた栗蒸し羊羹とか。
ありがたい頂きモノの美味しいお菓子たちが充実しておりまして。
火鉢で沸いた鉄瓶で淹れる、お茶にも力が入る私(エツコ)。
紅葉眺めながらの・・鉢の木・阿佐ヶ谷本店の最中。_f0177373_19252461.jpg
こちら『鉢の木』さんの最中は、意外なくらい皮(種)が厚く香ばしく。。。
餅をしっかりと感じつつ、大納言小豆の粒あんはさっくりと軽めなのです。
そう、どちらかというと種を楽しむ最中!あぁ~幸せ。あぁ~美味し。

こちらを送ってくださった、「布きれやました」の山下さん。今は子育てに大奮闘しながらの制作で。
先日お嬢さんの3歳のお参りには、ここの工房にいたときに山下さんが織った着物をお母さまが着て、
山下さんは卒業制作で織った帯を締めて、お嬢さんも着物を着て・・・と。嬉しいお便りの封には、
山下さんがこの工房にいた10年前に当時3歳のウチの娘が描いたという、顔の絵のシールが。
懐かしくてウルウルしてしまいそう。
瞬く間に月日は過ぎて。
今はそんな頃のことすらも、物凄く前のコトのような気になっていたけれど。
赤ちゃんから1歳。怪獣のような2歳から、3歳で劇的に人間になって、おしゃべりも面白くなって。
我が家の場合は、小4くらいで同じレベルになって(笑)。中3中1になった現在では、まるで私に
お婆ちゃんのような対応(!?)で、噛んで含んだ説明をするように(涙)。
山下さんはウチとはまた全然違う、親子関係になっていくんだろうなぁ・・・楽しみだなぁ。。。
そういえば。
10年前の青葉の頃この工房にやって来た山下さんは、紅葉の頃に東京に戻ったんだっけ。
楽しかったなぁ。。。

紅葉眺めながらの・・鉢の木・阿佐ヶ谷本店の最中。_f0177373_19255759.jpg
紅葉眺めながらの・・鉢の木・阿佐ヶ谷本店の最中。_f0177373_19254522.jpg
工房入り口脇の電柱に絡まる蔦も、紅葉中。

by senshoku-iwasaki | 2017-12-06 21:18 | 最中
<< 雅趣kujiraさんでのストー... 染織こうげい・浜松店さんに行っ... >>