<< 刈安(カリヤス)の小径其の2は... Mさまの銀河絹の山形斜文八寸帯... >>
糸と糸の交差・色と色の交差 染織iwasaki展、お陰様で終了いたしました。
お出でくださいました皆さま、ありがとうございました。

静岡カントリー浜岡コース&ホテル・カルチャーフロアでの12回目の展覧会も無事終わりまして。
昨日二人で会場に行きまして、搬出をしてきました。

この12年を振り返ると・・・。
思い出すことも出来ないくらい(笑)、毎回いっぱいいっぱいで。
こちらの展示会は期間が長いのと、会場が広いのとで・・。
毎年、その年の仕事の総まとめのような位置づけで。
この12年のうちに、少しずつ。
学生の頃からもっともっと作りたい!と思い続けていたフツーの日の帯、着尺の方向へ・・・。
そうなると。
ショールやマフラーも10年前に作っていた糸使いとは、少し変わってきていまして。
一見ではワカラナイかもですが、なんでか確実に面倒な方角(!?)に進んでおります。(笑)

芸風はナカナカ変えられないのですが。
これからも生きる限り(笑)、作れる限り・・・。
その中で「前回作ったときとは違う」道を選ぶ、変化を楽しめる時間と経験を重ねたいと思っています。

ありがとうございました。

f0177373_19371282.jpg

by senshoku-iwasaki | 2018-02-13 21:12 | 展示会・お知らせ
<< 刈安(カリヤス)の小径其の2は... Mさまの銀河絹の山形斜文八寸帯... >>