<< 糸と糸の交差・色と色の交差 染... handsな新作紬は、懐かしく... >>
Mさまの銀河絹の山形斜文八寸帯地を織っています。
イトノサキさんで昨年からご注文頂いている・・・Mさまの八寸帯地は。
タテ糸の銀河シルクはアイボリー、ヨコ糸のキビソ糸は深いグリーンです。
f0177373_19462045.jpg
宮坂製糸所さんの銀河シルク、今回はいつもより若干太め・・・。
こればっかりは手作りのものなので、毎回微妙に違うのも面白味のひとつなのですが。

このアイボリーは、ヤマモモで染めて。画像だと白に見えますがクリーム色です。
今回のように・・・タテヨコのコントラストが強いと、
真横から見ると白い帯地に見えるから不思議です。
そして正面から見ると、Mさまのリクエストの濃いグリーン。
この帯は確かに・・・ブルー系にも茶系にもグレー系のお着物にも映えそうです。

立春を過ぎても厳しい冷え込みが続いていますが・・・。
樹々の芽たちは少しずつ膨らんで。
一歩ずつ近づいている、待ち遠しい次の季節を感じながら。。。
爽やかな深緑の風をイメージしながら制作中です。




by senshoku-iwasaki | 2018-02-08 21:56 | 着尺・帯
<< 糸と糸の交差・色と色の交差 染... handsな新作紬は、懐かしく... >>