<< 祭囃子と御神輿とベビーカステラと。 超老舗の最中にどハマり!?。日... >>
楊柳のストール『阿波藍にアイボリー』を巻いて・・・。
ご注文の紬着尺、刈安の「小径・其の2」をお受け取りにいらして下さったKさま。

「今日は日差し除けにね。iwasakiさんのストールやショールは、iwasakiさんだけの引き出しに
いっぱい入っててね。こちらはシャリシャリしていてべたつかないから、今日みたいな日に重宝なの。」

素敵な日傘をさして。
私(エツコ)にとってKさまは、眩しいのは日差しだけじゃなくて。。。
iwasaki結成当初から・・・展覧会やイベントの度に、新作のストールやショールをどれだけ連れ帰って
頂いたことか。また新旧さまざまなその子たちを、いろんなシーンでさり気なく、カッコよく取り入れて。
20年以上変わらず・・・って、本当に。稀有な事と感謝しかありませんで。
Kさまが眩しい存在なのです。
f0177373_19242357.jpg
この楊柳のストールは、昨年の増孝商店・梅雨場所に、たった2枚だけ出品したもので。
徳島の森くみ子さんに染めて頂いた、阿波藍染めの絹糸を散らした『阿波藍にアイボリー』のストール版。
それを見逃すことなく(!?)
それも身につけてみることもせずに「これ、私持ってないわ!」とチョイスされてから。
翌年に、こうしてすっかりとKさまの一部になったストールと再会できて。

好きなものは変わらない、ずっと変わらず好きでいられるって幸せなこと。
Kさまからそんなことを・・・この20数年教えて頂いているような気がします。
それこそがiwasakiの原動力となりまして、どうにかこうにか続けることが出来ているのかと。。。

この楊柳のストール『阿波藍にアイボリー』、昨年この後にまた2本だけ制作いたしまして。
6月21日(木)~25日(月)の染織こうげい・浜松店さんでの展覧会に出品いたします。



by senshoku-iwasaki | 2018-06-01 22:27 | 纏う布・暮らしの布
<< 祭囃子と御神輿とベビーカステラと。 超老舗の最中にどハマり!?。日... >>