<< およそ20年ぶりの再会で・・・。 9年越しで、Aさまの三つ崩しの... >>
先週末は、蔵前の新居に行ってきました。
4月から暮らす蔵前の自宅部分。
改装の設計施工は、iwasaki夫婦よりもひと回り以上お若い・・河野さんご夫妻が中心の
つみき設計施工社さんです。

つみき設計施工社さんは、施主も住まいづくりに参加出来ることは参加して『一緒につくる』
こともテーマにされていまして。
まだ生活拠点が山梨なのと、子供らの学校の都合などもあってナカナカ出来るコトが限られる
iwasaki家なので。ほぼ完成した新居の床に蜜蝋ワックスを塗ったり、キッチンと洗面のタイル
を貼りを教えて頂きながら一家で参加してきました。
f0177373_20431750.jpg
蜜蝋ワックスもなんと!オリジナル!。
「養蜂家の方に蜜蝋を分けて頂いて、亜麻仁油とブレンドして作ってます。」
一家でせっせと蜜蝋ワックスを塗っていたらふと、南部町の住まいの屋根裏をリフォームした10年前が甦りまして・・・。あの時もやっと張れたヒノキの床に、チビッコだった息子と娘と
みんなでこの匂いを嗅ぎながら、蜜蝋ワックスを塗ったんだったっけ。

河野さん。住まいをつくるにあたって、山梨の私たちの暮らし方を知りたいから・・と。
お忙しい中、南部町の我が家にもやってきてくださるようなご夫妻で。
築140年の古い家を、お金がないので(笑)少しずつDIYと、ムリな所は地元の大工さんや職人
さんに直してもらいながらの私たちの暮らしを見ながら。
蔵前はとにかく狭いスペースに、ほぼ大人(サイズ)の4人暮らし。そして何より低予算(涙)
(・・・しか絞り出せない・笑)iwasaki家の難題(!?)を叶えてくださいました!

河野さんも小さなお子さんが今お二人いまして。
お姉ちゃんがあの時の娘と同じくらい(4歳くらい)。下のお嬢さんが1歳と。
打合せはいつもお子さんも一緒で。
大変なコトもいろいろあるかと思うのだけど、だからこそ生まれる設計もきっといっぱいある
のだと・・・。
ほぼお任せでお願いをしたので、ビックリ!するような発想に感心しっぱなしでした。

息子も娘も。新しい家をすっかり気に入って。
そうはいっても、退屈してしまった河野さんのお嬢さんのお世話係をしてくれた娘・・・。
「児童館とかでチビッコのお相手を頼まれて、結構チビッコは知ってるんだけどね。
あの子はゼッタイ賢いわー。この10年の差って、次回会ったときには埋まってそう・・笑。」
あーわかるわかる。アタシはそんなコトばっかり。




by senshoku-iwasaki | 2018-03-13 22:36 | 岩崎のある日
<< およそ20年ぶりの再会で・・・。 9年越しで、Aさまの三つ崩しの... >>