<< 手仕事四人展「染・刺繍・織・組」 先日の染織こうげい・浜松店さん... >>
先日の染織こうげい・浜松店さんでの展覧会で、嬉しすぎる再会。後編。
クニヒサは3日間、私(エツコ)は間の1日。ちょうど中日は雨降りで。。。

東京を出るときには曇天でしたが、天竜川を過ぎたあたりで新幹線の窓にも雨粒流れて・・。
昨年こうげいさんで一目惚れして、履きやすさとともにとても気にいっている葡萄蔓表の下駄
からクロックスのサボに思わず履き替えたくらい(笑)の降りようで。

そんな中にも拘らずお運びくださいまして、本当に嬉しかったです!
f0177373_20205818.jpg
「今日は洋服で来ちゃいました」とiwasakiでは珍しく綿がメインで絹を散らしたショール
『港町parade』を纏って。昨年差し入れてくださった、はち切れんばかりに美味しいあんこ
が詰まった浜北の豊月堂さんの出来立ての柏餅を持って・・・。Tさま。
Tさまは何でもアリなiwasakiの織物を、こうげいさんでご紹介して頂いた5年前から色々
お使いくださっている・・・マニアックな(!?)お客様のおひとり。
クニヒサは元々・・木綿が好きで。(私はどちらかというと断然絹派ですが・笑)
ただ、木綿はどうしても使ううちに痩せるので(手紡なら尚のこと・・)ビンボー症の
iwasakiとしては着尺で作る勇気は無くて(笑)、でも肌に直接触れて永く使えるショールに
と思って生まれたシリーズがparade。マットな木綿に、キラキラと絹の部分が光ります。
やっぱり。よくお似合いだなぁ・・・。嬉しくて、うっとり眺めてしまいました。
「これは今日お家に持って帰って!」とずしんと重い柏餅は、美味しく家族みんなで頂き
ました。Tさまありがとうございました!!
f0177373_20212754.jpg
店長の佐浦さんは、この日は花倉織のお着物に緯吉野の『チョコミント格子』を。
花倉織の組織と、緯吉野の組織が地紋のようにリンクして見えます。。。
f0177373_20214553.jpg
チョコミントといえば、スタッフの金子さんは最初の展覧会のときに生紬『サヤサヤルルル』
を選んでくださって。帯は青木間道をモチーフにした八寸でして。どちらもチョコミントな
お色で涼し気で。カッコよくてぇ~。憧れの着こなしとお人柄なのです。
f0177373_20224365.jpg
雨の中『メンデストライプ』半巾帯を締めて、お母さまといらしてくださったOさま。
昨年の展覧会で、絞り絣の八寸帯地『HANA』をお選びくださって。
「今日はあの帯にしようか、この半巾にしようか考えていたんですョ。」お母さま。
あぁ。嬉しいなぁ、有難いなぁ。Oさまには昨年制作した『御柱太織り』をご注文いただいており
まして。お母さまが勧めてくださったそうで・・。これから掛かるのですが、Oさまとお母さま
お二人のお顔を浮かべながら・・楽しく進めてまいります!
f0177373_20232142.jpg
そしてその翌日。Oさま再び今度はお友達と。この日は八寸帯地『色硝子』を。
Oさまもいろんなiwasakiを、お使いくださる若いユーザーさんのおひとり。どうか長く永く・・
Oさまに寄り添う織物たちでいて欲しいなぁ。。。
f0177373_20225637.jpg
お若いユーザーさんといえばTさまも。Oさまの『メンデストライプ』の年代違いの半巾を、
素敵に締めて。Tさまはかなりのマニアックな「節系」の糸づかいの織物好き。
平織りでもヘヴィー級の『御柱』太織りを、更にヘヴィーに綾織りでご注文をくださっている
お方。この日も節糸の味が縞のように経っている、柿渋染めのお着物がお似合いでした。
「これくらいの雨でしたら、結構お着物で来て下さるお客様も多いですょ」と店長さんがおっしゃ
っていたのもわかりました。お着物も雨も楽しめる、日常の上級者さんが多いのです。
あらためてTさまの綾織りの『御柱』を想像しながら・・これから制作にかかるのが楽しみです。

今回はそうはいっても雨で、お洋服でいらしてくださった方も多くてお写真は一部なのですが。
素敵なユーザーさんたちに素敵にお使いいただいて。
本当に。嬉しくて、感謝しかありません。
いつもいつも思うことなのですが、織物を続けてこれてヨカッタ~。
これからも素材力を信じて、味のある織物を作りたいと思います。

ありがとうございました。



by senshoku-iwasaki | 2018-06-29 22:41 | 着尺・帯
<< 手仕事四人展「染・刺繍・織・組」 先日の染織こうげい・浜松店さん... >>