<< handsな新作紬は、懐かしく... 全然違う銀河絹の山形斜文、半巾... >>
ステンドグラスのような『色硝子』半巾帯も春色です。
半巾帯、第2弾は綾織りです。
今月はクニヒサ、絹糸の精練、染色、糊付け・・・をしながら半巾帯を制作しておりました。
f0177373_19312859.jpg
『色硝子』のシリーズは、今までにも何点か制作しています。
その都度タテ糸の配色から・・・もちろんヨコ糸も色味を変えて、同じモノはありません。
だけどなんとなく。似た印象(笑)。
今回はタテの黄色が春っぽいです。

iwasakiでは、半巾帯の場合は大抵・・・。
八寸帯地を制作してから残った糸で作るコトが多いのですが。
今回は逆で。
これを制作してからクニヒサ、この感じをとても気に入って。(完全に自画自賛・笑)
使い切ってしまった黄色の糸も、また染めて。
今はこの半巾に似た感じの八寸帯地を制作中です。
そうすると、また半端に余る糸が出来たりするので・・・。いつかの半巾帯になります。

こんなふうに。
ぐるぐるぐると廻って回って。
「なんとなくいつも似た印象」を、作り続けるコトが出来たら!何よりも嬉しいです。

私(エツコ)のほうも。
ナカナカ捗らないっ!(涙)とボヤキながら。ショールsunriseと、万筋の紬着尺制作と。
ちょっとずつは進んでいたようで。(笑)
立春までには次の仕事に移れそう。。。




by senshoku-iwasaki | 2018-01-31 21:09 | 着尺・帯
<< handsな新作紬は、懐かしく... 全然違う銀河絹の山形斜文、半巾... >>