<< 2018・『日本の夏じたく』お... 今年の『日本の夏じたく』展の特別。 >>
いよいよ明日、17日午後2時より『日本の夏じたく』始まります。
今日もギリギリまで・・・織っていたiwasaki。
ただ哀しいかな、織りはすぐさまは出来上がらないのが最大の特徴(!?)でして。
本当は一昨日上がり予定だった新作の八寸帯地を、ようやく夕方織り上げまして。
大急ぎで検品、仕上げをして・・・。
明日の搬入に滑り込ませるコトができそうです。

いつもこんな具合なので、会場に行って忘れ物に気づくiwasaki夫婦。(それぞれに。)
明日は大きな忘れ物をしませんように!(笑)。

f0177373_22251280.jpg

今回の『日本の夏じたく』展にも半巾帯を出品いたします。
半巾帯は少しずつ、織りためてきたものでして。
同じ感じは作ることが出来ても、全く同じは作れない、残糸を駆使しての配色だったり。
写真真ん中の、『阿波藍にアイボリー』のシリーズは森さんの藍の糸次第。
やんわりと。
全体のデザインはあっても、織り始めてからの糸同士の馴染み具合で変更も多々。

今年で12年目の『日本の夏じたく』展もそれに似ています。
全体的に大まかなことは、スタッフ会議で打合せをしながらも。
始まってみると、毎年違うのが最大の魅力。
一人ではゼッタイに出来ない、作家企画ならではの販売催事だと思います。

たった2日半の『日本の夏じたく』。
ぜひ、横浜・三渓園にお出かけくださいませませ!!


by senshoku-iwasaki | 2018-05-16 23:07 | 着尺・帯
<< 2018・『日本の夏じたく』お... 今年の『日本の夏じたく』展の特別。 >>