<< キラキラの、精練済みの絹糸。 お正月。 >>
主張する一越しと、主張しない一越しと。
手織りだからこその、手織りでしか出来ないコトがもし、あるとしたら・・・。
しかも堅牢で、しなやかで、さりげなく、永く愛しむことが出来て。
有難い肩書きなんか何も無くて。
そんな織物をつくりたくて、25年が過ぎ去って・・・。
f0177373_20302148.jpg
昨年から取り掛かっている、ショールのsunriseシリーズは一越一越。
10丁ほど杼(シャトル)を使って。今現在の色、ひとつ先の色、そして過ぎていった時間の色。
今この時、この瞬間を閉じ込めている気分なのですが・・・。
時間のかかるiwasakiの織物の中でも・・・特に時間がかかりまして。
効率の悪さでいったら一番かもかも!?ですが、あふれ出てくるような織物力がたまらなく魅力でして。
ものすごーく時間のかかる一筆書きをしている気分(笑)。
f0177373_20305994.jpg
今並行して取り掛かっている、万筋の紬着尺も。
一見はゼッタイ気づいてもらえないのは覚悟して(笑)。
二越、一越、一越・・と杼は4丁。
似ているけれど違う色、少しトーンの変わる色、まわたもミックスして私(エツコ)が手のひらで
つむぎ出した糸。植物の地味な色。。。
糸の強弱、色の強弱。ぱっと見ではワカラナイ、じっと見とじっくり使いで感じ取れる織物力を。

一瞬でわかるsunriseのような一越も、ぱっと見では全然わからないこの紬のような一越も。
どちらもiwasakiにとっては重要な一越で。
主張しないを主張する、チョット回りくどくて面倒くさい(!?)でも、それがどこまでも織物らしい、
そんな織物たちで今年は始まっております。


by senshoku-iwasaki | 2018-01-08 22:42 | 纏う布・暮らしの布
<< キラキラの、精練済みの絹糸。 お正月。 >>