<< 染織こうげい・浜松店さんでの展... 神社と公園と鳩と烏と蔵前堂。 >>
今シーズンの小弁慶シリーズ。
一部の方々に(!?)とても好評を頂いているシリーズ。
織り半襟と、帯揚げにもなるストール。
今回は、春夏を意識しまして・・淡いめのカラーで、セリシンを残した糸も入れてシボ感も。
f0177373_20184536.jpg
一部の方々・・といいますのも。
実はこんなに小さい布ながら・・・織るのに時間がかかりまして。
たくさん作れないので、出会えたらラッキー!的な少量生産なのです。
このシリーズ、織るのは私(エツコ)なので・・・当然(!?)残り糸を駆使しまして(笑)。
一期一会な、みんな違う織物になります。
半襟も帯揚げも。見せる場所を変えれば、印象もガラリと変わるように・・・色も段も変化します。
f0177373_20192600.jpg
21日(木)~25日(月)の染織こうげい・浜松店さんでの展覧会に向けて。
そもそもこの織り半襟も、帯揚げにもなるストールも。
染織こうげいさんからのリクエストで始まったシリーズなので、
出品の新作の着尺や帯たちともリンクしたものにしたいと思って・・・
手つむぎマーブル糸や、帯着尺の印象的な糸を散らしてみました。

小弁慶は、小さなギンガムチェックの部分と、ボーダーの部分と。
間道と呼ばれ昔から親しまれる・・・縞、格子、段が全て詰まっています。
愛される小さな織物になってほしくて。
半襟になったり、小さな襟巻になったり。
シャリ感もある夏向けのストールになったかと思ったら、ある日は帯揚げとなって。

私の大好きな、何でもないフツーの日。
何でもないフツーの日は、何事も無ければ忘れ去られるような日々だけど。
そんな忘れちゃうくらいの当たり前の日々こそが、戻ることの出来ない愛おしい日々。

関西方面の大きな地震のニュースに、どうしようもなく心がざわざわしながら。
そんな自分に、落ち着け落ち着けと房をヨリヨリ。
一刻も早く、全ての人に何でもない日がやってくることを祈りながら。。。



by senshoku-iwasaki | 2018-06-19 22:26 | 纏う布・暮らしの布
<< 染織こうげい・浜松店さんでの展... 神社と公園と鳩と烏と蔵前堂。 >>