<< 残りの「今年」もフル回転です。。。 Iさまのお蔭で『冨貴寄せ・糸ぢ... >>
Kさまの御柱太織りは、黒×茶の三つ崩しです。
お世話になっている染織こうげい・浜松店さんで昨年からご注文頂いている御柱シリーズ。
渋めの茶と黒の組み合わせは、やっぱり。間違いなくイイ感じ(笑)。
糸味と織り味と。で、この色合わせとなれば・・・
北風が吹き始めるちょうど今頃でしょうか。。。霜降り月の頃からが似合います!
f0177373_21182816.jpg
御柱太織りシリーズ、この度シリーズ名を『御柱織り(おはしらおり)』に改めまして。
近くこのシリーズだけでiwasaki版、縞帳を作りたく・・・。
ご近所の『カキモリ』さんで特製のノートを作ってもらってワクワクの私(エツコ)。

何てことないフツーの日好きのiwasakiにとって縞帳は、織物屋としての憧れ。
奇をてらわない健やかな何てことない縞・格子は、
特別じゃないありふれた、だけど幸せな毎日の日のもの。
この御柱織りは、特に糸が贅沢に太く。一見の素朴さとは裏腹に絹量の多さはダントツ。
ほっこりと、たっぷりと。単衣でしっかりと暖かい。
マットに見えて、光の当たり方でびっくりするほど光沢もある。

まだまだ6反ほどしか制作しておりませんので、縞帳が分厚くなる日は先になりそうですが。
Kさまにお色を決めて頂く際にサンプルとして織った、3種の茶の入った切れ端も縞帳用に。。。
この頃・・・本当に我ながら呆れるくらい物忘れが激しくて(涙)。
自分で織った記憶も途切れがちなものだから、とにかく記録して(笑)。
更に生地まで張り付けておけば、明日の自分にとっても間違いなし!?なんじゃないかなぁ・・と。

問題は『カキモリ』さんのノートがそれだけで素敵なものだから。
いつになったら生地の切れ端を張り付けられるか・・それがチョット気がかり(笑)。





by senshoku-iwasaki | 2018-11-13 23:08 | 着尺・帯
<< 残りの「今年」もフル回転です。。。 Iさまのお蔭で『冨貴寄せ・糸ぢ... >>