<< 南部の国から。 キラキラの、精練済みの絹糸。 >>
小正月に集落のお神楽の後で・・・横浜・濱うさぎの『獅子舞最中』。
先日の日曜日。
今年も工房のある集落では、南部町でもすっかり少なくなったお神楽がありまして。
朝から・・・掃除をして、軽食にもなりそうなおつまみ作りに大忙しだった私(エツコ)。
お神楽もどんと焼きも済んで、ようやく日常に戻りまして・・・。
となると、やっぱりお茶の時間(笑)。
小正月に集落のお神楽の後で・・・横浜・濱うさぎの『獅子舞最中』。_f0177373_19543619.jpg
ママ友に頂いた、濱うさぎの『獅子舞最中』は手作り最中。
リアルでカワイイ・・・ぱりっぱりで香ばしい獅子頭の種に、同封の特製粒あんを挟んで。
手作り最中は直ぐだと香ばしく、少し置くとしっとりと馴染んで。
甘さも固さも丁度いい粒あんが口いっぱいに広がります・・・。

Mさんとは、子どもの乳児検診以来・・15年のおつきあい。
涙もろいMさんは、保育園時代の話をしても小学校のときの話になってもウルウル・・・。
温かいMさんの、ママとしてのお人柄もあって・・・まぁ、男の子も女の子も。
いっつもMさんのお宅に集まって遊んで。ウチの子どもたちもどれだけお邪魔したかわからないほど。
自分の子と同じようによその子も可愛がってくれるMさん。
中学の合唱発表会でも「みんな大きくなって、こんな難しい歌を・・・」と涙ぽろぽろ。
こんな素敵なママ友に出会えて、私も子供たちも本当に幸せだとつくづく。
この地を一時離れるのが・・・またまたつらくなってしまう私・・・。
小正月に集落のお神楽の後で・・・横浜・濱うさぎの『獅子舞最中』。_f0177373_19552439.jpg
年が明けてから・・・公民館で夜な夜な練習を経まして。
クニヒサ、今年も「酸欠になるぅ~(涙)。」と篠笛を持って。
「普段から練習しない私がいけないのですけどね、ちっとも上手くもならないし。。。」
このお神楽保存会、現在18名の会員で。
「法被と、篠笛をお返ししようと思っていたのだけど・・・。『イイじゃん、毎年そのときに
来りゃイイんだからさ~』って、皆さん言ってくれて。また来年も参加させてもらうことに・・。」
クニヒサ、ぽりぽり頭を掻きながら・・・。

温かい集落の皆さんのお蔭で。
蔵前に工房が移っても、南部町のこの家とは繋がっていられそうです。

今年もしっかり獅子に舞っていただいて、お囃子も唄も。豪華新旧地元メンバーで!
お陰さまで今年も。元気に仕事に励めそうです!!

by senshoku-iwasaki | 2018-01-16 22:14 | 最中
<< 南部の国から。 キラキラの、精練済みの絹糸。 >>