<< Kさまの杉綾織り羽尺と、Rさま... 新しい八寸帯地は、おめでたい(... >>
こっくりと。
秋冬にも合いそうな半巾帯も織っています。
f0177373_21182020.jpg
南部町から持ってきた3台の機は、現在Rさまの杉綾織りの着尺に新作の八寸帯地にこの半巾と。

作業を進める中で、糸を染めたり乾かしたりする『待ち時間』に取り掛かるのが半巾帯だったりします。
残り糸をあれやこれや・・・
足りるかな?大丈夫かな?とか考えながらやりくりするのも、スリリングで楽しい・・・
あれあれ、これってもしかして。
iwasaki家の暮らしそのものだったりして(笑)。
どうりで私(エツコ)は、作るのも使うのも半巾が大好きなわけだわ・・とミョーに納得。

アタマで考えたデザインだけではつまらない。
タテ糸にヨコ糸を入れた時に訪れる、思いもかけない粋な出会いにワクワクするのです。
そして更に。
糸ヂカラある織物力溢れる半巾帯は、これまたチカラのある織りのキモノにさり気なく合いまして。
そんなユーザーさんのお姿に、これまた作り手としては思いもかけない粋な出会いにワクワクなのです。

ただ残り糸からの逆算で・・・やりくりをして生まれる織物は、ある意味クセの強いモノでもありまして。
好き嫌いがはっきりと分かれるモノかもしれませんが。。。この半巾帯も。
愛おしい・・・。そう思ってくださるユーザーさんに出会えると嬉しいなぁ。





by senshoku-iwasaki | 2018-10-01 22:34 | 着尺・帯
<< Kさまの杉綾織り羽尺と、Rさま... 新しい八寸帯地は、おめでたい(... >>