<< 蔵前工房初の糊付けは・・・。 染織iwasaki蔵前工房、や... >>
なかなかシャッターが開けられず・・・閉店営業のiwasakiです(笑)。
二人それぞれに、今週からやっと仕事が始められ・・・。
まずはいよいよ来月になった、『日本の夏じたく』展に向けて半巾から取り掛かったものの。
シャッターが開けられません(笑)。
f0177373_20095663.jpg
表の江戸通りから1本裏ながら、それでも結構人の往来がありまして。
今まで閉まっていた所が、開いたと思ったら木の道具が見えるものだから・・・
あれ?と不思議そうに歩きながらの視線を感じまして。あぁ恥ずかしい。。。

今までは庭に出たサルや、雉や野ウサギとしか、機を織っていて目が合うなんてコトが無かったので。
良く考えてみたら、そっちのほうが珍しかったんだと改めて実感したりして(笑)。

今日は引っ越しをしてから初めてのお客様が。
大きな三つ崩しの八寸帯地をご注文くださっていたAさま。
「日本橋まで出る用があるので・・・」・・・とご連絡くださり。
仕立てて頂いた帯を、とてもとても喜んでくださいまして。
「今後展示会はこちらでされるのですか?」
あぁ。確かに。
機道具がひしめいて、展示スペースも少ないのだけれど何より。
お客様が3・4人でいらしたら、それで店内はいっぱいかと。。。

増孝商店、しばらくは。
Aさまのように事前にご連絡を頂けましたら、その度に対応させていただこうかと。
そのときにはシャッターを開けて。
制作中はシャッターを半分(!?)下げて(笑)。

不器用なiwasakiなので(涙)。制作も接客も少しずつが等身のようです。
一寸ずつ・・・。
制作中のシャッターも上がるかもしれません(笑)。


by senshoku-iwasaki | 2018-04-18 21:55 | 岩崎のある日
<< 蔵前工房初の糊付けは・・・。 染織iwasaki蔵前工房、や... >>