<< 新しい八寸帯地は、おめでたい(... 日常に戻りまして、今日は湯通し... >>
ご当地ど真ん中最中「両国力士もなか」と、「千体地蔵最中」。
お彼岸のころともなると渋茶の美味しい季節。
私(エツコ)の酒飲みだった父は、何にでもかこつけて♪酒が飲める飲めるぞ酒が飲めるぞ~♪と
いつも酔っぱらっておりましたが(笑)。
下戸の我が家にはアルコールはありませんので、写真の父に季節の(!?)最中を。

蔵前のiwasaki工房は、かつての蔵前国技館のすぐ近く。現在その跡地は都の下水道処理施設と
「蔵前水の館」という建物がありますが、その脇の蔵前橋を渡れば墨田区。
両国あたりまでは楽しいお散歩コース。途中、この辺りでは大きめのスーパーもありまして、
よく若いお相撲さんたちにも出会える、びんつけ油の香りがクニヒサには懐かしい街でもあります。
f0177373_20554546.jpg
そんな両国散歩で出会ったのが「半生菓子司・とし田」さんのその名も「両国力士最中」。
まあるい土俵の中にお相撲さんが可愛いです。しっかりとした粒あんがぎっしり。力持ちになれそう。
こちらのとし田さん、季節の生菓子や半生菓子、そして「すもうねこどらやき」も可愛くて美味しい一品。
そちらは、はすまるさんの「すもうねこ」が焼き印で描かれています。
さすがお相撲の街、両国です。
美味しいちゃんこ鍋屋さんもひしめく両国。あぁぁ。これからの季節はたまりません。。。


f0177373_20555983.jpg
先日の『小さな増孝商店』に来て下さった、日本刺繍の飯島桃子さんからお住まいの東村山の差し入れが。
「地元の和菓子屋さんでこんな最中があったんですよ~。
でも私はこの千体地蔵のある、正福寺の地蔵堂には行ったこと無いんですけどね~(笑)」
東村山の「御菓子司・清水屋」さんの栞によると・・その地蔵堂は、都内唯一の木造国宝建造物だそうで。
一木造りの小さなお地蔵様が祀られているそうなのですが、祈願する人はこれを一体借りて持ち帰り、願い
が叶うともう一体添えて奉納したそうで・・・いつしか千体と呼ばれるほどたくさんになったと。
そんな郷土の誇りも込めてつくられているそうで。
しっとりとした粒あんに求肥の入った、カタチは四角だけど、こちらもまあるい優しさあふれるお味です。
飯島さんには以前にも。
東村山といえば(!?)の「だいじょうぶだァー最中」などユニークな一品をセレクトくださって!
飯島さん、ごちそうさまでした。



by senshoku-iwasaki | 2018-09-20 22:45 | 最中
<< 新しい八寸帯地は、おめでたい(... 日常に戻りまして、今日は湯通し... >>