<< 楊柳のストール『阿波藍にアイボ... 先日の『日本の夏じたく』展での... >>
超老舗の最中にどハマり!?。日本橋 長門の『葵最中』と、虎屋の『ホールインワン最中』。
4月に蔵前に越してきたものの。
なんだかんだと落ち着かず、ゆっくりとお茶をすることもまだあまり無いのですが・・・。

いつもお世話になっている、染織こうげいの社長さんが差し入れてくださったのは
日本橋 長門の『葵最中』。

ステキな紙箱を開けると、かぐわしい香り。。。
f0177373_20401332.jpg
日本橋 長門さんは、なんと徳川吉宗公の頃にお納めしていた菓子司だそうで。以来300年。
「ここは『松風』で有名なんですが、エツコさんなら最中かなと・・・。」社長さん。
おぉぉ。薄型で食べやすい香ばしい種の中に、ふっくらとした粒あん。そして掘り深い葵文に、胡麻が絶妙。
永い道を、現在進行形で歩んでいる老舗のお味はやっぱり。正直でストレート。

6月に染織こうげい・浜松店さんで今年も展示会をさせていただくことになっておりまして。
社長さんは、iwasakiが蔵前工房でちゃんと作れているか心配だったのかもかも(笑)。
こうげいさんに向けては、昨年から織りためているのだけれど。
実は、今年はかなり地味にストレート。
エツコが学生の頃から30年ずっと細々続けているのが、大師匠から教えて頂いた
「久米島式まわたつむぎ台」を使ってつむぐ無撚りのつむぎ糸。それを私はマーブルにつむぎます。
出来たものは地味だけど、300年からしたら10分の1だけど・・・。
iwasakiの創業からの理想がやっと商品としてシリーズ化しました。
お客様の反応があったら良いのだけれど・・・。どうかなぁ。
f0177373_20390179.jpg
超老舗といえば。
あの虎屋さんには、ユニークな一品が。
なんと原寸大のゴルフボールサイズの最中。
これって、ホールインワンを出した人がみんなに配るために特注したのがきっかけだったりして・・・。
なんとも優雅なパッケージも魅力的。
ホールインワン。なんてイイ響き。五月晴れの空に、ポコーン!とIN。
お味は勿論、間違いない上品な漉し餡ぎっしりで。
実はパケ買いだったけど(笑)、すっかりハマってしまいました。
f0177373_20383840.jpg


by senshoku-iwasaki | 2018-05-26 23:05 | 最中
<< 楊柳のストール『阿波藍にアイボ... 先日の『日本の夏じたく』展での... >>