<< 大きな崩しの八寸帯地『三つ崩し... 蔵前工房初の糊付けは・・・。 >>
5月といえば、いよいよ『日本の夏じたく』です!
今年は17日(14:00から)18日・19日の木・金・土の2日半!!
iwasakiにとって・・・今年の『日本の夏じたく』展は特別。
何が特別って、iwasaki大好き(!?)な他力本願企画(笑)。
f0177373_20570200.jpg
まずは徳島の森くみ子さんに染めて頂いた、阿波藍の絹糸を使ったシリーズ。
この『阿波藍とアイボリー』は森さんの阿波藍糸無くしては作れないものでして。
穏やかな波しぶきのイメージで。最新作は、このシリーズの半巾も。

そしてもうひとつの『特別』は。
今展のリーダーである、久保紀波さんの呼びかけで扇展が鶴翔閣玄関スペースで開催されます。
日本画家・書家・そして私たち出展者も・・・。他では見られない扇子たちです。
iwasakiは、工房の道具や糸をモチーフに、大好きな近正千広さんに木版で扇面に描いていただきました。
どうしても。千広さんによる、染織工房を描き出して頂きたかったから。
iwasakiが欲しい、そんな『特別』な扇子を今回出品出来る喜びです。

そして何より。
作家企画の『日本の夏じたく』は、個展とは違いまた、単なるグループ展とも違います。
ジャンルも、考え方も、発表の仕方も暮らす場所も。
普段は生き方が全く違う作り手たちが、夏をテーマに集う『日本の夏じたく』。
これは『特別』だと・・・。

そんな『特別』な『日本の夏じたく』を、今年はたっぷりと満喫していただきたく。
鶴翔閣で、『特別』なお弁当ランチをご用意しております。(要予約)
お一人様:3,000円。出展作家による、お持ち帰り頂ける箸置きと、おひざ掛け付きです。
私(エツコ)もお給仕係に立ちます!ぜひご利用くださ~い。

皆さまのお越しを、出展者一同心よりお待ちしております。
iwasakiはまだまだ・・・最後まで制作に励みますっ!!



by senshoku-iwasaki | 2018-05-03 22:57 | 展示会・お知らせ
<< 大きな崩しの八寸帯地『三つ崩し... 蔵前工房初の糊付けは・・・。 >>