<< 『御柱太織り』を織っています。 きもの睦月さんでの「手仕事四人... >>
この夏は、ご注文の着尺、羽尺、帯地・・を缶詰で製造(!?)中。
南部町の築140年の木造家屋では、昭和製モーター付きの『ゼンマイ』を稼働させると「ブオォォ~ン」と
大丈夫かしら!?と心配になる音がしましたが。
築49年だけど鉄筋コンクリート造のこのビルでは、ものすごく静音。

奥の機では私(エツコ)が昨年からご注文頂いている『御柱太織り』に取り掛かりながら。
クニヒサのほうは、次に掛かる黒っぽい杉綾織りの羽尺の準備。
こちらは男性の方で、「黒っぽい無地なんだけど織り文様が出る」リクエスト。
綾織りはヨコが出る組成なのでタテ糸は濃いグレーで、ヨコ糸に黒を考えておりまして。
f0177373_21141665.jpg
f0177373_21143070.jpg
今日はお向かいの神社から今年初のミンミンゼミの声を聞きながら。
早くも夏バテ気味のクニヒサの整経は、ややゆっくり。
実は夏バテは私も。
南部町にいた頃は、夜はエアコン無しで寝ていたのに・・朝から夜中までずっとエアコンが切れずに。
表に出れば猛暑。カラダもアタマもこの温度変化についてこれずに・・・。

高1の息子、部活中に右ひざの捻挫でこちらも動けずに自宅軟禁(笑)。
「せっかくの連休なのにぃ・・まずこのビルの3階の自宅から階段が降りられない(涙)の真実を、
たぶん部活の先輩も仲間も。みんなウソだと思ってるんだろうなぁ・・・。」息子。
息子の部活停止のお蔭で、5時半に起きなくても良い私も。少しゆっくりと。

不甲斐ないイワサキ家の面々(笑)。
それぞれ自分の不甲斐ないカラダを労わりながら・・・ゆるゆると、だけど歩みは止めずに進行中。








by senshoku-iwasaki | 2018-07-14 22:47 | 工程
<< 『御柱太織り』を織っています。 きもの睦月さんでの「手仕事四人... >>