<< 先日の染織こうげい・浜松店さん... 染織こうげい・浜松店さんでの展... >>
先日の染織こうげい・浜松店さんでの展覧会で、嬉しすぎる再会。前編。
今回のこうげいさんでの展覧会も嬉しすぎる再会がたくさんありまして。
何が嬉しいって・・・何よりお召し頂いて、率直にご感想頂いて・・・。
機にかかっていた時とは全然違う、本当に見違えてしまうほど昇華した我が子に逢う気分です。
f0177373_20235418.jpg
現在北海道にお住まいのHさま。
杉綾織りの着尺で「ピンクなんだけどグレーを感じるような・・・」とリクエスト頂きまして。
こちらで納得がいくまでに随分と悩みまして(笑)、昨年ようやく『薄墨桜』としてお納めさせて
頂きましたお客様。なんとiwasakiのブログもみてくださっているそうで。
ブランケットや、八寸帯地もご愛用頂いているのですが。今回こうげい・浜松店さんと、iwasaki
展と出かけたい・・と、かねてから行きたいと思っていた美術館等々と予定を組んでくださって!
初めてお目にかかることが出来ました。お写真は先日送っていただいたもの。
織物制作を続けてきて、本当にヨカッタと心から思った瞬間です。
制作する悦び、それをまた喜んでくださる歓び。こんな幸せが仕事だなんて、困難なコトも多々
あるけれど、どうにかして(!?)これからも織物制作を続けようと思った次第です。
Hさま、この『薄墨桜』とは対照的な超太織りの『御柱』をお選びくださって。更にそれに合う
ような九寸帯地をご注文くださいまして。iwasakiのいろんなバージョンのユーザーさんになって
いただけそうで。。。恐縮ですっ!(汗)。
f0177373_20201783.jpg
こちらのKさまも初めはiwasakiの半巾帯をお使いくださって。昨年の展覧会でこの八寸帯地を
ご注文くださいました。このお着物に合わせたいと、やや紫がかった微妙な色をヨコ糸に。
汗ばむような陽気でしたが、スッキリとお召しくださいまして。その後にご注文くださった半巾
帯も「とても気に入りました。」あぁヨカッタ、ありがとうございます!嬉しいです!

f0177373_20200484.jpg
やはり昨年の展覧会で、生紬『スターフルーツシャワー』をお選び下さったKさま。
その後に、山形斜文のツートンの半巾帯をご注文くださいまして。。。その組み合わせで!
うわぁ嬉しいです。とてもお似合いです。

f0177373_20203278.jpg
五色のカラフルなタテ糸で構成されている、シックな緯吉野八寸帯地『稲束』を涼やかな
グレーのお着物に。
f0177373_20211495.jpg
こちらも昨年の展覧会で。生紬『小さな窓』と、440シリーズの吉野格子のずらし絣の九寸帯地
『練り上げ文様』をお選びくださったIさま。
「私にはこの絣が雲のようにも見えてね、こちらでこの帯留めもいただいたのよ。」と。
松原智仁さんのぷっくりとした小さな雲が、さり気なく引き締めて・・・。
私も雲のようだと思って絣を括っていました。。。
大師匠の故・宗廣力三氏へのオマージュとして、時々制作している440シリーズ。
時々しか作れない(涙)シリーズ。時間と技術を駆使して不確かなモノを作るのがこのシリーズで。
こうして最高のカジュアルコーディネートをして頂いて!感激ですっ!

iwasakiは、何でもないフツーの日が好きでして。
特別じゃない、当たり前の日々にほんの少し。
一見どうってことない織物だけど、実はバカみたいに時間をかけて生まれてくるiwasakiの織物たち。
そんな織物たちがどなたかの、当たり前の日にぽつんと小さな野花を咲かせてくれたら・・と願って。
展覧会といっても、何も『作品』的な大層なモノは無いiwasaki展。
5年も続けてご紹介くださる染織こうげいさんと、また、リピートして下さるお客様に・・・。
心より感謝いたします。まだまだ・・ガンバリたいと思います!
嬉しすぎる再会は、また後編に続きます。。。


by senshoku-iwasaki | 2018-06-28 23:56 | 着尺・帯
<< 先日の染織こうげい・浜松店さん... 染織こうげい・浜松店さんでの展... >>